最新トレーニング革命 S3佐藤理論F

Tweet
トップページ 理論A 理論B 理論C 理論D
理論E 理論F 理論G P1 P2
トレーニングイメージ [理論A~P2の詳細はコチラ⇒]

6.和食ダイエット Japanese diet

■どのようにすれば、痩せられるのか?

佐藤江梨子

 有酸素運動をして、食べる量を減らす。しかし、これがうまくいかない。歩いていない人が歩き始めれば効果は出やすいが、その運動に慣れてしまえば効果は表れにくい。
 人間の体は、今の体重を維持しようとする機能があり、運動をすれば食べたいという欲求が起こり、食べる量を減らせば筋肉が落ち、基礎代謝量が下がるようになっている。

 ダイエットは簡単ではありません。強い気持ちをもって臨みましょう。病気やケガの予防にもなります。
 1.適度な運動 2.バランスの良い食事 3.十分な休養 の3つの要素が必要です。

1.適度な運動

a. 有酸素運動…ジョギング・ウォーキング
b. 無酸素運動…筋力トレーニング[理論Cはコチラ⇒]

 週に2回位が目安です。筋肉痛になっている時、運動はしないこと。運動後、筋肉痛になっていない時は、効いていないという事です。
 筋肉をつけ基礎代謝を上げることがダイエット成功の近道です。全筋肉の70%を占める下半身を中心に鍛えましょう。

2.バランスの良い食事

a. 甘い物を極力食べない。砂糖は中毒性があり、止められなくなります。(ケーキ、缶コーヒー、お菓子など)
b. 朝食は軽く、食べなくても可。昼食も軽く、麺類など消化の良いものを。夕食はしっかり、できれば和食。
c. バランスが悪く出来れば避けたい食品。(肉、牛乳、卵、生野菜、揚げもの、丼ぶりものなど)
d. 食べすぎが一番良くない。「お腹がすいたら食べ、喉が乾いたら飲む」これが基本です。
e. 無駄に水を飲まない。飲むなら、夜か運動中のみにする。

3.十分な休養

a. 筋肉は夜寝ているときに作られるので、できれば23時までに寝て、睡眠時間は6時間以上確保すること。
b. マッサージやストレッチをすることで、疲労回復が早くなります。
c. お風呂に入り、体を温めましょう。足湯も有効です。

4.ダイエットモニター会員

本気で痩せたいなら…

 最低1年間はトレーニングを続け、習慣にする必要があります。そこでダイエットモニター会員を募集します。

本気ダイエットA:171,300円(分割可)

スポーツ整体45分コース×48回、メールサポート、特別先行予約、体重・体脂肪率の測定とグラフ作成など全て含みます。

本気ダイエットB:327,600円(分割可)

もっと本気なら週2回コース(96回)がオススメです。

5.Q&A

質問1「お腹を引っ込めたいのですが、腹筋をすればいいの?」「二の腕を細くしたいのですが、何をすればいいの?」「太ももの脂肪を取りたいのですが、どうすればいいの?」

ロナルド

⇒これをやったから、ここの脂肪が取れるという方法はありません。部分痩せは医学的にも難しいのです。まずは全身の大きな筋肉をトレーニングすれば、徐々に脂肪は取れていきます。

質問2「1ヶ月で5キロ痩せたいのですが間に合いますか?」

⇒1キロの脂肪を落とすのに9,000キロカロリーの消費が必要になりますので、5キロですと45,000キロカロリーを消費しなければならず難しいかと思います。まずは1キロを目標にしてみましょう。

質問3「筋トレをして、腕や足が太くなったら困るのですが?」

ベンチ・ダンベル

⇒重いウェイトでトレーニングすれば太くなることも考えられますが、いきなり重いウェイトはできないと思いますので、その心配は無用です。また、女性はホルモンの関係で太くなりづらくなっています。

質問4「体重は何キロが理想なのですか?」

BMI(体格指数)によると
155センチ…44.4~60.1キロ
165センチ…50.4~68.1キロ
175センチ…56.7~76.6キロ

⇒女性ならこの範囲内の低い方で、男性ならこの範囲内の高い方が理想になるかと思います。ただし、体脂肪率が重要になります。
●体脂肪率適正値(女性20~25%、男性15~20%)

[特長のページに戻る⇒]|[ご案内のページに戻る⇒]|[かんたんWeb予約はコチラ⇒]

Copyright(c)2003-2017 Sato Sports Seitai. All right reserved.

inserted by FC2 system