ブログ blog 佐藤スポーツ整体/海老名店S3

ひまわり Gメール

←コメントお待ちしています。
本日もご訪問ありがとうございます。

2013年7月~9月ブログ old blog

2013-09-30『10周年飲み会はダンスや物まねの披露がありました』
飲み会  今回は特に面白かった。参加メンバーの平均年齢が低く、懇親会の時とは、ノリが違ってくるだろうと予想していたが、それ以上だった。
 5名が初参加で9名も集まった。そのうち6名がテニス愛好者でテニスの話が多かったが……。
 私はN君に得意のダンスを披露してもらおうとリクエストしたが、「1人でですか? 音楽がないと……」と言ってなかなかやろうとしない。そこにナダル君が……
ナダル君「僕、物まねできます」
私「何できるの?」
ナダル君「松岡修造や松山千春」
 松岡修造の物まねって何かと思ったら、暑いテニス指導の時の動きのまねだった。それって知っている人じゃないと笑えないがみんな知っていた。その後、松山千春の歌まね「恋に~揺れる~♪」とちょっと似ていた。しかし、1回で止めておけばいいのに連発で面白さ半減。
 それを見て、N君ダンスがしやすくなった。なかなか始めなかったのに始まったら、柔らかい動きでさすがに上手い。しかし、それが長い。スイッチが入ってしまったようだ。
 その後、ナダル君はノリノリ。ナダル君はサザエさんと同じ苗字なのだが、それが本家で本当にサザエさんと関係があるらしく、小さい頃から「カツオ」と呼ばれていた。
 そして、同じ美容室の友達N君は、「中島君」。これってたまたまにしては出来過ぎている。
 飲んで食って笑うのも体力がいる。8時で年配組は早退。その後、皆さん疲れ気味、3時間は長いか。しかし、体力のあるナダル君とトレイルランナーSさんと私は最後まで元気だった。
 今日ナダル君からメールが届いていた。
『酔っ払いながら失礼します。今日はほんとにありがとうございました。
 この半年ですが佐藤スポーツ整体のファミリーに入れて自分は本当にラッキーだったと思います。
 ただ純粋に真剣にスポーツに取り組めた事、それに伴って毎日朝起きて眠るまでポジティブに物事を捉えられる自分に成長できている事。
 そしてそんな仲間たちが世代を問わずたくさんいて共感できる事を教えて頂けた、そんな会だったと思います。
 今後もスポーツを通して体に心に健康と満足を感じられる毎日を過ごせるように日々努力しますので、これからもよろしくお願いします。
 10周年おめでとうございます。
 あと、松岡修造のモノマネの完成度あげていきます!
 まだ身体測定のトップ5入りは果たしていないけど時期トップ5入りのラファエルナダルより』

2013-09-29『9月の効果測定ランキング発表』
 3ヵ月に1度の効果測定が9月にありクライアント全員のチェックが終わった。優秀者を発表したい。私の独自の判断なので気軽に見てほしい。また「次回は上位に入りたい」と思って頂ければ幸いである。
1.柔軟性部門…体が柔らかくなくては動けないし怪我する。最重要の項目である。
【男性】1位 テニスSさん(40代)
    2位 柔道Aさん(20代)
    3位 ゴルフYさん(40代)
    4位 野球Eさん(30代)
    5位 モーグルTさん(40代)
【女性】1位 バレリーナMちゃん(高校生)
    2位 バレリーナTさん(30代)
    3位 トランポリンAさん(20代)
    4位 綾瀬市Bさん(70代)
    5位 スケートAちゃん(中学生)
2.体脂肪率部門…タルタル星人では困る。引き締まっていた方が良い。
【男性】1位 天才?野球部S君(高校生) 10.5%
    2位 エリートランナーFさん(40代) 14.6%
    3位 モーグルTさん(40代) 14.7%
    4位 野球Eさん(30代) 17.3%
    5位 野球部S君(中学生) 17.7%
【女性】1位 美人CA:Iさん(20代) 15.6%
    2位 スケートAちゃん(中学生) 17.9%
    3位 スケートNちゃん(小学生) 20.0%
    4位 バレリーナMちゃん(高校生) 20.8%
    5位 綾瀬市Bさん(70代) 22.2%
3.筋肉量部門…男性は単純に体重とした。筋肉は重いので体重が多いということは筋肉が多いはず。
【男性】1位 柔道Aさん(20代) 103キロ
    2位 ぽっちゃりジョコビッチIさん(30代) 93キロ
    3位 野球部S君パパ(40代) 83キロ
    4位 野球部S君(中学生) 77キロ
    5位 野球Eさん(30代) 75キロ
【女性】1位 バレリーナMちゃん(高校生) 6キロ×12回
    2位 美人CA:Iさん(20代) 5キロ×15回
    3位 野球部S君ママ(30代) 5キロ×10回
    4位 スケートAちゃん(中学生) 4キロ×12回
    5位 綾瀬市Bさん(70代) 4キロ×10回
 このような結果となった。バレリーナMちゃんが2冠を達成し、体脂肪率も4位。新エースはMちゃんで決定です。そして佐々木希のようにカワイイ。
 注目のテニスSさんは、柔軟性は1位を保ったが、他はレベルが高く入れそうもなくなってきた。
 また、綾瀬市Bさんが3部門とも入っている。70代としては驚異的だ。伊達に10年通っていない。
 次回は、12月にチェックします。

2013-09-28『10周年飲み会参加メンバーは?』
 明日29日に「10周年飲み会」を開催する。お陰様で9名も集まった。
 美人CAが参加すれば「僕も都合つけます」という男性もいたが、今回も雲の上だった。忙しい中、参加してくれるメンバーは……
1.トレイルランナー:Sさん(30代男性)…今月110キロ山レースを完走を果たし、誰よりも生きが良い。1番に参加します宣言。
2.ぽっちゃりジョコビッチ:Iさん(30代男性)…6月に双子の女の子が誕生した。テニスウェアーはジョコビッチ。プレーはまだ。
3.ナダル君(30代男性)…この春に体重9キロダウン。9月のテニス大会では1勝をゲットした。
4.テニスN君(20代男性)…ダンス、テニス、バスケもこなすスポーツマン。テニスを再開したが、まだ調子が出ない
5.テニスSさん(60代女性)…卓球、バドミントン、テニス、麻雀、と多趣味。車はミニクーパー。よくしゃべります。
6.バスケIさん(女子大生)…高校まではバスケ部。大学では軽音楽部。今は特に……。天然キャラで話すと面白いが、初対面は苦手。
7.テニスIさん(70代男性)…週3でテニスを楽しんでいる。先日有明にも行ってきた。今回は若いエネルギーをもらいに参加。
8.モーグルTさん(40代男性)…夏は野球、冬はモーグル、仕事は珪藻土住宅。理論派アスリート。東海大相模野球部出身、先輩は原辰則。
9.テニスSさん(40代男性)…ベテランテニス大会で全日本を狙っている本格派アスリート。最近、年齢が気になってきた。
 今回は若い人が多い。N君が得意のダンスをナダル君とコンビで見せてくれるかもしれない。私は脇役予定だが、またうるさいだろう。ご勘弁を……。

2013-09-27『明日は娘の運動会。だが……』
 海老名市では、今週が小学校の運動会、先週は中学校、来週は幼稚園と決まっている。子供の運動会と言えば、パパは朝早くから場所取りやビデオやカメラを持ち大忙しだ。しかし、佐藤家では、ちょっと違う。
私「明日は運動会だね?」
娘「パパ、来なくていいから」
 とお呼びがかからない。まあ、どうしても行きたいという強い気持ちもないので、特に問題はない。土日は仕事だし、「なんで来てくれないの」と言われた方が辛い。
 しかし、最近は子供のイベントに両親で行く家も多いようです。私は、幼稚園と小学校の入学式には、たまたま定休日だったので行ったが、半数以上は両親が来ていた。高校や大学、さらに入社式にまで、親が付いてきたりする。
 私も子供の頃は、「来なくていい」と言っていた気がする。
 幼稚園の運動会は見に行った。何度も出てくるので面白かったが、小学校の運動会は、6学年もあり、出てくるのは2回くらいなので、あまり面白くもないと思うのだが……。
 明日は普通に仕事で予約が一杯。ちょっと気が重い。
 運動会には、ママ、おじいちゃん、おばあちゃん、おばさんと皆で応援に行く。しかし、そこには私だけがいない。

2013-09-26『クルム伊達 ため息に切れた』
 東レ・パンパシフィック・オープンで伊達公子は、2011年全米王者で怪力のストーサーに負けてしまった。
 その試合の後半、伊達がダブルフォルトをした時に、観客は大きな「ため息」を漏らした。そのため息に伊達はキレ、怒りをあらわにした。そんな記事が気になった。
 間違いなく観客は伊達の応援に来ている。しかし、選手が求める応援の仕方を観客は知らない。それだけのことのように思う。
 中国の李も「中国人観客マナーは悪い」と言い切り、国民から反発をかっている。中国では相手がダブルフォルトをすると拍手する。それに比べたら、日本の観客は、マナーが良く試合を静かに見ていると、良いのか、悪いのか、分からないが言われている。
 観客のマナーは、文化や国民性の問題なので、急に変わることはない。そんなことは、初めから分かってることで、「ため息はやめて」と言ったって無理。選手は勝つことだけに集中したい。
 私は相手の応援が20人、私の応援は0人。こんな状況の方が燃えるけどな~。ちなみにこの時は勝って、今でも印象に残っている。

2013-09-25『バレリーナMちゃんの体が仕上がってきた』
 美人高校生バレリーナMちゃんの体が仕上がってきた。中学生の時からスポーツ整体に通い、1年半になる。
 先日の効果測定では、ベンチプレス6キロ×12回、ショルダープレス3キロ×12回、レッグランジ5キロ×20回もできた。これは男性でも、ちょっときついと思う。それを43キロ、体脂肪率20%のMちゃんがやってしまうのだから驚きです。もちろん、柔軟性も高く、開脚して床にへそがつく。当店の新エースに任命したい。
 しかし、こんなに成長するとは思っていなかった。どちらかというと不器用なタイプで、新しいトレーニングを紹介するとまずできない。バレエの先生からも、「なんでできないの?」と怒られること多いという。しかし、Mちゃんは突然できるようになる。
私「なんで急にできたの?」
Mちゃん「コツが分かった」
 筋力トレーニングや柔軟性の問題なので、コツとかの問題ではないと思うのだが、できるようになる。私は、Mちゃんはできなくても、そのうち出来るようになると思って指導しているが、Mちゃんは、ちょっと口下手なところもあるので、バレエの先生からは理解されないようです。
 Mちゃん、今年から2つのバレエスクールに通うことにした。熱血指導ではなく、理論的に教えてくれるスクールを見つけた。また、毎日バレエを何時間も練習するのではなく、週に3・4回、2~3時間の練習にしている。そのくらいが丁度よい練習量なのだと思う。
 来年の5月に発表会があり、その後、コンクールに出場する予定。今までは、目立った成績はないが、来年の活躍に期待したい。

2013-09-24『デカい人のマッサージは大変だ』
 マッサージ店によっては、女性専門というところも多い。それは施術者が女性だから、女性が男性をマッサージするのは、体力的な負担が大きいからだろう。
 当店は、他店に比べたら男性比率は高いかもしれない。正直、デカい男性と小学生の女の子が同じ料金で良いのか、と疑問に思うことがある。
 その中で特にデカいのが柔道Aさん(20代)。10年前は、まだ高校生で80キロくらいだった。私も80キロくらいあったので、特に問題はなく、筋トレ指導も、「このくらいできないの?」と言っていた。
 その10年後、Aさんは、102キロまで増量。私は年齢には勝てず、筋トレは続けているが、71キロにダウンした。この30キロの差は大きい。和製ボブザップの体はデカく、筋肉が多い。
 頑張ってマッサージしているが、力が届いているか、不安が残る。筋トレ指導も、私が数回見本を見せるが、20キロのダンベルは軽くはなく、自分が筋肉痛になってしまう。
私「頼むから、ちょっと痩せてよ」
Aさん「はい、そのうちに……」
 もう一人いる。ぽっちゃりジョコビッチ:Iさん(30代)。3年前は、83キロだったが、今月は、93キロに増量。脂肪も多いが筋肉も多い。
 和製ボブザップには及ばないが近いものがある。テニスが好きで初級テニスに参加しているが、来れないと運動不足で脂肪が増えてしまう。参加できると筋肉が付きやすく、体重が増えてしまう。よって、どちらにしろ体重は増える。
 私はトレーニングをして筋肉が落ちないようにしているが、限界はある。できれば90キロ以下にして頂きたい。90キロ以上は、プラス500円を検討中。

2013-09-23『原監督は優秀だ』
 巨人がリーグ優勝をした。まだクライマックスシリーズがあるが、1位になっているとかなり有利なことは間違いない。
 原はジャイアンツの監督を10年やってるが、そのうち6回優勝している。最近は以前ほどお金で選手を集めていない気がする。そんな中でこの成績は素晴らしい。
 野球人気は根強く、野球S君や柔道S君が東京ドームまでよく見に行っている。モーグルTさんは原監督の後輩、松井秀喜、長嶋茂雄の国民名誉賞の時にドームまで駆け付けた。
 巨人戦のチケットは高くてなかなか取れない。「横浜DeNA戦見てくれば?」と勧めたが、その気にはなれないらしい。
 私も中学生の時、野球を見に行ったが、それ以来行っていない。でも、見に行くと野球選手のポテンシャルの高さに驚く。軽くキャッチボールをしているが、その距離は50メートル。それも相手の胸にストライクで投げる。私はテニスのサーブを教える時に「まずはボールを投げてみましょう」と言って投げてもらうが、10メートル投げられない人は普通にいる。
 バッティングセンターに行ったことがあるだろうか。130キロを見ると、とても速く打てる気がしない。プロは150キロでそれを120メートル打ち返す選手もいる。その豪快さを見に行っても面白いだろう。
 話はそれたが、原監督は若い選手を育て、試合で使う。そして、結果を出さないといけない。今年優勝できても来年は分からない。それを考え、常に若い選手の育成を考えていないと6回のリーグ制覇は難しいだろう。そのような大変な仕事であるが、年俸は2億円で選手より高い。

2013-09-22『シャラポワ育成計画10年』
 第2のマリア・シャラポワ育成プロジェクトがスタートして早10年が経ってしまった。計画は順調には進んでいない。
 テニスに行ったのは、この10年で20回くらい。年に2回の計算になり、少なすぎる。テニススクールには行っておらず、体験スクールに行ったのは1度だけ。「どうだった?」と聞いたら、「綿あめが美味しかった」と……。
 初級テニスに誘ったら、昨年は、ぽっちゃりジョコビッチと一緒によく参加していたが、今年はもう行かない。子供の興味は、すぐに変わってしまう。あぁ、どうしたら、良いのか?
 最近は、任天堂DSやアイポッドタッチに夢中でよくやっている。「よく飽きないな」と思うが、その集中力を他のことに使ってほしい。
 性格的にあまり目立ちたくないようだ。学校では答えが分かっていても手は上げない。運動会では1位になりそうになると最後に力を抜く。幼稚園の時はお遊戯会で主役をやっていたが、自分でやりたいと言ったわけではなく、先生から選ばれた。やればできるのに自分からはやらない。
 にもかかわらず、将来は「AKB48に入ってセンターになりたい」と言っている。そこが分からない。まあ本気ではないと思うが、本気がどこなのかも、よく分からない。
 シャラポワ育成計画はほぼ休止状態だが、完全にやめたわけではない。

2013-09-21『ご家族でスポーツ整体に通う人が増えている』
 インターネットの時代だからなのか? 意外と紹介は少ない。また理由もある。紹介をして佐藤スポーツ整体に行く人が増えてしまうと、自分の予約が取れなくなる。また同じ競技のライバルには教えたくない。
 しかし家族には教えるようで、ご家族でスポーツ整体に通う人が増えている。
 まずは、綾瀬市B家、3名で通い、たまに息子も、以前はおばあ様に出張も行っていた。
 次に、厚木市S家、毎週家族5名で火曜日にやってくる。5歳のMちゃんは自分は受けないのに誰よりも楽しみにしている。「先生、プリキュアの本買ってもらったの?」私は、どう答えていいのか、リアクションに困る。
 次に、川崎市T家、親子二人で高速に乗りやってくる。そのうち、まだ0歳の娘も受ける予定になっている。
 次に、立川市A家、車で1時間半もかけてやってくる。まだ夫婦2人だが、いつかは3名増える予定。
 最後に、海老名市O家、夫婦2人で通っていたが、現在休会中。早く再開しないと筋肉落ちちゃうぞ。

2013-09-20『秋に何食べる?』
 昨日は中秋の名月を見ながら、中級テニスに行ってきた。60代2名、70代1名の3名の参加だったが、しっかりと練習した。しかし、3名とも元気だ。私も60歳を過ぎても、元気でいたいと思う。
 その為には、テニスを続けていないといけない。「もっとレッスンやってください」との要望もあり、秋もナイターレッスンをやることにした。最近は、中級クラス(月)11:00~、(木)19:00~、初級クラス(日)19:00~、プライベートで月1大会、日曜日夕方綾瀬市で、とやり過ぎか?
 今までは月に3回程度だったが、最近は6回くらいやっている。私の中では多い。と言っても、ほとんどレッスンなので、全力を出すことはない。全力は大会のみで、他は60%くらいの力で行っている。それくらいが良いのだろう。ケガはしていない。
 また、夜は早く寝ている。それと食事だが、食欲の秋で食べ過ぎてはいけないが、こんなものを食べたい。
 サンマ、椎茸、鮭、きな粉、とろろ汁、ニンニク、にんじん、イワシ、ご飯、柿、大根おろし、唐辛子、コンニャク
 色で言えば、秋は白、茶です。

2013-09-19『早くテニスが上手くなりたい』
 ナダル君(30代)スポーツ整体に通い始めて、2ヵ月間で68キロだった体重が59キロになり、24%だった体脂肪率が18%になった。美容室では、「どうやって痩せたの?」と話題になっている。
 ナダル君は、食事を変えた。朝は食べず、昼はおにぎりを1つくらいで、夜は大戸屋で「さばの炭火焼き定食730円」をずっと食べている。その為、すぐにポイントカードが貯まってしまうとか……。
 その結果、体は引き締まり、動ける体に変わり、その後も維持している。しかし、体は急に変えることができたが、テニスは急に上手くはならない。
ナダル君「2ヵ月でバックハンド上手くなりたいんですが?」
私「それは難しいな。2ヵ月で上手くなった人、見たことないし……」
 ナダル君は軟式テニス出身なので、フォアハンドは得意だが、バックハンドになると別人に変わってしまう。その点は、ぽっちゃりジョコビッチ(30代)と同じ。
 8月テニス大会では、全敗だったが、9月大会では、念願の1勝をもぎ取った。10月はお休みし、11月大会では、できれば2勝したい。その為に、生活習慣からすべてを変えようとしている。カラオケや深夜のラーメンなど、スタッフから誘われるが、そんなことに付き合っている時間はない。
 その日は、朝9時から2時間テニス、3時からスポーツ整体、7時からまた2時間テニス。そんな休日を過ごしている。そして、これを続けたい。
 ナダル君を見ていると、テニスに対する熱い想いが伝わってくる。しかし、2ヵ月で上手くなれるほどテニスは甘くない。でも、それを何年も続けることができれば、結果に表れてくるはずだ。

2013-09-18『7年後のオリンピックで誰が活躍する?』
 7年後に東京オリンピックの開催が決まった。期間は7月24日~8月9日で、マラソンでは死者が出るのでは、と懸念されている。なぜ10月にしないのか? 猛暑日が一番出やすい期間にしなくても、良いと思うのだが……。
 それはさておき、当店から選手を送り込もうと思っている。可能性のある優秀ジュニアたちがいる。
 まず、フィギュアスケートのAちゃんとNちゃんと思ったが、冬季だった。
 次に野球S君が、「俺が活躍して金メダル取ってきてやる」と気合が入っているが、父ちゃんから「野球ないよ」と。「野球がないなんてありえねえ。サッカーはあって、なんで野球はねえんだ」と、日本代表に選ばれる気でいるが、その前に高校でレギュラーを確実にした方が良い。
 次にバレリーナたちは、オリンピックは関係がない。次に、「世界ランキング100位以内に入る」と言っているテニスK君は、まだ小学4年生なのでちょっと早いか?
 「ちょうど良いのがいないな~」と思っていたら、柔道S君がいた。現在、中学1年生で7年後は20歳。井上康生のようにオール一本勝ちで金メダルを取ってくれるかもしれない。
 しかし、今はちょっとポッチャリで「お肉」と「お菓子」が大好き。今後の変化に期待したい。

2013-09-17『信越五岳トレイルランニングレース110キロ完走しました』
 インテリ山ランナーSさん(30代)が見事、信越五岳トレイルランニングレース110キロを完走した。時間は、19時間55分でした。
 「110キロを走る人がいるんですよ」とスケートNちゃんのママに言ったら、「1日で? 私なら5日で足りるかどうか」と……。
 ゴルフYさんは、「涼しくなってきたから、朝ちょっと走ろうかな? まずは1分から」と、こんな感覚が普通かもしれない。
 長野の山を走るので、当然坂道です。ちょっとの上り坂でも辛いのに、それを110キロ、それを20時間。想像したくもないレースです。
 このレベルになると、根性だけでは、どうにもならない。しかし、実はSさん、根性があるタイプではない。何をするにも、まずは頭を使うタイプです。
 そこでいかに楽に走るか、その答えを求めてスポーツ整体に来た、と言っていいだろう。
 まだ、半年くらいだが、柔軟性も伸び、姿勢も良くなった。よって、走り方も良くなったのだろう。足の筋肉の付き方を見れば、それは分かる。
 今回のようなロングレースは初めてで、見事完走をしてしまった。今後は国内トップ争いをしてくるのか、楽しみだ。
 29日の「10周年飲み会」で本人から、報告があります。ゴルフYさんも見習って、1分走りましょう。
 ●[信越五岳トレイルランニングレース110キロ⇒]

2013-09-16『日本、逆転でワールドグループ復帰 テニス・デ杯』
 男子テニスの国別対抗戦、デ杯ワールドグループ(WG)入れ替え戦、日本―コロンビア最終日は15日、東京・有明コロシアムで行われ、通算1勝2敗と後のなかった日本はシングルスで錦織圭(日清食品)と添田豪(空旅ドットコム)が連勝して逆転勝ちし、世界の上位16チームで争うWGへ2年ぶりの復帰を決めた。
 正直、ダブルスをあっさり落とした時点で今回は難しいと思っていたが、錦織、添田が連勝してくれた。会場に行ったことはないが、かなりの盛り上がりだったことに間違いない。
 日本の秋は、テニスの季節です。
1.9月23日は、テニスの日。
2.楽天ジャパンオープンが、9月30日から始まる。
3.全日本テニス選手権が、11月4日から始まる。
 私は毎年、ジャパンオープンか、全日本を見に行っている。やっぱり実際に見るのとテレビでは違う。見ていると自分も出来るような気がしてくる。(ここが重要)しかし、できなくて現実に戻る。
 昨日は、初めて綾瀬市の市民コートでテニスをした。そのコートはちょっとビックリで、穴だらけで「つぎはぎ」がしてある。そこにボールが落ちるとイレギュラーする。また、ネットポールは曲がっていた。そして、照明は暗い。
 そんなコートでも、私は6勝2敗。まあまあでしょう。来週も「来てください」とお願いされた。気分は「招待選手」?

2013-09-15『メンタルって重要か?』
 「メンタルが弱いから負けたんだ」とか「日本代表にハートの強い選手を選びました」とか聞くが、どうなのだろうか?
 私は最近、「佐藤先生はメンタルが強いんですね」と言われ、悪い気はしないが嬉しくもない。
 確かに、考え方を変えたら上手くいったということはあるだろう。しかし、私はメンタルを重要視していない。
 勝負の世界は、心技体なんて言われるが、体力も同じ、技術も同じなら、心が強い方が勝つだろう。しかし、体力が同じってことがまずない。仮に同じだとしても技術で差が付く。これで99%は決まってしまうだろう。
 また、メンタルが最強の小学生がいたとする。メンタルが最弱の高校生がいたとする。2人の技術は同じ。体力は当然違う。この2人が何かのスポーツで戦ったとしよう。どっちが勝つだろうか?
 私は小学生のマラソン大会で思った。誰もが1位になりたいと思っている。しかし、疲れてくれば、「1位は無理だ」と簡単にメンタルは折れる。
 よって、メンタルの本を読んだことはない。メンタルの講習を受けたことがあるが、得るものはなかった。そんな時間があったら、トレーニングをして体力をつければ良い。体力が上がれば、技術もメンタルも上がる。メンタルを上げても……。
 ●[正しいトレーニング方法はコチラ⇒]

2013-09-14『ウォーキングサークルに立派な人がいる』
 月2回の活動だがしっかり続いているウォーキングサークルに、立派な人がいる。
 ウォーキングサークルに興味がある人は多く申し込みはあるが、続く人は少ない。そんな中、Mさん(70代)は休まず参加している。
 Mさんは姿勢も良く、いつも笑顔。サークルでは始めに簡単な自己紹介をするのだが、いつもハッキリした大きな声で「さつき町のMです。おはようございます」と見本のような挨拶をする。
 4月には、Mさん用事があり出席できない。その日は先に来て、いつものコースをウォーキングし、初めの体操をしてから、「今日は用事がありますので、先に失礼します」と……。
 8月は大雨で中止の日があった。当然、私はメール連絡をして行かなかった。しかしMさんは、傘を持って市役所前に来て、いつもの体操だけして帰ったという。素晴らしい。
 ウォーキングサークルでは、花が咲いている道をよく歩く。Mさんは花に詳しく、「この花は~です」とよく知っている。
Mさん「このサークルに入って、この道を知りました。今後も長く続けてください」
私「分かりました。また市の広報にメンバー募集を出しましたので、増えてくると思います」

2013-09-13『サンプラザ中野くんは健康ヲタク』
 ぽっちゃりジョコビッチ:Iさんに、「サンプラザ中野は板の間で木の枕で寝ている」と聞いて驚いた。硬いところに寝れば、痛いところもすぐに分かり、健康のバロメーターになるそうです。
 私は15年前にベッドで寝ていたら腰が痛くなったことがあった。それ以来硬い布団で寝ていたが、最近はすのこベッドにハマり、ちょっと痛いが心地よく寝ている。さすがに木の枕では寝れないが……。ところで、木の枕ってどこに売っているのか?
 Iさんは物知りで多くの情報を持っている。サバ缶はダイエット効果がある。とか、私は勉強になる。
私「板の間で寝ないの?」
Iさん「それは無理。テンピュールがいい」
私「魚、毎日食べれば?」
Iさん「すぐ飽きちゃって、肉が食べたくなる」
 こんな感じで情報は持っているが、実行には移せていない。
 話は戻るが、サンプラザ中野はベジタリアンらしい。ベジタリアンにも種類があり、鶏肉はOKか否か、乳製品はOKか否か、違いがあるようです。
 私はこの夏に1週間ベジタリアンをやってみた。特にストレスはなく、ずっとでも大丈夫そうでした。また、食物繊維ばかりなので、腸の調子が良く、毎朝快便でした。

2013-09-12『出張スポーツマッサージお願いします』
 誰よりもスポーツ整体に通うバレリーナTさん(30代)。8月末に無事小さな女の子が生まれた。
 私は知らなかったのだが、妊娠しても流産や死産が意外と多いようです。そんな中、出産できたのは、トレーニングを続けていた効果かもしれない。出産直前まで、「スポーツ整体」「バレエ」「フルタイムの仕事」を続けていた。妊婦としては若くないTさんだが、出産翌日も普通に歩き、看護婦さんから驚かれたそうです。
 さすがに9月は「スポーツ整体をお休みします」と言っていたが、メールが来た。
「出張スポーツマッサージお願いできますか?」
 当店は出張も行っているが、最近はなかった。出張は、海老名市とその隣の綾瀬市や座間市までにしている。Tさんの実家は、川崎市麻生区……。遠いと思ったが、小田急線沿線なので行くことにした。
 最寄駅は、百合丘で駅からは歩いていける距離。しかし、百合丘は迷路のような街だった。急坂が多く大きな道はない。車がすれ違えないような道ばかり。私は地図を見るのは得意なので、すんなり行けたが……。
Tさん「よく分かりましたね。ほとんどの人は迷って来れません」と驚かれた。
 その後、Tさんとお母様も施術。来週も再来週もお願いされ、「娘もお願いすると思います」と言われた。今後はT家3世代マッサージすることになりそうです。
 たまたま先週初めて買った「パスモ」が役に立った。これは便利。
●出張料:海老名市内2,000円、隣の市まで3,000円、それ以外4,000円~ (小田原まで呼ばれたことあります)

2013-09-11『ナダルが優勝。その強さに秘密は?』
 2013年全米オープンはナダルがジョコビッチに3-1で勝ち優勝した。これで4大タイトル13勝。まだ27歳。サンプラスの14勝にあと1勝と迫った。
 私はナダルが勝つだろうと思っていたが、その通りになった。それはナダルの体が完璧に仕上がっていたからだ。その点、ジョコビッチは少しだけ落ちたように思う。
 おそらく休養期間に体を作っていたのだろう。しかし、7ヵ月間も休んだら感覚がついていかないはずだが、ナダルには関係なかったようだ。
 正直この2、3年はジョコビッチの方が安定感があり、ナダルを圧倒していた時期もあった。にもかかわらず、ナダルは逆転した。普通はピークを過ぎたら下がるだけだが、ナダルはまた上がった。それが私は信じられない。
 一度大きなケガをすると、どうしても体はかばってしまうがナダルは克服した。またナダルは左手をボールを打つが本来は右利きだ。だから左利き特有の癖が出ない。ゴルフの岡本綾子は左利きだが、右でボールを打つ。伊達公子も同様。だから、体に左右差が出づらいのか?

2013-09-10『草テニス9月大会』
 ちょっと暑かったが、風もなく最高のテニス日和、今回は「佐藤スポーツ整体 Tennis Team」最強の3名で上位を独占しようと思い、仮想全米オープンに行ってきた。
 その3名とは、私とナダル君(30代)、そして今回初出場で美容室テニス部のエースN君。(20代)N君は中学、高校とテニス部で、今ではダンスもバスケもこなすスポーツマン、背も高く、まだ20代。私はひそかに期待していた。
 試合は高校生の時以来でブランクがあるが、「まあ、どうにかなるでしょう」とN君。大きめのTシャツ短パンのバスケスタイルで試合に臨んだが……。「こんなにレベルが高いとは思わなかった」と全敗で終わった。
 一方、ナダル君はラリーがよく続いていた。先月よりは余裕があるようで、「今日、調子いいです」と、それでも予選リーグは全敗だったが、その後のトーナメントで、おそらく60代のオジサンに大接戦の末、7-5で初勝利をゲットした。途中、大きな声も出てきて気合が入っていた。その次は、もうスタミナ切れだった。
 そして、スーパーエース佐藤。今回は珍しくAブロック第2シードになっていた。2位にならないといけないポジションだったが、6-3 4-6 0-6 と1勝2敗でブロック3位。4-6で負けてしまった相手はいつもは勝っていたのだが、相手の強打で押し切られてしまった。
 その後、3位トーナメントは優勝した。決勝は相手の足がつってしまい、不戦勝。2位トーナメントの決勝も相手が腰痛で棄権だったので、急遽、2位優勝のHコーチと3位優勝の佐藤で対戦することになった。Hコートはまだ22歳。最近、レベルアップし、私はもう2年くらい勝てていない。それでも、自分のできるプレーをしようと考えていた。
 結果は、2-5で負けていたが、追いつき6-6のタイブレークに。そのタイブレークも1-6で負けていたが、逆転で8-6勝った。Hコーチは本気を出していなかったかもしれないが、この逆転勝ちは嬉しかった。日々トレーニングをしていて良かったと思う。

2013-09-09『2020年は東京オリンピックに決まった』
 2020年のオリンピックは「Tokyo」に決まり、世間は盛り上がっているが、私は一つ気になることがあった。
 昨年までは、「オリンピック招致よりも復興にお金を使え」とか「2008年に北京であったばかりだから、またアジアは難しい」なんて意見が多かった気がするが、決まってしまえばメディアは大盛り上がり。オリンピック招致請負人などもいて、彼にいくら払ったのか、そんなことも気になった。
 大学生Iさんは「オリンピックよりも、被災地や竜巻被害にもっとお金を使ったらいいのに……」と言っていた。
 ただ、日本経済やスポーツ界にとっては、プラスの効果が大きい。1998年の長野オリンピックの時、私は運よく長野にいた。オリンピックが始まるまでの数年で長野市は変わった。道はドンドン新しく広くなり、新たな道路もできた。しかし、その後の施設の維持費が膨大だと聞く。
 長野オリンピックの時は、日本人選手が活躍した。ホームの有利さが出たのだろうと思う。東京でも期待したい。
 しかし、私はその時もう50歳になってしまう。乗馬なら可能性はあるか……。いや、「佐藤スポーツ整体」から東京五輪に選手を送り込もう。その可能性があるジュニアたちがいる。7年なんて体を変えようとしたら短いかもしれない。
 スポーツが盛り上がると経済効果も大きい。日本人はスポーツ人口が減っている。スキーや海に行く人は半減した。
 東京オリンピック効果で、スポーツ人口増加と経済発展を期待したい。

2013-09-08『女子決勝は、セリーナ対アザレンカ』
 全米オープンテニス女子決勝は、セリーナ対アザレンカに決まった。正直、女子のテニスは興味がなかったが、この2人のレベルは高い。
 まず、セリーナ175センチ、70キロ。アザレンカ183センチ、66キロ。とデカい。その体格を生かしたショットは速く。サーブが200キロを超える。男子だって200キロを超える選手は数えるほどしかいない。しかも、それが力任せではなく、リラックスして打ってくる。よってコースも分かりにくい。
 そんなセリーナにアザレンカは負けていない。こんなレベル、女子ではなかったように思う。男子に入ってもランキング100位以内に入ってしまうのではないと思うくらいです。
 また、セリーナは何をやるか分からない。また線審に……。なんてことも考えられる。今回は見逃せない。

2013-09-07『今年のゴルフは絶好調です。でも……』
 週2回で60分のスポーツマッサージを欠かさないゴルフYさん。(40代男性)好調が続いている。今年前半の平均ストロークは93。昨年は96.7だったので、今年の目標は96です。7・8月も好調で平均90。2回に1回は80台を出している。
私「昨日のゴルフはどうでした?」
Yさん「92。まあまあかな」
 と、92くらいでは、喜ばなくなってきた。柔軟性も高く、開脚をして床にあごが付く。3年以上週2回のマッサージをだてに通っている訳ではない。
 Yさん、ゴルフの打ちっぱなしには、行かなくなった。打っても腕が硬くなってしまうし、練習の成果がラウンドで出せるとは限らないからだ。
 しかし良い結果ばかりではない。タルタルボディはそのままで体重が下がらない。筋肉が少ないのに75キロは重い。ゴルフには月4回ペースで行っているが、夏は暑いのでカートで回る。自分の足では歩いていない。にもかかわらず、昼と夜の会食は必ずセットで、昼からビール。これが良くない。
 Yさん、ゴルフの為に仕事をしていると言っても過言ではない。10月には北海道2泊3日でゴルフ。11月にはパパになるかもしれない。色々と忙しくなってくるが、その為には体力がないとゴルフも楽しめないので、5分間のプチ筋トレを再開した。

2013-09-06『中学3年は最大の成長期』
 中学3年が最大の成長期のようだ。私は体が小さく背が低かったが、中3の時、身長が10センチ伸びて普通くらいになった。
 中学3年の夏で部活動は終わることが多い。「部活をしなくなると太る」と言われ、拒食症になってしまった女の子がいた。しかし、中学生野球部S君(弟)は関係ないようだ。
 S君は体格が良く、筋肉があり引き締まっていた。これだけ筋肉があれば、多少食べても太らないタイプなのだと思っていた。それが違った。
 昨年8月は60キロだった体重が、先日は77キロに増量。私の体重をあっさり抜かされた。そういえば、兄貴も中3の時は、タルタルのお腹に変わっていたが、高校に入ってキツイ部活動が始まったら、すぐに引き締まり、今では体脂肪率11%だ。兄貴も58キロだった体重が68キロまで増量したが、今は64キロになっている。
 しかし、弟はすでに77キロ。卒業までまだ半年ある。80キロ越えは時間の問題だろう。しかし、14歳で80キロとは、スケールがデカい。大物になるに違いないが、だたの大物はやめてほしい。
 基礎代謝量は2178もあり、毎日3000キロカロリーは消費している計算になる。にもかかわらず、この体重の増え方。4000か5000キロカロリーは取っているのだろう。S君は食べることに関しては「継続あるのみ」。高熱でも腹痛でも、学校は休んでも食べることは休まない。
 高校に入学する時は、何キロになっているのか、はたして制服のサイズがあるのか、気になるが、S君「食べることを休む」気持ちは頭の片隅にもない。

2013-09-05『全米オープン、ベスト8の平均年齢は?』
 男子もベスト8が出揃った。第1シードから第4シード、ジョコビッチ、ナダル、マレー、フェレールは、順当に、後の4人は、ベルディヒを破ったワウリンカ、ガスケ、ベテラン ヒューイットを破ったユーズニー、フェデラーを破ったロブレドだ。そして、ガスケがフェレールに勝ちベスト4を決めた。
 やはり、ショックはフェデラーの敗戦だ。ロブレドには負けてほしくなかった。ロブレイドは31歳で今年は調子が良いようだが、過去10戦10勝の相性のいい相手。それに負けてしまったのだから不調なのだろう。
 次に注目は、かつての世界№1ヒューイット。デルポトロに勝ったのに、ユーズニーにファイナル5-2から逆転負けした。
 今回のベスト8の平均年齢が高い。順番に26歳、27歳、26歳、31歳、28歳、27歳、31歳、31歳と平均28.4歳。4大タイトルを取る年齢は、20歳から25歳が圧倒的に多い。フェデラーもボルグもマッケンローもこの年齢で多く取っている。それは、5セットマッチを7試合勝たなければいけない回復力が必要とされるからだろう。
 それが今回誰もいない。若い世代が育っていないのか、この年代に強い選手が集まっているのか、その点は分からない。フェデラーやヒューイットが最後に力尽きてしまうのは当然である。

2013-09-04『戦後の日本が求めたもの by マザーテレサ』
 戦後の日本は、とてもお金持ちになりました。父親の給料もどんどん上がる。母親もそれが幸せと思うようになる。子供が欲しい物は何でも買ってやる。それが子供の幸せなんだと……。
 でも豊かさの後ろできっと子供たちは、叫んでいた!「おもちゃなんかいらない」「お菓子ももう十分だよ」
 だから「もっと遊んでよ」「もっともっと側にいてよ」やがて子供たちは、叫ぶこと、側にいてもらうことを諦めました。
 『おもちゃやお菓子があればいいや』と思うことで、自分を納得させるようになっていった。物を優先する心が生まれる。でも人を大切に出来ない人間は、物を大切にすることもできない。みんなそのことに気がつきませんでした。
 マザーテレサが来日して新幹線に乗りました。当時の新幹線には水を飲むために紙コップが備え付けられていた。日本人は紙コップで一口水を飲むと当たり前のようにそれをゴミ箱に捨てる。その光景を見て彼女はこういう言葉を残して帰国しました。
 「日本の国は物はとても豊かになったけれど、心が貧しくなってしまいましたね」それは、心に染みるほど悲しい一言でした。

2013-09-03『佐藤スポーツ整体 Tennis Teamは最強テニスサークルに変身』
テニスダブルス大会 2010年にテニスサークル「佐藤スポーツ整体 Tennis Team」を設立した。メンバーは私一人。一人なのにサークル、まあTMレボリューションみたいな感じです。
 それが最近変わってきた。昨日も第3回中級者限定ダブルス大会を開催し、私は主催者ながら、70代Iさんとペアを組み優勝を狙い、張り切ったが準優勝だった。
 月曜日11時から中級テニスを行っているが、メンバーが増えてきた。「夏は暑いので休止します」と言ったら、「やってください」と言われた。また、夏だけ木曜日19時から中級テニスを行っているが、「秋も冬もやってください」と言われ、やることにした。
 初級テニスは、昨年シャラポワとぽっちゃりジョコビッチだけのことが多かったが、今年はよく集まり人数調整も行っている。
 さらに、綾瀬市のテニス大会にナダル君とその同僚のNさんも「佐藤スポーツ整体 Tennis Team」所属で出場する。Nさんは、まだ20代で体も大きく勝てる可能性も高い。そして「あのサークルのメンバーは強い奴ばかりだぞ」と言われてみたいが、その噂はまだない。
 「テニスレッスンやってください」と言われているうちが花なので続けようと思う。
 昨日のダブルス大会では本気で優勝を狙った。初級でも中級でも「やられちゃったな」とは私は言わない。簡単に負けていては負け癖がついてしまうから……。
[最強テニスサークル「佐藤スポーツ整体 Tennis Team」はコチラ⇒]

2013-09-02『信越五岳トレイルランニング110キロ完走できそうです』
 トレイルランナーSさん。(30代男性)9月15日に迫った「信越五岳トレイルランニング110キロ」に向けて調整を続けている。
 4月からスポーツ整体に通い始め、早5カ月、月3回のペースだが、急成長を続けている。初めは、走り過ぎて足が痛く、肩こりも酷かった。それがすっかり良くなり、9月の測定では……。
 体重60キロ⇒62キロ、体脂肪率22%⇒18%、柔軟性おでこ24センチ⇒3センチ、とすべて良い方向に変わっている。ストレッチも、よくやっていた訳ではない。しかも、前日に箱根の山を40キロ走っている。その後の測定でこの結果だったので、本人も驚いている。
Sさん「昨日走ったばかりで柔軟性が上がるっておかしくないですか?」
私「予想どうりです。上半身主導の走りができてきた証拠です。足に負担をかけていないので、疲労は少なくなり、柔軟性も上がります。110キロも行けると思います」
 さすがのインテリSさんも理解に苦しむようだが、分からなくても問題ありません。そのうち分かります。事実、人を見る目が変わってきたようで、小学生スケーターNちゃんとすれ違ったが、「あの子、体幹がしっかりしていて、手足が細く長かった」とすぐに気付いた。そうです。Nちゃんは全国レベルのフィジカルを持っています。
 Sさんの猫背は少しずつ改善してきた。それと同時に上半身主導の走りも理解し始めている。私は、「走らなくてもいいよ。フォームが良ければ走れるから」とアドバイス。Sさんは、それを試してみた。平日も通勤前に走ったり、通勤で走ったりしているが、足が張っていたので、1週間休止し、週末に箱根の山をいきなり40キロ走ってみた。
 Sさん、頭の中が理系だからなのか、理論は実験で立証する。ランナーとしては素人だったが、知識も急に増え始めている。
Sさん「佐藤理論、継承してみます。そして10周年飲み会で良い報告ができればと思っています。おおきに、また」
[走りのポイントはコチラ⇒]

2013-09-01『全米テニス途中報告』
 錦織圭は1回戦で負けてしまったが、奈良くるみは3回戦まで進出した。
 3回戦の相手は、元世界№1のヤンコビッチだったが、試合内容は攻めていた。奈良は予選を3試合、勝ち抜いて本戦3試合目だった。またこれで世界ランキングは100位以内が確実になった。まだ21歳なので、期待したい。ちなみに奈良はインターハイ、世界スーパージュニア、全日本選手権とすべて優勝してきている。実績は十分です。
 男子の4強は、順調に勝ち進んでいる。私は今年はナダルではないかと思っているが、優勝候補の一人だったデルポトロが元世界№1のヒューイットに負けてしまった。ヒューイットは2001年に全米を制しているが、その後ケガで低迷。今回は出場しているか、分からないくらいだったが第6シードに勝ってしまった。これは事件です。32歳でもうすぐ引退かと思っていたが、ヒューイットは諦めていなかった。
 ちなみに元世界4位ブレイク(33歳)が今大会で引退。昨年はロディックが引退した。全米オープンなのに最強だったアメリカ選手を見なくなった。サンプラス、アガシ、クーリエ、マッケンロー、コナーズ、の時代はもう来ないのか、世界は変わってきている。

2013年9月~

2013-08-31『腸内細菌が必要な栄養素を作ってくれる』
 綾瀬市Bさん(60代男性)に「朝食に青汁しか飲まないで、何年も生きている人がいる」と聞いた。昼食も夕食も取らない。人は何も食べなくても3日は生きられる。水があれば1週間は生きられると聞いたことがあるが、試したことはない。
 私は40歳を過ぎてから、食べる量を極端に減らしたが、急に痩せたりはしなかった。30代後半に体重を80キロから65キロにしたことがあったが、食べる量よりも精神的な要因だった気がする。
 牛や象は草しか食べないが、あんなに大きくなる。パプアニューギニアの人は、3食サツマイモばかりだが、筋肉隆々です。
 筋肉を付けるには、たんぱく質が必要と言われている。しかし、プロテインを飲んだから、筋肉が付くのではなく、筋トレをした時です。
 そう考えると、体に良いものを取ろうと栄養を取り過ぎているかもしれません。必要な栄養素は腸内細菌が作ってくれる。草だってサツマイモだって、腸内細菌がたんぱく質に変えてくれているのかもしれない。でないと、象が大きい理由が分からない。
 禁煙した人が太りやすい理由は、食欲が増すことだけではなく、腸内細菌の変化にある。という説もある。
 なら、どのくらい何を食べたらいいのか? 少なめに野菜を食べていれば良い。そう思うが、それがなかなか難しい。

2013-08-30『この夏、体脂肪率3%下がりました』
 厚木市S家は家族全員でスポーツ整体に火曜日の夜やってくる。両親、高校生、中学生、幼稚園児の5名で来店。先日はさらに友達の少年野球部もご一緒。
 ただでさえ暑いのに6名も一室に集まれば、さらに気温上昇。「暑い、あ~暑い」。にもかかわらず、動き回る。
 弟は夏の大会が終わり、部活動を引退した。兄貴は不注意のケガで部活動を休止中。共に家でゴロゴロしている。弟は急成長で昨年は60キロだった体重が76キロになった。(増えすぎだろ)
 そんな中、ママは頑張っている。この夏の3ヵ月で体脂肪率が3%も下がり、体重も2.5キロ減った。
 息子たちは、エアコンの中でゲームに励んでいたが、ママは汗をかき、散歩に娘と行った。先日は……。
ママ「言われた通り、コジマ電機まで歩いてきました。でも、汗だくです。良いですか?」
私「問題なしです」
 体は柔らかいので、すでに筋トレコースを行っているが、その筋トレを家でも練習している。寒くなると体脂肪率は下がらなくなってくるので、9月中にもう少し下げておきたい。
私「3%下げるって凄いですよ」
ママ「そうですか?」
私「だって、このペースなら1年で12%下がってしまいますよ」
ママ「そっか」
 息子たちの体重は上昇中だが、ママの体重は下降中です。

2013-08-29『1ヵ月後は10周年飲み会』
 やっと涼しくなってきたが、明日は最高気温35度の予報です。ビールはいつでも美味しいが、さらに美味しくなりそう。また、ちょっと涼しくなると食欲が出てきた。今年の夏はせっかく痩せたので、チャラにしないようにしたい。
 で、1ヵ月後は10周年飲み会です。私は、ぽっちゃりジョコビッチ:Iさんとハイボールを飲めればいいと思っているが、人数は集まりそうです。
 最近、「10周年なんて凄いですね」と言われるが、実感はない。5年に一度のビックイベントです、言っておきながら、5周年の時は、やらなかった。15周年、20周年もあればいいが、その保証はない。そう思うと10周年は貴重に思えてきた。
 おそらく、私が幹事だが、勝手にしゃべり、勝手に飲むだろう。同じように剣道Yさん(中学教師)も勝手にしゃべっているだろう。メンバーはマイペースな人が多く、周りを気にせず、大きな声でそれぞれしゃべっている。もちろん、CAは誘っているが期待薄。女子大生Iさんが初参加予定。
 参加希望者は、27日までに参加費を添えて、佐藤まで。
●詳細は[筋トレページの下の方⇒]

2013-08-28『夏の甲子園、秋にしたら』
 中高生の部活動でのケガが多い。聞くと毎日部活動があるという。お盆休みもない。これだけ猛暑日が多く、「激しい運動は止めましょう」と言われているのに、合宿までして、その次の日も部活動。
 まだ小学生なのにケガを抱えている。小学生はまだ骨が弱いのに、運動を頑張ってしまうと筋肉が骨を引っ張ってしまって、骨が出てきてしまう。オスグッドなどが、そのよい例です。
 「小学生、中学生の頃は、まだ頑張らなくて良い」と柔道Aさんが言っていた。全日本柔道選手権7回優勝の小川直也は、高校から柔道を始めた。中学までは、剣道、水泳、野球などをやっていたらしい。
 結局、体が大きくなって、体力がついてからでないと、毎日練習しても上手くならない。小学1年生からバスケットボールをやっていたのに、中学生から始めた同級生に抜かされたという子がいた。バスケは特に背が伸びないと厳しい部分がある。この子は小学生から頑張り過ぎたため、身長が伸びなかったのかもしれない。
 技術をつけても体力差は埋められない。50キロの子は70キロの子には勝てない。
 その前にケガをしていたら、話にならない。ケガをしないことを最優先にすべきと思うがそうはなっていない。
 夏の甲子園が終了したが、猛暑日に集中力が続くはずもない。グラウンドは45度を超えているだろう。野球Tさんはスタンドで見ていたが、気温は45度だったそうです。
 死者が出てからでは遅い。夏の甲子園は、秋の甲子園に変えましょう。

2013-08-27『全米オープンテニスが始まった』
 優勝賞金260万ドル(約2億5500万円)! 世界一リッチなスポーツイベント「全米オープンテニス」が始まった。優勝するには、7試合勝たないといけない。単純に1試合3600万円。1セット1000万円が掛かっている。凄い金額だ。
 注目の錦織圭だが、ダニエル・エバンズ(英国)に4ー6、4ー6、2ー6で負けてしまった。左膝に炎症を抱え状態は万全ではなかった。しかし、ベスト8入り宣言をし、トップ10を目前にして足踏みが続いている。
 優勝は、最近好調なナダルではないかと思っている。ジョコビッチとの前哨戦を見る限り、ナダルに余裕を感じた。昨年まではジョコビッチ有利に思えたが逆転した。
 しかし、なぜナダルは復活できるのか? 半年間試合から遠ざかると戻れなかったりするが、ナダルは違った。昔だがマッツ・ビランデルが全米でレンドルに勝った後、少し休むつもりが、そのまま引退してしまった。そのくらいテニス界は常に進化しているので、最前線で戦っていないと勘が鈍ってしまう。
 一方、フェデラーに活躍してほしいが、今回は第7シード。これが現在の力を物語っている。ナダル、ジョコビッチ、マレー、デルポトロの4強か? フェレールも年齢的に厳しくなってきている。
 日本勢は、添田と奈良が予選を勝ち上がった。そして、奈良は1回戦を勝った。伊達は負け。森田は腰痛。全米オープンを制するのは誰なのか? 目が離せない。

2013-08-26『すのこベッドは涼しい』
 昨日は涼しかったが、その前日までは暑くて寝苦しかった。暑くてもエアコンは入れたくないが、大汗をかいてしまう。
 そこで今年からすのこベッドに布団を使わないで直に寝ている。これが良い。
1.すのこの下は風が通るので、蒸れず背中に汗をかかない。
2.少し痛いが肉厚の体には寝れないほどではない。すのこの角で筋肉を押されマッサージ効果も期待できる。
3.布団を使わないので、干す手間がなくなる。
 また、窓際に寝ているので、顔の横だけ窓を開けている。そうすると顔だけに風が当たり、足は冷えない。
 もう夏も終わりのようだが、来年もこの作戦で行こうと思う。

2013-08-25『5年ぶりにテニス再開しました』
 テニス、バドミントン、卓球とスポーツが大好きなSさん。(60代)ウィンブルドンも全仏テニスもWOWOWで、ずっと見てしまうほどです。
 しかし、肩や腰が痛くなってきて、5年前にテニスをやめ、今年バドミントンをやめ、今は卓球だけにしている。
 テニスはスクールやサークルに入って、それなりに楽しんでいたが、サークル内の人間関係で楽しくないこともあった。
 Sさんは肩が硬くなっていたので、テニス再開と勧めてみた。テニスはサーブなどで手を上げる動きがあるが、卓球はない。テニスをしていれば、肩こりがなくなると言った人もいた。
私「中級テニスに来てみてください。ナイターだし日焼けしませんよ」
Sさん「行ってみます。ダメだったら途中で抜けます」
 Sさん意外と動きがいい。また元気で声が大きく、他のメンバーが少し引くくらいだった。また、私のレッスンが良かったようで……。
Sさん「先生、テニス上手いです。それは当たり前なんですけど、みんな平等に打ち合えるし、進め方の効率が良いです」
私「そうですか」
 まあ、レッスンは15年以上やっているので、普通なんですが、他よりは良いと思います。
 私も他のサークルに出たことはありますが、「ミニラリーして、あとはゲームしましょう」というところが多い。佐藤スポーツ整体Tennis Teamはしっかりとしたレッスンをしています。内容はテニスオフのページをご覧ください。
 Sさんのラケットをみたら、ひびが入っていたので、買い替えを勧めたら、すぐに購入。
Sさん「スポーツ整体にきて、テニスを再開することになるとは思ってもみなかった」

2013-08-24『美人CAはアクティブ派』
 美人CA:Iさん(20代)。スポーツ整体に通い始め、もう4年目である。初めは、肩こり、腰痛があったが、すぐに良くなり、現在はスタイル維持のために通っている。
 スタイルは元々良かったが、年々良くなってきている気さえする。体重45キロ、体脂肪率15%前後で変わらない。ただ細いわけではなく、筋肉質です。
 誰だって、いつまでも20代であるはずもなく、多少は筋肉が落ち、脂肪が付きやすくなってくるはずだが、CAは変わらない。
 それは日々アクティブに過ごしているからのように思う。CAはあまりベラベラと話さないが、話しかければ答えてくれる。
 CAは一見、大人しい感じだが、アクティブ派だ。
 冬はスノーボード。春は屋久島、マチュピチュに旅行。夏はキャンプ、海。そして、来週は富士山に登ってくるという。
 「休みだから」といって、「家でのんびり」という日はないと言う。「山ガールになれるかな?」と何でもノートに書いていたが、「全国№1山ガール」で決定です。
私「良かったら、また写真見せてください」
CA「・・・」
 相手にされていないが、気にしない。
 日本全国のCAファンの皆さん、ご安心を。今回も女友達と富士山に行くそうです。

2013-08-23『イチロー日米通算4000安打を達成』
 米大リーグ、ヤンキースのイチロー外野手(39)が21日、地元ヤンキースタジアムでのブルージェイズ戦で日米通算4000安打を達成した。
 この記録は続けないと達成できない。またケガをせずにレギュラーを取っていないといけない。
 39歳にしてまだ足も肩も衰えを感じないという。39歳でセイフティバントを決めてしまうイチロー。
 偉業を重ねてきた22年間のプロ生活も「人間として成熟しているか。前に進んでいるか。実は明確に感じることはできない。そうでありたいと信じてやり続けることしかできない」という。
 イチローになりたい。それは目標を持ってトレーニングを続けること。

2013-08-22『体を温まれば、体の調子は良くなる』
 最近、体の調子が良い。道楽のテニスは、月に3回くらいしかやらない。それはケガ防止の為、回数を制限しているのと週休1日では、やる日がないからです。
 それが夏限定でナイターテニスも行っているので、先週は3回もテニスをした。3回もテニスをすれば、筋トレの日もなくなり、疲労が溜まってしまう為、どこかが痛くなる。
 それが痛くならない。冷えてくると痛くなるので、夏だが温めるようにしている。それが良いのだと思う。
1.エアコンの中には入らない。今年はファミレスにも入っていないので、連続10分以上エアコンにあたっていない。買い物も10分以内で済ます。
2.夜は長袖・ジーパンを着ている。帰宅は20時を過ぎるので、涼しくて気持ちがいいが、体は意外と冷えてしまう。
3.太陽に当たっている。暑くてもテニスとウォーキングは昼間に行っている。
 その結果、私の手足は温かい。実は夏でも手足は冷えている。一度、触ってみてほしい。

2013-08-21『夢はピザ専門店オープン』
 小さい頃から料理に興味があったNさん。(30代男性)厚木市にあったピザ屋に入ったら、そこのマルゲリータの味に感動した。
 その後、「このピザを作ってみたい」と思い、安定していた会社を辞め、このピザ店にアルバイトで弟子入りした。特にアルバイトの募集があった訳ではない。
 この強い気持ちに、私は10年前の開業時を思い出した。
 しかし、慣れない仕事は楽ではなく、重い窯を移動したときに「ギックリ腰」になってしまい、まともに歩けないような状態になってしまった。
 3回でほぼ回復したが、今後は独立開業を考えている。その為には、体力もお金も貯めておかないとならない。
 Nさん痩せてしまい、56キロになってしまった。いつかはどこよりもおいしいピザ店を開きたい。
 夢実現のためには、体力が必要だ。

2013-08-20『中級テニスも人気になっている』
 以前、他のテニスサークルに入っていたが、メンバーがいつも同じで新鮮味がなくなってきた。そこで、「辞めないで」と言われたが、半年ほどで止めた。
 そして、出会い系テニス版「テニスオフ」を知り、2010年5月から始めた。初めは、「上級者募集」としていたが、集まらない。集まっても上級者ではなく中級者で、私の練習にはならずレッスンになってしまった。仕方ないと思い、「中級者募集」に切り替え、毎週レッスンを行っている。
 6名限定で行っているが、3名は60代・70代のレギュラーメンバー、他の3名はネットから申し込みがある。よって、毎週メンバーが変わることになり、新鮮味がある。
 先日の初級テニスは本気を出してしまったが、中級で本気を出すことはない。逆に遅いボールを打つ方が難しい。それが練習になっている。
 ネットの世界も、世間は長くやっている人を信用するようです。今後も続けたいと思っているが、いつまでできるだろうか?
[中級テニスサークル大人気です⇒]

2013-08-19『初級テニスはビック4の対決だった』
 最近の初級テニスは、小学生や完全な初心者の参加が多かったが、昨日はなぜか、30代の男ばかり3名だった。
 その3名は気合が入っていた。一人は全身ナダル、ラケットもバックもナダルだった。一人は、ちょっと太めだが、ジョコビッチと同じユニクロのウェアーを着て、やる気満々である。最後の一人は、「マレーってよく知らないんですけど」と言っていたが、背が高くサーブが強いので油断はできない。
 ならば、私もフェデラーでいこうと決め、ナイキのウェアーとリスドバンドをして、会場に向かった。
 月曜日の大会では不安全燃焼だったので、今週は暑いながらも、しっかりと体のメンテナンスを行っていた。
 初級テニスはスポンジボールを使うので、風上が有利で風下が不利である。また昨日は風が強かった。
 そんな中、フェデラーの圧勝でビック4の対決は終わった。風上のナダルのボールは強かったが、フェデラーはそれを得意のフォアハンドでショートクロスに切り返した。
マレー「今日、初級ですよね」
フェデラー「勝負は真剣にやらないと……」
ジョコビッチ「風下でも強いボール打ちますね」
フェデラー「海老名市のロジャー・フェデラーだから」

2013-08-18『夏をどう過ごすかで、その年の冬が決まる』
 暑い日が続いているが、どう過ごしているだろうか?
 夏をどう過ごしているかで、その年の冬が決まる。冬になって「体の調子が悪いな」と思っても、もう遅い。
 夏なのに体が冷えている人は多い。夏に体を冷やしてしまうと、その年の冬、寒くて体は不調になる。
 私は言わないが、どんな生活をしているか分かる。本人は気付かないが、体が冷えていれば、動いていないなと分かる。
 ベテランランナーMさんは腰痛になり、大好きなランニングができず、楽しみにしていたシドニーマラソンもキャンセルした。
 Mさんはいつも走っていたので、体は細いが体は温かった。しかし、その日は冷えていたので……。
私「最近、何しているんですか?」
Mさん「エアコンの中で、アイスコーヒー飲んで、高校野球見てる」
私「体冷やしたら、腰痛治りませんよ」
Mさん「そうなの? 早く言ってよ」
 以前から何度も言ってるが、聞いていない。その後、短距離ランナーB君が来店。彼は体が1番温かった。こんなに暑い日が続いているのに、「走りの調子いいです」と言っていた。
 私は、その後の休憩時間にストレッチをした。

2013-08-17『水分補給どのくらい必要?』
 中学生野球部I君、夏の大会は市大会で敗退し、今は受験勉強中。高校でも野球部に入り甲子園を目指す。
 先日、大山登山に行ってきた。1時間くらいのコースだったが、「先生から水は2リットル以上持ってきなさい」と言われ、「重いだけだった」と嘆いていた。
 テレビでは、水分補給、水分補給とよく聞くが、どのくらい取ったほうが良いのだろうか?
 運動中は、汗をかいた分の半分を水分補給して、残りの半分は運動後、夜までに取れば良いと思う。
 マラソンランナーは、レース中にガブガブは飲んでいない。
 私が中学生の頃は、夏でも「水を飲むな」と言われた。今とは気温が違うが倒れはしなかった。
 当店の1階は学習塾だが、子供たちは水筒を持って、エアコンの効いた教室に入っていく。
 その大きな水筒は必要なのか?

2013-08-16『お盆休みは終わりました』
 今年のお盆休みはどこにも行かず、家で掃除をしていた。実は掃除が好きなのです。基本は重曹で、水周りはクエン酸、油汚れはドライヤーで温めてから洗剤で簡単に落ちた。
 午後はウォーキングをしながらモーグルTさんの新築現場を見学、夜は自分で野菜料理。またには、こんな主婦っぽい生活もいい。
 夏はやる気がおきないが、そうも言っていられないので、今日から仕事です。お陰様で今日は予約がいっぱい。残暑が厳しいですが、ピークも過ぎたので涼しくなるでしょう。
 バレリーナTさんには負けたくないので、頑張ります。

2013-08-15『ロジャー・フェデラーのようにテニスをしてみたい』
 もし10分時間があったら、下記の動画を見てみてほしい。フェデラー対ロディックの2007年全豪準決勝の試合です。
 フェデラーが、1回戦から決勝まで「全試合ストレート勝ち」を達成。テニス4大大会男子シングルスにおける全試合ストレート勝ちは、1980年全仏オープンのビョルン・ボルグ以来で、全豪オープンでは1971年のケン・ローズウォール以来であった。
 という、フェデラー絶好調のプレー集です。相手はロディックでサーブもストロークも速く、体力的にはフェデラーよりも上かもしれないが、3-0でフェデラーが余裕で勝っている。
 明らかにフェデラーは力が抜けていて、ロディックは力が入っているのが分かる。私もこのイメージでプレーしたいと思っているが、そんなに簡単にはできない。
 先日の大会で、ベテランテニス全国大会のMさん(60代)に0-6で負けた。それが悔しく、またどうやったら勝てるのか、分からない。
 相手にはテクニックでは勝てないので力で押すしかないが、そこまでの体力はない。考えてみるとMさんは力が抜けている。Mさんがフェデラーで、私がロディックか。
 力が入ってしまえば、相手にコースを読まれてしまう。体力は落ちるのでボールのスピードは期待できないが、コースは読まれないようになりたい。
 終戦記念日の今日も「道楽テニス」のことを考えている佐藤です。

2013-08-14『陸上界の救世主になったウサイン・ボルト、第14回世界陸上?』
 またドーピングが問題になっている。ボルトのライバルであるタイソン・ゲイ(米国)やアサファ・パウエル(ジャマイカ)が禁止薬物問題の渦中にいる中、ボルトのニュースは人々の注目を一気に集め、ドーピング問題を忘れさせた。
 しかし、ドーピング検査で陽性反応を出す選手があとを絶たず、ドーピング撲滅の戦いが続く中、ボルトの話題の賞味期限が切れるのは時間の問題といえる。
 これでは、陸上選手はみんなドーピングか、と思われても仕方がない。ボルトは問題なしなのか、他のジャマイカ選手が何人も検査で引っかかっている。195センチで94キロで9秒59は一般的には信じがたい。
 また、陸上だけではない。野球、テニス、自転車もドーピングが問題になっている。
 スポーツは筋肉に依存する部分が大きい。その筋肉をつけることは大変なことだが、薬物を使えば容易になるようだ。バリーボンズがオフシーズンで体重が10キロ増えるなんて通常ありえない。1年間筋トレし続けたって1~2キロが限界です。これは平等ではない。
 まあ、ドーピングしたからといって簡単に記録が伸びるほどスポーツは甘くはない。ボルトにしてもバリーボンズにしても素晴らしい技術を持っている。
 それがドーピングで記録抹消なんて事になっては、もったいない。

2013-08-13『草テニス大会 8月』
 高温注意報と光化学スモッグ注意報が発表され、「激しい運動は避けましょう」と放送がある中、草テニス大会に行ってきた。
 7月の方が暑いと思い、8月にしたが失敗だった。予選は、1勝2敗でいつも通りだが、その1勝は相手が熱中症で棄権。私も棄権しようかと思っていたが、相手の方が先だった。
 その後のトーナメントでは、ベテランテニス全国大会のMさんと対戦だったので、棄権は止め、対戦したが、0-6で負け。テクニックでは勝てないので、力で行くしかないが、その力がもうない。体力アップをするしかないです。
 一方、ナダル君(30代)の初テニス大会の日でもあった。私は早めに会場に行ったが、ナダル君はすでに待っていた。始めに20分一緒に練習したが、もう疲れていた。
 試合では得意のフォアハンドが爆発するかとひそかに期待していたが、そんな甘くはなく全敗。でも、楽しそうにテニスをしていた。
 準備は万端で、ウェアーを7枚、短パンを2枚、サングラス、帽子、ドリンク3本とプロ並だった。
 始めは負けて当然。簡単に1勝できるほど、この大会は甘くはない。16名のうち、8名は現役テニスコーチ、他の8名も普通の大会なら勝てるような人たちばかりだ。
 そんな中で、ナダル君は健闘したと思う。今回に懲りず、9月、10月大会も申し込んでいた。
 あと、応援団長として来ていたシャラポワは、仲良くなったお姉さんとスマホのゲームに夢中で、私の試合は見ていない。「携帯で動画取って」とお願いしておいたが1つも取ってくれなかった。

2013-08-12『海老名市38.1度。これはもう危ない』
 神奈川県で一番暑いのは海老名市。実は寒いのも海老名市。昨日は38.1度を記録し、クラッときて気持ちが悪くなった。また、この2日で体重が1.5キロ落ちた。
 気温を変えることはできないので、この気温に対応するしかないと思っているが、体温以上になってしまうとどうにもならない。
 気になるのは、子供たちだ。こんなに暑くても部活動はやっているし、甲子園では毎年の時期に大会を行っている。
 数年前は「熱中症でなくなってしまった子供で出て」、猛暑日の部活中止という話もあったが、それはどうなったのか?
 これだけ暑いと子供には無理に運動させない方が良いように感じてくる。私が中学生の頃は暑くても30度くらいだった。状況が全然違う。
 とか言いながら、今日草テニス大会の予定を入れてしまった。相手よりも熱中症に勝てるか分からない。
 しっかり、「水」と「塩」を持って行ってくる。ナダル君は初出場。昨日は寝れていないだろう。また、シャラポワが応援に来てくれる。
 「パパ、負けた?」

2013-08-11『キャンプをすると、体内時計がリセットされる』
 私は意外とインドア派なのでキャンプをしたことはないが、キャンプをすると体内時計がリセットされると研究結果が出た。
 米コロラド大学ボルダー校の研究で、より長時間、自然の光の下で過ごし、人工の照明にさらされる時間が短くなった被験者は、睡眠時間こそ変わらないものの就寝と起床時間が最大2時間早まることが分かった。
 その結果、起きている間は頭がよりさえるようになったそうです。
 生活リズムが狂ってしまっている人は多い。明るくなったら起きて、暗くなったら寝る。これが基本です。
 また、「睡眠不足で太る」との研究結果も出た。これは、睡眠不足が脳活動の変化を引き起こし、結果として強い空腹感を感じて太る食べ物を食べたいと切実に思うようになる。
 昨日のニュースで、ベトナムで40年間森の中で暮らしていた親子が発見された。これには驚くが、人間生きていけるのです。
 また、今も電気に頼った生活をしていない国もある。電気がなければ、夜は寝るしかない。
 さあ、キャンプにでも行って、原点に戻ろう。あれ、キャンプ用品が何もない。

2013-08-10『初テニス大会出場で緊張して眠れない』
 今年からテニスを始めたナダル君(30代)。ついに初テニス大会出場の8月12日が近づいてきた。私も参加するが、眠れない日々が続いているという。
 それは熱帯夜のせいではない。緊張して眠れないのだ。ちょっと気合が入り過ぎているかもしれないが、やる気満々である。
 ナダル君は変わった。5月に足を痛めて来店したが、その頃は、体重68キロ、体脂肪率24%だったのが、8月は、体重59キロ、体脂肪率17%になった。
 体が引き締まり、まるで別人のようです。ちょっと嘘かと思えるくらいの変化ですが本当です。勤務先の美容室でも話題になっている。
 その美容室では、全スタッフがテニスにハマっていて、店内ではウィンブルドンの映像が流されているという。
 ナダル君は、それを見てイメージトレーニングを欠かさない。家に帰ってきても、ナダルと同じウェアーを着て、鏡の前でイメージトレーニング。眠れないのも分かる気がする。
 ライバルナダル君の出現で、私も気合が入ってきた。まだナダル君に負けるわけにはいかない。しかし、この猛暑で体力が持つか? 心配でならない。
 なお、今大会は綾瀬市で行われる。(観覧無料)

2013-08-09『1.5ヵ月で3.2キロ痩せました』
 名門A高校、天才野球部S君の天才度に陰りが見えてきたが、そのママSさん(30代)は好調だ。
 はじめは整体に疑問を持ち、週に1回整体をしたくらいで野球が上手くなるのか? 体が変わるのか? と思っていた。
 それが6月末から通いだし、1.5ヵ月で3.2キロ痩せ、体脂肪率も3%下がっている。最初は何キロだったかは、ちょっと多めなので言えない。
 今週の火曜日は息子が野球の合宿だったため、整体に来れない。その代わりにパパが受ける予定だったが、その時間をSさんが奪った。
 私は「たまにはパパが受けた方が良い」と思っていたが、譲らない。そして、木曜日も来店。
私「ちょっと細くなってますよ」
Sさん「そうですか。制服のズボンが緩くなってきました。ワンサイズ下に買い替えないといけないかしら」
私「3.2キロも体重が落ちてますよ」
Sさん「うれしい。何をやっても痩せなかったのに。せっかく苦労して痩せたのだから、実家に帰って戻らないようにしないと」
私「まだそんなに苦労してないと思いますが」
Sさん「あら、そう?」
 Sさん、息子には、「素振りやれ」「ストレッチしろ」というが本人は運動嫌い。それがちょっとだけウォーキングを始め、食事にも気を付けている。
 今週は、2回で整体を受け、ちょっと筋トレをしたら、足が筋肉痛になってしまった。また、日曜日にはウォーキングサークルにも参加する。
 来週は、実家に帰ってしまうので、のんびり生活に戻らないことを期待したい。

2013-08-08『夏バテにならないコツ』
 今週は猛暑が続く。今まで少なかったので、ラッキーと思った方が良いかもしれない。
 夏は疲れるので、意識的に昼寝をしたりしているが、それだけでは足りない。
 原因は、3つある。
1.暑さで胃腸の働きが弱まり、一方で基礎代謝が上がってエネルギーやミネラルが不足しやすい。
2.軽度の熱中症に陥っている。
3.冷房で汗をかきにくくなり、体温調節がうまくいかない。
 まずは、しっかり食べる。B1を多く含む、豚肉、うなぎ、豆乳、枝豆、とうもろこしなどがオススメです。
 次に、こまめな水分補給だが、同時に塩分や糖分も取ったほうが吸収がよくなる。私は無駄に水分を足らないようにしているが、塩分不足には気を付けている。
 次に、気温の変化が一番体がキツイと感じる。今年から夏でも昼以外は長袖を着ることにした。そうすると体が冷えないので、逆に楽に感じる。
 最後にしっかり休むことだ。毎年、夏はどこかに旅行に行っていたが、今年はやめた。テニス大会だけで、あとは休んでいる。お盆休みだし……。

2013-08-07『体力があれば、良いことばかり』
 誰よりもスポーツ整体に通うバレリーナTさん。(30代)現在妊娠中で今月末には出産予定だが、その行動がとても妊婦とは思えない。
 仕事は7月末で産休に入ったが、バレエもスポーツ整体もまだ続けている。妊婦のバレリーナってどうなのか? スポーツ整体では、まだマットを胸に当て、うつぶせでマッサージを受けている。プチ筋トレも続けていて、先日も4キロを10回上げていた。
 妊婦というと「無理しないで」「動かないで」とのイメージだが、Tさんは違う。横浜に行っては「シュウマイ弁当」を食べ、大阪に行っては「カニ」を食べ、名古屋に行っては「味噌カツ」を食べてきた。明日は池袋に行って何を食べてくるのか?
 臨月だというのに、スケジュールはいっぱいで、旅行、バレエ、スポーツ整体、ジム、会食、病院と忙しい。
 美味しいのもをいっぱい食べたいし、旅行もいっぱい行きたいし、お金もいっぱい欲しい。その為には、体力が必要だ。
Tさん「プチ筋トレ続けてて良かったです」
私「そうですか」
Tさん「体力があれば良いことばかり、基本は体力ですね」
私「綾瀬市Bさんが『姿勢も良くてキレイな方ですね』って言ってました」
Tさん「もっと言って」
 欲張りな性格は、当分変わりそうもないが、いつも元気でパワーがある。

2013-08-06『パークゴルフに行ってみた』
 県立相模三川公園に、県立公園では初めてとなるパークゴルフ場が2013年7月にオープンした。本物のゴルフをやってみたいが、お金も暇もないため断念し、パークゴルフに行ってみた。
 グラウンドゴルフとパークゴルフは多少違うようだが、気になるレベルではない。プレー費は200円と安かった。
 ゴルフの良いところは、レベルが違っても一緒に楽しめるところだと思う。佐藤家はゴルフ好きで、あるとよくやる。
 娘はいつものインチキ専門で、10打くらい打っても、「5打で入った」と真顔で言う。
 私が9ホール中、1ホールだけ1打でグリーンにのった。そのボールに娘は、走り寄り、勝手に打ち「2打で入った」と喜ぶ。私は仕方なく、近くにある娘のボールを打った。
 暑くてもゴルフをすれば、よく歩く。これが良いのだと思う。
 昼食はその公園で簡単にとって休んだら、またゴルフがやりたくなり、もう1度やってしまった。

2013-08-05『ゴータマ・シッダールタ(ブッダ)になりたい』
 私はゴータマ・シッダールタ(ブッダ)のようになりたい。ブッダとは、目覚めた人、悟った人という意味で、2500年前に実在した人物である。
 そのブッダは35歳の時から「ブッダの教え」を説いてインド全土を歩き、80歳まで「心の在り方」を説法し続けた。その後、仏教と呼ばれる。
 私も33歳の時、「スポーツ整体」を悟ったと勘違いし、「佐藤の教え」を説法し始めた。
 ブッダ同様、世間の人はこの難解な理論を理解してもらえるだろうか、と悩んだが始めて良かったと思っている。数人だが理解し始めている人もいる。
 モーグルTさんは、正しい運動連鎖について悩んでいたようで、「ここに来れば答えを教えてもらえる」と喜び、10年も通っている。
 しかし、私はブッダになりきれていないと先日感じた。
 中級テニスレッスンでMさんからの申込みがあり「アドバイスをしてほしい」と言われたので、「持ち方を変えた方が良いですよ」とアドバイスしたが、「持ち方についてはアドバイスしないでください」と言われ、「イラッ」と思ってしまった。
 そして、レッスンの終わりに、他の方は、「ありがとうございます」「またお願いします」と社交辞令でも言って帰るのに、Mさんは「無言」で帰って行った。それを見て「またイラッ」と思ってしまった。
 「イラッ」と思った時点で、まだブッダには、なれていない。怒りの感情を消去しないといけない。まだまだ修行が足りないようです。

2013-08-04『ハムストリングを使って走れるようになりました』
 インターハイでは桐生が10秒19の大会新で100Mを制し、400Mリレーではアンカー走りで6人も抜いて優勝したが、200Mや400Mでは、大学生ランナーB君の方が上かもしれない。
 スポーツ整体に通い始め、もう1年が過ぎた。この1年間で肉体改造は順調に進んでいる。
 60分の筋トレコースで半年以上になり、初めは辛かったようだが、先日は10キロを10回余裕で上げるまでになった。
 私はあまり重いウェイトを持たせないが、B君はまだ大学生だし、普段から鍛えているので、少しづつ重いウェイトを渡していたら、出来るようになった。
 その結果、「ここに通い始めてから、胸囲が10センチアップしました」と報告があった。でも、腕は細くなっている。
 また、足も細くなった。これは足を使って走っていないという証拠です。
 通常、走ると太もも前が痛くなることが多い、ということは足を使って走っているということです。
 理想は体全体を使い、太もも裏(ハムストリング)や大臀筋、腹筋を使うと良い。しかし、この感覚をつかむことは難しく、柔軟性も必要になってくる。
 先日、「走ったら、ハムストリングと大臀筋が筋肉痛になりました」と報告があった。B君は確実に成長している。そして、佐藤理論を理解している。このことが嬉しい。
 「足を使って走ってはダメ」と言っても理解されない。足に負担をかけないで走るという意味だが、これを理解した人は、いなかった。
 「投げる」「打つ」の方では、熱血元野球部Tさん(40代)に理解してもらったが、走る方ではB君が開業10年目で初めてです。8月11日のウォーキングサークルで模範ランを見せてもらう。
 次は、エリートランナーFさん(40代男性)が理解する予定。
[走りのポイント⇒]

2013-08-03『ダビド・フェレールと同じラケットを買ってみた』
 ナダル君が初テニス大会に向けて順調に調整を続けているが、海老名市のフェデラーが準備をしていない訳がない。
 最近は筋力アップというより、筋肉を100%使える状態にしておくことを優先し、マッサージ、ストレッチを毎日1時間以上行っている。
 43歳になり筋力低下は避けられない。それを補うために、また新しいラケットを買ってみた。
 今はNXグラファイトを使っているが、トップライト(ラケットの先が軽い)のためスピードが出ない。そこで今よりトップヘビーのダビド・フェレールと同じラケットを買ってみた。
 フェレールは、プリンス EXO3ツアー100を使っていることになっているが、実際は前モデルのO3ツアーを使っている。同じスペインのフェレーロもこのモデルをずっと使っていた。
 このモデルは、フレームが2重構造になっているため、厚みが薄くても剛性が高い。剛性が高いと振動も少なくなる。
 ラケットの振動がテニスエルボーの原因になったりするのだが、振動には2種類ある。ガットの振動は、振動止めをつければ止まるが、フレームの振動は止められない。
 私はフレーム振動が少ないラケットを探し続けている。
 もう売っていないモデルなので諦めていたが、新古品で見つけることができた。早速、木曜日(20時から大雨)に使ってみたが、スマッシュの時にイメージ通りのスピードを出すことができて満足している。
 しかし、試合で使ってみないと分からないし、3ヶ月も使えばフレームにへたりが出てくる。まあ、今月の大会はこのラケットでフェレールのようにストロークを打ってみる。
 ナダル君とは、決勝戦で当たるかもしれないので……。

2013-08-02『ジョコビッチの食生活』
 世界最強の男子テニス選手のような動きがしたいなら、まず、大量の白湯や、大豆プロテインの濃縮物で作ったシェークを飲むことだ。
 トーナメント中はアルコールを控え、乳製品は避ける。アボカドやカシューバターをたくさん食べ、砂糖はごく少量の摂取にとどめる。試合前のエネルギージェルに入っている以外のカフェインはとらない。
 1日7~8時間の睡眠を確保し、瞑想(めいそう)をし、ヨガと太極拳に励む。メラトニンのサプリメントを飲み、バイオフィードバックマシンでストレス度を測定し、一瞬の暇ができたときに日記をつける。好きなだけ温かいリコリス茶を飲みリラックスする。
 またジョコビッチは、たいてい常温の水を飲むと話している。冷たい水は消化を遅らせるうえ、「筋肉にあってほしい血を分散させてしまうため」だという。
 世界ランキング1位は違う。まあ、あの体を見ればわかるが、食生活も徹底しているようだ。ぜひ参考にしたい。

2013-08-01『初テニス大会が近づき、もう緊張しています』
 海老名市のラファエル・ナダル:Iさん。(30代男性)8月中旬に初出場する草テニス大会に向けて調整を続けている。
 軟式テニスでは、国体・インターハイの出場経験を持っているが、硬式テニスの大会は初めてです。まだ2週間先だが、もう緊張し始めている。
 今から緊張していては、本番ではどうなってしまうのか、私は考えすぎない方が良いとアドバイスした。
Iさん「当日や前日は何を食べたら良いですか?」
私「いつも通りで……」
Iさん「相手のサーブが速くてコーナーに入ったときは、どうやって返したらいいですか?」
私「そんなサーブは返球できないから、あきらめる」
 いろいろと考えてしまうようだが、初めての時は、サーブが入るか、リターンが返るか、スコアを覚えているか、最低4試合体力が持つか、そんなことで精一杯だと思う。
 Iさんは心配しなくても、最高の準備ができていると思う。体重は68キロ→61キロ、体脂肪率は24%→18% に変わり、ガットも張り替えた。
 厚木の美容室では、「ナダルは痩せた、痩せた」と話題になっている。

 

2013年8月~

2013-07-31『柔道Aさんを抜かしてやるbyS君』
 柔道Aさん(20代)は、S君(中学生)のオジサンにあたるが、2人は体型も性格もよく似ている。
 Aさんは、筋肉も多く、柔軟性も高い。S君は「2週間で抜かしてやる」と言って、もう1年が経ってしまった。
 S君、目標は高いのだが努力が足りず、まだAさんには追いつかない。この日は、いっしょに来てAさんのトレーニングを見ていた。
 柔軟性を見て、「くそ、柔らかい」と言い、自分でやってみるが、そこまでは曲がらない。
 筋トレを見て、「そんな重いのできるの?」Aさん「出来なかったら、渡してもらえない」
 まだ子供だからなのか、S君ストレッチをしても、すぐに飽きてしまう。Aさんに「苦手なことも頑張らないと」と言われているが、つい得意なストレッチの方をしてしまう。
 そして、体重測定。Aさん、この1年で10キロも成長している。S君は3キロ増えただけ。柔道をしているなら、もっと食べ体重を筋肉で増やさないといけない。
Aさん「もっとお菓子じゃなく、ご飯食べて体重増やせ」
S君「でも、ボク100キロあったら、まずくないですか?」
私「細かいことは気にするな」

2013-07-30『トレイルランナーSさんは頭がいい』
 9月の「信越五岳トレイルランニングレース110キロ」向けて調整を続けているランナーSさん(30代)。関西人だからなのか、よく話し、そのレベルが高い。
 例えば、先日の参院選挙で自民党の圧勝で終わり、国民の支持を得られたとAさんは言っているが、仮に投票率6割でその7割の支持を得られたとしても、6×7で42%でしかない。よって過半数も得られていない、そもそも投票率52%の選挙自体どうなのか? と力説する。
 日本の資本主義経済は成熟期を過ぎ、後退期に入っているのに、2%の物価上昇なんて無理な話だ。「政治家は孫の代まで安心なんて、小さいこと言っていないで、2000年後の日本はこうしたいくらい、言ってもらいたい」とスケールがデカい。私もさすがに2000年のいう数字は頭の中に出てこなかった。
 また、「そうだったのか!池○彰の学べるニュース」などで人気のIさんについても、普通は分かり易くていいよね、と一般的に言われ大人気であるが、Sさんは結局は何も言っていないと批判する。
 ニュースの解説は良いが、Iさんは「これについて私はこう考えますが、皆さんはどう思いますか?」とは言わない。自分の考えを示したほうが、理解はより深まると思うがそうはしない。
 まあ、こんな感じだが、私とは話が合うようだ。Sさん、次回も面白い話を期待している。

2013-07-29『8月の初級テニスが楽しみだ』
 8月の初級テニスが楽しみになってきた。それはテニス界のビック4が集まりそうだからだ。
 まず、海老名市のロジャー・フェデラーは言わずと知れたテニスSさん(40代)。ラファエル・ナダルは美容師Iさん(30代)。
 そして、テニス部長Iさんがノバク・ジョコビッチと同じウェアーをユニクロで買ってきた。着てみたら、ジョコビッチではなく、「ただのユニクロの営業マン」のようだったが気にすることはない。本物のジョコビッチには、サーブもフォアハンドも身長も負けてしまうが、体重だけは勝っている。
 あとは、アンディー・マレーと思い、バレリーナTさんがマレーファンなので……と思ったが、テニスはしない。そこで、2年ぶりに初級テニスに復活したOさん旦那(30代)をマレーにしようと決めた。
 身長は高いので、とりあえずアディダスのウェアーを着て来てほしい。もしなかったら、Oさんの美ジョガー専用アディダスウェアーを借りて来てほしい。少し小さいかもしれないが普通に着れるだろう。
 さらに、自称:プロ級小学生マリア・シャラポワ。年に数回しかラケットを持つことはないため、実力は未知数。将来性は1番だ。
 またさらに、和製ボブ・サップ柔道Aさん(20代)の参戦が3年ぶりに決定した。その100キロ級のマッチョボディは並ではない。サーブを打てば、そのパワーでボールは楕円に変形しサイドネットに突き刺さる。史上最強プレイヤー・海老名市のロジャー・フェデラーでさえ、返球できるか分からない。
 さて、優勝するのは、誰なのか?
 本命:フェデラー、大穴:マレー
 その決戦の日は、8月18日を予定しているが、まだコートの予約が取れていない。

2013-07-28『エアコンをつけて寝ると足が硬くなる』
 今年の夏は梅雨明けに猛暑日が4日連続であったりしたが、その後はそれほど暑くなく、私は夜、窓を閉めて寝る日も多い。
 しかし、デスクワークで一日中エアコンに中にいる人は辛いようだ。週末ランナーBさんは寒いくらいだと言っていた。
 施術をしていて思うのだが、エアコンをつけて寝ている人の足は硬い。やはり、足から冷えてくるのだろう。特に子供は良くない。
 子供は体が小さいため、体が冷えやすい。よって、暑さには強いはずだが、一度エアコンに慣れてしまえば、付けないと寝れなくなってしまう。
 逆に子供は適応能力が高いので、暑さにも慣れる。娘は猛暑日でも涼しい顔をしている。暑さに慣れてしまったのだろう。
 昨日もそれなりに暑かったが、人によって汗の量が違う。一日中外で仕事をしていた大工のKさんは全然汗をかいていない。最近、動けていなかったAさんは大汗をかいていた。
 まあ、言いたいことは、いつものエアコン反対です。

2013-07-27『昼のビール飲みすぎです』
 Yさん(40代)のゴルフが好調である。2013年上半期は平均スコア92.7を出した。そして、7月もすでに3回行っているが、平均スコア88.7の好調ぶりである。
 先日は、前半過去最高の38を出したが、後半53と崩れた。聞いたら、昼にジョッキビールとつまみを頼み、さらにラーメンまで食べていた。
 一緒に行ったゴルフの上手い人は、ビールを一杯だけだった。私は、ビールは「いっぱい」ではなく、「一杯」でとアドバイスした。
 そして、水曜日のゴルフでは、前半40、後半47の合計87の好スコアだが、後半がちょっと。
私「昼のビールは一杯にしましたか?」
Yさん「ジョッキビールとソーセージ盛り合わせとワインとチーズとラーメン」
私「だから、栄養取り過ぎだって……」
Yさん「でも、美味いんだもん」
 そもそもスポーツ中にビールを飲みことがあり得ない。ゴルフだけ行っているのならいいが、必ず昼と夜にしっかり会食がある。
 せっかくスポーツ整体、週2回で60分も受け、朝は30分のウォーキングと夜は5分のストレッチを頑張っているのにもったいない。会食がなければ、今頃タルタルボディではなく、細マッチョボディになっていることだろう。
 そして、今日も会食つきのゴルフに行っている。

2013-07-26『人生はうまくいかない(仏教)』
 人生はうまくいかない。誰もが悩み、不満を抱えていると言っていいだろう。そんな時は宗教が役に立つこともある。
 キリスト教を信じて、「辛いことがあっても全知全能の神(イエス・キリスト)が最後の審判で天国につれて行ってくれる」と思ってもいいだろう。
 私はブッダの考え方に共感しているが、「人生は苦である」と思っている。
 諸行無常で全てのものは消えてなくなる。太陽も地球もいつかは消えてなくなる。太陽は今後も膨張を続け、いつかは地球をのみ込むらしい。
 私たちは太陽も地球もちょうど良いときに生を受けた。それだけでもラッキーかもしれない。
 私はさらにラッキーな人間だ。祝福されて生まれ、両手も両足もあった。それだけで私は十分です。
 また、太陽や地球の寿命を考えたら、人の一生なんて一瞬の「うたかた」です。しかし、その一瞬を大切に生きたいとも思う。

2013-07-25『テニスの錦織圭とゴルフの松山英樹、四大大会優勝に近いのはどっち?』
 錦織圭と言いたいところだが、松山英樹の方が確率が高いと思う。
 テニスの場合、四大大会だけが5セットマッチになってしまう。それを2週間で7試合勝ち抜かなければ優勝はない。それがゴルフは4日間で全員同じ。それがメジャーではビックネームしか勝てない理由のように思う。
 先日の全英ではフェデラーもナダルもすぐに負けてしまったが、その2人に勝った選手も次で負けている。錦織圭もフェデラーやジョコビッチに勝ったことがあるが、それをメジャーで連続となるとイメージできない。
 フェデラーとナダルに連続で勝って優勝したのは、全米の時のデルポトロしかいない。そのデルポトロでさえ、その後、決勝までいけていない。そのデルポトロに錦織は勝てない。
 しかし、錦織は日本では唯一四大大会優勝を狙える選手だ。技術的には十分可能性があるので、あとは5セットマッチを7試合勝てる体力をつければいい。それだけのように思うが、それが難しい。
 松山はまだ21歳。そして、ゴルフの方が選手寿命も長い。世界ランキングは早くも32位。メジャー制覇は近い。あれ、石川遼は?

2013-07-24『10周年記念飲み会やります』
懇親会2 英国ではロイヤルベイビー誕生で祝賀ムードになっているが、今年9月に迫った当店の10周年記念イベントも負けていない。
 何をしようかと迷ったが、誰もが参加できる「飲み会」を開催することにした。
 早いものでもう10年。小さな事務所の片隅で始めてから、よく潰れずに残っていると思う。これもひとえに自分の頑張りです。(笑)
 驚くことに10年前から通っているクライアントがいる。
 綾瀬市Bさん(70代)、バレリーナTさん(30代)、柔道Aさん(20代)、モーグルTさん(40代)。当然のことだが、Bさんはまだ60代になったばかりだった。Tさんも20代だった。Aさんは高校2年生だった。Tさんは30代でまだ勢いがあった。
 5年に1度のビックイベントなので、多くの人に来てほしい。
 その中でも、裏ツートップの美ジョガーOさん、テニス部長Iさんには参加願いたい。ともに30代の食べ盛りだが、育ち盛りではない。私の指導力が足りなかった点を謝罪し、今後について話し合いたいと思う。また今回はIさん、待望の双子誕生おめでとう会も兼ねている。
【日時】9月29日(日)18:00~21:00
【会費】3,500円(テンジャンチゲ鍋コースで飲み放題)
【場所】イオン海老名前の和民
【締切】9月27日(金)12:00まで
【幹事】テニスSさん(今回は大人しくします)

2013-07-23『松山 全英6位!日本人初の海外メジャー連続トップ10』
 怪物・松山英樹(21=東北福祉大)が日本人初のメジャー2試合連続ベスト10入りを果たした。前日の第3ラウンドはスロープレーで1罰打を科されるハプニングもあったが、精神力の強さで盛り返し、プロ転向後出場10試合目での日本ツアー最速の通算獲得賞金1億円突破を果たした。
 怪物・松山の快進撃が続いている。
 150年以上の歴史がある全英ゴルフでいきなり6位である。全英オープンは難コースで知られ、風は強く、ラフは深い。そのコースを通算2オーバーで回った。優勝のフィル・ミケルソンでさえ、通算3アンダーである。このスコアだけでも難コースということが分かるはずである。
 しかし、ゴルフというスポーツは分からない。1打目が飛ばないとスコアメイクすることは難しい。よって、体力がないと勝てない。松山は、180センチ、85キロの体格なので、1打目からアイアンでコースを狙っていける。タイガー・ウッズと同じような作戦を立てられる。
 これが近年ゴルフの主流だが、2009年 全英オープンで 59歳のトム・ワトソンが2位になっている。これはどう説明するのか? ゴルフ界の伊達公子か?
 考えられることは、道具の進化のように思う。ゴルフもテニスも道具が良くなり、少ない力で飛ばすことができるようになってきた。
 トム・ワトソンがどんなクラブを使ったかは知らないが、最近のクラブは驚くほど軽い。
 怪物・松山英樹の今後を注目すると共にどんな道具(クラブ)を使っているかにも注目したい。

2013-07-22『だから言ったじゃないですか』
 ベテランランナーMさん。(60代男性)5月に膝を痛め、大人しく毎週通ったら良くなってきた。しかし、良くなったら、またあまり来なくなり……
Mさん「ぎっくり腰やっちゃいました。もう走れません」
私「だから言ったじゃないですか」
 私は何年も前から「腰痛だから気を付けてね」と何度も言っていたが、痛くならないと話を聞かない。本人もそれには分かっていて、走れなくなるまで走ってしまう。
 腰を見れば、腰椎がどんな状態であるか分かるので、アドバイスするが聞いていない。
Mさん「佐藤さんの技術で治してよ」
私「言うこと聞かない人は無理です」
 人は年を取ると頭も体も硬くなる。自分もそうなってくるのかと思うと悲しくなる。
 Mさん、今回はさすがに困ったらしく、走れないので家で大人しくしているそうです。そして、走れないので筋肉が減ってしまい、痩せてしまった。
 そこで腰椎のアーチをつくるために、腰当てマットを勧めた。
Mさん「これ前からあったっけ?」
私「何年も前からあります」
 すぐに購入。
Mさん「暑中お見舞いのハガキ持ってきた。何枚も送ってよ」
私「1枚だけです。9月のシドニーマラソンは辞めるの?」
Mさん「考え中」

2013-07-21『夏もホットを飲む』
 10年前、綾瀬市Bさん(70代)に麦茶を出したら「お腹が冷えてしまうので、冷たいものは飲まない」と言われた。その頃はコップ一杯で変わるのかな、と思っていた。またバレリーナTさん(30代)もコンビニでよくホット紅茶を買うという。
 私も昔は氷を水筒にたくさん入れて飲んでいたが止めた。Bさんから聞いたが、冷たいもの飲み物は体への吸収が悪い。また余計に汗をかく。
 やかんに水を入れて氷をたくさん入れれば、やかんが汗をかく。ホットを入れれば汗はかきにくい。人も同じだろう。
 中国ではビールも常温だそうで、冷えてしまった弁当も食べない。温かいものしか食べないようです。ここだけは見習いたい。
 さすがにビールだけは冷やして飲んでいるが、それ以外は常温かホットにしている。のどが渇いたときはホットの方が吸収がいいですよ。

2013-07-20『サルコペニア肥満に注意』
 加齢による筋肉の減少(サルコペニア=加齢性筋肉減弱症)が原因で起こる肥満症。筋肉の減少と共に脂肪を燃焼させる力が低下したことで、脂肪が蓄積しやすい体質となり、肥満が進行する。
 糖尿病や高血圧などの生活習慣病になるリスクが高まるほか、要介護や寝たきりの原因にもなる。対策としては、筋力トレーニングとたんぱく質を多く含む食品の摂取により、筋肉量を増やすことが求められる。
 最近、筋肉が少ない人が多い。少ないと肥満や病気になる確率が何倍にもなる。
 普段の生活では筋肉を使わなくなっている背景も考えられる。洗濯も掃除も楽になってきた。雑巾がけをしている人は少ないだろう。また、ちょっとの距離でも車で行ってしまう。
 私は自転車を盗まれて頭にきたが、それ以来、歩いて通勤することにした。片道10分だが、毎日なので、この効果は大きい。
 人の筋肉は下半身に70%ついている。また「老化は足から」とも言われる。足を鍛えればいいのだ。走るのが一番だが、リスクも大きいので歩けばいい。といっても、ただ歩けばいい訳ではない。
 そこで人気になってきた「ウォーキングサークル」をオススメする。最近は10名くらいの参加がある。短距離ランナーB君(大学生)も8月から参加する。
B君「歩くって難しいですよね」
私「分かってるね。かなり難しい」
 毎日何分歩いていますか? 荷物を持っていては、正しいウォーキングはなりません。

2013-07-19『やっと理想ボディに近づいてきた』
 大きな家も高級車も欲しくはない。欲しいものは「知識」と「体力」だ。
 知識アップの為に、図書館に通い毎週5冊借りて7年以上になるが、借りたい本がなくなることはない。
 次に体力アップだが、これには苦労している。20代の頃は何も考えなくても太ったりすることはなかったが、32歳を過ぎたことから変わってきた。
 現在は、173センチ、72キロ、体脂肪率21%で、うっすら腹筋が見えている。公開できるほどのものではないが嬉しい。
 しかし、ここまで来るのに10年もかかってしまった。80キロになったことも、65キロになったこともあった。
 試行錯誤で色々やってきた。水は1日どのくらい取った方が良いのか、毎朝どうやったら便が出るのか、どうやったら食欲をコントロールできるのか、体重は何キロがベストなのか、とあげればキリがない。
 そして、大好きなテニスの調子もいい。しかし、今後はこれをどうやって維持していくのか、悩みは尽きそうにない。
 でも、自分の中では、第一段階終了、そんな気分になれた。
 今後も理想ボディを維持していく予定だが、太ってきたら言ってほしい。「タルタル星人になってきましたよ」と……。

2013-07-18『正しい熱中症対策』
 「こまめな水分補給を」「のどが乾く前にしっかり飲みましょう」とよく聞く。しかし、次のニュースで「しっかり水を飲んでいたんですが、熱中症にかかってしまった」とあった。
 私は何度も熱中症で倒れているが、熱中症になってしまうと水を飲めなくなる。体が拒否反応を起こすのだ。
 熱中症は上がった体温を下げられなくなって起こる。
 「やかん」で考えると分かりやすい。やかんにお湯がいっぱい入っていれば、なかなか冷めにくい。少なくて、ふたが空いていれば早く冷める。
 人間も半分以上水分なので、これに近い。太っていて、水をガブガブ飲む人は倒れやすい。また、やかんのふたは、毛穴と考えてみる。毛穴が閉じている人は熱を放出しにくい。
 普段、25度のエアコンの中にいれば、毛穴は閉じてしまう。そして、急に暑い35度の中に行っても、毛穴は急に開かない。
 もう分かっただろう。少なめに水分と取り、私の感覚では寒いところに行かない。25度から35度の変化には体がついていけない。
 さらにポイントは塩分の取り方です。これはそのうち……。

2013-07-17『1ヵ月で体脂肪率2.5%下がって嬉しいです』
 野球部S君ママもスポーツ整体に通い始めた。(30代)息子2人とパパはもう1年前から始めているが、ママはやっと1ヵ月がたった。
 「10キロ痩せた人もいる」と聞いて、私も、と思っていたが、息子たちが痛がるのを見て、ちょっとビビっていた。それでも夏が近づいてきたら、痩せたい気持ちが強くなり、スポーツ整体に通うことにした。
 「整体で痩せる」なんてないと思っていたが、腰痛もあったので、それだけでもと思い続けてみた。
 私は初めから「ダイエットコース」ですね、と確認し、毎回体重・体脂肪率を測ってもらった。筋肉は硬くなかった、というか、あまりなかったので簡単に矯正をすることができた。また、プチ筋トレもすぐに開始した。
 その結果、1ヵ月間で体重2キロ、体脂肪率2.5%も減った。
私「体重も体脂肪率も落ちてきましたね」
Sさん「嬉しい。先生、聞いてください」
私「聞いてますよ」
Sさん「私、実は色々ダイエットしたんですけど、どれもダメで……。それと最近、階段とかで転ばなくなたんです」
私「そうですか、整体で体がまっすぐになったからかもしれませんね」(転んでたんだ)
 Sさんの目標は-10キロだ。いや、-15キロだっていけるかもしれない。初めの体重はトップシークレットです。また、先日は運動不足なので「ウォーキングサークル」にも参加した。それは自分だけだとやらないと思ったからだ。
 自分だけだと上手くいかないし、ついサボってしまう。しかし、ここでは私が厳しくチェックする。
 Sさんこのペースでいければ、目標の-10キロは今年中に達成できるかもしれない。

2013-07-16『行くならプールより海へ』
 昨日は「海の日」だったが、海に行っただろうか? アラフォー世代では、夏は海、冬はスキーだったが、共に行く人は、20年前の半数以下になっている。
 私は数年に1回海に行くくらいだが、それでも江の島付近は混んでいて、行くには多少の覚悟が必要だ。最近は、猛毒のタコもいるようで海人気は低下しそうです。
 プールか? 海か? と言われれば海をオススメする。まずは、よくプールにいる人とよく海にいる人を比べてみればよく分かる。ライフセーバーは引き締まっているが、プールで歩いている人はそうでもない。
 プールは水だが、海は塩水。海の方が暑いので体は温まるが、プールでは体が冷えることがある。よって、プールで汗をかけるほど泳げれば良いのですが、それは難しく、プールで筋肉が付いたとしても肩周りだけで足の筋肉は落ちる。また、浸透圧で水分が体に入ってきてしまうので、プール後は食欲が増してしまう。
 そんなことを考えだしたら、プールには行かなくなった。
 行くなら、海と思うが予定を入れないと……。

2013-07-15『今日はピアノの発表会』
 娘はテニスの大会には出たことがないが、ピアノの発表会やコンクールには何度か出ている。
 テニスは自称プロ級だが、初級テニスにたまに参加する。ピアノは初中級くらいかと思っていたら、上級クラスらしく、次はプロ級か。
 私はまだ「猫ふんじゃった」が最後まで弾けないが、娘は「きらめく星たちのロンド」を弾くらしい。
 ピアニストで知っているのは、辻井伸行くらいしか知らなかったが、最近、少しは詳しくなり、日本には「ピアノの王子様」がいるようだ。その牛田君は12歳にしてプロ。その演奏や風貌を見て驚いた。すでにオーラを漂わせている。
 あとは松下奈緒。美人だけではなくピアノのレベルはかなり高いらしい。それがどのくらい凄いのかは分からないが、どうせなら、娘も美人ピアニストに……。
 と思ったが、AKB48のセンター狙いだった。センターを取ったのに音痴だったら困る。その為にピアノの練習だ。また、背が低い方で一番前になってしまった。私も小学生、中学生の頃は、常に前から5番以内だったので仕方ない。
 AKB48のセンターになるなら、デカい子より小さい子の方が可愛く見える。
 今日はせっかくの発表会の日なので、テニスレッスンもなしにして、予定を空けておいた。しかし夏カゼをひいてしまい見に行こうか、と迷って聞いてみた。
私「パパ、見に行った方が良いかな?」
娘「来なくていいよ」

2013-07-14『両手が完全に上がるようになりました』
 当店には、スポーツをしていてキャラクターが濃い人が多いと思われているようだが、必ずしもそうではない。健康維持の為に通っている人も多い。
 その一人が綾瀬市B.Y子さんだろう。(60代)Y子さんは数年前にひどい五十肩になってしまい、左腕が30度くらいしか上がらなくなってしまった。痛くて寝ることもできないくらいだった。
 初めは安静にして、その後、毎週スポーツ整体に通い、1年かかってやっと治った。しかし、その頃はまだ完全には左手が上がらない状態だった。
 私はいつかは良くなるだろうと思っていた。Y子さんも真面目に毎週通ってくれた。2年くらいは変わらない状態が続いていたが、最近、両手が完全に上がるようになった。
 これで痛かった五十肩になることは、もうないだろう。私は再発予防の為に筋トレも指導しているが、いつも2キロで、「これ以上は無理です」と言われてしまう。
 お嬢様なので仕方ないと思うが、今後もケガや病気がなければいいと願う。

2013-07-13『Tさんは臨月もスポーツ整体は休まない』
 誰よりもスポーツ整体に通うバレリーナTさん。(30代女性)現在妊娠中で8月には出産予定だが、スポーツ整体もバレエもまだ続けている。
 お腹はかなり大きいがバレエは出来るのか、疑問に思うが名門佐々木三夏バレエ教室にはマタニティが何名か、いるらしく普通に踊っているようです。
 スポーツ整体も胸の下にマットを置き、うつぶせの状態で施術を受けている。私にはよく分からないが、本人が大丈夫だというのなら大丈夫なのだろう。
 仕事もまだ続けている。よって、妊婦だからといって動かないわけではなく、いつも通り動いている。その為、優秀なマタニティのようで、体重も必要以上に増えていないし、むくみも腰痛も出ていない。
 それでも、8月は来ないだろうと思っていたら、また「特別先行予約」をした。8月も通うらしい。さすがにバレエは休止するようだが、スポーツ整体は休まない。バレエもケガなく続けているが、30代後半でケガをしていないバレリーナは全国でも数えるほどしかいないと思う。
 そして、回数券(48回)がちょうど終わった。
Tさん「次回、回数券買います」
私「1年間、有効期限延長しましょうか?」
Tさん「いや、必要ないです。10月からまた通う予定ですから」

2013-07-12『下半期は全部1位とってやる』
 中学生スケーターAちゃん。バレリーナYちゃんから、エースの座を勝手に奪ったが、6月の効果測定では1位を取れなかった。
 新エースであるならば、どれか1位を取っていないとエースとは言えない。そこで「下半期は全部1位とってやる」と言い出した。
 全部1位とは、柔軟性、体脂肪率、筋肉量、10大ニュースの全てで1位になるということである。
 これは難しい。本格派アスリートのテニスSさんでさえ難しい。20代なら可能性はあるが、もう43歳では無理である。
 しかし、Aちゃんは可能性を秘めている。先週はいまいちな筋肉の状態であったが、今週は別人に変わっていた。この日の測定では、体脂肪率15.5%で美人CAを超えた。
 施術時間は終了しているが帰ろうとしない。「柔軟も頑張らないと……」と言ったら、急に柔軟をやり出した。また、筋肉量でも1位を狙っているようで、Oさんの6キロ20回に挑戦した。「体重が少ないから無理だよ」と言っても向上心だけは誰にも負けない。
 さらに、10大ニュース1位を取るには、本職のスケートで好成績を残す必要がある。
 今年も全国有望新人発掘合宿(通称:野辺山合宿)に選ばれた。これで4年連続で、全国でも数えるほどしかいない。スポーツ整体に通い始めてから、毎年選ばれるようになった。たまたまかもしれないが、私も勝手にプレッシャーを感じている。
 最近は3回転ジャンプの成功率を上げるための練習をしている。
 私は見本で1回転を見せ、「これを2回転やってみて」というと、簡単に2回転ができるようになり、自信満々のドヤ顔で「どや」と……。私に何かと対抗してくる。それがきっかけでストレッチをしてくれれば、大いに結構です。でもそのうち全部Aちゃんには負けるでしょう。
 野辺山合宿は来週から始まる。小学生スケーターNちゃんも参加し、同じ班になったようです。当店のツートップが全国でも活躍できるか? 気になってくる。
 野辺山合宿に選ばれないでオリンピックに選ばれた人はまずいない。

2013-07-11『タザキホーム骨組見学会』
 モーグルTさん。(40代男性)冬はスキー、夏は野球と運動神経抜群で共に長く続けている。また仕事も大工一筋だ。
 今までは、大手の下請けが多かったが、ついに独立し、その記念すべき第一棟の骨組見学会がある。
 骨組見学会とは、家の構造を見ることができる唯一の機会です。
 家が建ってしまえば、素人目には、鉄骨なのか、木造なのか、2×4なのか、プレハブなのか、分かりにくい。自分の家が何工法なのか、分からない人もいる。
 Tさんが作る家は、昔ながらの軸組在来工法です。ゴルフYさんもモーグルTさんに作ってもらったが、「地震が来てもビクともしなかった」と驚いていた。
 家は一生に1度の買い物のはずだが、Yさんは3棟目なので違いにすぐ気付く。Yさんの家は一度見ておく価値はある。外観はライトアップされ、内装はオール珪藻土で、照明はすべて間接照明だ。
 見学会に来た人には、テレビでも紹介された素敵なお皿をプレゼントです。
【日時】7月21日(日)10:00~17:00
【場所】海老名市大谷南3-12-13  ※[珪藻土住宅ならタザキホーム⇒]

2013-07-09『2ヵ月間で4.6キロ痩せました』
 もうすぐさわやか美ジョガーOさんの旦那(30代)がやる気である。自分は引き締まっていると勘違いしていたようだが、急に痩せようと思ったようだ。
 それがやり始めたら本気のようで、7月測定では、71.8キロで体脂肪率は22.5%になっていた。私よりも軽くなっている。
 5月は76.4キロで体脂肪率は25.1%、6月は74.8キロで体脂肪率は24.1%だったので、2ヵ月間で4.6キロ痩せ、体脂肪率は2.6%下がった。
 旦那はご機嫌で「8月は60キロ台だな」と言っているが、Oさんからは「初めだけだよ」と自身の体験から冷めた返答をしている。
 一方、Oさんのやる気スイッチはOFFのままで、私がONに変えても必要のない電源はすぐにOFFになってしまう。
 早くも「来年から頑張る宣言」が出て、「今でしょ」とは、言わない。Oさんやる気になればやるので、私はじっくり待つことにする。
 旦那の好調さは、ライバルナダル君の存在も大きい。ナダル君は1.5ヶ月で5キロ落とした。昨日は11時からの中級レッスンに参加し、聞いたら朝7時から練習し、レッスン後は私のトレーニングにも少し付き合い、その後、2時半からはテニススクールに行くという。
 さすがにもう体重は落ちないようだが、ナダル君は運動をしっかりとしている。
 旦那は焦らずにウォーキングから徐々にランニング変えていけば良いと思う。今後も毎日体重測定してカレンダーに記入を忘れずに……。

2013-07-08『ウィンブルドン:マリー初V!ジョコビッチ撃破(総括)』
 男子シングルス決勝で第2シードのアンディ・マリー(26=英国)が6−4、7−5、6−4で第1シードのノバク・ジョコビッチを下し、英国選手として1936年のフレッド・ペリー以来となる77年ぶりのウィンブルドン制覇を果たした。
 私はジョコビッチが勝つと思っていたが、マリーだった。準決勝でのデルポトロ戦との大激闘4時間43分の影響があったことは否めない。また、完全アウェーの中では戦いづらい。
 そう思うと、昨年のフェデラーはアウェーを感じさせないプレーで完勝した。
 今のテニス界では、ジョコビッチの実力が頭一つ抜けているように思う。あれだけ体が柔らかくて筋力がある、それでいて脱力したフォームで打てる。そんな選手は今までいなかったように思う。
 しかし、マリーはウィンブルドンに賭けていた。ナダルのローランギャロスに賭ける思いと同じか。今回の為に全仏を欠場している。また、昨年は準優勝だし、オリンピックでは金メダルを獲得していたので、多少の自信もあったのだろう。
 これで「ウィンブルドン現象」という言葉もなくなるのか?
 また今年の大会は分からないことが多い。女子はバリトリが優勝したが、あんなに太っていては動きは悪くなるはずだが、優勝。他にはいないのか、と思ってしまった。
 男子ダブルスはブライアン兄弟が4大大会4連勝で、35歳。この快挙はどうしてなのか?
 マリーは、190センチ84キロとデカい。腰痛もあるようだが、来年も今のレベルを保てるのか? いろいろと気になってしまう。

2013-07-07『志賀高原マウンテントレイル40キロ完走しました』
 富士山が世界遺産に登録され、最近何かと「山」が話題になっているように思う。美人CAも登りたいと言っていたし、登山をしているクライアントもいる。
 山といえば、私はスキーだが、その山を走るトレイルランニングも人気になっている。
 トレイルランナーSさん。(30代男性)6月末に志賀高原マウンテントレイル40キロの部に出場した。
Sさん「シミュレーション通り、7時間切りました」
私「予定通りはいかないと思いますが、やりますね」
 Sさんは頭がいい。ただ40キロを7時間で走るという訳ではなく、高低差がどのくらいで、今回はこのくらいのペースで走れば、このくらいのタイムになると計算していた。
 事実、大手優良企業のエリート社員のようで、理解力がある。
 例えば、筋トレの際に「こんな感じでやってみて」と言うより、「筋肉の伸展反射を使い、反動を使って力まないようにやってみて」と言った方が分かりやすいようだ。
 初めに「ランニングは上半身が重要ですよ」とアドバイスしたが、「それは上半身の筋力が付き、姿勢が安定してくることで、下半身の負荷が減り、結果的にスピードアップにつながる」とそんなことまで理解する。
 Sさん178センチ61キロの細身ボディなので、マラソンには向いていると思う。猫背を治せれば、すぐにレベルアップするだろう。また、関西人のためか、話好きで、それが論理的である。
 先日は「疲労は移動時間ではなく、移動距離に比例する。それはなぜか?」私もそう感じているが、うまく説明できない。まあ、そんな感じだ。
 9月には、「信越五岳トレイルランニングレース」に出場する。これは長野の山(斑尾、妙高、黒姫、戸隠、飯縄)を結ぶ110kmのコースです。私は6年間、長野市に住んでいたので、よく知っている山ばかりで、車で走ったことはあるが、そのコースをランニングする気にはなれない。
 制限時間は22時間。Sさんの目標はシミュレーションの結果、18時間半と出た。
Sさん「毎度おおきに、頑張ってきます」

2013-07-06『奥さんが妊娠すると夫の腹が出る』
 6月に無事テニス部長Iさん(30代男性)に待望の赤ちゃんが生まれた。それが双子の女の子である。
 にもかかわらず、Iさんのお腹は凹まない。私と娘は、あのお腹の中に「双子の赤ちゃん入っている」のだと信じて疑わなかった。
 私は6月に「臨月ですね」と確認したが、「いやいや」と否定された。
 7月の測定では89キロを保っていた。今年になって半年以上経つが常に89キロ。これも不思議である。
 Iさんだけではない。柔道Aさんも7月に男の子が誕生する。奥さんのお腹はみるみる大きくなってきたが、Aさんも大きくなり、100キロを超えてしまった。
 Aさんは筋肉が多いが、それだけではない。さらにバレリーナTさんも8月に女の子が生まれる予定だが、そのIT企業社長の夫もポッチャリ気味になっている。
 なぜか? たまたまとは思えない。
 私もその頃、運動する時間が確保できなくなり太った。しかし、生まれてからの方がもっと大変だ。
 子供は気分屋なので、食事を食べるか、食べないか、分からない。残れば、夫が残飯整理をすることとなり、また……。
 Iさん家は、双子だ。全てが2倍。楽しみも2倍だが、残飯も2倍。それを喜んで食べてはいけない。

2013-07-05『夏に何食べる?』
 今年の夏はまだ暑くないなと思っていたが、明日から海老名市の最高気温は連日32度以上の予報になっている。
 夏の過ごし方が難しい。暑いからといって薄着にしていると、体が冷え筋肉が硬くなってしまう。
 そこで私はまだ通勤では半袖になっていない。今から半袖では、それからくる猛暑に耐えられないと思ったからだ。
 節電でのエアコン温度控えめは、どこに行ったのか。コンビニに入ると涼しいというより寒い。寒い中に何時間も居たら体調を崩すし、寒さに体が対応しようとして脂肪が付いてしまう。
 毎年、夏は2キロくらい体重を落とそうと思っていたが、今年やっとできた。これで夏の大会も熱中症で倒れないはずだ。
 暑いときは「スイカ」を食べれば涼しくなると金沢のオジサンが言っていたが、私も夏になるとトマトを食べたくなった。これは体が求めているのだろう。共通点は「赤」です。
 夏のおすすめ食品は……
 トマト、カツオ、お茶、酢の物、漬物、ラッキョウ、生姜、アユ、枝豆、ナス、梅干し、ウナギ

2013-07-04『テニス大会に向けて、1.5ヵ月で5キロ痩せました』
 海老名市のラファエル・ナダル:Iさん。(30代男性)8月の初テニス大会に向けて調整を続けている。
 初めての硬式テニスの大会なので、そう簡単に勝てるとは思っていないが、全力は尽くしたい。
 Iさん、軟式では国体出場経験がある。確かにフォアハンドはジョコビッチ級だった。それを聞いたら、いつもは自信満々の海老名市ロジャー・フェデラーもビビりだした。
 現在、初大会に向けて、体を絞り込んでいる。それが半端でない。68キロあった体重が、1.5カ月で63キロになった。これにはビックリ。しかも、週に2回はテニスをしているので、筋肉は落ちてはいない。
私「減ったね~」
Iさん「毎日、言われた通り『魚』食べてます」
 私は肉よりは魚の方が良いとアドバイスしたら、好きではなかった魚を毎日食べている。
 私も昨日は魚だったが、マグロやサケ、イワシといった脂肪分の多い魚を、週1~2回食べることによって、乳がんの発症リスクを減らすことができるとの調査報告書が発表されている。
 今年になってテニスを始めたことで、飲み会に行く機会も減り、同じ美容師仲間とテニスをすることで、仲良くもなった。良いことばかりです。
 Iさん、まだ独身なのでテニスエンゲル係数は高く、またナダルと同じウェアーを買った。しかし、着てみたら本物のナダルとは、ちょっと見た目が違った。
 でも、この調子で肉体改造できれば、ナダルように筋肉ムキムキBodyに変わってくるはずだ。

2013-07-03『43歳になりました』
 上野動物園のジャイアントパンダ「シンシン」が、3日誕生日を迎え8歳になったが、私は43歳になった。
 当店を開業した頃は、まだ33歳でお客様に「若い先生なんですね」なって言われたこともあったが、最近はない。
 早10年か、と思うと同時に、この10年で整体、マッサージ店が乱立した。そんな中でよく生き残っているとも思う。
 お客様が来てくれるなら、頑張らなくてはいけないと思うが、体力的な限界がある。始めた頃は、毎日20時まで営業し、1日10人なって日もあったが、今は無理だ。
 そんな感じで、だんだん保守的な考えになってきている自分が寂しい。
 しかし、43歳を迎え、2年後には45歳になる。45歳からはマスターズ大会が多くなってくるので、そこに向けて頑張っていこうという気になってきた。
 本気でトレーニングし体を変えようとしたら、2年は短いかもしれない。でも、この2年でフィジカルを1ランク上げることができれば、マスターズ大会で優勝できるのではないかと、感じている。
 事実、31歳の時にスカッシュマスターズ大会で優勝した。あの時の感覚は今でも覚えているし、最高だった。もう一度、あの感覚を実現したい。その為に今後の2年間が重要になると思っている。

2013-07-02『天才卓球少女ご来店』
 天才卓球少女Mちゃん(小学生)が来店した。背が高かったので、私は中学生くらいかと思ったが、小学生だった。また大きなバックを持っていたので、聞いたら合宿の帰りだった。
私「合宿はどこまで行ってたのですか?」
ママ「味の素トレーニングセンターです」
 私はすぐに気付いた。味の素トレーニングセンターとは、国内トップ選手しか使うことが許されない特別な施設です。庶民には縁のない場所なので、知ってはいたが、どこにあるのかさえ知らなかった。
私「もしかして、全国大会とか行っているの?」
Mちゃん「2回優勝して、1回準優勝です」
 すでに全国を2度制している。
私「世界大会とかも行っちゃうの?」
Mちゃん「8月に東アジア大会に行ってきます」
 あっさり言われた。トップ選手はまず体の大きさが違う。佐藤家の娘とは、同じ小学校で学年が1つしか違わないのに、身長が20センチ、体重が15キロも違う。佐藤家のシャラポワ育成計画はほぼ諦め、AKB48のセンター狙いへと変更した。本人もそのつもりで握手会の練習も始めている。
 そんなことより、海老名市には優秀な人が多い気がする。バドミントンで全国優勝の小学生もMちゃんと同じ小学校。テニスの雉子牟田明子・直子も海老名市。いきものがかり、ドランクドラゴンの鈴木、佐藤スポーツ整体も海老名市。後半はあまりスポーツには関係ないが……。
 卓球Mちゃんは、1年365日練習しているので、休みはなく体のケアに行く時間もない。来店してもらえれば、多少はアドバイスできるのだが……。
 目標は「オリンピックで金メダル」。今後に注目したい。

2013-07-01『なぜか? 子供から大人気です』
 当店には、小学生や中学生も多く来店しているが、私は子供から人気があるようです。また、オバちゃん受けもいい。
 本当は、美人CAや美人バレリーナMちゃんからの人気を上げたいが、「彼氏出来ちゃいました」とMちゃんから言われて、ちょっと残念な気持ちになった。
 そんな事はいいのだが、テニスコーチの時も、私のジュニアクラスは人気があった。特に何か、受けるようなことをした訳ではない。「佐藤先生がいい」と言われたが、特に理由は分からない。
 スケートAちゃんも、スポーツ整体が終わっても帰ろうとしない。ママは「なんで帰ろうとしないの?」と不思議がっていた。
 最近、1番人気があるのは、野球部S君の妹Mちゃん(3歳)からだ。お兄ちゃん2人がスポーツ整体に行く時、来る必要もないのに、一緒についてくる。
 そして、「佐藤先生、お絵かき買ってもらったの」と2メートルしか離れていないのに、20メートル先まで聞こえるかのような大声で報告がある。
 私はリアクションに困るが、「そうなんだ。良かったね」と答えておく。その程度しか、Mちゃんの相手はしていないが、毎週来て、元気に暴れて帰っていく。
 私はMちゃんは人一倍元気な子なのだと思っていた。それがママに聞いたら、「佐藤先生に会いに行きたがるんです。ここに来るとテンションも上がり、家に帰るとすぐに寝てます」と聞いた。
 火曜日の夜は、疲れる。体の硬い野球部S君兄弟をマッサージして、その周りでMちゃんが楽しそうに動き回っている。そして、何かと話しかけてくる。
Mちゃん「佐藤先生、プリキュアの服買ってもらったの」
私「そうなんだ。良かったね」
Mちゃん「佐藤先生、今日幼稚園でプールに入ったの」
私「そうなんだ。良かったね」
 こんな感じで当分続きそうです。

2013年7月~

●過去のブログはリンク集に、まとめてあります。[リンク集はコチラ⇒]

Copyright(c)2003-2013 Sato Sports Seitai. All right reserved.[かんたんWEB予約⇒]

inserted by FC2 system