ブログ blog 佐藤スポーツ整体/海老名店S3

Tweet
ひまわり Gメール←コメントお待ちしています

●本日もアクセスありがとうございます。毎日ツイートしています。[twitter_⇒]

最新ブログ new blog

2016.12.30『2016年は良い年だった』
 昨年はお蔭さまで仕事が忙しく余裕がなかったが、今年はちょっと余裕があったため、例年以上に本を読んだしトレーニングできた。その結果として、裏社会の仕組みが分かってきたし、ケガもなくテニスを続けることができ、勝率66%を達成できた。
 2016年は私の場合、12年周期の1年目で、「何かをスタートするには良い時期になり」、120年周期では、「仕事はそこそこだから、一人で好きな事をしてろ」という10年に入っている。
 私は実は占い好きでもう何十人も占っています。人には生まれ持ったバイオリズムがあり、それに沿った生活をすると楽に過ごせることができる。
 「雪が降っている冬は家で勉強でもして、春になったら何かをスタートさせ、夏は体のメンテナンスでもして、秋に結果を出す。」簡単に言えば、こんなリズムが誰にでもあり、それは各個人で変わり、120年周期も知っていれば、同じ運気の年は1度もないことになる。また、細かく言えば、毎月の運気もあり、私は毎月目標を立てて計画を実行している。
 こんなことで来年は12周期の2年目なので、さらに道楽テニスの活躍が期待できそうです。仕事の方はボチボチやります。(いつも予約がいっぱいですが……)
※ブログ休止:12/31~1/3
[本当に当たる占いはコチラ_⇒]

2016.12.29『ATPツアー第22戦(最終戦)』
テニス大会1612  海老名運動公園で平日午後シングルス大会を企画し、定員の8名が集まった。実業団レベルの人はいないが、それなりに上手い人が多く、私は変に緊張してしまった。
【1試合目】60代のレフティーでまたに良いボールを打ってくる。でも、私は余裕があり、5-1になった。後半のことも考えて、普段やらないプレーに挑戦して、6-2で勝ったが、この1ゲームが大きかったと後で後悔することになるとは思いもしなかった。
【2試合目】50代でしっかりとしたストロークを持っている。この日は強風で思うようにプレーができない。その後、互角の展開が続いてしまい、5-6で負けてしまった。(調べたらバウンドテニスの神奈川県チャンピオンだった。)
【3試合目】すでに2勝している40代でスピンの効いたボールを打ち込んでくる。私は1敗してしまったが、これに勝てれば、2勝1敗で並び得失ゲーム差で1位になれるかもしれないと思っていった。よって、いいスコアで勝っておきたいが、そんな余裕はなく接戦の末、6-4で勝った。
 この時点の2勝1敗で計算をしたら、得失ゲーム差+5で並んでしまったが、直接対決は私の勝ちなので、1位通過が決まったいた。
 その後、60代のレフティーは2時間で帰り、代わりに来た40代のTさんは調子が出ず、50代のOさんに0-6で負けてしまった。その結果、計算をしたら、これまた+5で3人が並んでしまい、ジャンケンで1位を決めることになってしまった。あ~、1試合目遊んで1ゲームを与えたのが失敗した。
 ジャンケンの結果、私は2位になってしまった。一方、Bブロック1位は60代の全日本ランカーAさんだった。私は何度も挑戦を受けているが、いつも6-1くらいで勝ってる。
【4試合目】Bブロック2位のGさんと対決し、5-1で勝った。(時間切れ)結局、3位でした。
 あ~ぁ、優勝できたのに強風で珍しくダブルフォルトまでしてしまい、「優勝できるかも」との変な緊張感も出ていつものプレーができなかった。まあ、これが実力なのでしょうけど……。
 これで2016年度ATPツアーは終了です。今期成績:179勝91敗(勝率66.3%)でした。目標の60%を大きく超すことができた。これは地道なトレーニングの成果だと思っている。また、少しは自分ができる理想のテニスに近づいてきた感じもする。2017年も頑張ります。

2016.12.28『スポーツ整体に通いましたランキング2016』
 今年の営業も明日で終了になるが、2016年も多くのクライアントに何度も通ってもらった。(ありがとうございます)1位はやっぱりあの人だったが、強力なライバルが現れた。
【1位】ゴルフYさん(50代男性)104回
【2位】海老名市Kさん(50代女性)93回
【3位】バレリーナTさん(40代女性)71回
【4位】綾瀬市Bさん弟(70代男性)50回
【5位】綾瀬市Bさん(70代女性)49回
【5位】座間市Kさん(60代女性)49回
【7位】綾瀬市Bさん妹(60代女性)47回
【8位】伊勢原市Hさん(30代男性)44回
【9位】空手Nさん(30代女性)43回
【10位】自転車Tさん(60代男性)42回
【11位】モーグルTさん(40代男性)40回
【12位】海老名市Oさん(20代女性)33回
【13位】海老名市Yちゃん(中学生)31回
【13位】ゴルフYさん若奥さま(30代女性)31回
【15位】バドミントンMさん(50代女性)29回
【16位】海老名市Iさん(60代女性)28回
【17位】座間市Aさん(40代男性)27回
【17位】座間市Aさん奥さま(40代女性)27回
【19位】エリートランナーFさん(40代男性)26回
【20位】野球Tさん(30代男性)24回
【21位】ぽっこりジョコビッチIさん(40代男性)22回
 このような結果になった。1年は52週しかなく休みの週もあるはずだが、Yさんは104回も来店している。計算が合わないと思ったら、週3回の週が数回あった。
 2位のKさんは2月からだったが、93回も通っている。最近は週3回ですので、来年は何回来店するのでしょうか?

2016.12.27『スポーツマンが知らなければならない遺伝の法則』
 運動の能力は母親の影響が大きいと聞いたことがある。
 そこで調べてみたら、母親が大きくなければ、特に男の子は大きくならない。生まれた時の体重が2Kg台はせいぜい160㎝代以下。3㎏程度は170㎝前後。3kg台後半は180㎝台。4㎏~5kgは190㎝台。5㎏以上は2m級と決まっているらしい。
 私の母は140センチ台と小さかったので、私はその割には大きくなった方です。よって、スポーツ全般においては体が小さいと不利になるケースが多いので、子供をスポーツ選手にしたければ、バレーボールやバスケットボールをやっていた大柄な女性と結婚した方が良いということになる。
 知性は男性遺伝が強いと言われるが、隔世遺伝もあり何とも言えない。言えることは、その子にとって両親、祖父母の6名全員が頭が良ければ、その子は確実に頭が良い。
 「そんなこと無理でしょう」と思うかもしれないが、世界を支配しているユダヤ人は親族結婚を繰り返し、他民族に優秀なDNAを渡さないようにしてきた。
 日本も政治家や大企業の社長は、常にお金持ちとしか結婚をしない。庶民は庶民と結婚するので結局貧乏で、カースト制度はどこの国にもある。
 私の妻は小さめで娘も当然小さい。一応バドミントン部に消去法で入部したがやる気はまるでなく、「試合には出なくていい」と言っている。「シャトルを打つのは楽しいけど、走るのは疲れるからヤダ」と外連の日は理由をつけてサボっている。※外連:トレーニングのみの日
 佐藤家のシャラポワ育成計画は諦めたが、高校ではテニス部に入って、「レギュラーになれなくてもいいから運動をしてほしいな」と思っている。そこで聞いてみた。
私「高校に行ったらテニス部に入る気はないの?」
娘「全然ない。部活は入らないでバイトしようかな」
妻「Aのラケット処分したら、もういらないでしょ」
 10年前に私が期待を込めて買ったシャラポワモデルのジュニアテニスラケットは埃がかぶっているが、まだ捨てる気にはならない。

2016.12.26『佐藤スポーツ整体10大ニュース』
 今年もあと5日で終わろうとしているが、考えてみれば色々なことがあった。今年は大会などに挑戦するアスリート比率は低く、ほぼ私の個人的な内容になるが、勝手に発表する。
【1位】シングルス大会優勝
 7月のプチシングルス大会で全勝優勝をした。準優勝は何度もあったが優勝は初めてだったので、大変嬉しかった。たった5名の大会だったが、2勝目を目指して今後も道楽テニスに邁進する。
【2位】裏社会にハマる
 5月に人工地震を知ってから裏社会にどっぷりハマり、飽きることなく現在も勉強を継続中です。このままでは日本はダメになってしまうし、殺されてしまうとの現実を知って、海老名市のチェ・ゲバラになろうと決めた。
【3位】座間市Aさんマラソン3時間40分で完走
 座間市Aさん(40代男性)は今年も頑張っていた。2年前から体重は17キロも減り、1年半前に初めて東京マラソンに出場した時は5時間40分だったが、今年は金沢と神戸を走り、共に3時間40分で完走した。2時間も速くなり、11月と12月は300キロも走りました。
【4位】バレリーナTさん800回
 子供は3歳になり忙しいはずだが、仕事、子育て、家事をこなしながら、バレエも再開しスポーツ整体は欠かさない。そして、10月に800回を達成した。腰痛や肩こりはなく、足も上まで上がるようになってきたが、12月になったら体の冬支度が始まってきてしまった。
【5位】テニスオフ開催増えました
 月曜日に毎週2時間と木曜日に隔週2時間くらいのテニスだったが、今年は毎週、月に4時間、木に2時間で、さらに厚木市と海老名市でテニス大会運営まで始めた。またシングルスだけで257試合もこなし、まだあと2日間あり8時間もテニスの予定が入っています。
【6位】仙人料理はじめました
 10月から妻には悪いが、食事は自分で作ることにした。基本はベジタリアンで、砂糖や肉、小麦も取らない。その結果、体調は良いが無駄な脂肪が減り、80キロもあった体重は現在58キロでちょっと寂しい。
【7位】勉強会開催
 私のブログは裏社会の話題ばかりになり、それを毎日楽しみにしている大学生K君が、「先生の話もっと聞かせてほしい」との要望から、飲み会の前に当店で勉強会を10月から始めることにした。来年は1.4.7.10月の4回開催します。
【8位】愛車エッセ不調
 6月に車検をだし10年目に入った愛車エッセですが、9月に坂道を登らなくなってしまった。原因が分からず苦労したが、電気系の故障だと分かり復活した。今後もテニスコートまでに足として活躍してもらいます。
【9位】腹筋割れる
 トレーニング歴は18年になったが、腹筋のシックスパックだけは過去最高の仕上がりで食事の重要性を再確認した。逆に左肩を痛めてしまい、重いウェイトでの筋トレができなかったので、来年はビルドアップを狙い、体重を標準値まで戻したい。
【10位】ラケットを買っていない
 今年はラケットを買っていない。「それが何?」と思うかもしれないが、高校からラケット競技を始め、ラケットを買わなかった年は1度もない。厚木市Kさんほどではないが、毎年2本は買っていた。それが今年は0本なので、今のラケットが合っているということだと思っている。

2016.12.25『電通社員、過労死報道の訳』
 電通社員の24歳女性が過労死したことになっている。そこを大きく報道し、長時間労働は悪で、ブラック企業だとかを流行らせているのはなぜか。
 死亡したことになっている女性の母親が、実名で顔写真も公表し、手紙を書いている。そして、最後に、「日本の働く人全ての人の意識が変わって欲しいと思います」と締めくくっている。
 こんな報道を聞いていると、中小企業の社員は、「こんな安い給与でこんな長く働かせるなんてブラック企業だ」と思う人が増えてくる。困るのは日本全体の99%を占める中小企業の社長さんです。
 ゴルフYさんも言っていたが、「いい社員が集まらない」「一所懸命働いてくれる人が少なくなってきた」という現状です。
 そうなるとこんなことが起きる。中小企業の業績が下がり、給与も下がる。よって、社員を雇うほどのお金もなくなり、1%以下の大企業に人は流れる。
 大企業にしてみれば、ライバルの中小企業が弱くなってくれれば、シャアを拡大でき、独占状態になれる。そうなったら、価格を上げ、さらに利益を増やすことができ、結果的に国民は苦しむ。
 ケータイ業界を見れば分かりやすいでしょう。完全に大手3社は談合を行っています。そこに格安スマホが登場してきましたが、「格安スマホに乗り換える人が急増中です」とは報道しない。
 つまり、大企業とメディアは繋がっていて、庶民には分からないように報道操作を行っています。そんな視点でニュースを見るのが最近楽しい。

2016.12.24『ドイツでまたテロが起きた?』
 7月にフランスでトラックが花火を見ていた民衆に突っ込み、84名が死亡で202名が負傷したとのニュースがあった。こんな事件があったとしよう。
 まず、トラック1台で84名も殺せるだろうか。⇒普通は逃げます。
 次に、トラックには血が一滴もついていない。⇒どうして?
 次に、被害者はなぜか白いTシャツをしていて血が目立つ。その動画をよ~く見ると膝や肘が逆に曲がっている。もっとよ~く見るとマネキンだった。⇒その動画は削除されました。
 そして、今回ですが前回の反省を踏まえて、84名は多すぎたので12名にして、動画は公開しない。でも犯人がドイツ人では意味がないので、トラックの中を調べたら、ちょうど身分証明者が落ちていてチュニジア人だと分かった。
 いや~、よくできたシナリオですが、そろそろネタに困ってきたのでしょうか。さて今回の目的ですが、シリアでの戦争を正当化したい。それだけでしょう。
 その戦争も金儲けのためですが、日本はそれに加担しています。国民の福祉や沖縄県には300億円も減額して、防衛費は5兆円です。どうにかならないものでしょうか。

2016.12.23『また災害ですか?』
 新潟県糸魚川市で22日、約140棟が延焼した火災が起きた。同じ日に大宮と平塚でも大きな火災が起きている。これは偶然なのか?
 こんな大きな火災が起きたのは、昭和51年と昭和31年にあったくらいのようである。その頃は木造住宅だからあり得なくもないが、現在の住宅は燃えにくい素材になっている。
 消防士の人に聞いたが、火災は年に数回ある程度で、そのほとんどは放火によるボヤ(小火)だという。
 中華料理屋から火災が発生して、140棟も延焼するだろうか。まあ、起きたとしよう。その映像がいつものNHKによって、すぐに全国中継され、待っていたかのように自衛隊が駆け付けたが、消防車は足りないのか?
 そして、12月なのにフィリピンの東に台風が発生して、沖縄に近づいている。
 また、現在、地球の磁気が乱れ始めている。方位磁石が真北を向いていない。地磁気の反転は、360万年の間に11回ということは、約33万年に1度の割合で地磁気反転が起きていることになる。直近の地磁気反転が約77万年前という事を考えると、今の地球はいつそれが起こってもおかしくない状況にあるといっていい。
 まあ、人工的なものや自然現象だったり最近はよく分からない。明日(24日)は危険日ですが、何もないことを祈るのみです。備えあれば憂いなしで行きたい。

2016.12.22『放射性物質から身を守るためのセルフ・デトックス方法』
 東京オリンピックの予算が3兆円だとかと話題になっていたが、世界の人は東京が住める状況ではないのは知っているから、健康に細心の注意を払っているアスリートはまず来ないでしょう。
 東京は放射能、ケムトレイル、排気ガスなどの影響で急病人が多発し、死亡率が上がっている。神奈川県でも大差はなく、自己防衛をするしかないでしょう。
 そこで、被ばくには外部被ばくと内部被ばくがありますが、内部被ばくの方が中長期的に見てリスクが高いと言われています。放射性物質は様々な種類がありますが、これらが体内に入ると、細胞を傷つけてしまい、多くの健康被害を及ぼします。
 まず、避けることですが……。
1.汚染食品全般を避ける
2.砂糖類を避ける
3.乳製品を避ける
4.肉類を避ける
5.汚染された魚介類と養殖を避ける
 私はこれを実行しているのですが、汚染されていない食品を見つけるのが難しいし、空気を吸わない訳にもいかないので、被ばくは避けられません。よって、体内に入ってしまった放射能物質を排出するしかありません。私が実施していることは……。
1.断食
 何かを食べて解毒するのではなく「何も食べないこと」も有効な方法の一つ。断食をすることで人間が本来持つ免疫力がアップする。
2.掃除の徹底と空気清浄器
 元々そうじ好きだったが、さらに徹底するようになったし、空気清浄器は家も会社も2個ずつ稼働させました。
3.発酵食品を食べる
 納豆、梅干し、ヨーグルトは毎日食べている。
4.汗をかく
 運動をして体温を上げ、汗をかくとデトックス効果があるようですが、冬に汗をかくほどの運動は難しい。そこで室温の高いジムで走り、さらにサウナでも汗をかく。
5.重曹でうがい
 重曹でうがいをして、重曹を少し飲む。重曹を撒くと放射能濃度が下がるなど。重曹は必需品です。
[放射性物質から身を守るための11のセルフ・デトックス方法はコチラ_⇒]

2016.12.21『ASKA不起訴の訳』
 東京地裁は覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで11月28日に逮捕された歌手のASKAさん(58)を不起訴とし、釈放したという。陽性反応が出た尿検査について「あらかじめ用意したお茶」だったと話し、その証言を覆す証拠が得られなかったという。
 いや~、私は笑ってしまった。では、そのお茶から陽性反応が出たのか。検査をする前からお茶だと分かりそうなものだが、検査をしたらそのお茶から覚醒剤の反応が出たらしい。
 最近のウソ報道にも程がある。もうちょっと本当っぽいウソをつきましょう。さて、今回の目的ですが……。
1.スピン報道
 年金カット法案、カジノ法案が可決された次の日にアスカ逮捕報道を持ってきて、国民の関心をそらすためです。(これをスピン報道という)
 何気なくニュースを見ていると分からないが、テレビではどうでもいいニュースばかりを流し、国民の関心をそらす。ベッキーやスマップがニュースになっていたら、裏で重要な法案か事件があったと思った方がいい。
2.盗聴本発売妨害
 アスカは警察から盗聴をされているようで、その被害と実情を執筆中で本にしたいと活動中だった。しかし、本にはしてもらえないでしょう。また個人情報なんてバレバレだし、スマホの盗聴なんて簡単にできてしまいます。
 まあ、こんな具合ですが、お昼のワイドショー番組は、アスカを叩きまくって一切謝罪はない。マスコミやテレビはこのようなものですので、注意しましょう。

2016.12.20『ATPツアー第21戦』
 ATPツアー第21戦、佐藤主催:厚木F大会最終戦に行ってきた。(※ATP:厚木市でTennisをPlayする)
1試合目:40代のレフティーでサーブやボレー、ドロップショットが上手く、どうもタイミングが合わず、1-4になってしまった。しかし、そこから徐々に慣れてきて、逆転で7-5で勝った。
2試合目:30代で先月の優勝者。私の5勝3敗で勝ち越している相手だが、前回は負けていた。今回は守って勝つのではなく、攻めて勝とうと思っていたが、慣れないネットプレーのミスが多く、4-6で負けてしまった。
3試合目:見るからに格上の相手で、レベルが違う。0-6だけは避けようと頑張り、1-6で負けた。
 この結果、1勝2敗で下位トーナメントになった。今回はレベルが高く、下位に回った方が試合数も多くなり、「勝ち数も増えるかな?」と余計な計算をしていた部分もあった。
4試合目:40代でオープンクラスのレベルではない相手だった。ボールのスピードが予選の相手よりは遅く、私はほぼミスのないプレーができて、6-0で勝った。
5試合目:27歳のレフティーでスピンボールとハードヒットを持っている。ただパワーでは負けるが、安定感なら私の方が上だった。ハードヒットをされないように深いボールとネットプレーを混ぜてみた。予選ではちょっと不調だったサーブとボレーの確率が上がり、いいテニスができた結果、6-2で勝ちました。
 この結果、下位トーナメントは優勝です。最近はよく練習をしているし、トレーニングもできている。その成果だと思うが、似たような相手に苦戦することがなくなってきた。
 今日は3勝2敗なので、勝率60%でした。これで今シーズンは、164勝89敗(勝率64.8%)です。今年は28日までテニスの予定が入っています。気を抜かずに戦います。
[自称:海老名市のロジャー・フェデラー(笑)はコチラ_⇒]

2016.12.19『太りやすい季節が来ました』
 先週は忘年会のピークだったようで、ゴルフYさんは4回も飲み会に行ったそうです。そんなことをしていたら、体調維持は難しくなるようで、寒さの影響もあってか、「腰がちょっと痛くなってきた」と言っていた。
 同じような人が何人かいたが、私の予想は的中してしまった。今年の夏は暑くなかったので、冬になると体調を崩す人が増えるだろうと思っていた。
 また、これから、忘年会、クリスマス、お正月と食べる機会ばかりが増えてきて、動かなくなるので、体重増加に注意してもらいたい。
 逆に私は今週6回もジムに通った。10月から完全仙人料理に変えたこともあり、体脂肪率は13.8%になり、矢沢並みに腹筋が割れてきた。(そのうち公開します)
 ナイターテニスは寒いので終わりにしたが、脂肪がないせいか体がなかなか温まらない。テニス後、ジムのお風呂に浸かっていてもダメで、以前は41.7度あったが、今は40.7度になっている。(誰が熱いとでも言ったのだろうか?)
 そこで、好きじゃなかったサウナに入るようになった。そのジムは普通のドライとミストに2種類のサウナがある。気分によって変えているが、脂肪がないせいか、何分でも入っていられるが、このままでは力石徹になりそうなので、5分くらいでやめている。
 いや~、トレーニングがさらに楽しくなってきました。46歳でも進化は可能です。今日もテニス大会に行ってきます。

2016.12.18『最近の生活』
 情報によって人は変わる。よって、正しい情報から知識を身に付けていないと正しい方向へは進まない。逆に学校やテレビからの知識しかないと人の洗脳は簡単にできる。
 支配者は当然そんなことを知っていて、「学校へ行け」「テレビを見ろ」そして、「服従しろ」「税金を払え」と洗脳してくる。勝手に憲法を作り、国民に義務まで与える。教育、勤労、納税、ですから考えてみたら、上記のまんまです。
 図書館に行って、良い本を探しているが、なかなか見つからない。それもそのはずで、支配者にとって都合の悪い本は発売できないことになっている。
 そこでまだ削除されていない正しいサイトから情報を得て、私はすぐに実行した。
1.電気は白熱電球に変えた
2.空気清浄器を稼働させた
3.電磁波カットのアース線をパソコンに取り付けた
 これらは目に見えて結果が変わるわけではないが、感覚として違いが分かる。白熱電球は光はなぜか落ち着くし、空気清浄器を毎日付けだしたら喉の痛みが減ったし、電磁波が減ったせいなのか分からないが、今は精神的に安定している。
 また、ジムの3カ月券を買った。月に10回以上行かないと得にならないが、時間がなくても風呂だけに行ったりしている。そこは22時まで営業しているので、ナイターテニスの後も行くことができる。行こうと思えば時間は作れるのです。つまり、やる気の問題。
 そのやる気が人間の全てなのか。最近、テネモス・飯島秀行の講演を聞いているとそう感じる。

2016.12.17『SNSの規制が始まります』
 5月21日アイドル活動をしている女子大生がファンの男に襲われ、包丁で20カ所も刺され、意識不明の重体。直径50センチの血だまりができるほどだったという。
 目撃者が110番通報をして、警察官は現場に駆けつけるはずが、間違って自宅に行ってしまい、現場に行くのが少し遅れたらしい。
 その1週間後、左胸3回、右胸2回、左目4回、右目1回、首7回、口3回を刺され意識不明の重体だったが、女子大生の命は助かった。
 そして、昨日。警察批判の手記が公開された。この手紙を見て、私はビックリした。楷書コンクールで優勝できそうなくらい字がキレイで、文章も上手い。
 気になってブログを見てみたが、そんな文章は書いていないし、5月21日以来更新もしていない。見てもらえばわかるが、このブログも事件用に作ったようで、写真を見れば分かるが、顔がいつも同じです。
 まあ、いいでしょう。この報道をすることで、国民の感情を、「この女子大生はかわいそう」と誘導する。また、SNSで犯人から嫌がらせの書き込みがあった。
 この2点セットで、事件再発防止のためにSNSの規制を始めるのでしょう。すでにネットも中国並みの規制が始まっていますが、私は今のうちにチェックして、重要だと思うものは印刷をしています。

2016.12.16『PM2.5は発がん性リスクあり』
 喉が痛くて、咳が出ていないだろうか。もしかしたら、中国からのPM2.5の影響かもしれません。
 困ったことに、PM2.5の粒子は非常に小さく普通のマスクでは防ぐことができない。そのため、肺の奥深くまで入り込んできて、肺ガンになってしまう。中国ではこの30年で肺ガンになった人が4.65倍に増えた。
 PM2.5は、アスベスト、コールタール(コークスを製造する時にコークス炉で石炭を乾留して得られる副生成物の一つでアスファルトに使われている)、タバコなどと共に発がん性リスクの1番危険なグループに分類されている。
 もう空気と水は無料で安全の時代は終わりました。外に行くときはマスクをして、家にいる時は空気清浄機は必須です。
 水道水も塩素やフッ素が入っています。塩素が良くないことは分かると思いますが、フッ素も危険です。もしかして、フッ素入り歯磨き粉なんて使っていないでしょうか。
 このフッ素という物質は、非常に微量であれば大きな害はありませんが、多量であれば人体にとって非常に毒性の強い化学物質であるということです。これは、フッ素支持派も反対派も認めています。
 また、ペットボトルの水も危ない。水も3日で腐り始めますが、ペットボトルの水はいつ製造されたのでしょうか。当然、体には良くない保存料が入っています。また、ペットボトルの原料は石油ですから、その中に何日も入っていた水が良いはずがありません。
 水でさえ、危ないのですから、他の飲料は言うに及ばずです。なので、私はテニスに行くときは、水筒に薄いお茶を入れています。お茶の葉が塩素をなくしてくれるので……。
[虫歯予防『フッ素』の真実はコチラ_⇒]

2016.12.15『カジノ法と年金抑制法が成立』
 カジノ法と年金抑制法が成立してしまった。政府は日本を良くしようとしているようには思えない。カジノでギャンブル依存症者を増やし、年金が減らされるので、今後の生活が不安になり消費が下がる。
 オスプレイがまた2機も墜落したが、1機100億円もするものを税金で買って、それが墜落ですから沖縄県民は不安で仕方がない。そして、米軍は、「住宅地に落ちなかっただけ、日本人は感謝しろ」とまで言っている。つまり、今でも日本は米国の植民地ということです。
 まあ、こんな事ばかりですが、結局、庶民は奴隷なのです。それは大昔から変わらない原則のようなもので、今後も変わらない。
 しかし、貧乏生活をさせようとしても、私の心は裕福です。贅沢生活をして金儲けの事ばかりを考えている政治家より、負け惜しみでもありますが、今後は心の贅沢をしていきたいと思う。
 そんな時に、また素晴らしい天才を見つけた。テネモス国際研究会理事長:飯島秀行で残念ながら、もう今年の3月に他界している。(死因が出てこないのでちょっと怪しい)
 佐野千遥級の天才だと思う。詳細については、まだ勉強中ですが、私が最近作った空気清浄器は飯島理論によるものです。
 今後の日本は酷くなっていきそうですが、騙されないように、殺されないように身を守りたいと思います。
[テネモス国際環境研究会はコチラ_⇒]

2016.12.14『仏像破壊は韓国人』
 福島県内で仏像など100体が破壊され、11月に短期ビザで入国した韓国人(35歳)が犯行を認めた。テレビでは事件が起きたことは報道したが、犯人が韓国人だと分かった時点で報道はほぼなくなった。
 知っている人も多いと思うが、日本のテレビ局は電通を始め、韓国人に支配されています。他国でこんな事件が起これば、すぐに戦争が始まるでしょう。
 しかし、日本人の心は広すぎるのか。仏像が100体破壊されても、何も起きない。いや、報道されないので知らないだけかもしれませんが、こんなことでいいのかと思ってしまう。
 安倍にしても創価学会、統一教会ですから韓国系です。また、パチンコ業界は完全に韓国人に支配されていて、マルハンなんて聞きますが、マルハンとは反日を逆に言ってるだけですよ。(マル:日本、ハン:反対)
 あと、ソフトバンクのCMで、お父さん役が犬です。韓国で犬は、日本で言うブタですから、日本人は犬以下だとバカにされ続けていることになります。スマップはCMで犬の肛門から出てきていました。
 日本の政治家もほぼ韓国人です。天皇も元は韓国人です。いや~、あげればキリがありません。

2016.12.13『安保徹は医療マフィア利権に挑戦した』
 恥ずかしながら、安保徹の免疫理論を知らず、今回の突然死によって知ることになり、また日本の現実を知ることになった。
 まず、安保は、自然治癒力を高めれば、薬や手術は必要がなく、逆に薬や手術によって免疫力が下がってしまうと全国を廻って講演していた。
 こんなことを言っていたら(本当の事ですが)、医師や製薬メーカーから反感を買う。ちなみに日本は世界一薬を飲み、ガン死亡率は世界では下がっているのに日本だけが上昇している。
 ここからが問題なのですが、安保は、「ここだけの話、皆さんだけに言っちゃうんだけっども、わだす狙われてるんですわ。研究室は何度も荒らされてるし もし、突然死ぬようなことがあっだらば殺されたんだと思ってねー!」と冗談半分(本気半分)に話し会場に笑いを振りまいていたそうです。
 12月4日に大阪で普通に講演をしていたが、12月6日に死亡した。しかし、大学で名誉教授という有名人であったが、報道は全くない。もう分かるでしょう。しかも12月6日ですから私が指摘している危険日(悪魔の日)です。
 残念ですが、こんなことが日本で起きています。また、当然こんな情報が広まると困るので、政府はネットの規制に本格的に乗り出しています。
 タミフルの異常行動を批判していたWELQ(ウェルク):株式会社DeNAのサイトは11月29日で閉鎖されてしまった。
 メディアには言論の自由はないが、今後はネット上にも自由がなくなってくると予想される。私はネットから情報を集めているが、今後は規制され政府にとって不利益なサイトは削除されていくでしょう。
 さらに、そんなことは拡散されては困るので、新聞ではデマサイトが多すぎるので削除しています、と発表している。でも私は騙されないつもりだ。
[安保徹の免疫理論はコチラ_⇒]

2016.12.12『2年で17キロ痩せました』
 2年前からスポーツ整体に通い始めた座間市Aさん(40代男性)。東京マラソンに申し込んだら、間違って当選してしまい、仕方なく練習をしてみたら足が痛くなってしまった。
 そりゃそうである。その時は、体重79.4キロ、体脂肪率28.2%だった。それから2年後、体重62.4キロ、体脂肪率22.5%に変わった。あれれ、17キロはどこに行ってしまったんだろう。
 それだけではない。初マラソンの時は、5時間40分だったが、今年は金沢と神戸で3時間40分で完走した。あれれ、2時間も速くなっている。さらに11月は300キロも走ってしまったのに、ケガをしていない。
 こんな人もいるんです。よって、久しぶりに会った方は誰だかわからないくらいで、スーツや普段着はサイズ合わないので、すべて買い替えた。
 来年も京都マラソンに行くし、そのためにスポーツマッサージとウォーキングサークルは続けるようです。※ウォーキングサークルでランナーのフォームチェックもしています。

2016.12.11『電磁波対策しました』
 政府はLED照明を推進したいようで、白熱電球が原因で火災が起きたなどとニュースにして、白熱電球の販売を中止しようとまでしています。
 でも考えてみるとおかしい。白熱電球は消費電力が大きくたって価格は安いが、LEDは消費電力は少ないが価格は高い。どちらを買うかは消費者が選べばいいだけの問題である。
 では、電磁波の影響はどうか。白熱電球<蛍光灯<LED となり、この順番でブルーライトの影響も多い。そこで私はすぐに蛍光灯を白熱電球に変えた。
 理由はこれだけではない。昼が明るく、夜は暗くないと体内時計が狂ってしまう。それによって自律神経の働きも狂い、体調を崩しやすくなってしまう。
 よって、夜になっても部屋が明るすぎるのは体にとって悪いことになる。そこで私はあえて暗めの白熱電球を買ってきた。
 また、パソコンからも電磁波が出ているので、ホームセンターで銅線を買ってきてアースにつないだ。電磁波測定器はまだ買っていないが、電磁波は1/10以下になっているはずです。
[電磁波による人体への影響はコチラ_⇒]

2016.12.10『水式空気清浄器を作ってみた』
 ツイッターで話題になっていた水式空気清浄器を作ってみた。まだ効果のほどは分からないが、水にゴミが浮いているので有効でしょう。
 しかし、モーターによる電磁波の影響で頭が痛くなったので、もう少し離した場所に置くか、寝る時は切った方がいいかもしれません。
 ということで、今度は電磁波が気になってきました。
 早速、調べたら、電化製品の電磁波は距離の2乗に反比例し、アースを取るだけで軽減されることが分かった。
 電子レンジのアースが外れていたので、朝の6時から冷蔵庫を動かし掃除機をかけ、電子レンジと炊飯器がある什器を移動して、また掃除機をかけトライバーを持ってきて、アースを取り付けた。
 電磁波を避ける生活はもうできないが、なるべく遠ざけておきたい。枕元に携帯電話や電化製品を置いてはいないだろうか。あっても電源が切れていれば問題はないのですが、入っていると危険です。
 電磁波を浴び続けていると頭痛の原因になったり、白血病になりやすくなるとの報告もある。こうやってパソコンをいじっているだけでも電磁波の影響を受けるので対策が必要です。
 私は昨日からブルーライトカットメガネをつけて画面を見るようにしました。次はパソコンの電磁波対策をします。あ~、やることがいっぱいだ。

2016.12.09『ATPツアー第20戦(ベスト4)』
 ATPツアー第20戦、仮想:IPTL大会に行ってきた。(※ATP:厚木市でTennisをPlayする)
 9名の予定だったが、ドタキャンがあり、対戦表を作り替え、遅刻者が2名いるという主催者泣かせの日でした。
1試合目:50代だが強烈なサーブを持っていて、昨年も対戦した時にはハードコートで3-6で負けたが、オムニコートなら勝てるかもと思っていた。
 前半にブレークチャンスが何度もあったが決めきれず、相手はワンチャンスをものにされ、また3-6で負けた。正直、大変上手な方なので、仕方ないです。
2試合目:50代で何度か対戦しているが私が全勝している。しかし、前回はマッチポイントまで取られてしまったこともあり、気を緩めないように意識した。最近の好調さがそのまま出て、6-1で勝ち。
3試合目:30代のレフティーでいいストロークを持っている。前回は6-4で勝ったが、今回も競るだろうと予想していた。それが悩んでいたサーブのトスアップが良くなり、6-1で勝てました。
 これで予選は2勝1敗の2位になり、上位トーナメント進出です。
4試合目:また30代のレフティーで実業団に所属している。夏に対戦した時は、6-2で勝ったが、その時は病み上がりで不調だったようです。
 Bブロックを余裕の全勝だった実力は、本物だったようで、なんと0-6で負けてしまった。週に4回は練習しているようなので、全然レベルが違いました。
 まあ、今回は一応ベスト4なので上出来です。勝てた相手も前回は接戦でしたが、今回は余裕があったので、ちょっとだけ上達かもと思えました。これで今期は、154勝87敗(勝率63.9%)です。60%キープ狙います。
[1勝にこだわるテニスバカはコチラ_⇒]

2016.12.08『厚木市のゴミ中間処理施設建設に反対です』
 厚木市はゴミ中間処理施設を金田に建設する予定である。金田とは、海老名市の三川公園の川を挟んだ向かいになる。問題なのは、有毒ガスであるダイオキシン発生し、大山の吹き降ろし風と偏西風の影響で海老名市側に飛んでくることである。
 これは海老名市に対する嫌がらせとしか思えない。問題がないなら、なぜここに作るのか。山の方に作るところはいくらでもあるように思う。そんな話をゴルフYさんにしたら……。
Yさん「それは反対しないとダメでしょ。JC(海老名青年会議所)で言っといてあげるよ」
私「ありがとうございます」
 私一人で訴えていても無力感を常に感じていたが、こうやって理解し協力してくれる人が一人でも増えたことで嬉しくなった。
 現在、様々な問題が起きているが無関心でいたら何も変えられないし、黙っていたらどんどん悪くなるだけである。今後も発信していきます。

2016.12.07『日本の裏組織さんへ』
 月曜日のテニス中に米軍戦闘機が多かったのは、私の気のせいではなったようです。北部公園のすぐ近くに住んでいるTさんに話してみた。
私「私がテニスに行くと飛行機雲や戦闘機が凄いんですよ」
Tさん「月曜日だけ戦闘機が爆音を立てて飛んでいましたよ。先生、北部公園でテニスをしていたんですか?」
 こんな事は1度や2度ではなく、今年の春からずっとです。ただ前回は化学薬品のようなものを撒かれたので、ちょっと怖くなってきました。戦闘機から黒い粉が落ちてきて、その後シンナーのような臭いがしましたので、間違いはないでしょう。
 でも、佐藤1匹にそんなにムキにならなくても良いと思います。都合の悪い人間は、自殺と称して簡単に殺してしまっているようですが、無名な一般庶民に対してもそのような事をするのでしょうか。
 私は今のところ自殺の予定はありませんし、このような発信をしていれば、支配者側にとって都合が悪いことは分かっています。しかし、私は自分の信念を曲げてまで生きていこうとは思わないのです。
 明日は厚木市でテニスですが、また来るのでしょうか?

2016.12.06『テニス上達してきました』
 趣味の道楽テニスですが、少しは上達してきた気がします。大会と上級テニスでは勝敗にこだわっていて今年は昨日までで、152勝85敗(勝率64.1%)になりました。目標は60%ですので、達成できそうです。今までは50%を超すのが大変でしたので、ちょっとは上手になったかと思っています。
 昨日対戦したIさん(50代)からは、「今日はパッシングが良かったですね」と言われた。パスなんてほとんど入らないが、昨日は相手の動きを見て、逆を突くように意識して打ったら確率が上がった。
 私はボールを見ながらも相手も見ることができる。誰でもできるのかと思っていたが、聞くと「そんなことはできない」という人が多く、ならば佐藤の武器にしようと思っている。
 20年テニスをして、やっと分かった上達法ですが、ケガをしないで体力を上げる。単純にこれだけなんだと思う。よって……。
1.ジムに行く
2.毎日走る
3.甘いものは食べず、少量の野菜中心に食事にする(昨日も1食です)
4.しっかり寝る
 昨日は相手との戦いだけではなく、ケムトレ○ルと何か化学薬品のようなものも撒かれ、試合に集中できなかったが、それでも勝てた。塩酸のような変なニオイして、本当は逃げ出したかったが、そうもいかなかった。
 昨日は11時からと15時から2時間ずつテニスをしたが、なぜか私がやらなかった13時からはケムが少なかった。また、昨日は米軍の飛行機が頭上を低空で20機は飛んでいた。
 私の気のせいだと思いたいが、テニスは続けたいのです。

2016.12.05『当店の流行語大賞』
 2016年の流行語大賞が発表され、神ってる、聖地巡礼、トランプ現象、ゲス不倫、マイナス金利、盛り土、保育園落ちた日本死ね、ポケモンGO、(僕の)アモーレ、PPAPなどが選ばれた。
 考えてみると流行ったというよりは、マスコミが流行らせたかった言葉のように思う。そもそも一般庶民はこんな言葉を使っていない。
 そこで、当店の流行語は、ケムトレイル、ロスチャイルド、ロックフェラー、人工地震、人工噴火、人工台風、イルミナティ、フリーメイソン、シオンの議定書、ユダヤ国際金融家などでした。
 いずれも一般的には知られていないマズイ言葉ばかりです。知らなくても特に問題はないが、無知な人ほど支配者側のカモにされ、お金と命を奪われる。
 私はインターネットで情報を集められる時代になった恩恵を最大限に活用し、今年は調べまくった。1月に第2回勉強会を開くが、興味のある人は思ったより多く、早くも定員になってしまい、定員を増やそうかと思っている。
 今後もこの活動は続きそうで、来年は、1.4.7.10月の年4回勉強会を予定しています。
[飲み会・勉強会はコチラ_⇒]

2016.12.04『ケムトレ○ル対策に空気清浄器』
 最近、喉が痛くので重曹でうがいをしているが、あまり良くならないので空気清浄器を買い、ずっと付けている。自分には分からなくても、空気清浄器は反応するようで、空を見たら怪しい雲(ケムトレ○ル)が撒かれていた。
 私は何度もケムトレ○ルの散布中を目撃しているが、日によっては、伸びている飛行機雲の先頭に飛行機も見える。アメリカの州によっては、ケムトレ○ル禁止条例もできているようだが、私も海老名市役所に行って、「ケムトレ○ル禁止条例を作ってくれ~」と申請しようかと思っている。
 空気がこれほど汚れているとは以前は意識しなかったが、最近気になって仕方がない。空をよく見てほしいのだが、真上が青くても遠くを見ると青ではなく濁っている。これは放射能汚染の影響でしょう。
 その影響が関東圏でも起こり始めていて、若者の突然死が急増している。マスクもしないで外を歩いている人が多いが、決して他人事ではないのです。
 また、隣りの厚木市東部に「ごみ中間処理施設」が平成37年に稼働する。問題なのは、ダイオキシンなどの有害物質が発生することです。『ごみ中間処理施設 ダイオキシン』と検索するとダイオキシンは有害ではないとの記事が並んでいる。これだけで有害ということを証明していることが分かるでしょう。
 残念ですが、今後は不用意に外も歩けません。空気中には、放射能、ケムトレ○ル、ダイオキシン、排気ガスなどの有害ガスばかりです。
 そこで対策は……
1.無駄に外に出ない。外出時はマスクをつける。
2.車に乗る時は、外気を入れず内循環にする。
3.家にいる時は、常に空気清浄器。

2016.12.03『舛添降ろしてカジノ法案可決』
 6月17日のブログ『舛添は辞任させられた』の中で、「次の知事は誰になるのか分かりませんが、カジノを作ってくれるでしょう。」と書いたが、それが早くも現実のものになった。いや~、政府のやることがバレバレで、やるたいことがすぐ分かるようになってきました。
 まず、カジノですが単純にギャンブルですので、国が勧めてどうするつもりでしょうか。間違いなく依存症の人は増えて自己破産し、経営している韓国人?はまた儲かります。(パチンコ業界と同じでしょう)
 次に陰の支配者がやりたいことは、世界統一政府の設立ですから、トランプがTPP反対というのは、いつものウソで最終的には、アジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)に持って行くでしょう。
 それに反対する都合の悪い政治家はメディアを使ったマスコミ攻撃で辞任に追い込む。よって、今起こっている韓国大統領報道も朴が支配者に取って都合良く動かなかったから、辞めさせられるのでしょう。(TPPにちょっと反対した甘利も同様です)
 私はテレビや新聞はウソばかりですよ、と訴えているが、日本人の70%は信頼できると答えているが、アメリカでは20%ほどで、世界では、ツイッターやブログで情報を集める時代に変わってきている。
 しかし、日本人の90%はテレビの情報に洗脳され、朝から晩まで働き、給料が少なくても年金がカットされても、文句も言わずデモも起こさない。これは日本人のいい面でもあるのだが、支配者側から見たらこんなおいしい国はない。
 よって、日本は大人気でアメリカ、中国、韓国、ロシア、英国、……の取り合いになっています。そんなんでいいのでしょうか?
[メディアへの信頼度が高いだけに世論誘導されやすい日本人はコチラ_⇒]

2016.12.02『ブルーライトが危ない』
 スマホ、パソコンなどを暗い場所で見てはいないだろうか? いつも明るい場所で見る方が難しいと思う。画面から出るブルーライトが危ないということが分かってきた。
 40歳を過ぎると老眼が進み、近くが見づらくなってきたという人が多い。私もそろそろ来るのかとビクビクしているが今のところまだない。パソコンばかりを見ていると目が疲れて、こめかみが痛くなってくることが多かった。
 そこで私は画面を暗めに設定して、画面にライトをいつも当てている。これだけで全然違う。1番良いのは画面を見ないことだが、現代社会では難しくなってきている。1番悪いのは、夜暗い場所で画面を見ることです。
 また、サーカディアンリズムというのがあり、簡単にいれば体内時計ですが、これが狂ってきている。これが狂うと体内のホルモンバランスが崩れ、病気になりやすくなる。しかし、政府はLED照明は進めるが、白熱球は勧めない。
 ということは、いつもの原理で、逆の行動をすれば良いということになる。LED照明のブルーライトは虫を殺してしまうほどなので、人間にとっても良くない。家の照明は蛍光灯の電球色に変えようかと思うが、誰かを説得するのが難しいかも?
[ブルーライトは危険はコチラ_⇒]

2016.12.01『新年会・勉強会やります』
 早いもので、もう12月です。例年は12月に忘年会を企画していたのですが、10月に飲み会をやったので、忘年会はなしで1月に新年会と勉強会を予定しています。
 大学生K君に、「飲み会をもっとやってください。先生の話もっと聞きたいです」と言われたので、10月に勉強会と言って、裏社会から正しい健康法などの話をした。
 私は今年狂ったように勉強に励んでいる。テレビや新聞からのウソ情報に騙されていた自分が情けないし、このままだと本当に病気になってしまうという危機感もあります。
 今年は昨年より空き時間があったので、その時間に本を読みまくっていました。私の知識はまだまだ少ないですが、興味がある人に少しでも話せて、それが役に立ってもらえればと思っています。
 飲み会はいつもの場所ですが、リーズナブルなコースにしますので、気軽に参加して頂けたらと思います。
【日時】1月8日(日)18:00~20:30(勉強会は16:50~17:40)
【場所】イオン海老名の立体駐車場1F居酒屋「ちゃぶまる」
【料理】陶板焼きを中心としたお手軽コース+セルフ飲み放題
【会費】3,000円(税込み)(勉強会は1,000円)
【締切】1月5日(木)17:00まで
※「前金」でお願いします。キャンセル料(当日・前日100%・2日前50%)

2016年12月~

2016.11.30『キューバ革命を日本でもできないかな?』
 キューバのフィデル・カストロ前国家評議会議長は、90歳で死去した。キューバは米国に近いにもかかわらず、奴隷国家になることを拒否し、チェ・ゲバラと共に戦った。
 ユダヤ国家である米国は、都合が悪くなると独裁国家だと言って、攻撃をしてくる。そして、奴隷国家である日本では、キューバの情報が全然入ってこない。そのキューバは、医療も教育も無料です。どこかの国とは大違いです。
 私は、「日本もキューバのようになれないかな?」と思っていますが、全然その方向には進んでいません。むしろ、逆で、自衛隊はすでに戦争に行っているし、年金はさらに減るようだし、TPPは決定のようです。
 TPPについてですが、ちょっと考えてみたい。米国が日本にTPPを押し付けて、自民党は選挙前は反対と言っていたのに、今は賛成です。そうしたら、トランプは反対だと言い出した。これ、おかしいと思いませんか。つまり、いつものウソで、最終的には、FTAAP(アジア太平洋自由貿易圏)に向けて動いている。
 ここで私は思った。ピコ太郎を流行らせたのは、このためだったようである。TPP(ペン)+FTA(アップル)+RCEP(パイナップル)=FTAAP(ペンパイナッポーアッポーペン)となる。ペンパイナッポーアッポーペンとは、PPAPと書くからFTAAPに似ている。
 奴らは頭が良いから、このくらいことは平気で考え、庶民をバカにしてくる。(ちなみにラッスンゴレライを流行らせたのも同じ)
 「あぁ~、悔しい」だから、私は今後の人生をかけて戦ってやる。そして、「海老名市のチェ・ゲバラ」になってやる。(最後は殺される?) 

2016.11.29『ATPツアー第19戦(ベスト4)』
 ATPツアー第19戦、仮想:ATPツアーファイナルに行ってきた。世界の上位8名ではなく、たまたま都合がよかった8名が厚木市の山奥に集まった。(※ATP:厚木市でTennisをPlayする)
1試合目:23歳の現役テニスコーチで感心してしまうほどテニスが上手い。2-2と粘っては見たが、3-6で負けた。勝てそうな気配がありませんでした。
2・3試合目:共に30代でスピンの効いたいいボールを打ってくる。1名は前回準優勝のレフティーで正直強い。
 昨日は雨上がりで気温も低くコートが乾かないのでボールが遅くなり、私のエッグボールも弾まない。お互い決め手がなく持久戦になってしまったが、途中から私のペースになり、共に7-5で勝った。(疲れました)
 これで予選は2勝1敗になり、錦織圭同様、決勝トーナメントに進出した。ですが、50分間のロングマッチを2試合続いた後で、Bブロック1位のこれまた30代現役コーチは上手かった。
4試合目:ハードヒットはないが、テクニックが抜群で緩急をつけてくる。テクニックで勝てなければハードヒットで行くしかないが、その体力はもう残ってはなく、2-6で負けました。結局、このコーチが優勝ですので、まあ仕方のないことです。
 今回は一応ベスト4なので上出来でした。これで今期は、145勝85敗(勝率63.0%)で、あとは12月だけになりましたが、目標の60%をキープできそうです。今後も気を抜かず、トレーニングを続けます。
[海老名市のロジャー・フェデラーはコチラ_⇒]

2016.11.28『5年目のウォーキングサークル活動報告』
 昨日で5年目のウォーキングサークルの全日程が終了した。気づいたらもう5年目が終了で、来年はもう6年目です。
 今年は全18回中、雨で中止が2回で、雨が多かったわりには運良くできていたと思います。16回の活動で延べ113名の参加がありました。皆勤賞は綾瀬市Bさん(70代)と発起人Iさんのママ(60代)でした。
 昨日はウォーキング中にケムトレ○ル(人工雲)を撒かれ、私は、「上を見てください。飛行機から雲を撒いているのが見えますか?」と言って皆さんに見てもらった。
 通常、その飛行機は地上からは見えないように細工をしてあるが、昨日は天気が良く、座間市Aさんは、「先生、飛行機見えました」と……。何も知らないKさん(60代男性)は、「先生、何の目的で撒いているのですか?」と聞かれたが、答えるのに困った。
 そんなことが多かった今年のウォーキングサークルですが、来年も3月から再開しますので、運動不足解消にどうでしょうか。30分以上歩く日が週に何回、いや月に何回ありますか。
[海老名ウォーキングサークルはコチラ_⇒]

2016.11.27『石油ストーブは危険』
 以前は石油ストーブの方が暖かいと思っていて使っていたが、灯油を買いに行って3階まで持ち上げるのが、面倒になってやめた。
 石油ストーブは体に良くないから、1時間に一度は換気しましょうと書いているが、実際はやらない人の方が多いだろう。単純に火をつけているわけだから、酸素が薄くなり空気が汚れてくる。
 それだけならまだ良かったが、実は灯油にはブルゾールとクマリンが混ぜてあった。これは灯油と軽油を区別するためのもので、ディーゼル車は灯油でも走るが、税金で高くなった軽油を買ってもらいたいからです。(ディーゼル車に灯油を入れると車検でバレテしまう)
 まずブルゾール有害性ですが、①飲み込むと有害で、頭痛、吐き気、めまいを生じる恐れがある。②目や皮膚に接触すると炎症を起こすことがある。
 次にシナモンロールなどに含まれているクマリンは食べ過ぎると肝臓毒性があることが知られている。
 いや~、怖いですね。そんなものが密閉空間で出ているのかと思うとゾッとします。その結果、腎臓障害、肝臓障害、細胞自殺による痴呆症、パーキンソン病、アルツハイマー、免疫不全、人食いバクテリアに対する免疫不全、多臓器不全、脳梗塞、心筋梗塞、ガン等のありとあらゆる難病が人体を襲うようになっています。
 そんなわけで私は2個目の空気清浄器を買い、今日届きます。これで少しでもキレイな空気を吸いたいな~。 

2016.11.26『このままでは本当に日本が大変なことになる』
 今後どうなってしまうのだろうと心配していたが、その不安がさらに加速している。自衛隊は南スーダンに人殺しの手伝いに行ったし、年金カット法案は強行可決され、自衛隊員は戦地で死にますので、現在大募集中です。
 そして、ウソばかりメディアですが、「表現の自由に制約を設けるのは当然」とまで言い出した。私のように好き勝手なことを言っていると逮捕されてしまうかもしれません。
 喉の痛みが減ってきたと思ったら、一昨日の雪でまた痛みが増し、放射能線量を調べたら上昇している。どうして雪が降ると放射能濃度が上がるのでしょうか。
 放射能を浴び続けるとすぐにガンになるわけではなく、体の免疫力が落ち、体内のミトコンドリアが破壊されてしまって、病気になってしまうようです。
 年金は減らされて70歳支給?になりそうですが、その前に放射能まみれの中に住み、放射能まみれの食品を食べていたら、70歳までは生きられないでしょう。
 チェルノブイリの平均寿命は67歳から58歳に低下した。平均が58歳ですから、40代で死ぬ人も多いでしょう。残念ながら、これも予定通りなのです。
 シオンの議定書によれば、救世主と見せかけて、殺害することが目的ですとハッキリ書かれてある。つまり、ワクチンですよと言って毒を打つ。治療ですよと言って殺害する。
 おっとネガティブな話になってしまった。いつまで生きれるか分かりませんが、その日まで楽しく生きることにします。

2016.11.25『なぜ11月に雪が降ったの?』
 11月なのに雪が降ったのは、なぜか。テレビでは偏西風の影響だとかと苦しい説明をしていた。
 今朝の雪をよく見てほしい。数年前に降った雪とそっくりで硬い粒になっています。11月や12月はまた気温が高いので、降っても積もることはないし、自然の雪だとべチャベチャしているはずです。
 8月に海老名市では雹が降ったが、これも説明がつかない。答えですが、気象兵器によって、関東上空の電離層に穴が空いてしまい、そこに寒気が直接入ってしまったため、雪が降ったと考えられる。
 「そんなことができるの?」と庶民は思うだろうが、これが現実なのです。では、なぜ地震がこんなに何度も起こっているのか。今日は大地震が起きそうな危険日ですが、今のところはない。
 最後に注意ですが、この雪にはなるべく触らないようにしてほしい。放射能が大量に含んでいます。

2016.11.24『カビ菌が怖い』
 白血病患者が昨年の7倍に急増している。その原因は放射能によるものだが、その放射能はカビを増やしてしまうようだ。そして、80%以上癌患者の免疫力が極端に低下し、雑菌等の汚染で全身がカビに覆われて死ぬという実体が判明した。
 ゴキブリが薄暗く汚い場所を好むように、カビは高温多湿で放射能の多い場所を好むようだ。
 昨日は休みで朝からテニスオフに行き、シングルスをしてきた。(6-1、6-0、5-2で勝ちました)その後、家の掃除をした。11月なのに雪が降っているし、もう乾燥してくる時期なのに、湿度が高く、カラッと晴れる日がない。
 この雪も気象兵器HAARPによるものでしょうし、また汚染土が海に流失し、放射能濃度は上がっています。それは雲を見れば、すぐに分かることです。
 でも、その放射能を減らすことは庶民にはできませんので、対策をするしかありません。そこで、私は空気清浄器を活用しています。空気中のカビ菌を取ってくれると書いてあるので、本当がどうかは分かりませんが、つけたら喉が楽になったような気がします。
 あと、他の対策はコチラ↓
①納豆を毎日食べる。(納豆菌はカビ菌の天敵)
②ヨーグルトを毎日食べる。(無糖)
③なるべく、オメガ3系の油⇒亜麻仁油やえごまオイルを毎日摂るようにする。
④ 汚染されていない繊維質の野菜を食べるようにする。(たもぎ茸は超お勧め)
⑤寝る前に温かい飲み物を摂るようにし、冷たい飲み物は日常的に避けること。
⑥常に身体を温めるようにする。
⑦西洋の薬剤は、腸管を傷めるので飲まない。(胃腸が荒れる薬剤)
⑧酵母の生きた味噌や酒粕を摂るようにする。
⑨重曹や自然塩を摂るようにする。(ガンにも放射能にも有効)
⑩骨髄移植は論外。(骨髄バンクは単なる巨大利権に過ぎない。)血液は骨髄で造られていない学説が最有力。

2016.11.23『今日は新嘗祭(にいなめさい)』
 11月23日は最初から勤労感謝の日だったわけではなく、もともとは「新嘗祭(にいなめさい)」というお祭りの日とされていたのです。
 1945年、日本が戦争に負けた後、日本国内ではGHQによる日本弱体化政策が始まってしまいます。GHQの占領下のもと、国家神道の色が強い新嘗祭という名前の祭日を排除し、違う名前の祝日にするよう提案がありました。
 新嘗祭とは、その年に収穫された新米や新酒を天地の神様に捧げ、天皇と国民が一体となって、天地自然の神々に感謝し、収穫を喜び合う国民的な祭典です。
 ということで、私は農業を復活させたいと思っています。みんなでtokioのように鉄腕ダッシュ村を日本全国に作ってしまえばいい。[DASH村日記_⇒]
 そうしたら、すべて無農薬で新鮮な野菜やコメを食べることができる。家だって作ってしまえばいい。もし、これが可能ならお金が要らなくなり、イルミナ○ィの管理から外れることができる。
 急に農家になることはできませんので、私は家庭菜園から始めてみるつもりです。
[自給自足社会はコチラ_⇒]

2016.11.22『また地震ですか。やりすぎです』
 今朝、ウトウトしていたら地震が来た。「今日は何日?」と思ったが、22日で危険日ではない。となると、これは前兆で25日が危ないか?
 おっと先走ってしまった。地震とは大きなプレートがずれることで起きるはずだが、今回もまた福島県沖で2011年に大きくずれたのにまたずれたのか。しかもまた地下10キロである。
 太平洋側なので米国でしょう。トランプさんにAさんはご挨拶に行ったばっかりなのに、何をお願いしたのか。で、福島原発は稼働をしている。
 日本中、放射能まみれなのに、さらに増えてしまうのか。まあ、こうやって私が訴えたところで何も変わらないのは分かってはいるが、このままでは日本人は全滅してしまう。
 放射能によって国民の精子や卵子は異常を起こし、奇形児が生まれやすくなる。当然人間だけではなく、動物や魚、植物などもおかしなことになっている。検索してみると分かるが見ない方がいいかもしれない。『奇形児 放射能』
 そんなことで日本は大変なことになっているが、斉藤和義や忌野清志郎、ミスチルの桜井和寿は反原発ソングを歌っています。発売はさせてもらえませんんで、ユーチューブでご覧ください。(4分)

2016.11.21『整体でわいせつ行為逮捕はデマ報道』
 ある整体師が女性客の体を触るなどしたとして整体師の男が逮捕されました。男は人気整体師としてテレビに出演していました。との報道があった。
 こんな事件があったとしよう。まず、整体で女性が裸になる必要があるのか。裸にならなくても体型は分かるし、マッサージや整体は十分に可能である。
 裸になったとしよう。では、その20代女性はその時点で不審に思わなかったのか。そして、「下着の中に手を入れられた」と被害を訴えている。
 これが事実だとしよう。そんな店に3カ月間も通うだろうか。あり得ないですよね。まあ、テレビの報道はそのようなものです。
 では、目的ですが、民間療法の整体ではなく、整形外科に通わせたいからでしょうか。整形外科でわいせつ行為があったとはあまり聞かない。
 整形外科に行っても、レントゲンを撮って被ばくして、電気を当てて湿布と薬をもらうだけですから、治らないことは誰もが知っています。でも、それによって製薬会社や病院は大変儲かります。
 座間市のKさんは格安バス旅行を楽しんでいたが、バス事故後、料金が上がってしまい、行けなくなってしまったと言っていた。
 つまり、報道には裏目的が必ずあるということです。それを考えるが最近、楽しい。
[わいせつ行為で逮捕?はコチラ_⇒] 

2016.11.20『LEDライトは危ない』
 今度、蛍光灯が切れたらLEDライトにしようかと思っていたが止めた。それは、東北大学が青色光を当てると昆虫が死ぬことを発見したからです。昆虫が死ぬということは人間にとっても良いはずがない。食品の農薬と同じです。
 でも、パソコンやスマホにもLEDライトは使われているし、LEDしかない照明は仕方がないので諦めるが、わざわざLEDライトは買わないようにしたい。
 佐藤家の照明は蛍光灯だが、あまり明るくしないようにしている。また、蛍光灯を買う時は電球色を選ぶようにしている。それは人間には体内時計があり、夜なのに明るいところにいるとそれが狂ってくるからだ。それがLEDなら、なおさら良くないということになる。
 支配者側は頭が良いので分からないように庶民を殺そうとしています。LEDライトを浴びたからと言って急に死ぬことはありません。放射能も同じで急に死ぬことはなく、喉が痛いから始まって喉頭がんになり、その後、白血病になってしまいます。(あの夏目雅子さんは中国で……)
 極論を言ってしまえば、電気を使わない方がいい。明るくなったら起きて暗くなったら寝る。現在も電気がなくて生活している人が無数にいます。熊本県で被災してしまった人が言っていました。「電気がなくても生きていけるが、水と食料がないと生きてはいけない」と……。

2016.11.19『こんな時代ですが、生きていきましょう』
 戦争がない平和な時代に生まれて良かったと昨年までは思っていたが、実際は違った。私たち一般庶民は奴隷としか思われてなく、「働いて税金を払い、早く死ね」と誘導されている。
 こんなことを書けば、被害妄想と思われるだろう。しかし、現実に日本の人口は減らされている。では、その計画を進めている人の言葉を紹介しよう。
1.「2010年までに地球人口の10%以上を殺害、処分してしまう必要がある。」ハーバード大エコノミック・リサーチ・プロジェクト報告:グローバル2000 (資金源:ロックフェラー財団)
2.「2020年には人口は100億になる。誰もそんな世界に住みたくはない。出生率を下げるか、死亡率を上げるか、戦争により極めて速やかに効率的に死亡率を上げる事が出来る。また飢餓や 病気を拡大させる事も人口調節に有効である」米国国防長官ロバート・マクナマラ
3.「地球で全ての人間が豊かに生活出来るのは50億人が限界だ。現在の80億人は多すぎる。」ディビッド・ロックフェラー
4.「黒人、アラブ人、中国人、日本人等、有色人種は人種的に劣っているので、世界規模の核戦争で絶滅させる必要がある。まず始めにイスラエルはアラブに先制核攻撃をすべきだ。有色人種が絶滅した後、世界で最も優秀なユダヤ人を中心とした白人だけの楽園が出来る。それが聖書に書かれている神の国の出現の意味である。」イスラエル:エルサレム・ポスト社説
 人の良い日本人は受け入れがたいだろうが、世界はこの方向で動いている。
 そこで空気汚染、食品汚染が酷く、普通に行けば、私たちの世代(40代)は長生きは難しそうです。長生きが良いという訳ではないのですが、少なくとも病院で殺されないようにしたい。
 福島県は放射能の影響で、喉頭がん発生率が90倍になり、あるお婆さんは、「毎週、葬式です」と嘆いていた。
 また、最近は「健康診断に行ってきました」と聞くが、健康診断とは病院が患者を見つけるために行っている営業活動です。しかも高いお金を払って長い時間をかけてまでですよ。
 ですから私は健康診断には行きません。そんな時間があるなら、その時間に運動をします。健康診断に行っても病気は治りませんから……。
[テレビ『迷医のTHE太鼓判!』を見た感想はコチラ_⇒]

2016.11.18『ワクチンを打ってはいけない』
 この時期になると「念のため、インフルエンザのワクチンを打ってきました」という人が多い。テレビや新聞しか見ないB層の人には、「そうですか」と答えるしかなく、残念に思う。
 ワクチンの目的をご存じだろうか。『ワクチン 人口削減』で調べてみてほしい。
 ワクチンと言っても多種あるが、最近では子宮頸がんワクチンを打ってしまった若い女性が何人も歩けなくなってしまった。また、米国では反ワクチン医師が1カ月の間に8名も不審な死をとげ、5人の医師が消息を絶ちました。
 そして、昨日も怪しい雲(ケムトレ○ル)が多くあり、そのケムには、重金属・ナノ繊維・化学物質などが含まれ、インフルエンザを流行させているようです。
 これが現実に今起こっています。空を見てみてください。今日も下記のような雲があるはずです。
[ワクチンの本当の目的!理解出来ない人は将来100%後悔する_⇒]

2016.11.17『ボブ・ディランはノーベル賞を拒否した』
 以前、ボブ・ディランはノーベル賞の正体(=ロスチャイルド貢献賞)を知っているから、受賞を拒否した、とブログに書いた。
 この流れが世間に広まっては困ると思ったロスちゃんは、いつものウソで、「ボブ・ディランはノーベル賞を受賞する。名誉なことだ」報道した。私はまたウソで、授賞式には行かないだろう、と思っていたら、「授賞式には行かない」と報道している。
 つまり、初めからボブ・ディランはノーベル賞を受ける気もないし、連絡もしていない、と考えると全て辻褄が合う。
 世間とはこのようなもので、すべてウソです。よって、新聞、テレビ、ヤフーニュースなどは見ない方がいい。ウソと分かっていても信じてしまう人が多いからです。
 TPP反対と言っていた自民党はTPPを強行可決し、自衛隊を海外派遣させ戦争をさせているが、支持率が上がっている。米国のトランプもTPP反対と言っているが、これもウソでしょう。
 TPPが成立すると日本人はさらに貧乏になってしまいます。今だってGDP世界3位なのに、日本人の幸福度は世界何位でしょうか。オーストラリアのGDPは世界15位ですが、最低賃金は時給1,500円で物価は日本の半分以下でしょう。
[ノーベル賞=ロスチャイルド貢献賞はコチラ_⇒]

2016.11.16『放射能対策に重曹が効く』
 最近、外に長くいると次の日は決まって喉が痛い。空気が放射能汚染されているためだと思われる。そんな時に、重曹でうがいをしてみたら、痛みが減った。調べてみると、ガンは体が酸性に傾くことなので、アルカリ性の重曹はそれを中和してくれる。
 私は歯磨きは重曹と塩で行っていた。(歯磨き粉は発がん性物質が入っています)歯だけではなく、お風呂にも重曹と塩を入れると体内に入ってしまった放射性物質を排出することができる。
 また、重曹は胃薬だったこともあるようだし、アメリカのニューメキシコ州ロス・アラモス国立研究所のドン・ヨーク氏は、ウランに汚染された土壌の浄化に重曹を使用し、92%のウラン除去に成功した。
 天気予報は晴れでも海老名市は今日も曇りです。相変わらず、ケム君を撒いているのでしょう。仕方がないので、マスクをして吸ってしまった放射能は重曹で除去します。
[重曹の効果はコチラ_⇒]

2016.11.15『ペンパイナッポーアッポーペンの真実』
 ピコ太郎という不審なオジサンが訳の分からない歌を歌い、流行っているらしい。その発端はジャスティンビーバーが面白いとツイートしたらしい。なぜか。
 ジャスティンビーバーが日本のオジサンを知っている訳がないし、そんなものに興味があるとは思えない。つまり、世間で流行っているものは、流行っている訳ではなく、ある意図を持って支配者側が流行らせているのです。
 映画でも"公開前"から「話題騒然」とか「観客動員数○万人」とか言っているが、「公開前なのにどうして?」と思ってしまう。スマホやポケモンGOにしたって、メディアが流行らせたいのはバレバレだと思うが、なぜか庶民はそれに従ってしまう。
 これは集団心理を利用した大衆誘導で、庶民を不安にさせ無知にしておけば、管理は可能になります。つまり、殺人事件を報道し、ピコ太郎という低レベルなものを流行らせ、大衆を無知にして、洗脳をしていく。だから、定期的にこのようなものを流行らせるのです。ラッスンゴレライ、きゃりーぱみゅぱみゅ、AKB48など挙げればキリがありません。
 しかし、知的な教養番組は一切やらない。日本人を無知なままにさせておくためです。16分の動画を紹介します。時間があれば是非……。

2016.11.14『高齢者事故は多発しているのか』
 高齢者の交通事故が多発していると報道している。交通事故は年々減っていて、その事故死も当然減っている。しかし、高齢者の事故多発をアピールしているのはなぜか?
 若い世代は車を買う余裕もないし、車にも興味がないので、コストを考えて電車やバスを利用している。人口は減っているし、運転免許を持っている人も減っている。その結果、高齢者の比率が高くなるが、それが事故件数が増えることにはならない。
 テレビを見ている人は、お祖父さんやお婆さんに、「もう運転は止めた方がいいよ。事故も増えているみたいだし」と伝えるだろう。その結果どうなるか。
1.車が売れなくなる
2.運転をしなくなるとますますボケる
3.ガソリンスタンドが潰れ、出かけないので消費が冷え込む
 などが予想される。車に乗らなくたって、歩けばいいと思うが、歩いていなかった高齢者が急に歩くようにはならない。よって、出かけなくなり、死期が早まる。
 最近、私が気になっていた福岡沈没事故は、縦横30メートル、深さ15メートルもあった大穴を3日で埋めてしまった。予想通り原因の追究はせず、その穴に福島の汚染土を埋めてしまったとの情報もあった。(その画像あったのですが消されてしまったようです)
 ニュースを鵜呑みにするのではなく、「このニュースを報道する目的は何か?」そんな視点でニュースを見ていきたい。

2016.11.13『トランプも紐付きです』
 トランプが選挙に勝ったら、1瞬だけ株価が下がり円高になったが、今は逆で円安に変わり株価は上がっている。これはトランプ政策への期待感によるものと思われる。
 ところでヒラリーが負けたのは米国裏社会の崩壊を意味するなどと思っている人が少なからずいるが、私は否定する。ヒラリーもトランプも同じロスちゃんグループですから、ロスちゃんにしたら、どっちが勝ってもいいのです。だって、トランプはパナマにビルを持っているくらいですから、完全に噂の銀行家とは仲良しのはずです。
 仮にトランプが庶民の味方だとしよう。だとしたら選挙で最終候補まで残れるだろうか。ちょっとでもロスちゃんに取って不都合なことがあれば、韓国大統領のようにメディアを使って、すぐに潰しに行きます。
 私は以前から言っていますが、米国はロスちゃんの支配下にありますから、誰が勝っても何も変わりません。そもそも、なぜアメリカ大統領ばかりが注目されるのでしょうか。イギリス、フランス、ドイツなどはいつ選挙をやっているのかも知りません。

2016.11.12『米国肉は大変危険』
 「肉を食べないと力が出ない」とか「健康な老人は朝から肉を食べている」とテレビで放映していた。それを見て、肉を食べようと思わされている。また、昨日ゴルフYさんが、「息子がご飯を食べないで、魚や肉ばかりを食べてダイエットしているんですけど、いいのでしょうか?」と聞かれた。
 つまり、お肉食べましょうキャンペーンをメディアは続けている。逆に日本人がお肉をたくさん食べてもらわないと、アメリカは肉が余ってしまって、困ってしまいます。そのお肉は日本人用ですので、アメリカ国内では売れません。
 では、実態ですが、牛や豚は本来は草を食べる動物ですが、コーンを食べて病気にならないように抗生物質を与えて、早く成長するようにホルモン剤をも投与しています。
 そして、エサがコーンくらいなら良いのですが、死んだ牛や牛の糞などを食べさせています。その牛が健康な牛であるはずがありません。最近はBSEは言われなくなりましたが、その現状は今も変わっていません。
 また、動物の体温は人間より高いので、肉を食べれば血液が固まりやすくなります。ということは、脳梗塞や心筋梗塞になりやすい。
 私はもう肉を食べるのを止めました。以前は何も知らずに吉野家で牛丼を食べていました。薄切りの肉に砂糖を入れて煮込めば、どんな肉でも食べれるようになります。
[アメリカ産牛肉の実体_⇒]

2016.11.11『ATPツアー第18戦(準優勝)』
 ATPツアー第18戦、仮想:BNPパリバ・マスターズ大会に行ってきた。今回は私が海老名運動公園庭球場を2面4時間確保し、募集をしたら参加者が集まった。
 30代から70代のテニス愛好者が集まり、その中には現役実業団選手、ベテランテニス全日本ランカー、年齢別神奈川県優勝者などがいた。前半2時間だけの参加者や後半2時間だけの参加者がいたので、大会形式ではなく、ランダムに試合を行った。
 私の調子は良く、実業団選手にも勝ってしまい、結果:5勝2敗でした。1名は完全に別格で全勝。他は3敗以上していたので、私が(実質)準優勝でした。ありがとうございます。
 いや~、テニスは難しいが面白い。6ゲーム先取(ノーアドバンテージ)の試合でしたので、ちょっとした違いで勝敗が決まってしまう。大事なポイントを取れるかどうか。その時に精神的な余裕があるか。そのためには、体力がないといけない。
 そう思い、海老名マラソン後、毎週1.2キロの一人マラソン大会を実施している。ただ走るのではなく、1キロ4分台で走ることを目標にしている。つまり、それなりのスピード感を持って走る。
 それを4時間テニスした後に行う。正直キツイが、それが今回の結果につながったと思う。まあ、ケガをしない範囲で今後も続けます。
[海老名で佐藤コーチのシングルス大会2面4時間(画像あり)_⇒]

2016.11.10『トランプ勝利でどうなる』
 あれだけヒラリー有利と日本では報道していたのに、トランプが勝利した。これはこれで問題である。
 まず、報道がウソだということを肯定してしまったことになる。世論調査はでっち上げだったということになる。
 また、選挙自体が不正なのに、不正のないことをアピールしているのか、とも考えられなくはないが、ヒラリー、トランプはただの役者でしかないので、その可能性はない。
 となると、15年前にイルミナティカードに予告していたように、シナリオ通りだったことになる。もし、シナリオでなければ、福岡沈没事故のように報道はしない。
 さて、株価が900円も下がり、一時円安になったがもう戻っている。まさかのトランプが大統領になったことによって、元々あったドル不安がさらに広がる。そうなると円が買われ、円高になり株価が下がる。日本に取っては良いことではない。
 まあ、米国は全ては計画通り進んでいますので、イレギュラーなことは何もありません。残念ですが、これが私たちの生活に大きく関係してきます。注意して見ていくしかありません。

2016.11.09『今度は人工陥没ですか』
 福岡市の駅前で道路が大きく陥没する事故(事件?)が起きた。私はすぐに「またか」と思った。あり得ないような事故だと思うが、新聞やテレビではトップニュースで伝えない。なぜか?
 これが事故だったとしよう。地下鉄の工事中でトンネル内の上部が破損し、そこに地下水が流れ込み沈没した。もし、そうであるなら、なぜ道路だけが陥没し、横のビルが傾いていないのか。また、駅前にもかかわらず、ケガ人が0名で、そこに落ちた車もない。(説明はこのくらいでいいでしょうか)
 このような陥没の事件は世界各地で起きている。中国でも2015年に天津で大爆発が起き、あり得ないような大きな穴が空いた。これも薬品による爆発だとされているが、爆発で大きな穴が空くだろうか。空いたとしたらその残土はどこに消えたのか。
 では答えですが、宇宙兵器による地殻円筒状超高温プラズマ化による核爆発である。分かりますか。また、やられたんですよ。
 犯人は特定しませんが、UFO型戦闘機でプラズマビームを放射し、そこにいたであろう人や車までも消せてしまう。これが世界の軍事技術です。
 おそらく、この事故に関しては明日から報道しないでしょう。もし、本当の事故なら、どうして起きたのかと話題にするはずです。
[天津爆発の怪は習近平暗殺準備証拠抹消の為_⇒]

2016.11.08『巨人の骨が発見されている』
 最近、世界各地で巨人の骨が発見されている。下記の動画でご確認ください。1分くらいのところに骨が映っています。(3分)

 これが悪戯だとしよう。では、なぜブルーシートで隠すのか。すでに何個も発見されているので、話題性もない。
 佐野千遥によると、『最近、地球上で身長40メートルくらいの人骨(確かに高等な人類の形をしている)が幾つか出土しているが、これは未来地球人がテレポーテーション機能をも持つタイムマシンに乗ってテレポーテーション機能により一度宇宙の果てに近い場所まで行き、次いでタイムマシン機能により未来の地球に戻ろうとして時刻tの再現設定に誤差が生じ、未来の地球ではなく現代から見ても過去の地球に戻ってしまい帰れなくなった事例と考えられる。』
 私は物理を再勉強中ですが、このような仕組みについては、まだ理解できていません。では、もう一つ。(1分)

 オレゴンボーテックスというアメリカ・オレゴン州の山中に摩訶不思議な場所がある。そこでは、ほうきが立ったり、下り坂をボールが上がったりしている。これは地球の磁気が狂い、重力が歪んでしまっているという。[オレゴンボーテックスの謎_⇒]
 庶民には教えてもらえないが、このようなことが実際に起こっている。では、逆にこのメカニズムを解明してしまえば、重力をコントロールすることができる。
 TR-3Bのような反重力を使った戦闘機は何年も前から存在していて、それを庶民には分からないように、「UFOだ」とウソをつき、真相を隠している。私は悔しいので調べまくっていたら、色々と分かってきました。追って報告します。

2016.11.07『明日はアメリカ大統領選挙』
 イルミナティカードによれば、次期大統領はヒラリーで対抗にトランプと95年に決まっていたが、「メール問題でヒラリーピンチ」などと報道で選挙に注目させ、不正選挙なんてあるはずがないと思わせていた。
 そして、連邦捜査局(FBI)のコミー長官は6日、民主党のクリントン氏の国務長官時代の私有メールの使用をめぐる捜査の「結論は変わらない」として、訴追に相当しないと改めて表明した。
 やっぱり茶番ですか。ユダヤ金融に支配されている米国に不正でない選挙があるはずがない。そもそも不都合な候補者が選挙に勝ているはずもない。いずれにしても日本にとっては良いことは何もなく、TPPを推し進めて日本の貧困化を狙っているのでしょう。
 しかし、イルミナティのやり方も、すでにバレバレだし、米国の力が落ちてきているので、ロスちゃんも中国を利用しようと移行中のようです。彼らは利用できるなら、どこの国でもいい。利用できるなら利用して、最後は捨てる。そんな方針のようですよ。自民党Aさん。

2016.11.06『マレーが世界ランキング1位になった』
 ジョコビッチが2014年7月7日から122週連続で守ってきた世界ランク1位の座をマレーに明け渡すことになった。一時は腰痛で12位にまでランキングを下げたが、最近は常に優勝か準優勝で、準決勝で負けたのは全米の錦織圭戦くらいなものです。
 守備的なマレーが1位になれるとは思わなかった。でも、考えてみれば、フェデラー、ナダル、ジョコビッチの全盛期は過ぎたし、その次の世代のスターもまだ不在である。その間の1位かとの見方もできない訳ではない。
 私はマレーのフィジカルと安定感のあるバックハンドが1位になれた要因だと思う。マレーに勝てそうな選手はいくらでもいると思うが、最後はなぜかマレーが勝っている。そんな試合が多い。
 これと言って大きな武器はないが、あるとすれば安定感だろう。私も大きな武器は特にないので、10年前からバックハンドを両手にして、マレーの打ち方を参考にした。
 単純に考えて、片手より両手の方が腕の負担は半分になる。最近はなるべく両手で打つようにしたら、肘の痛みも減ってきた。理想はフェデラーのようにカッコよくエースを決めたいが、現実はケガをしないことが最優先で確実に相手のコートに返すこと。
 そう思うとマレーは親父テニスプレーヤーの理想型かもしれない。でも、もう29歳だからいつまで続くのか。できたら圭君に1位になってほしいが……。

2016.11.05『TPP強行採決された』
 「TPP断固反対」と選挙前は言っていたのに、自民党はTPP法案を強行採決し、衆議院を通過した。1番の問題は、TPPがどんな内容か、説明されていない点である。
 内容が分かってもらったら、国民の反対運動が大きくなってしまうので、都合の悪いことは報道しない。テレビでは取り上げないし、華原朋美がどうのこうのとどうでもいいことを話題にしてる。
 TPPはNWO(ニュー・ワールド・オーダー)を達成するためのものですから、日本国民にメリットはありません。
 簡単にいれば、小さな昔ながらの商店街に大きなショッピングセンターができてしまうようなものです。よって、小さな商店は価格競争には勝てずバタバタと潰れていき、大企業が利益を独占します。その後、その大企業からしか購入せざるを得ない状況になり、逆に価格は上がっていきます。
 さて、対策ですが、大企業からの商品は買わず、地元の商店街から買いましょう。国民一人一人が小さくてもいいので抵抗していければ、日本はもっと良くなります。
 最後に20世紀の革命家チェ・ゲバラの言葉です。「もし私たちが不可能な理想を夢見ていると言われたら、何千回でも答えよう。『私たちには、できる!』と」ゲバラの54分の動画あります。時間があれば、ご覧ください。私はこれを見て戦っていこうと思いました。https://www.youtube.com/watch?v=ErkVFI_HTDE

2016.11.04『ツイッターから情報を得る』
 2010年9月にツイッターを始め、気付けばフォロワー5100人、6900ツイートもしていた。ツイッターは匿名でいいし、情報を簡単に発信することができる。最近は毎日10以上はツイートをしていて、他の人のツイッターを見て、有意義な情報を得ることが多い。
 支配者側は情報や報道によって、庶民をコントロールしている。私たちはコントロールされていると思っていないかもしれないが、コントロールされていないと思っている人はコントロールされています。
 フェイスブックを作ったのは、マーク・ザッカ―○ーグですが、そのお祖父さんはロックちゃんです。よってFBを流行らせたのは、個人情報を抜き取るためです。インスタグラムも同様です。
 よって、支配者側はツイッターで、本当の情報を拡散されると困るので、「ツイッターは買収される」とか「ツイッターの情報はウソで、インスタグラムは本当です」なんて、分かりやすい報道をしています。
 テレビや新聞の90%はウソで、FBもコントロールされていますので、ツイッターを始めましょう。いや、やらなくても見ることはできますので、テレビよりは正しい情報が得られますよ。[佐藤スポーツ整体のtwitter_⇒]

2016.11.03『放射能で甲状腺がん発生率90倍』
 国立がん研究センターの昨年11月の疫学分析で、東京電力福島第一発電所の事故後に事故前10年と比較し、18歳以下の男子で90倍、女子で50倍の甲状腺ガンまたはその疑いが発生していた。こんなデータが出ているにもかかわらず、丸川珠代は、「もう少し様子を見ます」と発言している。
 放射能汚染で1番やられやすいのが、子供たちの喉のガンです。大人も安心はできず、これは福島だけの話ではなく、東日本全地域に関係してきます。
 この夏は特に酷く、ウォーキングサークルに来たKさん(60代男性)は、「風邪が3カ月間も治らなくて」と言っていたが、それは放射能による甲状腺ガンの可能性があります。
 つまり、あと何年かすると甲状腺ガンでバタバタと死んでいく人が増えるでしょう。知っている人は知っていて、企業は社員の健康被害を見て、西日本に引越しを始めています。私も本当は引越しをしたいのですが、そう簡単にも行かず、対策を考えています。
 そこで調べていたら、塩と重曹が放射能を軽減してくれることが分かった。私は塩と重曹で歯磨きをしているが、同時にうがいもして、少し飲むと良いようです。実際、喉が痛い時に重曹を飲んだら、少し楽になった。
 あとは食事と運動です。発がん性のある食事は取らず、運動をして体温を上げることです。本気でやらないと死んでしまいますから……。

2016.11.02『牛乳を飲んではいけない』
 「牛乳は体に良い」「牛乳を飲むと背が高くなる」と洗脳されていたので、背が低かった私は小学生の頃よく牛乳を飲んでいたが、背は高くならなかった。その後、だんだんと牛乳を飲まなくなり、ある時久しぶりに飲んだら下痢をした。もう合わないのだろうと思い、それ以来飲んでいない。
 ある芸能人が「子供には牛乳を飲ませない」と言って話題になっていたし、欧州では牛乳をよく飲んでいる人は飲まない人より、骨が弱かったなんでデータも出ていた。あれれ。
 小学校の給食では毎日牛乳が出ていたが、普通に考えればご飯と牛乳は合わないと思う。
 そして、こんな動画を見つけてしまった。(11分)これを子供たちが見たら必ずこう言うだろう。「お牛さんがかわいそう」

2016.11.01『騙されないように勉強しましょう』
 11月8日には米国の新大統領が決まるようだが、その候補のヒラリーがとんでもない発言をしていることが、ウィキリークスによって暴露された。その内容は……。
『人々が彼女とウォールストリートとの関係を知ることを彼女は望んでいない。彼女は矛盾がないことを望んでおり、それをする最良の方法は、人々を無知のままにしておくことだ』
 この意味が分かるだろうか。国民がおバカであればあるほど政治を進めやすい、ということです。また、ウォールストリートとの関係とは、銀行家との関係です。つまり、ヒラリーは銀行家によって動かされている。その銀行家とはロス○ャイルドです。
 この構図は最低限知っておいた方がいい。「政治家<企業家<銀行家」とこんな関係になっていて、世界のボスは表には出てこない。
 映画で考えると分かりやすい。スクリーンに出てくるのが政治家で、その俳優を動かす監督やスポンサーがいる。また、お金がなければ、映画自体作ることができない。最近は、『シンゴジラ』や『君の名は。』が流行っているようですが、これには政治的が意図が必ずあります。
 私は悔しい。「おバカは騙すのは簡単です」なんて言われたくはない。まだテレビで言っていることが本当だと思っている人が多いと思いますが、シオン長老の議定書によれば、「ウソで国民を混乱させよ。政治においては本当のことを言ってはならない」とあります。
 しかし、世界は今、良い方向に進んでいます。インターネットによって正しい情報が流れてきました。私はそれを広めるために毎日ツイートしています。良かったら、ご覧ください。[twitter_⇒]
 ちなみにエグザイルばかりがレコード大賞を取っていますが、レコード大賞は1億円で買えるようです。まあ、これも内部闘争の一つだとは思いますが……。[1億円でレコード大賞買収はコチラ_⇒]

2016年11月~

2016.10.31『今日はハロウィンですが……』
 今日はハロウィンで私は全然興味がないが、「なぜ流行ってきたのか?」と考えてみるといい。
 日本人はハロウィンになんて興味はないし、全く知らなかった。しかし、流行りだしているのはメディアが流行らそうとしているからです。
 ハロウィンが流行れば、ハロウィングッズが売れる。逆になかったら、この分の売り上げがまったくないわけです。
 クリスマスも同じで、これを流行らせて、「お金を使え、消費しろ」と言われているだけなのです。まあ~、お金持ちの人は関係ないかもしれませんが……。
 マラソンブームについても同じです。マラソンを流行らせれば、シューズは売れるし、地方のホテルは予約が入るし、参加費でも儲かる。そして、ケガをしてくれれば、サポーターは売れるし、病院も儲かる。とこんな具合です。
 私は海老名マラソンに出場しましたし、マラソンを否定するつもりはない。適度に走れば健康には良いことです。しかし、テレビでは、「今年も東京マラソンは盛り上がっています」とか「今年もホノルルマラソンに行ってきました」とは報道するが、「健康のために近所をマイペースで走りましょう」とは言わない。
 ちなみにホノルルマラソン出場者の半分は日本人でアナウンスも日本語ですので、日本人がブームに乗ってくれないとホノルルマラソンは成立しません。
 私が言いたいことは、お金お使わなくたって、健康になれる方法や楽しいことは沢山あります。今日は海老名運動公園に行って、中級と上級のテニスレッスンと一人マラソン大会に行ってきます。

2016.10.30『錦織圭、逆転で5年ぶり決勝進出 テニス・スイス室内』
 準々決勝で苦手デルポトロに7-5、6-4で初勝利をした試合は、最高のプレーだったように思う。ハードヒットもありドロップショットも決まる。その比率や強弱が素晴らしかった。
 昨日もミュラーに4-6、7-6、6-3で逆転勝ちした。普通、最高の試合をした次の日はどうしても調子が落ちてしまうし、モチベーションを保つのが難しくなるが、それでも勝ってしまうところが錦織圭の実力なのでしょう。だって3年連続ATPツアーファイナル出場ですから……。
 5年前は決勝でフェデラーにあっさり負けてしまったが、今日は7勝4敗のチリッチと対戦です。室内ですから風の影響やイレギュラーもなく、技術的に高いプレーをした方が勝つと思います。
 普通にやったら圭が勝つと思いますが、チリッチはフラット系でエースを狙いにくるでしょう。そこを落ち着いて返していければ、圭君優勝です。
 下記の動画は、「錦織圭はどうしてこんなにテニスが上手なのだろう」と感心してしまう14分間です。私もこうなりた~い。

2016.10.29『新鮮な野菜は美味しい』
 私は近所の農家からその日に取れた野菜を買っている。昨日はミカン、キュウリ、トマトを買い、そのまま食べた。以前はトマトが好きじゃなかったが、この夏に取れたてを食べてから好きになった。
 スーパーにおいてある野菜はいつ取れたのか分からないし、泥も付いていなければ、虫も食べていないので、農薬バンバンなのだと思ってしまう。また、農家がスーパーに出せば、形の悪い野菜は買ってもらえないし、スーパーに中間マージンも取られる。
 その点、農家から直に買えば、量も多いし、たった100円か200円で消費税も取られず、新鮮で無農薬の野菜が買える。また、味が違います。
 今後、TPPが強行採決されてしまえば、外国産の低価格野菜が日本に入ってくる。給料は上がらないので、つい安い野菜を買ってしまうと思うが、それは遺伝子組み換えの農薬バンバンの野菜ですから、買わないようにしたい。
 私は世界の歴史を知ってから、国産にこだわっている。テニスラケットやウェアーだって、国産に変えていこうと思っている。アディダスのウェアーを着ていたが、アディダスの歴史を知ってしまったら、もう買う気は失せた。
 これからは物々交換の時代に戻るかもしれない。いや、そうした方がいい。お金に支配されるのではなく、農家のおばちゃんと話をしながら、野菜を買う。昨日は、前の人がキュウリを5袋も買ってしまって売り切れだったが、おばちゃんが「キュウリあるよ」と言って奥から出してきてくれた。

2016.10.28『パンが危ない』
 ジョコビッチの実家はピザ屋なのに、ジョコビッチはピザどころか、パンもパスタも食べない。それは小麦から作られているからで、そのタンパク質であるグルテンが危ないと……。
 グルテンの説明は次回にすることにして、小麦と言えばパンでしょう。「朝はパン、パンパパン」とCMが流れて来たり、学校給食ではパンが多かった。スーパーではレジの近くに必ず菓子パンが売っていて、私も以前は1つ買ってしまっていた。
 でも、そのパンが危ない。パンはイースト菌を混ぜて発酵させてから焼く。パン業界の競争を勝ち抜くためにはコストの面で安上がりにできるよう直ぐ焼けるための塩化アンモニウムがイーストフードに混ぜてある。ところがこの塩化アンモニウムとは強力な発ガン物質である。
 また、パンを歯でかじるとサクと歯切れが良くなるために、ショートニング、ファットスプレッド、マーガリンと云ったトランス脂肪酸を製造過程でパンに混入する事となる。
 ところがこのショートニング、ファットスプレッド、マーガリンと云ったトランス脂肪酸こそが、永年の間には心筋梗塞、脳梗塞、肉離れ、手足のつり、腰痛、神経痛、肩こり、首のこり、頭痛といったありとあらゆる重大な血液と筋肉と脳の障害を引き起こすのである。
 いや~、怖い。まさかパンが肩こりや腰痛の要因になっているとは思ってもみなかった。私は10月から米と野菜しか食べていない。その効果なのか分からないが、テニスをしても肘が痛くないぞ。

2016.10.27『ガン治療で病院に行ってはいけない』
 先日、写真週刊誌を見たらガン治療をしているはずの小林○央が太っていたので驚いた。また5年もガン治療をして5回も手術をしているはずの生稲○子もなぜかふっくらしていて、治療に専念しているどころか、しっかりと仕事までしている。
 なんと抗ガン剤は発癌性物質のマスタードガスから作られているので、ガン治療をすると確実にガン細胞が増え、死にます。
 WHO(世界保健機関)を作ったロスちゃん(80歳)やロックちゃん(101歳)は、患者には抗がん剤をバンバン打てと指導しますが、自分には打たず長生きをしています。医師も当然自分には抗ガン剤を使用しません。
 でも、ガンになってしまったらと心配するでしょう。安心してください。ガンで急に死ぬことはありません。ガン細胞が急に大きくなることはなく、1センチ大きくなるのに10年かかると言われています。
 つまり、ガンで死亡するのではなく、ガン治療で死亡するのです。近藤誠は、「ガン治療をするな」と40年間訴え続けています。
 で、小林○央と生稲○子は、ガン治療をしているのか? もう分かりますね。
[抗ガン剤は増ガン剤はコチラ_⇒]

2016.10.26『体重が減ってしまった』
 昨日体重を測ったら、59.6キロになっていて驚いた。遂に60キロを切ってしまった。12年前は筋トレばかりをしていたので80キロもあり、5年前はまだ70キロはあったのに、今は60キロ。20キロはどこに消えてしまったのだろうか?
 日曜日はマラソン大会で3キロ走り、月曜日はテニス大会で5試合をこなしたので、昨日は体重は減っているだろう、と予測はしたが60キロを切りたくはなかった。
 35歳からテニスを再開し、筋力よりも持久力が重要だと思い、筋トレの頻度が落ちたし、また重いウェイトは徐々に上がらなくなってきた。
 また、最近は左肩を痛め、半年間は筋トレよりもストレッチ中心にトレーニングを行っている。また、食事量を徐々に減らしたし、10月からは完全にベジタリアンです。
 しかし、体調もテニスの調子も良い。私の身長だと65キロくらいが標準のようだが、これはあくまでも一般論であって、脂肪が多い65キロでは意味がない。肩の調子がやっと上がってきたので、フル筋トレを再開し体重を増やしたいと思っているが、筋肉を1キロ増やすことは大変な努力が必要です。
 そう思うと今くらいでいいのか。生野菜しか食べない人は初めどんどん痩せ始めるが、その後横ばいになり、丁度いい体重に戻ると甲田光雄は言っている。私の体重はどうなるのか。追って報告します。

2016.10.25『ATPツアー第17戦(下位トーで優勝)』
 ATPツアー第17戦、仮想:バーゼル大会に行ってきた。最近は調子は良いが接戦で負けが多く、ちょっと自信喪失気味だった。(※ATP:厚木市でTennisをPlayする)
1試合目:30代で強打はないが、速いタイミングでフラット系のボールを打ってくる。どうもタイミングが合わず、0-2となってしまったが、ここから強打を続け、6-3で逆転勝ちした。
2試合目:30代の現役テニスコーチでJOP大会にも出場していて、完全に格上だった。全てにおいて相手が上で、1-6で負けた。
3試合目:28歳で高校テニス部顧問。体格が良く、フォアもバックも強打してくる。ただタイミングは合わせられたので、私も善戦し、3-3までは競ったが、後半は体力の差が出て、3-6で負けた。
 この結果、1勝2敗で下位トーナメントになった。
4試合目:中学は軟式テニスで高校で硬式を始めた高校生。午後になったら昨日のマラソン大会の疲れが出始めたが、10月から始めた完全仙人生活の効果なのか。ジョコビッチ同様、グルテンフリーの食生活の効果なのか。私の体力切れはなかった。
 高校生はまだ粗削りでフォアの強打は凄かったがミスが多く、6-0で勝った。6-0なんていつ以来だろう。
5試合目:50代でフラット系のボールを打ってくる。私が強打してもカウンターが上手く決められてしまう。1-2とリードされ、このままでは負けそうだったので、強打は止めボールのスピードを落とし、自称:エッグボールを多用した。そこから、相手はミスが多くなり、逆転で6-3で勝った。
 結局、私が負けた2人が決勝を戦っていたので、今回の3勝2敗は上出来です。今年の目標は勝率60%です。昨日までは、124勝78敗で勝率61.4%。今年もあと2カ月ですが、このまま60%をキープできるか、ギリギリになると思いますが、今後も頑張ります。
[自称:海老名市のロジャー・フェデラー(笑)はコチラ_⇒]

2016.10.24『海老名マラソン大会は16位でした』
 2年ぶりに海老名マラソン大会3キロの部に出場し、13分台で年齢別10位以内という立派な目標を立ててみたが、14分31秒で16位でした。
 2年前と比べてみると30秒遅くなり順位は4位下がったが、総合順位は54位から49位(170名中)と上がっていた。部門別は男女合わせて12部門に分かれているので、単純に割ると4位でも良いはずだが、実際は16位。つまり、40代男子のレベルが高いということになる。
 優勝者の記録も40代は20代の次にいいし、同じ40代のFさんは12分台を出したのに8位だった。そう思うと10以内というのは大変難しいことが分かった。
 今回の言い訳ですが、スタートは後ろの方にしてみた。前回は周りのペースにつられて後半ダメだったからです。今回は後半も遅くならないようになんて思っていましたが、スタート後は詰まっていて走りづらく、後半は向かい風でスピードが出ませんでした。
 前回は1キロ4分40秒ペースでしたが、今回は4分50秒。3分台はあり得ないので、いつかは4分台前半になりたいと思っている。
 また、今回は私に女性3名の応援団がついていた。ウォーキングサークルに参加した3名がそのまま帰らずに応援してくれた。しかも、「巧、Fight」と書いてある旗まで振ってくれていた。ちょっと恥ずかしい。

2016.10.23『ボブ・ディランはノーベル賞を受け取らない』
 ボブ・ディランはノーベル賞を完全に無視している。それについてノーベル委員長、「無礼で傲慢(ごうまん)だ。でもそれが彼ってものだ」と苦言を呈した。
 一般的にはノーベル賞は名誉なことで、賞金1億円ももらえるから、普通は喜んでもらうが、ボブ・ディランは違った。
 ノーベル賞とはロスちゃん財団が元ですから、ボブ・ディランはノーベル賞の正体を知っていたのでしょう。これは大きな意味があると私は思います。
 支配者層に抵抗するプーチンのような人たちが世界で増え始めていることを意味する。1億円をあげると言われても、ボブ・ディランは奴らの仲間にはなりたくなかったのでしょう。
 そう思うと日本の受賞者は……と思ってしまいますが、元々フリーメイソンですから、反抗するはずもありません。でも、世界は変わってきている。
[ノーベル賞の正体はコチラ_⇒]

2016.10.22『世界は変わってきている』
 また人工地震が起きましたが、気象庁「活断層がなくても地震は起きる」とまで言い出した。どこまで売国奴なのでしょう。
 そんな話はもうやめにして、なぜここまで日本が攻撃されるのか。いや、これは日本だけではなく、この1週間だけで、インドネシア、パプアニューギニア、チベット、中国西部、グルジア東部、フィリピン、クリル諸島、ドミニカ諸島で大きな地震が起きている。こんなに多くの地震が多発しているのに、欧米では起きていない。
 しかし、インターネットで情報が入るようになってしまった。これにより、庶民を洗脳することが難しくなっている。昔は新聞とテレビくらいしか情報がなかったから、100万人くらいを洗脳するのは簡単だったが、今は100万人を殺した方が簡単な時代になってしまった。
 そうなのです。これは裏を返せば、世界支配が上手くいっていない証拠でもあるのです。だから、私たちが賢くなって、「そんなことをしても無意味ですよ」と教えてあげましょう。
 支配者層は国民全員にマイナンバーをつけ、マイクロチップを手に埋め込もうとしています。2017年までにオバマは全国民にマイクロチップを埋め込むと法案を通過させた。この事実を知っているか、知らないかだけで全てが変わってきます。
 また、もうテレビを見るのは止めましょう。ウソと分かっていても洗脳されてしまうからです。下記の動画は26分と長いですが、時間がある時に見てみてください。

2016.10.21『野菜が高いと報道する理由』
 テレビでは、「野菜が高い、野菜が高い」とアピールするが、「今年は豊作で野菜が安いですよ」とは言わない。なぜか?
 まず、その前に今年の天気が極端に悪い原因ですが、それは福島原発の汚染水が化学反応を起こし、水蒸気となって雲を作ってしまっているからです。(日照時間は例年の1/4です)[詳細はコチラ_⇒]
 また、喉が痛くはないだろうか? それはカゼではなく、放射能を含んだ雲のせいです。
 次に、天気が悪ければ、農作物は不作になる。「野菜が高い、野菜が高い」とアピールされれば、一般庶民は野菜を買うのを止めよう、と単純に思う。しかし、それが支配者層の作戦なので、注意してほしい。
 野菜が売れなければ、農家は野菜を作るのをやめてしまう。また、政府も理由をつけて、米を作らないようにさせている。日本の食品自給率は40%と言われているが、欧米では100%を超えている。
 「日本は自立するな」との基本的な戦略があり、農業を衰退させるために、「野菜が高い、野菜が高い」とアピールしているのです。
 そして、輸入品に頼らなくては、生活できないような状況に追い込み。農薬バンバンで遺伝子組み換え食品を買わされてしまう。当然、こんなものを食べていれば、健康を害し、死亡します。
 残念なことですが、政府は年金を払いたくないので、国民には早く死んでもらいたい。しかし、自分たちは無農薬の国産品を食べています。
 だから、私は近所で虫が食っている野菜を探して食べています。でも、最近売っていない。

2016.10.20『今週末は海老名マラソン大会でした』
 気付いたら、今週末が海老名マラソン大会でした。特にマラソン用の練習はしていないが、少しは走っているので3キロは完走できるだろうと思っている。
 昨年は時間が合わず不参加だったが、2年前は出場して、3キロの部、14分2秒で40代12位だった。特に目標はなかったが、「14分2秒なら13分台になりたいな」と「12位なら10位以内がいいな」と欲が出てきた。
 マラソンはフォームと体重の要素が大きいと思う。その意味では最近野菜ばかりを食べていたら、また痩せてしまったのでいいかもしれない。
 まあ、気楽に走ります。3キロなので……。

2016.10.19『あいさつをしよう』
 あいさつをしない子供たちという記事を見つけた。近所で子供たちにあいさつをしている風景をあまり見ない。震災の時は絆とか学校の近くでは、あいさつ通りと書いてあるが、あいさつをする人は減っている。
 その要因の一つはメディアによる洗脳です。「通り魔殺人事件が起きた」とか「連れ去られて監禁された」と言って、他人は危ないと報道し、その報道を“本当だと思った親”が子供に、「知らない人とは挨拶してはいけません」と教える。
 世界一貧しい大統領:ムヒカ大統領は、「近所の人との会話が重要」だと言っていた。私は最近会話が重要で、その会話が人生を豊かにするとまで思う。
 そう思ってあいさつをしまくっているが、「なんでこの人と挨拶するのだろう」というような目で見られる。しかし、そんなことは気にしない。
 来年からは飲み会と勉強会を年4回することにした。人との会話の機会を増やさなければ、会話は成立しない。
 生きているうちに何人と話をすることができるか。十人十色だし、実際に話してみないと分からないことは多い。定年後、友達がいなくて、「毎日ヒマです」なんて人生は送りたくないので……。
[飲み会・勉強会はコチラ_⇒]

2016.10.18『自己言及のパラドックス』
 ドクター佐野ブログを片っ端から読みまくっているが、正直難しい。理工学部物理学科だったが、「ゲーデルの不完全性定理」「反エントロピーの法則」と言われても、全く覚えていないし、教わった記憶もない。
 そこで、最近は物理の勉強を再開し、多少の専門用語くらいは知っていないと佐野ブログを理解することはできない。太陽が第2水星を生むのを予言したり、350年間、誰も分からなかった問題を解いたくらいなので、私が知る限り世界一頭の良い人だと思う。そんな人がブログで論文を書き、それを無料で公開している。
 ゲーデルの不完全性定理と言っても分からないので、「自己言及のパラドックス」を紹介したい。
 例えば私が、「私は嘘つきだ」と言ったとする。もしこの言葉が「真実」であれば、私は「嘘つきである」ことになるが、そうすると「嘘つきなのに、真実を言った」ことになってしまい、おかしなことになる。
 一方、この言葉が「嘘」だとすれば、私は「正直者である」という事になるが、そうすると、「正直者なのに、嘘を言った」ことになってしまい、おかしなことになる。

2016.10.17『親からの教育が重要』
 学校で教育を受けるのが当然だと思い疑いもしなかったが、アメリカでは親が教育をして学校へ行かない子が多数いるという。イギリスでは教育が富裕層と一般庶民で完全に分かれているし、日本では生後1年で保育園に入れて仕事をしないと生活できない状況に追い込まれている。
 今日のニュースでは、「笑顔の幼子、母は橋から落とした」とか「救える児童も救われない」などを話題にしている。このニュースを聞いて、「なんて酷い親だ。児童相談所に保護してもらった方がいい」と思う人が多いと思う。
 そこでちょっと考えて頂きたい。本当に虐待あったのか、本当に橋から落としたか、その証拠は見せられていない。つまり、この報道をする目的が必ずあるということです。
 世界を動かす投資家:ジョージ・ソロスは、「小さい頃は貧しかったが、しっかりとした教育を親からしてもらったことが今の大きな財産になった」と言っていて、その教育をそのまま自分の息子に適用している。
 シオンの議定書9条には、『本当の自由の基礎である教育を崩す。嘘の学説を非ユダヤ人の青少年たちに教え、彼らを欺き愚鈍にさせ腐敗させる。法律を狂わせ法の意味を歪曲させ、真の精神を失わせる。』とある。
 分かったと思うが、親からの正しい教育はさせないで、学校でウソ教育を幼少期から行っている。それをより強制したいがための誘導ウソニュースが本日も報道されています。騙されないようにしましょう。

2016.10.16『空気汚染が酷い』
 今日は晴れているが、相変わらず福島原発から流れる汚染水による怪しい雲がある。この雲は放射能を含んでいますので、雨が降ってくれば危険ですし、降らなくても大気中の放射能濃度は上がっています。
 大気中の酸素濃度は20%とされているが、実際は14%くらいまで落ちているという。森林伐採で緑が少なくなれば、酸素濃度は低下する。その結果、脳への酸素供給も減り、頭の回転が悪くなったり、眠くなったりする。
 さらに、車社会になり、歩いている人より車の数の方が確実に多い。その排気ガスで大気は汚染される。認知されていないし、国は当然認めないが、排気ガスによる健康被害は大変多い。よって、皇居の周りを走るのはお勧めしない。
 そんな大気状態だが空気を吸わない訳にもいかないので吸っているが、なるべく車の少ない道を歩くようにしているし、マスクは1年中付けている。それでも放射能や排気ガスの影響で病気になってしまうので、その対策を取るしか残された道はない。
 そこで10月から野菜のみの食生活に変え、大好きなビールも今週からやめ、最近は紅茶を飲んでいる。やり始めるのに遅いことはないし、思い立ったが吉日です。

2016.10.15『尿療法をやってみた』
 小学生の時、大きな蜂に手を刺された。その時、近くにいたオジサンが、「おしっこをかけると良くなるよ」と言われて、かけてみたことがある。それがどんな効果があるかは理解できなかった。
 ドクター佐野は尿療法を勧めている。簡単に言えば、尿を飲むということです。「え~、信じられない」と誰もが思うだろう。
 人間には自然治癒力があり、病原菌などもやっつけてくれる。その最小限のものに、「ソマチット」がある。ガンになってしまった人はソマチッドは少なく、健康な人はソマチッドが多いという。
 人間の体はマイナスイオン状態が理想で、ソマチットはマイナス電気を帯びている。そんな大切なソマチッドが尿と共に流れてしまっているという。つまり、尿を飲むことで、もう一度体内に取り込むことになり、健康促進になるということになる。
 赤ちゃんは母親のお腹にいる時に、おしっこをしているがそのおしっこを飲んでいるそうです。ちなみに尿は腎臓で濾過されているものなので、汚くはないようです。
 で、何でも試してみる私ですが、昨日やってみた。ちょっと水で薄めて、飲んでみた。臭いはするが味はなかった。その後、何とも言えない気分になり、1回ぐらいじゃ、何の効果も出ないことは分かっているが、今後も続けるかは未定です。まだまだな私です。
[尿療法はコチラ_⇒]

2016.10.14『ビットコインが世界を変える』
 私は何年も前から仮想通貨:ビットコインに注目してきた。日本では「モノ」と扱われ、購入には消費税がかかっていたが、財務省などは税をなくす方向で検討を始めた。一部の新電力は近く、電気料金をビットコインで払えるようにするので、私はすぐに切り替えるつもりだ。
 最大の特徴は、国が管理していない点にある。つまり、今のように日銀やロスちゃんの管理ができなくなり、意図的な操作がされず、大暴落などの不安や借金地獄からも解放される可能性がある。
 もちろん、これが広まってしまえば、ロスちゃんは困るので、全力で阻止をしてくるだろう。「ビットコインで大破産」とか「ビットコインが盗まれた」とかと大キャンペーンを行うだろう。
 しかし、情報はネットで手に入る時代になった。新聞やテレビのウソ情報を鵜呑みにせず、自分で考え選択していけば世界は徐々に変わっていく。
 国連中心の世界は変わりつつある。ウィキリークスなどによって真の情報が暴露され、軍事的にもイスラエル、米国、英国軍はロシア、イスラム軍に勝てなくなってきている。
 今は大変な時代を迎えていますが、大きく世界は良い方向へと変わっていきそうです。

2016.10.13『極秘UFO型戦闘機による核攻撃』
 まず、この動画を見て頂きたい。(1分半)

 まず、UFO型戦闘機「TR-3B」は核燃料でプラズマ状態を作り、反重力を可能にしています。これを始めてみた人は、UFOとしか思えないでしょう。
 UFO型戦闘機は70年前にドイツ軍がすでに作っていて、その進化型が「TR-3B」になると思いますが、すでにもう古い型になっています。
 次にプラズマビームを使って、核攻撃をすることができます。もう完全にSF映画の世界のようにも思えますが、これが現実です。
 そして、今シリアが大変なことになっていて、核戦争が始まってしまうのか、というところまで来ています。最近は影武者プーチンが出ていたので、本物プーチンは殺されたのかと思っていましたが、しっかり出てきました。
 ロシアは、TR-3Bより数十倍高性能のUFO型戦闘機を持っていますので、米国は勝てないと思いますが、核戦争が起こらないようにして頂きたいものです。

2016.10.12『神の正体はエーテルだった』
 神は存在するのかと誰もが1度は考えたことがあるだろう。しかし、その前に定義が必要になる。そこで……。
1.地球を自転させ公転させているのはエネルギーは何か?
2.太陽の光を地球まで届けているのは何か?
3.この小さい頭なのに40年前の記憶があるのは何か?
 今回はこの3つだけにしてみる。まず1の自転・公転だが、これは地球だけではなく、太陽系、銀河系、宇宙全体も公転をしている。
 ある科学者が宇宙の重さを推定してみたら、全然足りないことが分かった。やはり、エーテルがあるのではないか。現在では暗黒物質(ダークマター)ともいう。
 エーテルとは地球上で考えれば、空気のようなものです。よって、目には見えないがあることにはある。その空気が台風などで動かされれば、物は飛ばされる。つまり、宇宙をエーテルが動かしているとも言える。
 2は光は波でもあるので、その媒体がないと光は地球まで届かない。海水がないと波は立たないので、その宇宙上の海水がエーテルです。
 3は難しいのですが、脳細胞は有限なのに無限の知識や記憶を保存できている。パソコンで考えてみよう。ハードディスクはいつかは一杯になってしまうが、クラウドは無限です。つまり、ハードディスクが自分の脳で、クラウドがエーテルになります。
 分かった人もいると思いますが、エーテルは宇宙を動かし、生命に必要な光を届け、無限の頭脳も持っている。これを「神」と言わずしてなんというのだろう。

2016.10.11『日本はどうなってしまうのか?』
 シリア内戦は続いていて、ロシア軍と米軍の代理戦争のようである。軍事力だけで考えればロシア軍が上だが、米軍にはロス茶や中国が付いているようなので総合力では負ける。
 日本はその世界から見たら、相手にされていない。まあ、アメリカや中国に支配されるなら、ロシアと組んだ方がいい気がするが、ロシアの力がどれほどのものなのか、まだ分からない。
 アメリカやロシアでは地下施設がすでにできていて、核戦争に備えている。そんなことは日本では一切報道されないが、世界は第3次世界戦争中で今後さらに大きな展開を見せそうである。
 11月にはアメリカ大統領選挙があり、日本ではヒラリー有利ばかりの報道であるが、実際はトランプ有利のようで、トランプが大統領になってしまったら、日本はどうなってしまうのか。本当に米軍が日本から撤退するのか。
 アメリカはすでに経済破綻していて、ドルは無価値になると言って5年以上になる。つまり、今後どうなってしまうのかは誰にも分からないが、こんなことが今、世界で起きているのだ。

2016.10.10『物理の勉強をしよう』
 阿蘇山が人工噴火した。巨大な噴石が飛び上がるのは、単に爆発だけでは説明が付かない。
 そのメカニズムは、ピエゾ石英橄欖岩が反重力を受けて飛び上がる。反重力を受けるのは溶岩で上面を熱せられた溶岩より下に位置する橄欖岩がゼーベック効果により上面が+の電荷・N極磁気を帯び、下面がーの電荷・S極磁気を帯びて、ビーフェルト・ブラウン効果で-の極から+の極に向かう真空を足場とした力を受け、溶岩を貫いて上へ急上昇し火口表面を固めている岩石をぶち砕いて噴石として吹き上がると推論される。
 と言われても庶民は分からない。しかし、世界では普通に起きている。
 物理の知識がないと理解できないが、日本の教育では高校で理系にいないと本格的に物理の授業を受けることがない。しかも、その物理は古典物理学の初級の初級です。
 支配者層は日本人が物理を理解すると何かと困ることが多いので教えないようにしている。しかし、私は興味があったし、高校の授業では物足りないくらいだった。
 今、興味があるのは空中浮遊の原理で反重力の方法は色々とあるようだが、まだ実験などはしていないので、頭で理解できても感覚的には理解できていない。そこでファラデーの電磁誘導の法則から再勉強をしている。(フェデラーではありません)
 と言っても分からない人が多いのですが、家に手回し充電器や懐中電灯はないだろうか。東電に頼らなくたって電気は自分で作れます。そのメカニズムは、コイルの周りで磁石を動かせば電気は作れるのです。ずっと手で回しているのは疲れるので、その動力を磁石などのフリーエネルギーを使えばいい。
 最近は佐藤工業株式会社を立ち上げ、家庭用発電機を本気で作れないかと考えている。

2016.10.09『楽天ジャパンオープン決勝カード』
 錦織圭のケガによる棄権とトップ選手の欠場で盛り上がりに欠けるこの年の楽天オープンだが、決勝は面白そうなカードになった。
 問題行動や発言が多くプレー態度も良くないキリオスだが、あのフォアハンドとサーブは強烈です。フェデラーにも勝ったことがある選手で、今期すでに2勝している21歳の選手です。
 それとは対照的なのはゴフィンで昨年デビスカップ準優勝の立役者の25歳。プロとしては小さめの体格ながら完成されたテニスで世界と戦っている。全米王者のチリッチには勝てるとは思わなかったが、攻撃的なバックハンドと勝負強さで勝ってしまった。
 私としては、ゴフィンに勝ってほしいが、キリオスの出来次第ということになりそうです。また、他の日本選手は1回戦負けで、錦織が引退する前に新たなスーパーヒーロー出現に期待したい。

2016.10.08『今度は人工噴火やられました』
 私は8月8日のブログで、「災害は忘れる前にやってくる」の記事を書いた。その中で危険日は、8/10、9/9、10/8、11/7、12/6と明記し、8/10、9/9は何もなかったので、そんなに気にしていなかったが、10/8に人工噴火でした。
 これを自然災害だから仕方がないと思っている人が多いかもしれないが、いつもの46分でまた熊本県です。2年前の御嶽噴火の時は前日に自衛隊が戦車と共に長野県入りをしていた。今回も真夜中にもかかわらず、テレビ局では素早い対応が見られた。
 富士山も狙われているようですが、今のところ失敗続きのようです。私はもう裏社会を調べるのはやめ、最近は物理の勉強をしていたのだが、こんなことが起こされると黙ってはいられない。
 今年の危険日をもう一度明記しておく。今月はもうないと思うので来月から……。11/7、11/16、11/25、12/6、12/15、12/24

2016.10.07『完全仙人生活始めました』
 食品について調べていたら、安全な食品なんて皆無であることが分かってきた。遺伝子組み換え食品が多い。小麦、大豆、鮭、トウモロコシ、ジャガイモなど挙げればキリがない。(虫が食べられない食品を私は食べたくはない)
 肉の油は動脈硬化の原因になるし、砂糖はガンの原因になります。
 そこで私は思い切って、肉も魚も砂糖も取らないことにした。食べるものは、米、味噌汁、野菜、納豆、水のみになってしまった。
 まだ初めて1週間だが、正直寂しい。まあ、でもすぐに慣れるでしょう。早速、効果が表れていて、昨日のナイターテニスでは動きが軽くなった気がした。
 元々、1日1.5食で、昼は蕎麦のみ、夕食はそれなりに食べていたが、その夕食を上記のみにした。これでは痩せ細ってしまう可能性もあるが、おそらく変わらないと思っている。
 必要なエネルギーは腸内細菌の働きで、体が作ってくれるし、摂取カロリーが少ない方が体は活発に動く。自分でも驚くが、完全仙人生活と言っても良いでしょう。こんなことをしている人は少ないと思いますが、いることにはいます。
 ゲッソリしてきたら言ってください。「もうやめれば……」
[アリも食べないものを私たちは食べさせられているはコチラ_⇒]

2016.10.06『薬用石けんは人体に害』
 アメリカで薬用石けんの販売を禁止になった。抗菌石けんが普通の石鹸よりも優れているという科学的な証拠はなく、長期的に見れば殺菌成分は有害無益だという。
 私はシャンプー、リンス、ハンドソープ、歯磨き粉などを使わないようにしている。なぜなら、発がん性物質が入っているからだ。そこで主に石けんを使用しているが、その石けんも天然成分配合なんて書いてあるが、天然成分ではない。トリクロサン、トリクロカルバンが入っている。
 シャンプー、リンス、ハンドソープ、歯磨き粉などを買う時、どんな成分が入っているか見る人もいると思うが、その詳細を調べる人は少ない。例えば、フッ素配合と書いているが、フッ素は猛毒です。もちろん、ちょっとくらいでは体に害はありませんが、毎日使っていれば弊害が出るでしょう。
 そこで今回のトリクロサンですが、抗菌剤のせいで逆にバクテリアが鍛えられ、ちょっとやそっとじゃ死なないスーパーバクテリアが生まれてしまうのです。つまり、菌を殺そうとしたために、もっと強い菌ができてしまった。
 清潔好きな私ですが、清潔すぎるのも良くない。普通の石けんが1番良いと思いますが、それが意外と売っていない。そこで自分で石けんを作ろうと思っていますが、まだやっていません。

2016.10.05『ノーベル賞って何だ』
 日本人のOさんがノーベル医学生理学賞を受賞した。その経歴を見ていたら、米ロックフェラー大研究員とあった。(ロックフェラー?)
 私は以前から不思議だなと思っていた。毎年戦争をしているアメリカのオバマが核廃絶を2回言っただけで、ノーベル平和賞である。
 そもそもノーベルはダイナマイトを発明して、大儲けをしたスウェーデン人。そのノーベルが、いつものロスちゃんと手を組み作ったのがノーベル賞です。
 iPS細胞はノーベル賞を取ったが、スタップ細胞は取れない。レントゲンは取ったが、千島学説は取れない。もう分かると思いますが、ロスちゃんに貢献した人がもらえるのが、ノーベル賞です。
[詳細はコチラ_⇒]

2016.10.04『愛車エッセ復活しました』
エッセカスタム  8月にエンジンルームから焦げ臭いようなニオイがした。エンジンオイルが古いのかと思い、低燃費オイルに変えてみたら余計にダメで、すぐに普通のオイルに変えてみてもダメだった。
 その後、さらに悪くなり、車がスムーズに走らず、ノッキング状態になった。私はクラッチがすり減ってきたのかと思い、聞いてみたら9万キロくらいでは普通は大丈夫で、「普段スポーツ走行でもしていましたか?」と言われてしまった。
 では、何か。座間市Aさんに聞いたら、「プラグの可能性もありますよ」と言われ、オートバックスで普通のプラグがなかったので、思い切ってハイパフォーマンス型に変えても直らず、プラグの配線が切れていることが分かった。素人では気付きませんでした。焦げ臭いニオイは配線が焼けついたためだったようです。
 これで普通に走るようになっただけなのだが、エンジンがガタガタうるさく、3気筒ではなく、2気筒状態だったため、急坂だと登らなかったエッセがスイスイ登れるようになった。
 これであと10年くらい乗れるかな? 目指せオールドカー!

2016.10.03『秋の飲み会は楽しかった』
秋の飲み会  秋の飲み会は楽しかったです。今回は飲み会の前に17:00~裏社会勉強会があり、私は楽しく講演をさせてもらった。
 内容は、神の正体、空中浮遊の原理、人類の起源、本当の日本史、テレポーテーションの原理、フィラデルフィア実験、ネット工作員、世論操作、不正選挙、人工台風など、話が難しくならないように注意しながら簡潔に話し、あっという間の45分間でした。今後も飲み会前に開催したいと考えています。
 その後、居酒屋に移動したら、やる気満々のソニー生命Mさんと座間市Nさんはすでに来ていた。昨日はこの2人が特に元気で盛り上げてくれた。
 男ばかりの6名だったためか。1つにまとまり、気兼ねない話が展開された。最近、話題の裏社会の話もあったし、私の知らない芸能情報もあった。
 そんな話題が多かったが、なぜか座間市Nさんは、「美ジョガーの足を見るのか。マラソンの楽しみ」とか「スポーツのきっかけって、モテたいからだよね」と、そっち方向の話になる。
 今回は女性の参加がなかったが、ソニー生命Mさんと座間市Nさんから、次回に向けての新提案をされた。
1.男性は会費500円アップで、そのお金で女性の参加者にプレゼントをつける
2.女性がドレスで来たら1,000円引き、ビキニなら2,000円引き、20代で美人だったら無料
 どうでしょうか? 完全に親父トーク会でしたが、楽しかったです。帰り際には、「次はいつやるの?」と……。

2016.10.02『秋の飲み会、参加メンバー紹介2』
 昨日の続き……。
5.伊勢原市Hさん(30代)…草野球の剛腕ピッチャーだったが、私の勧めでテニスに転向した。酷いヘルニアで来店し3カ月くらいで治ったが、その後も予防のため続けている。
 よく私の話を聞いてくれていて、その知識を私生活や仕事に生かしている。今日は勉強会から出席します。
6.テニスSさん(40代)…自称:海老名市のロジャー・フェデラーだが、最近は雨の影響でテニスができず不満気味。そんな雨の日は裏社会を調べまくっていて、ついに勉強会まで初めた超変わり者。
7.大学生K君…初級テニスの常連で、まだ大学生。今回の言い出しっぺで勉強会から出席予定だったが、体調不良により欠席。あ~残念。
 今回はこの6名での開催です。楽しくなるでしょう。

2016.10.01『秋の飲み会、参加メンバー紹介1』
 新企画「秋の飲み会」の参加メンバーを紹介します。曇り空ばかりが続いていますが、明日は楽しくなりそうです。(今回は男性ばかり7名です)
1.ソニー生命Mさん(50代)…いつも元気でいつも盛り上げてくれる元日体大体育会陸上部アスリート。走るのも話すのも頭の回転も全てにおいて速い。
 奥さまが中国人令嬢のためか、国際感覚が豊かで世界の変化にも詳しい。まあ、今回も色々と面白い話を聞かせてくれるでしょう。
2.座間市Nさん(60代)…テニス、マラソンが趣味で、私のテニスレッスンやウォーキングサークルにも参加してくれている。すでに年金をもらっている小金持ちで、ウェアーやラケットは常に最新モデルです。
 あまり練習はしていないが、マラソンの申し込みだけは頑張っていて、なんと来年の東京マラソンに当選した。誰からも羨ましがられているが、その幸運をいかすことができるのか。先日は膝が痛いと言っていたので、ちょっと心配です。
3.厚木市Kさん(60代)…テニス歴35年のラケットコレクター。先日は「やっと自分に合うラケットを見つけた」と言っていたが、最近は体の不具合が出てきて、思うようにテニスができていない。
 今回は、「ネタも持っていないので、聞き役になります」と言っていたが、頭の良い方なので、話すと面白いです。
4.同級生Kさん(40代)…私の小学校・中学校の同級生でテニス歴は30年のベテランプレーヤー。まだ対戦をしたことがないので分からないが、体格はワールドクラス以上で、そのポテンシャルを100%使えれば、ワウリンカにも勝てそうです。
 最近は飲み会が多く、飲み屋やお酒には詳しいです。プロレスラーのような体型をしていますが、明るく楽しい人です。

2016年10月~

●過去のブログはリンク集に、まとめてあります。[リンク集はコチラ⇒]

Copyright(c)2003-2016 Sato Sports Seitai. All right reserved.[かんたんWeb予約はコチラ⇒]

inserted by FC2 system