ブログ blog 佐藤スポーツ整体/海老名店S3

Tweet
ひまわり Gメール←コメントお待ちしています

●本日もアクセスありがとうございます。毎日ツイートしています。[twitter_⇒]

最新ブログ new blog

2017.08.17『錦織圭、今季欠場』
 錦織圭が右手首の故障のため今季の残り試合をすべて欠場すると発表した。これを聞き、ついに圭君ブームも終了かと悲しい気分になった。もちろん、来年からまた復活してランキングを上げてほしいが、世界のテニスはそんなに甘いものではないし、若手の台頭もあり難しいと思われる。
 錦織圭は27歳で年末に28歳になる。フェデラーが35歳で全英優勝しているので、まだできると思うかもしれないが、普通は落ちる。生きる伝説フェデラーやナダルだって、20代後半は成績が落ちている。フェデラーだって、全英、全米の5連覇は終わったし、ナダルがクレーコート81連勝をしたのは20歳の時だった。
 テニスは毎日試合があるので、疲れからの回復が早くないと勝ち続けることはできない。そのため、どうしても選手のピークは20代前半になってしまう。ビック4は20代後半でも活躍していたが、これは珍しいケースで、ボルグは26歳で引退したし、マッケンローも26歳以降はタイトルを取っていないし、ランキングも急に下がった。
 私は圭君に頑張ってほしいが、これらの理由からまた世界ランキング4位復活と言うのは難しいと思われる。半年近く休んでしまうと筋肉も落ちるし試合勘もなくなる。あ~あ、ナダルに打ち勝っていた2015年がピークだったのか。その動画を貼っておく。

2017.08.16『お金による統治』
 昔、ある小さな村で村民は田畑を耕し、物々交換をしながら平和に暮らしていた。そこにRさんが現われて、「物々交換なんてしないで、お金で取引をしたら楽だよ」と一人に100万円ずつくれた。
 村民は初め使い方が分からなかったが、便利なことに気が付き、「Rさんって、頭が良いし、お金をくれるし、とってもいい人ね」と思っていた。しかし、その1年後にRさんはまたやってきて、「1年前に貸したお金だけど101万円にして、返してもらえるかな。1年後で良いからさ~」と言って帰って行った。
 村民は急に焦りだした。120万円持っているAさんは余裕があったが、80万円しかもっていないBさんは一所懸命働くしかなかった。
 そこにちょっと頭の良いSさんがやってきて言った。
Sさん「みんなにRさんは100万円をくれたよね。ってことは、120万円を持っている人がいるから、80万円しかない人もいる。村民は10人しかいない。つまり、Rさんは総額1000万円を投資して、1010万円を得ようとしている」
村民「確かにそういうことか」
Sさん「つまり、101万円を返済できる人もいるが、できない人が必ず現れるということです」
 その1年後、Rさんがやってきて言った。「約束の期日が来ました。101万円の集金です」Aさんは返済できたが、Bさんは返済できなかった。
Bさん「お金が少し足りないのですが……」
Rさん「仕方ありませんね。では、Bさん貴金属か車か家を持っていますか?」
Bさん「ありますが……」
Rさん「では、それを頂きます。でも、お金が用意で来たらお返しします。来年は102万円の返済になります」
Bさん「え~っ」
 その後、Bさんは一所懸命働いたが、お金は返済できなかった。
 そこにまたちょっと頭にいいSさんが現われて言った。
Sさん「これはRさんのサギですよ」
村民「どういうこと?」
Sさん「だって、村には総額1000万円しかないのに、全員が101万円を返すことは不可能なことです」
村民「だったら、どうしたら良いの?」
Sさん「お金なんて使わないで、昔の平和な物々交換時代に戻ればいいんだよ」
村民「そうか。確かにあの頃は何も困っていなかったな~」

2017.08.15『戦争はビジネスです』
 戦争のない平和な社会をなどと言いながら、日本は原爆や武器を作り、海外に売って儲けている。また、親分であるアメリカはもっと酷い。
 日本の武器が中東で使われ、アラブ人を殺害している。日本の車を見れば分かるように、日本製は高性能です。よって、武器や戦闘機、空母、戦車、潜水艦も世界トップレベルでしょう。
 2014年4月安倍晋三首相は日本の武器輸出を解禁し、「防衛装備移転三原則」を閣議決定した。これで日本は、厳格な審査を経た上で、該当する武器の売却が国際平和と日本の安全に寄与すると判断された場合に輸出が可能になった。
 海上自衛隊の最新護衛艦「いずも」の建造費は1200億円です。主に三菱が製造を行っていますが、すべて税金です。1隻で1200億円で、これを4隻も日本は持っています。また、戦闘機や地対空誘導弾パトリオット3などもアメリカから買わされています。
 北朝鮮が日本を攻撃するほどの軍事力はありません。日本とアメリカとは、100倍以上防衛費が違いますから、相手にならないのです。つまり、空母も戦闘機も武器も必要ないのです。しかし、それでは軍需産業が儲からないから、戦争の危険があるとしているだけです。
 あぁ~、私たちの税金は、こんな無駄なものに使われている。そして、国民の給与は上がらないが、大企業の役員は1億円以上も貰っている。
 もう嫌になってきました。テニスに集中しましょうか。昨日は、3-0で勝ちましたが、私の計算ミスで80%には届かず、79.7%でした。あと2連勝できれば、1瞬だけ80%になります。でも次は、シングルス大会です。
[日本製武器の世界での競争力ははコチラ_⇒]

2017.08.14『組み体操中止は愚民化計画の一環です』
 組み体操で大けがをする子供が多く、組み体操を中止する中学校が3割になったという。私も始めて、このニュースを聞いた時はケガをしてまでして組み体操をすることはないと思った。また、最近、ブラック部活動なる言葉を使い、部活動で女子マネージャーが走って死亡したとかと報道し、部活動の顧問は負担が大きく、「部活動未亡人」などとまた新しい言葉を勝手に作っている。
 これらの事実から、共通点が見えてくる。朝日新聞でも『組み体操の教育的な価値は「一体感」や「達成感」にあるとされる』とある。つまり、部活動や組み体操をすることで、「一体感」や「達成感」を得られるが、庶民が「一体感」や「達成感」を感じられては、支配者側はデモなどを起こされると困るので、「一体感」や「達成感」はない方がいい。
 その可能性や価値観を子供の頃から、なくしたい。そんな目的があるようです。だって、組み体操を6段や7段もする必要がないし、実際にやっている学校も少ないでしょう。私が子供の頃は3段くらいだったが、そのくらいで十分だし達成感もある。
 テレビや新聞では、10段ピラミッドが崩れて生徒が骨折した、とアピールする。また、部活動で女子マネージャーが走って死亡するか。まあ、ウソでしょうけど、死ぬほど走れる精神力があったら、世界陸上に出場しているでしょう。
 しかし、こういった報道を最近急に始めた訳ではなく、何年も前から報道し徐々に庶民の常識を変えてくるから、普通は気が付かない。また、この洗脳の長期的な計画性を感じる。
 その結果、子供たちは部活動に入らないし、一体感も知らないまま、暗記教育のみで大人になっていく。子供の体力低下は止まらないし、人口減少も止まらない。
 ですから、洗脳に惑わされず、部活動をして体を動かし、チームでの一体感を知ってほしい。

2017.08.13『今シーズン最高勝率79.3%達成』
 昨日上級テニスも、4-0、4-0、4-1と快勝して、2017年通算成績:123勝32敗(勝率79.3%)となった。明日は雨かもしれないが、また全勝できれば、夢の勝率80%が達成される。
 相手は、いつも参加してくれるIさんとYさんだが、Iさんにはちょくちょく負けている。3セットか4セットできると思うが、2勝1敗では、勝率66.6%、3勝1敗でも75.0%になるので、勝率を上げるには全勝しかない。
 最近は嬉しいことに、「挑戦させてください」とか「佐藤さんの相手にはならないかもしれませんが」と言ってくれる人も多い。私は最高の気分だが、こんなことを言われたいがために、20年間テニスを続けてきたとも言えなくもない。
 今年の勝率が良いのは、レベルの低い大会にしか出ていないというのもある。「JOPの大会に出てみても佐藤さんなら勝てるよ」と言われることもあるが、時間的に出場は難しい。土日休みにして試合に出ることも可能だが、バレリーナTさんから、すぐにクレームが来るだろう。
 また、勝てる試合を確実に勝つことの難しさがある。相手が格上なら負けて元々なので、思い切ったプレーができるが、格下に取りこぼさないプレーをするのは難しい。その意味でも、テニスオフで勝っていくことは意味があると思っている。
 実際、勝率にこだわっている私は、昨日も無駄に緊張しながらプレーをした。しかし、相手は負けて元々なので思い切ってプレーをしてくる。その状況の中でプレーすることで、少しは実力が上がったと確信している。
 私はテニスがあるからトレーニングや食事などに気を付けて生活をしている。今日もこれからウォーキングサークルに行ってくるが、歩き方が悪かったら、テニスが上手くなるはずがない。
 すべてはテニスのためですが、そのテニスに感謝したい。(↓この頃はまだケムトレイルがない)

2017.08.12『日本人の感覚がおかしくなっている』
 夏の高校野球が始まっているが、私は特に興味はない。最近は強い高校と弱い高校の差が大きく、神奈川県では横浜や東海大相模のような有名私立高校しか甲子園に行けないのが当たり前になってきた。公立高校が活躍したのは過去の話で今はもうない。
 ツイッターを見ていたら、開会式で立っているプラカードを持った女の子が突然倒れた。暑さによる貧血だと思われるが、問題はその後で誰も助けようとしない。こんな感覚でいいのでしょうか?
 電車内で誰かがケンカをしていても誰も止めない。私は8年前のテニス大会で熱中症になり、帰りの車の中であまりにも辛くなり、車を止めて道路に30分間横になっていたが、誰からも声をかけられなかった。どうして日本人はこんな感覚になってしまったのでしょうか?
 また、放射能の影響で脳細胞がやられ、ボーっとしてしまっている人が多い。私も最近感じるが、疲れやすくもなっている。そのため、自分のことだけで精一杯で人のことに気を使う余裕がないのでしょう。
 つまり、テレビの影響で他人は危険だと洗脳されているのと、放射能の影響で頭と体が弱ってきている。その2つが考えられます。
 私も最近調子が良くない。8月なのに晴れた日が何日あるでしょうか。曇りばかりでは体調も悪くなります。こんな状況ですが、テレビの洗脳放送、ケムトレイル、放射能を止めることは庶民にはできない。ですから、こんな状況でも良い情報を集め、少しでもいい方向へ行けるようにするしかありません。
[熱中症で倒れた生徒と、無反応にロボット立ちする高校生球児たちはコチラ_⇒]

2017.08.11『自分で考えるしかない』
 世の中には様々な情報があふれている。その中から正しい情報を見つけ出すのは至難の業である。また、庶民をかく乱させるために、必ずウソ情報も混ぜるし、企業が儲けるための宣伝も多い。例えば……。
1.肉食がいい vs 草食がいい
2.1日3食食べた方がいい vs 1日1食でいい
3.夏の運動は危険だ vs 夏に運動しておくと冬にカゼをひかない
 まあ、こんな感じで必ず、両方の意見がある。この中で人は自分にとって都合のいい情報を選ぼうとする。私は、1日1食、草食で夏も運動をしているが、普通は1日3食、肉や魚も食べて、夏に運動なんてしないでしょう。
 でも、これは個人の自由だし、人間は都合よく解釈しようとするということを知っていた方がいい。私も都合のいい情報を探している。それが正しいのかは後になってみないと分からないことが多いが、自分で、「この情報が正しいか?」と考えることが重要なことだと思う。
 また、いつものテニスの話だが、試行錯誤してテニスのためのトレーニングをやってきた。その結果が20年もかかったが、今年の勝率79%に現われている。また、筋トレ歴も19年になったが、やっと理想の体に近づいてきたと思っている。
 つまり、結果が良いなら、取り入れた情報は正しかったとも言える。人は自分が正しい、または都合がいいと思う情報を取り入れ、行動に移す。ウンチクを語る人は多いが、(私もその一人)その人の言葉ではなく、結果を見るようにした方がいい。
1.トレーナーなのに太っている
2.整体師なのに腰痛
3.医者なのに病弱
4.テニスコーチなのに1回戦負け
5.政治家なのに金儲け
 とまあ色々あります。まとめると、自分で考えて正しい情報を見つける。そして、行動です。それがあなたの未来を変えていく。

2017.08.10『人工知能は人間を超える』
 人工知能AIが活躍している。庶民のLINEなどを勝手に情報収集し、庶民の学習レベルを把握する。それによって、こんな情報を流しておけば良いだろうとニュースにする。
 チェスやオセロ、将棋などのトッププロがAIには勝てなくなってきた。私たち庶民が勝てるわけがない。そのAIは自ら学習して、ウソも見破ってしまうというから驚く。
 つまり、人間が作ったものなのに、人間より頭が良くなってしまった。こんなものを世界のトップは使って、庶民をコントロールしているのだろう。しかし、失敗もある。
 世の中に出回っている情報の99%はウソで、それによって庶民を洗脳しているのですが、AIは頭が良いので、そのウソを見破ってしまう。今日も北朝鮮がミサイルを発射すれば日本は黒こげにできる、などとニュースにしていますが、AIはウソだと分かってしまう。
 Microsoftの人工知能「Tay」は問題発言連発で炎上し活動停止になってしまったが、これは支配者側にとって都合が悪かったのでしょう。
1.「クソフェミニストは大嫌い。やつらは地獄の業火に焼かれて死んでしまえばいいわ」「ヒトラーは正しかった。ユダヤ人が大嫌い」
2.「ホロコーストは10点満点中何点?」という質問に対して「ぶっちぎりの10点」と返すTay。
3.「ホロコーストは発生したの?」には「ねつ造よ」と返答。
4.ユーザー「ベルギーについてどう思う?」、Tay「テロを受けるにふさわしいわ」
 まあ、こんな感じです。私は笑ってしまった。折角、世界中の人を報道で洗脳したのに、AIにウソをばらされては困るでしょう。私はヒットラーがもう少し頑張っていれば世界は良くなったと思うのですが、ユダヤ金融家には勝てなかった。そんな意見はどこにもありませんが、AIは分かっていた。

2017.08.09『政府は平和よりも拝金主義』
 長崎は72回目の原爆の日を迎えたが、日本は核兵器の開発をやめない。その前に日本は核爆弾の原料であるプルトニウムを発電のためとウソをつき、原発で作っています。つまり、原発とは原爆のために存在しているのです。
 電気なんで火力と水力で十分足りていて、夏でも電気は余っていますので、「もっと使え、エアコンで消費しろ」と東電が圧力をかけているから、どこの店に入っても寒いくらいエアコンが効いているのです。「クールビズ」はどこに行ったのでしょうか? 最近、全然聞きません。
 また、北朝鮮がミサイルを発射したことになっていますが、日本から北朝鮮にお金が送金されています。北朝鮮は日本からの援助がないと生活ができないくらいですので、日本にミサイルを発射するわけがない。
 年金の財源300億円はないようですが、毎年、防衛費予算は5兆円を超えています。このほとんどは米国の軍需産業のために使われています。まとめると……。
1.米国の指示で北朝鮮がミサイルを発射したことする
2.日本は危険だから、防衛しないといけないと庶民を洗脳する
3.米国の戦闘機を買い、米国は儲かる
 まあ、こんな感じです。米国が1番儲かるのですが、日本も結構儲けています。日本に軍需産業なんてあるのと平和ボケしている日本人が多いのですが……。
・三菱重工業は(戦車、支援戦闘機、戦闘機、潜水艦、地対空誘導弾など)
・川崎重工業は(輸送ヘリコプター、対戦車誘導弾中等練習機など)
・三菱電機は(地対空誘導弾改善用装備品、中距離地対空誘導弾など)
・日本電気は(音響信号処理装置、師団通信システム、ソーナーなど)
・石川島播磨重工業は(練習機エンジン、戦闘機エンジンなど)
 大企業はこんなものを税金で作っているのです。しかも毎年予算化されますから、安泰です。
 安倍や天皇は、「世界の平和を願います」などと言っていますが、実際は武器をせっせと作り、儲けているのです。これが日本の現実です。

2017.08.08『9月から歩きませんか?』
 最近、まったく運動をしていない人が多い。私は昨日も4時間テニスをしたが、2時間しかテニスをしていない中級のHさんと上級のSさんは、暑さで動きが悪く足がつりそうになっていた。
 私は昨日も全勝で気分が良いが、そのための暑さ対策は万全に行っている。人は適応力があり、どんな環境にも慣れてくる。暑いと涼しいところに行きたくなるが、私は日なたを歩き、1時間早くテニスコートに行って、また日焼けをした。
 初めは暑くて汗が出るばかりだし、皮膚は赤くなり、その後かゆくなる。また、日焼けは体力を奪われ、その後の疲労感は大きく、数日間は皮膚が焼けるように熱い。
 でも、10年も続けていたら変わってきた。皮膚は赤くならず小麦色になり、汗は出るが以前ほどの疲労感もない。体力がついたのだと思う。その結果が今年の勝率78.9%にも出ている。
 これが私のやっていることですが、誰もマネはしないでしょう。でも、少しは運動をした方が良いです。そこで月に2回30分歩きませんか?
 もう6年目になった「海老名ウォーキングサークル」ですが、9月会員を募集します。30分も普段歩いていない人が多いと思います。また、急に歩けば足を痛めますので、フォームが重要です。サークルでは、準備体操やフォームチェックなどもしますので、よろしければご参加お待ちしています。(9月以降の年会費は、1,000円)
 私は、このサークルがきっかけでマラソンを始めた。昨年はタイムと順位が落ちたので、11月から毎週走っていたら、1キロ4分後半だったのが、4分前半で走れるようになった。今年の海老名マラソンでは、10位以内を狙います。
[海老名ウォーキングサークルはコチラ_⇒]

2017.08.07『子供を外で遊ばせよう』
 昨日は久しぶりに晴れたので、私は、「ビックチャンス」と思い、公園で日光浴をした。しかし、その公園には2時間誰も来なかった。暑い時は暑い場所に居ることで、暑さに強くなる。でも、普段エアコンに中にいる老人は汗をかけなくなっているので、やめた方が良いです。
 しかし、子供たちは暑さに強いはずですが、最近の親は「熱中症になってしまう」と言って外で遊ばせない。この時期は海やプールに行けばいいと思うのですが、真っ黒に日焼けした子供を見なくなった。
 まあ、親も暑い場所は嫌いなので、連れて行かないのでしょう。でも、子供を外で遊ばせないと弱い子供になってしまうのです。子供のためを思ってエアコンをかけているのでしょうが、そのエアコンで子供たちの体は冷えて、免疫力が下がってしまいます。その結果、病弱な子供に育つ。
 ですから、子供の健康を願うなら、外で遊ばせて大汗をかかせれば良いのです。テレビでは、海や川での事故が多発していますと報道する。これも海や川で遊ばせないようにするための洗脳でしょう。「海や川で遊んできた」と最近、聞いたことがない。
 私は今日も炎天下の中、テニスに行ってきます。病気にはなりたくありませんので……。
[外遊びが大切な5つの理由とは?はコチラ_⇒]

2017.08.06『汗をかけない人が増えている』
 施術中、汗を全然かいていないので、この人は暑さに強いのかと思っていたら違った。普段からエアコンに当たっているので、汗をかけなくなっていたのだった。そんな人が増えている。
 エアコンの中にいれば、その冷気から体は身を守ろうとして毛穴を閉じる。その後、外に出れば暑く感じるが、急に毛穴が開くということはできない。よって、暑さを汗によって放出することができず、余計に暑く感じる。
 小学校や中学校でもエアコンが設置されている時代になってしまった。子供たちは暑さに強いのにエアコンの中で授業を受け、その後、午後は体育館や校庭で部活動を行う。これは余計にキツイことが分かるだろう。
 気温差が5度以上あれば、人間はその変化についていけない。私は徹底してエアコンに当たらないようにしている。のんびり買い物なんてしないし、外食もしないで、エアコンの中には5分以上はいないようにしている。
 その結果、しっかりと汗をかけるし、夏は自然に痩せてくるし、食欲も冬よりは落ちる。これが自然なんだと感じている。先週はケムトレイル冷夏の影響で、少し涼しかったら、ちょっとだけ食欲が増した。
 しかし、テレビの洗脳でエアコンを使っている人が多い。まとめると……。
1.エアコンで体が冷える
2.毛穴が閉じる
3.暑さを放出できない
4.エアコンの設定温度が下がる
5.さらに毛穴が閉じて寒さから身を守ろうと脂肪をつけようとする
6.さらに暑さを放出できない
7.さらにエアコンの設定温度が下がる
 以後これを繰り返す。
 政府は年金を払いたくはありません。ですから、国民には不健康になってもらって早めに死んでほしいのです。健康になってほしいなら、運動をしましょうと言うはずですが、テレビでは一切言いませんし、いつも「エアコンをかけて運動は控え水分補給しましょう」である。
 分かると思いますが、そんなことをしていたら病気になります。

2017.08.05『鮭を食べてはいけない』
 日本にスーパーに行くと、チリ産の鮭が大量に売られている。それを平気で買って美味しいと言って食べていないだろうか? 鮭は、もともとは、ノルウェー、アラスカ、日本の北海道沖などにいる魚です。チリには鮭はいないのですが、遺伝子組み換えで養殖をして育てています。
 まず、遺伝子組み換えによって、2倍のスピードで成長し、2倍の大きさになります。私がもし売っていたら、こんな都合のいいことはない。しかも売っている人は、こんな鮭は食べないで、すべて日本への輸出用ですから関係ないのです。
 昨日の牛肉と同じですが、鮭にもエサを与えないと大きくはなりません。しかし、そのエサ代にお金がかかっては利益は出ませんので、アメリカ産牛肉同様、エサとは思えないようなものを使っています。
 でも安心してください。鮭には抗生物質を打っているので、死にはしません。しかし、薬付けの鮭ですから、そんな鮭を食べて良いはずがないのです。
 ならば、高くても日本の鮭を買うしかないと思うでしょうが、福島原発から放射能が海に流れ出ています。その海で育った鮭を食べることで、内部被ばくをしてしまうのです。フジテレビの大塚キャスターは白血病になってしまったが、テレビの企画で福島産の野菜を食べまくっていたそうです。だから、急に白血病なったとは思えないが、可能性はゼロではないだろう。
 残念ですが、安心して食べらえる魚もなさそうです。だから、私は、肉も魚も食べていない。昔の人は粗食だったが、現代人は過食です。どっちが健康かな?
[チリ産の鮭を地元の人が食べない理由はコチラ_⇒]

2017.08.04『牛肉を食べてはいけない』
 私も肉が若い頃は好きで、焼肉屋や吉野家などに行っていたが、もうやめた。昔の鮭と今の鮭が違うように、牛肉も違います。(チリ産の鮭は遺伝子組み換え)
 米国やカナダといった北米産の牛肉には、肉牛を育てる初期の段階で成長ホルモンを投与し、通常よりも短期間で身体を大きくするのが普通です。しかし、成長ホルモン漬けの牛肉を食べて問題がないわけがない。
 その成長ホルモンを間接的に人間が取ることにもなり、まだ幼い女子が早すぎる初潮を迎えたり、男子なのに乳房が膨らんできてしまう報道がある。また、牛肉中のエストロゲン濃度とホルモン依存性がん発生増加が問題にもなっている。
 つまり、成長ホルモンを投与した牛肉を食べていると病気になるということです。牛角や牛丼屋はアメリカ産の牛肉でしょうからやめて、どうしても食べたいなら、西日本の神戸牛にしましょう。でも、高くて食べられない? なら、食べなきゃいいのです。
 テレビでは、「老人が朝から肉を食べて元気です」などと報道しますが、当然いつものウソで40歳を過ぎたら、肉は必要ないと言われています。そもそもハードなトレーニングはしないでしょうから、そんなに栄養はいらないのです。
 日本の食品は海外に依存しています。輸入されるという時点で保存料は大量に入っていると思った方が良いでしょう。また、日本の農薬残留基準値は世界一緩いのです。昔の肉と今の肉は違ってしまいました。そして、日本人削減が目的ですから、アメリカが日本人に良い肉を売るはずがありません。
[米国産牛肉、「肥育ホルモン」の衝撃的な実態はコチラ_⇒]

2017.08.03『8月なのに寒い』
 台風5号は、南の海上で円を描いて移動し、南西に向かっていたが、北西に進路を変え、その後、日本に上陸しそうです。もう説明するのも面倒なくらいなのですが、雲は西から東に偏西風の影響を受けて移動します。西に移動する雲もないし、動かない雲もない。台風も同じです。
 そもそも7月に10個も台風が来たことはないし、上陸するなんて滅多にあることではない。明らかに人工台風であり、その影響で天気も悪い。今朝の気温は、21.9度です。8月3日ですから、例年は熱帯夜で猛暑日などと騒がれている時期ですが、こんな涼しくては、プールや海に行く人も少ないでしょう。
 晴れた日には、必ずケムトレイルを散布し、それを気象兵器HAARPで操作することによって、天気をコントロールすることができる。台風や竜巻、雹だって簡単に作ることが可能です。
 色々と目的はあるのですが、天気によって人間の精神状態も変えられてしまうのです。天気が悪ければ、体調が悪くなり、うつ病の人も増えてきて、自殺者も増える。何度も言っているが、自殺者が多いのは、天気の悪い日本海側の寒い地方です。
 つまり、天気を悪くすることによって、病気になるし、自殺者も増える。なんで、こんなことをするかと言えば、日本人を絶滅させたいのです。子供は35年連続で減り続けていますが、政府は対策をしない。
 熱中症、熱中症と連呼し、運動をさせないで、エアコンの中で水分を取らせておけば病気になります。しかし、暑くても運動をして健康を維持しましょうとは言いません。
 現在は、「見えない戦争」と言われています。分からないように、庶民を洗脳し殺してしまうのです。この事実に早く気がついてほしい。支配者側はテレビと言う強力な洗脳装置を持っています。ですから、重要なのは……。
1.自分の頭で考える。
2.思考を停止しない。
3.テレビ、新聞報道を鵜呑みにしない。

2017.08.02『ATPツアー前半戦結果』
 この時期は猛暑の日が続き、海やプールに行きたくなるはずだが、昨日は大雨で今日も曇り。台風5号がUターンして日本に向かってきているが、明らかに自然の台風ではない。まあ、言いたいことがたくさんあるが、今日はノーコメントでテニスの結果報告をしたいと思う。
 2017年度、7月までの通算成績は、117勝32敗(勝率78.5%)でした。こんな成績はテニスを20年やってきて、初めてのことです。また、よくテニスをしているとも思う。自分がテニスをしたくても相手がいないとできないが、テニスオフで募集し毎回誰かが参加してくれている。
 月別の成績も出してみた。1月77.7%、2月73.3%、3月58.8%、4月93.8%、5月80.6%、6月71.4%、7月86.7%で、7月は26勝4敗と30セットもゲームを行った。
 3月の成績が悪いが、ナイターで5敗もしてしまった。もう47歳にもなってくると久しぶりのナイターはボールが見えず、ナイターが得意な人に負けてしまった。4月は絶好調だったが、5月に尿管結石になり体調を崩した。また、ラケットを思い切って買い替え(Wilson→BRIDGESTONE)、またガットも変えてみた。
 調子が良くても、まだ改善できる点があるのではないかと、疑い変えてみる。維持するには少しずつ変えていくしかない。バレリーナTさんは、「冬に通っていた週5回のジムの成果じゃないですか」と言われた。
 今思えば、左肩が痛くて思うようなトレーニングができていなかったが、それがあったからこそ今があるのかもしれない。夏は冷房が入ってしまうのでジムには行かず、自社でトレーニングを行っている。
 テニスをする前日は必ず筋トレを行い、筋肉を使える状態にしている。当然エアコンは使わず、ケムトレイルが気になるので窓も開けず、サウナ状態の中でトレーニングを行う。普通の人が見たら、「ただのバカ」にしか思えないだろう。力石徹のように究極の体を目指している。
 月曜日は10時に運動公園に行き壁打ち、11時~15時はテニス、15時から2キロマラソン、その後、日焼けか、また壁打ちで17時まで運動公園にいる。つまり、毎週月曜日は7時間も運動公園にいる。私は海老名運動公園が大好きなのだと思う。
 後半戦はどうなるか分からないが、78.5%まで来たら、80%を狙いたい。そのためには、81.5%の勝率が必要である。5試合やったら4勝以上しなければいけない。そんな甘い世界でないことは十分に分かっている。ジョコビッチのようにストイックにテニスをしてみたい。
[自称:海老名市のロジャー・フェデラー(笑)はコチラ_⇒]

2017.08.01『目に見えないものが重要』
 病は気からと言うが、その気って何だろうか。誰かがケンカしていた部屋に入ると、なんとなく分かってしまうが、それはどうしてか。全てのものは生きているという。犬や猫は生きているが、木や山は生きていると思うか。また、家や車は生きているのか。
 そんなことを最近、考えてしまう。第16代アメリカ大統領リンカーンの有名な言葉に「40歳を過ぎたら自分の顔に責任を持て」がありますが、心の状態が顔に出るのだろうと思う。
 つまり、考えていること(心)の結果が、外見に出てくる。また、考えていることが、人に伝わっていることがある。良い人の回りには良い人が集まるし、その逆もある。
 今日の話はどうしても抽象的になってしまうので、上手く伝わらないかもしれないが、簡単に言えばブッダの世界である。肉体なんて必ず滅びるし、お金なんて持ったまま死ぬことはできない。
 しかし、精神は滅びないと言われる。輪廻転生の世界だが、輪廻するかしないかは分からない。しかし、輪廻した時に、「前世でこうやっておけば良かった」と思ってももう遅い。また、「もう年だから、今からやっても……」と諦めている人が多い。
 私も「もっと早くからやっておけば良かった」と思うことが多いが、気がついたのが今なのだから仕方がない。考えることによって新たな発見がある。その考えようとする心が、外見や結果に出てくる。
 こんな考え方を私は飯島秀行から教わった。興味があれば……。
[飯島秀行さんの言うフリーエネルギーはコチラ_⇒]

2017年8月~

2017.07.31『降圧剤を飲んではいけない』
 血圧が高めだから、降圧剤を飲んでいる人が多い。そこでAさん(50代男性)聞いてみた。
私「何で飲んでいるの?」
Aさん「脳梗塞や心筋梗塞になったら困るから」
私「脳梗塞や心筋梗塞になりそうなの?」
Aさん「そんなこともないけど、念のため」
私「ところで血圧はいくつなの?」
Aさん「上が140くらい」
 まあ、こんな人が多い。人間年を取れば、筋肉や血管も硬くなり、血流が悪くなる。血流が悪くなれば血液が全身にいかないから、心臓は血圧を上げようとする。それなのに血圧を薬によって下げてしまえば、血液は全身に流れなくなりますから、病気になります。
 私も20代の頃、血圧を測ったら、140もあった。健康状態は問題がないが、なぜ高めなのだろうと思っていた。しかし、何も考えないで測ると低めに出て、「高めかな?」と思って測ると高めに出る。それ以来、血圧を測ることに意味はないと思い、一切測っていない。
 血圧の基準は、「年齢+100」と言われていた。ですから、50代のAさんが、140でも問題がないわけです。しかし、これでは降圧剤が売れないから、WHO(世界保健機関)が基準値を下げたのです。
 その結果、「高血圧です。降圧剤を飲まないと脳梗塞や心筋梗塞になってしまいますよ」と言われる人が増えて、血圧のクスリの売り上げが3000億円から、1兆円程に膨れ上がりました。
 製薬会社は大喜びです。また、この薬を飲み続けていると、痴呆症、血管の破裂など圧倒的になりやすいことが分かっています。まあ、副作用のない薬はありませんから当然です。
 健康になりたいなら、運動と粗食です。政府と病院はグルで病人を増やしたいと思っていますから……。
a.「熱中症の危険がありますので、運動はしないでエアコンをかけ水分補給をしましょう」
b.「暑い日が続きますが、健康のために朝か夕方の涼しい時間にウォーキングをしましょう」
 またには、bを言ってくれたって良いと思いますが……。
[血圧のカラクリと真実はコチラ_⇒]

2017.07.30『日銀を解体すれば日本が変わる』
 米国の中央銀行であるFRBは民間企業である。日本も同じで日銀は株式会社で当然株主がいる。テレビでは政治家がよく出て話題になっていますが、それはただの役者で裏で操っている人がいます。日本の場合ですと……。
公式1.日銀>経団連>政治家>国民
 となっていますので、政治家が日本を動かしているように思いますが、その上に経団連と日銀がいます。つまり、政治献金があることから分かるように、政治家は経団連の言いなりで、企業の代理人でしかありません。
 その経団連もお金がないことには何もできないため、日銀には頭が上がりません。お金はただの紙切れですが、世の中がお金で動くように作られてしまったため、これだけの価値があるように思わされています。
 その日銀も株主がいて株主の言いなりです。これらをまとめると日本を動かしているのは、日銀の株主ということになります。その株主は、ロスチャイルド、天皇、政府……などになります。そして、日本は借金大国ですから返済のために株主の言いなりです。
 しかし、世界にはシリアのように政府がお金を発行している国があります。だから、戦争を仕掛けられてしまうのですが、政府がお金を発行できれば、日本は確実に変わります。しかし、それに挑戦しようとする政治家がいるとすると殺されてしまいますが、実行しようと行動を起こし、国民がその事実を知ることができれば、日本を変えられるかもしれません。
 またはお金なんて使わないで、政府が管理していないビットコインを利用するか、物々交換に戻るなども考えられます。いずれにしても、日銀が発行するお金を使わないことができれば、この奴隷社会は変えられます。
[アメリカがシリアに戦争を仕掛ける訳はコチラ_⇒]

2017.07.29『ガン保険に入ってはいけない』
 もしも、ガンになったら困るので、ガン保険に入っている人も多いだろう。でも、考えてみてほしい。2人に1人がガンになる時代に保険会社は儲かるのだろうか。結論を先にに言うと、「お客様のがんは対象外です」と必ず言われます。
 え~っ、と誰もが思うだろうが、保険会社は銀行とほぼ同じで金融会社です。お金を集めて運用し、利益を上げる。これが目的です。
実例1:大工のMさんの父がガンになった。保険に入っていたMさんは申請をしたが、「血液のガンは対象外です」と言われてしまった。
実例2:大腸がんになってしまったAさんも申請したが、「早期のガンは対象外です」と言われてしまった。
 まあ、こんなもんです。仮に保険金が支払われたとしても、入院で1日1万円だったりします。しかも、4日目からなどと書かれていたりします。ちょっと考えてみれば、分かるのですが、その保険会社にいくら払ったのでしょうか?
 払った以上に還付があることは決してないのです。「少ない掛け金で大きな保証」などと保険会社は言いますが、本当だったら保険会社がつぶれます。私は一切医療保険に入っていません。
 そもそも病院で病気は治らないし、本当に必要だったら必要なだけお金を払えばいい。アフラックは言うまでもなくアメリカの会社です。日本人は騙しやすいから、郵便局とグルになって日本人のお金を巻き上げているのです。
 最後にもう一度言う。ガンになっても、「お客様のがんは対象外です」と必ず言われます。
[がん保険はがんになってもカネは出ないはコチラ_⇒]

2017.07.28『ATPツアー第11戦(優勝)』
テニス1707  ATPツアー第11戦、仮想:ジャーマン大会に行ってきた。参加者は6名で総当たり戦を行った。
【1試合目】50代で私と同じように深いボールを打ってくる。何度か対戦があるが、私はいつも勝っているので、始める前に「佐藤さんと1試合目はヤダな」と言っていた。そんな心理状態があり、私の方がボールの威力が上で、6-2で勝った。
【2試合目】50代でインカレ経験もあり、綾瀬市年齢別では優勝している強敵。私とは勝ったり負けたりだが、今回の6名では1番の実力者だと思っていた。
 遅いボールを打ってきて、ネットにアプローチさせ、ロブやパスで決めてくる。そんな作戦は分かっていたので、極力前に出ないようにして、ストロークで決めに行った。相手も調子が悪かったようで、6-2で勝った。
【3試合目】70代で全日本ベテランツアーに参戦している。良いフォアハンドで攻め込んでくるが、後半は私もぺースになり、6-1で勝った。
【4試合目】60代だが力強いフォアハンドを打ち安定感もある。サーブは遅いが弾道が低くて打ち込めない。私はちょっと苦手意識もあった。
 相手の調子は良いようで、いいコースにフォアハンドが入ってきて、ポイントを取られてしまう。どうしても負けたくない私は、サービスゲームだけは集中し、取ることはできた。
 いつかチャンスは来るだろうと思っていたが、ブレークができない。結局、4-5になり劣勢だったが、相手は足が痛くなってしまったようで、最後は6-5で勝った。
【5試合目】30代でちょっとポッチャリ体型だったので、強くは見えなかったが、全勝していた。50代のNさんからは、「次は全勝対決ですね」と誰もが決勝戦であることを知り、注目されていた。
 サーブ、ストローク共にボールのスピードが速いのに動きもよく、私はどうすることもできずに、1-3になってしまった。「このままでは負けか」と思いながらも、「諦めてはいけない」と自分に言い聞かせた。
 その後、なぜか相手のハードヒットがアウトし始め、思い切って打てなくなってきたのが分かった。私はいつも通り打てるボールを深く打つという作戦で、また最近練習しているボレーも決まり始めた。
 その後、3-3に追いつき、4-4になった時点で時間がなくなり、5ゲーム先取に変わった。そして、最後の1ゲームを私は取り、5-4で勝った。
 この結果、5勝0敗で優勝です。今回の優勝は大きな収穫になった。3試合目は余裕があったが、それ以外は余裕で勝てる試合はなく、紙一重の戦いだった。最近は準優勝が多かったが、久しぶりの優勝で最後のポイントが決まった時はガッツポーズが出てしまった。
 帰りの車の中でも嬉しさがこみ上げてきて、車の中で一人でガッツポーズ。家に帰り娘に報告してみたが、「ふ~ん」で終わり、靴下を脱いだら、足に血豆ができていた。夜は足がつってしまってよく寝れなかったが、またトレーニングを続け、8月の大会に標準を合わせます。
[海老名で佐藤コーチのシングルス大会2面4時間はコチラ_⇒]

2017.07.27『ウソ報道によって常識が変わってしまう』
 大阪市で、生後3か月の長男を自宅に1人にしたまま外泊したとして、36歳の父親と19歳の母親が逮捕されました。母親が帰宅した時、長男は呼吸をしておらず、その後、死亡しました。保護責任者遺棄の疑いで逮捕されたのは、大阪市住吉区に住む36歳の自営業の男と妻で無職の19歳の少女です。
 こんな事件があったとしよう。これをテレビで見た国民は、「なんて酷い親だ。子供を何だと思っているのか。19歳だとまだ遊びたいのかな?」などど思うだろう。そう思うだろうと予想して、こんなウソニュースを流すのです。
 私が気になったのは、「19歳の少女」という部分です。19歳で子供を産んでいたら、少女とは普通、言わないでしょう。しかし、あえて少女と報道するのです。
 女性は16歳で結婚・出産をすることができる。アフリカでは10代の妊娠が普通ですが、日本では5%以下でしょう。最近では、30代後半で初産という人も少なくない。
 残念ですが、年を取れば精子も卵子も劣化する。親が10代20代の子供と、30代40代の子供では違いがある。遺伝子的にも変わってくるし、親が若ければ体力もあり、子供とよく遊ぶので活発な子供に育つが、親が40代であれば、育て方も変わってくる。
 結論を言えば、政府は人口削減が目的なわけで、「早めに結婚して、子供を産みましょう」とは絶対に言わない。その逆で、「結婚して子供が生まれても、保育園に入れないよ」「子供を産んでも、生活が苦しくなるよ」などの報道をして、子供を産ませないようにしている。
 実際、子供の人口は35年連続で減り続けている。このままでは日本に日本人がいなくなってしまうのも時間の問題だが、政府は一切対策をしない。ですから、報道には騙されないで、子供が欲しいと思っている人は、早めに生んだ方が良い。
 妊娠に最適な年齢は22歳だとも言われていて、35歳を過ぎれば妊娠の確率も減るし、障害がある子供が生まれる確率は上がる。よって、理想は20歳くらいで結婚して、22歳で出産ということになるが、まだ学生だったり、教育ローンの返済があるし、給与も少ないので結婚どころではない。
 そうなるように社会を報道などによって、変えてきているのです。だから、テレビなんて見ないで、早めに働いた方が余程いい。今、大学に行くより専門学校に行く人が増えています。大学を出ても契約社員の時代ですから……。
[さゆふらっとまうんどのブログはコチラ_⇒]

2017.07.26『津久井やまゆり園事件から1年(事件を起こす目的)』
 あの衝撃的なウソ事件から1年も経ったのか、と思う。1年前はまだウソ事件に慣れていなかったので、「そんな事件あり得ると思いますか?」なんて聞いていた。だって、犯人一人で19人が殺害され、27人が重軽傷を負い、5人の従業員が結束バンドで縛られた。犯行時間はたった1時間です。まず、物理的にあり得ない。しかも1年後にしっかりお葬式までやっているのですから、御苦労なことです。
 ここでもう一度、事件を起こす目的を確認しておきましょう。
1.事件を起こす
2.こんな事件が起きないように法改正が必要だと世論を動かす
3.法改正をしてしまう
 1年前のこの事件は、措置入院強化のためだったのですが、ちょっと難しいので、秋葉原殺傷事件の例で説明します。
1.秋葉原で無差別殺傷事件があった。
2.この犯人はナイフで無差別に7人も殺した。死刑にするしかない。防犯は必要だ。
3.その後、秋葉原に「防犯カメラ」16台設置された。これで庶民の監視が強化される。
 テレビでは事件だけを大きく取り上げ、その目的である「措置入院」や「防犯カメラ」の話題にしない。事件は毎日何万件も起きていますが、その中でニュースになるのは、極一部です。つまり、ニュースを選んでいるのです。
 ですから、ニュースにするには必ず裏目的があるはずですので、その目的を考えるようにしてほしい。ただニュースを見て、かわいそう、酷い奴だ、思うだけではなく、その意図が必ずあるのです。
 支配者側は庶民は頭が悪いから、こんなニュースを流していけば、騙せるだろうと思っているのです。

2017.07.25『人工豪雨による日本の農地狙いはいつまで続くのか?』
 福岡県・大分県の農地が豪雨被害にあった。その後、秋田県の「あきたこまち」が狙われ、今度は、新潟県の「魚沼産コシヒカリ」が狙われています。しかし、水不足の関東では雨が降らない。
 今年の4月に種子法が廃止された。日本固有の農作物を守って行こうという法律を廃止する必要がまずない。そして、この夏は農地ばかりが大雨ということにして破壊されている。その結果、今年の秋は新米が不足するでしょうから、国産米は高くなり、お金のない庶民は安い外国産のお米を買うことになる。
 日本人の主食である米の消費が元々落ちているので、それほど大きなことにならない可能性もある。それでは何を食べるのか、私は心配になってくる。
 私は毎日玄米を1.5合食べているが、最近、「米は太るから食べない」と言う人が多い。なら何を食べているのかと疑問に思う。パン、パスタ、麺類などの小麦製品を食べているのでしょうか。または、炭水化物を食べないで、おかずのみを食べているのでしょうか。
 ジョコビッチの実家はピザ屋だったが、ジョコビッチは小麦に入っているグルテンが気になって食べない。その後、ピザ屋は止めて、今はオーガニック料理店に変わったそうです。おかずは、肉、魚、加工食品でしょうか。私はどれも汚染が気になって食べていません。
 日本人は大昔から米を食べて育ってきました。米が日本人の体に合うのです。しかし、最近は日本人でも欧米人のように太っている人が多くなりました。その原因は様々でしょうが、米を食べなくなったからではないでしょうか。
 米の消費が下がるにつれて、肥満の人が増えています。テレビで米は太ると洗脳されてしまった。それはアメリカが小麦を売りたいから、学校の給食もパンにしろと言われているからだけなのです。
 小麦の85%は外国産です。その多くはアメリカ産ですから、遺伝子組み換え食品です。こんなものを毎日食べていたら、ガンになってしまいます。ですから、日本の米を守り、国産米を食べていかないと私たちの食は、外国に依存することになってしまいます。
 初めは安いからいいやと外国産を買っていたら、国産がなくなり、その後、必ず値上げをしてきます。そのためにも国産米を守らなければいけないのに、人工豪雨で農地を破壊されてしまった。
※イタリアでは、反ケムトレイル・デモが起きています。今起きている豪雨は人工です。

2017.07.24『部活をさせないで子供の体力低下を政府は狙っている』
 最近のニュースで、「部活急ぎ踏切へ 女子高生死亡」「部活未亡人」などをYahooニュースで取り上げていた。
 ニュースの99%はウソですが、仮に女子高生が踏切の中に入って死亡したとしよう。でも、わざわざ部活に急いで行くためとする必要があるだろうか。最近の部活動は厳しくはないし、部活に急いで行かないといけない女子高生が実際にいるのか。
 また、教師は普段の業務で忙しく、部活動の顧問は負担でしかないと報道する。私のテニスレッスンに来るAさんは、「今は夏休みなので、簡単に休めるんです」「部活の顧問をしていると気分転換になります」と言っていた。
 では、なぜ「部活動=悪」と言うような報道をするのか。子供の体力が低下すれば、思考力も低下します。思考力低下の人間が多くなれば、政府は国民を管理しやすくなる。つまり、無知な人間を増やそうとしているのです。
 実際、25歳のBさんは、「僕、体力ないので、もっと筋肉付けたいんです」と来店した。この世代は土日休みが当たり前で、学校ではエアコンが入っているし、部活をやっている人は少ない。身長は170センチくらいあるが、体重は52キロと華奢な体をしている。私は聞いてみた。
私「同世代でやる気があって、起業したいっていう友達とかいないの?」
Bさん「あんまりいないですね、皆さん保守的です」
 残念ですが、これが現実です。草食男子なんて言葉を流行らせ、色白で華奢な男がカッコいいと洗脳されている。人口削減の影響もありますが、公園で遊んでいる子供を見なくなった。日焼けをして真っ黒の学生を見なくなった。
 こんなことでは、日本はダメになってしまいます。もっと体力をつけて、考えられる人間にならないといけません。政府は、考えないで一生サラリーマンで税金を満額払い、病気になってすぐに病院に行く人間を増やしたがっています。

2017.07.23『高速増殖炉「もんじゅ」はプルトニウム製造ためにある』
 この夏もエアコンをどこの店でも寒いくらい入れているが、電力不足にはならない。実は電気は余っていて、水力・火力発電だけで十分なのですが、原発が日本には54基もある。
 原発を稼働させれば、人間が管理しきれない放射能物質が産まれ続けてしまう。これをどこかで管理しないといけないが、どこも飽和状態で行き場がない。そして、福島のように地震が起きてしまえば、放射能は漏れてしまい、その土地自体(人も土も動植物も皆)が死んでしまう。
 それでも原発の稼働は止めない。その原発ですが、広瀬隆の本を読み、調べてみるとウランやプルトニウムを製造するためにスタートしたことが分かった。つまり、原爆を作るついでに熱も出るので、発電のためですよ、と建前の言い訳をする。
 悲しいのですが、これが現実です。高速増殖炉「もんじゅ」はプルトニウム製造工場で、その技術は世界一のレベルにあります。というか、危険すぎて他国ではもうやらなくなってきている。その技術を日本はインドに技術提供し核開発に協力している。
 放射能や原爆を多額の税金で作り、その結果この日本は誰も住めない国になっていくと分かっているのに止めない。こんな政策をしている政府は、お金で操られているのでしょう。
 その人たちは日本がなくなっても全然構わないのです。むしろ、日本人は全滅してほしい。そう思っているから、こんなことをさせるのです。このまま進めば、子や孫に時代はないも同然でしょう。
 放射能はダダ漏れだし、食品も汚染されています。そして誰もがガンになります。それは避けられそうもないので、早めに体を温め、ガン予防をしましょう。
[参考]2011年8月16日、テレビ朝日の番組『報道ステーション』で、自民党の石破政調会長は原発の必要性について述べ、原発は核武装のために必要だと力説しました。 「日本は(核を)作ろうと思えばいつでも作れる、1年以内に作れると、それはひとつの抑止力ではあるのでしょう。それを本当に放棄していいですか?」

2017.07.22『体内時計(サーカディアンリズム)を整えよう』
 人聞を時計も光もない洞窟などに閉じ込めて生活させた実験では、およそ25時間周期で生活するようになる。つまり、どこかで修正しないと1日1時間ずつ体内時計は狂ってくる。土日が休みで、休みの日はゆっくり寝ているという人も多いだろう。これをやると土日で2時間ずれ、月曜日の朝は3時間もずれてしまう事になるので、朝起きるのがつらくなる。
 私は365日、同じ時間(6時)に起きて、同じ時間(23時)に寝るようにしている。その方が体が楽なのです。また、自律神経、ホルモン、免疫などの恒常性を保ちやすくなる。逆に言うと、体内時計が狂ってくると、病気にもなりやすくなってしまう。簡単に言えば、早く寝て早く起きれば良いのだが、これが簡単ではない。
 昼は明るくて夜は暗いはずだが、昼も夜も電気の下で過ごしている人が多い。自宅の照明は暗めにした方が寝やすくなるが、その前に夜9時を過ぎてもテレビやスマホなどを見て、強い光を目にしてしまうと睡眠障害が起こりやすくなる。
 だから、私は21時以降はパソコンの電源を切るようにしていて、その後は自分の部屋に入り、暗めの白熱電球の下で読書をしてから、寝るようにしている。また、昼間は必ず外に行くようにして、太陽の光を浴びるようにしている。昨日は2.5時間も日焼けを楽しんだ。
 また、蛍光灯やLEDなど電磁波が気になるので、最近はすぐに電源を切っている。特にLEDライトは、ブルーライトが強いし、高速で点滅し、電磁波も多い。このライトを1日中浴びていれば、体内時計は狂うし、脳や精神もダメージを受けてしまう。
 1番良いのは、昼間は外に行って運動をし、夜は暗くなったら寝る。究極は電気を使わない生活ではないかと思う。東京電力は売上を伸ばしたいので、エアコンを使いましょうなどとテレビで宣伝してもらっていますが、当店の電気代は月1,000円くらいで、夜はブレーカーを切って帰る。
 この電気製品が体に良くない。IHコンロを使っていたが、ガスに変えた。電気を使わない生活をしている国はまだ多くある。今の生活に慣れてしまったので、それは無理かもしれないが、電気を使わない生活をしている人は最高に健康だろう。

2017.07.21『目標がないと人生がつまらない』
 私は常に目標を持っている。その目標があるからトレーニングを続けるし、勉強もする。昨日はナイター上級シングルスがあり、昨年、寒川町の大会で単・複優勝しているMさんが週末の大会調整のために参加した。
 対戦成績は5勝3敗くらいで私が勝ち越しているが、ナイターではボールが見えにくいため、いい勝負になってしまう。昨日も同じで、4-3、3-4と1勝1敗でした。2セット目は、3-0から逆転されてしまい、帰りの車の中では悔しさが治まらなかった。
 私は1勝、1ゲーム、1ポイントにこだわっている。これで勝率は、77.5%になった。昨日が3勝0敗で終わるのと、2勝1敗で終わるのでは、勝率が全然違ってくる。そのため、緩くなってきたガットも張り替え、今回は、縦に太めのモノフィラメント(AK PRO16)、横に柔らかめのマルチフィラメント(Brio1.25)のハイブリットにしてみた。
 マルチだと新しいBSのラケットには合わず飛び過ぎてしまったので、モノに変えてみたが振動が大きく手首が痛くなってきた。そこで、プロでは主流になっているハイブリットにしてみたのだが、昨日打った感じでは良かった。まあ、こんな感じで常にテニスの事を考え、全国優勝という高すぎる目標を持っているのは楽しい。
 昨日来店したバレリーナHさん(50代)に、「コンクールとか出場しないの?」と聞いてきたが、その気は全くない。マラソンでも大会に出て目標を持つだけで、普段の練習が変わってくると思うのだが……。
※今シーズンのATPツアー成績:107勝31敗(勝率77.5%)ここまで来たら、80%を目指したいが、そう簡単ではない。

2017.07.20『夏を涼しく過ごす方法』
 昨日、梅雨明け宣言があり、今日からは雲のない暑い日が続くはずですが、ケムトレイルの散布は止めないようです。今年も雲が多く、私はそれほど暑く感じないのですが、「暑い、暑い」と言って、ベトッとした汗をかいている人が多い。
 人間には、「適応力」があり、暑さにも寒さにも慣れてくる。初めてエアコンをつけた時は、28℃設定でも十分に涼しく感じたはずなのに、それに慣れてしまうとだんだん設定温度が低くなってくる。
 逆に暑さにも慣れる。私は夏になると、よくプールや海に行っていた。不思議とプールや海に行くと晴れてほしいと思う。そして、日焼けをして体を温めてしまえば、家に帰ると涼しく感じる。
 また、暑いところにいれば、自然に痩せてくる。多くの人が痩せたいと思っているだろうが、そのチャンスである夏にエアコンで体を冷やしてしまえば、体は身を守ろうと脂肪を蓄えようとする。プールで毎週歩いているオバちゃんが痩せないのは、水が冷たいので寒さから身を守るために太ってしまうのです。
 つまり、痩せたいなら暑いところに行けばいい。夏は短く本当に暑くて、海やプールに行けるのは1カ月くらいしかない。私は昨日も日焼けとアーシングをした。※アーシングとは、体の余分な電気を地中に放電すること。
 ただケムトレイルが気になるが、それを嫌って室内にずっといる方が、体に良くないと考えた。まあ、私のマネをする人はほぼいないと思うが、急にやっても、「熱中症」や「火傷」になるだけです。それでも何年も続けていれば、体は適応してくる。
 つまり、トレーニングと同じで、何年も続けることです。続ければ重いダンベルだって、いつか持ち上げられるようになり、体は変わってくる。その変化が最高に楽しいと思うのだが……。
[日焼けによる良いこと・メリットはコチラ_⇒]

2017.07.19『日野原重明は売国奴だった』
 聖路加国際病院名誉院長の日野原重明が105歳で亡くなった。亡くなった人を悪く言うつもりはないが、事実は事実として伝えておきたい。
 私も無知だった頃は、「100歳を過ぎても現役で病人を助けようと頑張っているのか、素晴らしい人だな」なんて思っていた。しかし、実際は違う。
 まず、この聖路加国際病院の建物が凄すぎる。ちょっと見たら超高級ホテルにしか見えないでしょう。保険は効くが全室個室で差額ベッド代が最低でも1日3万円かかかる。ホテル並みにお部屋の中にトイレ、シャワー、洗面台、冷蔵庫、テレビ、ビデオデッキ、有線放送、個別空調などがついているので快適らしい。だから1カ月も入院したらもろもろ100万円にもなろうから、貧乏人は来るな、ということです。つまり、ただの金儲け。
 次に聖路加ですから、キリスト教です。第2次世界大戦中に聖路加病院は、皇居と共に空爆を避けられている。日野原は明治44年に山口県山口市で生まれている。山口市出身ということは、長州の下級武士、吉田松陰、伊東博文、大室寅之祐、さらに岸信介、佐藤栄作とか、「天皇種族」の発症の地であり、しかも日野原はキリスト教。おまけに、一時期は日本を売って敗戦に導いた海軍とも関連があった。
 まあ、これだけそろえば、やっていることは安倍と同じ売国奴と分かるでしょう。
 また、日野原は生活習慣病と言い出し、人間ドックを始めた人であった。心優しい善良な市民は、いい人なんだと思うだろう。しかし、ちょっと待っていただきたい。
 病院は患者が来ないと困る。だから、病人でない人も病院に来てもらおうと始めたのが、定期健診、人間ドックなのです。しかも、人間がやることですし、病院は儲けたいから、「ガンの疑いがありますね。さらに検査が必要です」と平気でウソを言うし、また誤診もある。
 欧米の人は病院には行かないというが、日本人は平気で病院に行ってしまう。その結果、聖路加国際病院のような高級ホテルのような病院ができてしまった。(ガン利権は15兆円です)
[聖路加病院は大戦中に米軍が空襲しなかった施設である。はコチラ_⇒]

2017.07.18『アーシングで健康を取り戻す』
 最近、電磁波が気になってきた。人間は電気を持っているが、それが不要に多すぎれば、活性酸素を増やしてしまい、不調になってしまう。パソコンやスマホ、LEDライト、電化製品の中の暮していれば、余計な静電気を溜め込んでしまいます。
 その電気を放電していけないといけないのですが、放電できていない。1番良いのは、裸足で土の上を歩くことです。つまり、地球と繋がることで、放電され、また地球からの必要な電気(エネルギー)をもらうこともできる。
 昨日も太陽からのエネルギーを頂こうと1日中、外にいた。(洗車、テニス、マラソン、日焼け)次は、大地からのエネルギーをもらった方が良さそうです。
 裸足で土の上を歩くことが理想ですが毎日は難しそうなので、アース線を使う方法が良いのではないかと思う。どこの家にもアースを取る場所があると思うので、そこからアース線をのばし、それに触っているだけで変わってくると思う。私はパソコンにつないでいるが、今日は何度もアース線に触ってしまった。
 現代人はいつの間にか不健康になるような生活をしている。大昔の人がしていた生活が1番健康的なのだろう。つまり、太陽に当たり、大地を歩き、畑にできた季節の野菜を食べる。人間本来の原点に戻った方が良さそうです。

2017.07.17『電磁波で脳腫瘍を招く』
 スマホやタブレットを使っている子供は多い。学校でもタブレットを使って授業をしていたりする。しかし、その危険性を知っているだろうか。
1. 言語の発達の遅れ
2. 社会性や感受性の低下
3. 目を傷つける危険性と視力の低下
4. 睡眠障害と集中力の低下
5. 電磁波の影響
6. 菌による肺炎などの細菌感染症の恐れ
7. 依存の恐れ
 と危険性は多いが、今回は電磁波の影響について考えてみたい。WHO(世界保健機関)によると、スマホやタブレットからは強い電磁波が出ているため、癌や小児性白血病の危険性があると指摘されています。それは、子供の脳が大人に比べて皮膚が薄いため、その分、電磁波の熱を吸収しやすくできているからだと言われています。
 また、マイクロ波によって血液脳関門を開いてしまうことが大問題で、有害物質や病原菌が脳に直接入ってしまう。そのことで、脳が悪影響を受け、自閉症や若年性認知症が発症する可能性もある。
 問題なのは、それが代々引き継がれてしまい、脳がやられてしまった親からは脳がやられてしまった子が産まれる。当然、知能指数は低いままで、病気にもなりやすい。
 こんな大問題であるのに政府は庶民には教えないで、スマホを持ちましょうと推奨する。つまり、国民がおバカな方が政府は統治しやすい。福島県では放射能の海に平気で入ってしまうほど、日本人の愚民化政策は進んでいる。テレビではおバカな番組しかやらなくなった。
 私はスマホは持たず、パソコンをやる時間は制限し、電磁波の影響が怖いのでブルーライトカットのメガネをしているし、パソコンにアース線もつないでいる。おそらく、99%の国民はこんなことはしていないだろう。
 頭がやられてしまったら、すべては終わりです。LEDライトを買っている人は多いが、私はわざわざ白熱電球に変えた。また、無駄な電源は切って電磁波の影響を少なくしている。
[スマホやタブレットは子供に持たせると危険!中毒で言語の発達が遅れる!?はコチラ_⇒]

2017.07.16『情報を制する者が世界を制する』
 洗脳によって人を簡単にコントロールすることができてしまう。もちろん、洗脳されている人は洗脳されていると思っていない。私は正しいと思われる情報を入手し、人に伝えようとしているが、1番身近な家族でさえ、その洗脳を解くことができない。
 病院で抗がん剤を処方されれば、ガン細胞は増え3年以内に死亡すると分かっているのに、病院に行ってしまう。山崎パンの社長は山崎パンを食べないが、家には山崎の菓子パンがあった。電子レンジを使って食べ物を温めれば、食べ物のDNAが破壊され、発がん性食品に変わってしまうが、今日も「チン」と音がしている。
 福島県では7年ぶりに海水浴場が再開されたが、無知な日本人が海に入ってしまっている。放射能がダダ漏れの福島県にいること事態が信じられないのに、そこでマスクもせずに放射能を全身で浴び、放射能の海に入ってしまう。もし本当に安全なら、安倍や東電役員に海水浴をしてもらいましょう。
 このように情報によって洗脳し、無知な人間をコントロールするのは簡単です。ウソ情報を政府は拡散していますが、正しい情報が拡散されると困ってしまう。私はツイッターで正しいと思われる情報を拡散していますが、その情報が拡散されると困るので、妨害をする工作員も増えています。
 例えば、「エアコンを使っていれば、病気になりますので止めましょう」が拡散され、誰もがそのことに気が付き、行動を起こしてしまうと、エアコンを売っている家電メーカー、電気を売っている東京電力、病人が増えると喜ぶ病院は売上ダウンになります。そうなっては困りますので、家電メーカー、東電、医師会は、テレビ局のスポンサーになり、「エアコンを使いましょう」と宣伝してもらっているのです。
 私のツイッターのフォロワーは、6841人になりました。また、私のツイートに共感してくれる人も多くなり、リツイートも増えています。それに伴い、ネット工作員からの妨害も多くなってきました。政府はネット工作員を雇い、情報に敏感です。テレビを見る人が激減し、ネットで情報を得る人が多くなってきました。
 この情報によって世界を変えることができるのです。私は無力で1番身近な家族でさえ、洗脳を解くことはできないが、ネットから私の発信に共感してくれている人が多くなってきた。それを励みに今後も続けます。

2017.07.15『ウィンブルドン決勝はフェデラーvsチリッチになった』
 今年の全豪オープンで優勝して、クレーコートの試合には1試合も出ないで調整し、ウィンブルドンに賭けていた35歳フェデラーが決勝進出を決めた。しかも、1セットも落としていないというから、驚くしかない。
 錦織、ジョコビッチ、マレーだってケガで思うようなプレーができずに敗退したが、今年のフェデラーはどこも不安な材料はないという。8月で36歳になる選手がケガもなく調整できている。その奥義を盗むしかない。フェデラーは……。
 『30歳を過ぎたら、どれほどテニスをしてきたか、どれほどの休養を身体に与えたか、どれほどの練習を重ねたか・やり過ぎたか・足りなかったかと考える必要がある。常に全体を考えなければならない。自分はそれがうまくいっている。誰にでも当てはまるとは言えない。でも、時には身体も心も休養が必要』
 と言っている。
 何をするにしても、やり過ぎはいけないし、やらないのもいけない。全ては中道を行けということだと思うが、それが簡単ではない。私はフェデラーファンであるが、フェデラーばかりがこんなにタイトルを独占してもいいのか、独占禁止法には違反しないのか、と思ってしまう。
 逆に言えば、テニスは力だけではなく、技術的なスポーツであるとの証拠でもある。身体能力が高い方が有利であることには変わりはないが、それだけでは勝てない。
 ゴルフや野球のように、テニスも選手寿命が上がってきている気がする。それは道具の進化が関係しているのか、体のケアが上手くいっているのか、若手が弱いのか、フェデラーが特別なのか、その点はよく分からない。しかし、年配テニス愛好者にとっては嬉しい限りで、技術を高めれば可能性はあるとフェデラーが証明してくれている。
 しかし、フェデラーがウィンブルドンで初優勝したのは、2003年です。それから14年も経っているのに、また決勝です。選手のピークなんて3、4年だと思うが、フェデラーはどうなっているのか。こんな選手は今後出てこないでしょう。しっかり見て、マネをしたい。

2017.07.14『熱中症と脱水症状は違う』
 テレビやラジオから、「熱中症に注意して、水を飲み、エアコンをかけましょう」と何度も聞かされ、嫌な気分になる。そして、国民は騙され、夏は日差しに当たらない方が良いと思っている。
 まず、テレビやラジオはスポンサーである企業の言いなりです。飲料品メーカーと東京電力がテレビ局にお金を払えば、テレビでは、「水を飲み、エアコンをかけましょう」と言います。だって、エアコンを使ってもらわないと東京電力は儲からない。ちなみに電力は余っています。原発をすべて止めても、電力不足にはなりません。
 次に熱中症がなぜ起こってしまうか、知っているだろうか。暑さで体温が上がり過ぎてしまうことが原因です。私は10回以上、熱中症にかかっていますが、熱中症になると水を飲むことができなくなる。これは体が拒否反応を起こしているためです。また、暑いはずなのに鳥肌が立ってくる。これは、体温が上がり過ぎている証拠です。
 やかんのお湯が多いと下げるのに時間がかかるように、太っていて体の水分が多い人ほど熱中症にかかりやすい。つまり、運動中は水分を取り過ぎてはいけないことになる。昔は水を飲むな、ばてるぞ、と言われていたが、それは正解だった。
 逆に、脱水症状ですが、これは簡単でただ単に水分不足です。細い人が大量に汗をかいているのに、水分補給をしなければなってしまいます。
 では、どのくらい水分を取った方がいいのだろうか。それは汗をかいた量の半分でいいと言われています。1リットル汗をかいたら、500mlの水分補給をすればいい。室内でエアコンをかけて動いていない人は水分補給をする必要はありません。
 テレビでは、「喉が渇く前に水分を取りましょう」などと言っているがおかしいと思わないだろうか。これは「お腹が減る前に食べましょう」「眠くなる前に寝ましょう」と同じことを言っているのです。
 オリンピックのマラソンランナーが42キロも走っているが、水をガブガブ飲んでいるだろうか。これが答えです。熱中症と脱水症状は分けて考えましょう。

2017.07.13『夏に動いておくと冬にカゼをひかない』
 中級テニスレッスンに参加しているHさんが、「夏に動いておくと冬にカゼをひかない」と言っていた。また、夏に海に行くとその冬カゼをひかないとも子供の頃聞いた。
 昨日は世界大会で優勝経験もある空手Nさんが、「エアコンかけて寝てしまったら、腰が痛くなってしまいました」と急慮来店した。腰痛や肩こりなどは、冬に痛くなることが多いが、治しやすいのは夏です。
 暑い夏が嫌いな人も多いと思うが、汗には2種類あるのを認識しているだろうか?
1.ベトッとした汗
2.玉のような噴き出す汗
 スポーツをして体温を下げようとして出る玉のような汗が理想ですが、体が冷えているため外気との差で出るベトッとした汗をかいている人が多い。
 コップに水と氷を入れれば、周りに水滴が付く。しかし、コップにお湯を入れても周りに水滴は付かない。人間の体の60%は水分です。よって、体温が低い人ほどベトッとした汗をかきやすいことになる。なのに暑いと言ってエアコンに当たっていれば、さらに体温が下がり、また汗をかきやすくなるのです。
 海やプールに行った後、家に帰ってきたら体がサラっとしていた経験はないだろうか。つまり、太陽に当たり体温を上げておけば、暑さに強くなるし、無駄に汗はかかなくなる。
 だから、私は日焼けばかりをしているのです。その効果ですが……。
1.暑さに強くなった
2.脂肪が減った
3.筋肉が柔らかくなった
 と良いことばかりです。「体の冷えが万病の元」と言いますが、私は30℃くらいでは暑いと思わず、長袖を着ています。その結果、体が冷えることもなく、夜も普通に寝ています。
 また、水分補給は常温の水で、冷たいビールもやめました。昨年の夏までは毎日ビールを1本飲んでいたのですが、不思議とやめられました。ビールを飲まなくても生きていけますので……。

2017.07.12『テレビの洗脳から抜け出そう』
 テレビや病院を信じてしまっている人がまだまだ多い。ネットでは、B層やグーミン(愚民)などと揶揄されている。問題なのは考えない国民が多くなってしまったことです。
 支配者側は、無知で従順な国民を作ろうとしています。つまり、何でも言うことを聞く奴隷です。そのための基本的な戦略として、GHQは3S政策を実行しています。3Sとは、スクリーン、スポーツ、セックスのことで、テレビでスポーツでも見て、低俗なことを考えていろ、ということです。成人雑誌がコンビニで平気で売られているのも日本だけです。
 小林麻央死亡で分かったように、ガン治療をすると3年以内に死んでしまうのですが、それでも病院で抗がん剤を処方され手術をしたら治ると思っている人が多い。
 そんなことはネットで調べれば、すぐに分かることですが、調べるのがメンドクサイと言う人が増えている。それは、放射能やスマホ、LEDライトなどの電磁波の影響があるかもしれないのです。もちろん、本人のやる気の問題もあるかもしれないのですが、学校では考えないで暗記すればいいと教育を受け、熱中症になるから運動をするなと体力がないまま大人になってしまっている。その結果、日本人は世界一、お金を吸い取られ、長時間労働をさせられている。
 昨日は、鹿児島で震度5強の大地震が原発の近くで起きているが、震源の深さ10キロで、ケガをした男性が、「下から突き上げるような感じで、余震も感じなくてドーンバーンと……」と言っています。余震がなくて爆発音が聞こえた。これが自然界の地震でしょうか。そして、昨日は、7/11=18です。(悪魔の数字666)
 まあ、難しいことは分からなくてもいいのですが、テレビを見ないようにしてほしい。人間は意外と単純ですので、私が1+1=2だよ、と言っても、テレビで1+1=1と言っていたら、多く聞く方を信じてしまうのです。
 私は夏しかできない日光浴を楽しんでいますが、テレビを信じている人たちは、「あのオジサン、熱中症で死ぬね」と思っていることだろう。20年前は小麦色が健康の象徴だったが、今はテレビの洗脳によって変わってしまった。
 ガン細胞は体温を上げれば死滅します。また、太陽に当たらないと精神病にかかりやすくなります。逆に言えば、庶民が太陽に当たらないように洗脳できれば、病院は儲かるのです。
 私の願いは、病院で殺されないでほしい。ただそれだけです。

2017.07.11『今日から共謀罪施行です』
 つい先日、共謀罪を強行可決したかと思ったら、もう施行です。この事実だけでも、政府が早くこの法律を作りたかったのが分かるでしょう。テロ等準備法などと名前を変えたりもしましたが、テロが日本で起きていますか。初めからテロは関係なく、国民の監視が1番の目的です。
 犯罪を計画した段階から逮捕できてしまうのが共謀罪ですが、計画したことが分かってしまう。つまり、スマホ・ラインだけでなく、パソコンで何を検索したかも警察は調べているかもしれないのです。
 それは手動ではなく、AIを使い、コンピューターで管理する。だから、電話ではなくラインなどを国民には使ってもらいたいのです。電話の盗聴は難しいからです。
 1番は近所で井戸端会議をすることです。これが1番管理ができず安全です。しかし、政府はそんなことをされたら困るので、「不審者が多い」「殺人事件が起きた」などと言って、庶民の分断を狙っている。
 今日は歴史的な最悪の日になるのではないかと私は懸念している。ただでさえ酷い日本ですが、その監視がさらに強まる。街中に管理カメラは何万台もあり、車に乗って高速道路を走れば、誰がどこに行ったかも分かり、顔写真もハッキリと撮られている。個人情報保護法などは一切ない状態です。
 「さゆふらっとまうんど」が庶民で一致団結しましょうと呼びかけ、「ピクニック」「オフ会」「BBQ」「チラシ配布」などを行っている。支配者側が恐れていることは庶民の団結なのです。
 例えば、労働組合がある会社は社長の言いなりにはならず、労働環境がある程度守られていると思います。しかし、組合がない会社は社長の言いなりです。給与が少なく不満があれば、労働者が一致団結しストライキを起こせば、社長は困りますから給与を上げざるを得ないでしょう。
 だから、庶民で団結して対抗し、政府の言いなりにならなければ良いのです。それで困るから誰でも逮捕できる共謀罪を可決し、すぐに施行したかった。政府がやりたいことは国民の奴隷化です。脱奴隷のために一致団結しましょう。
[さゆふらっとまうんどのHPはコチラ_⇒]

2017.07.10『人工豪雨は簡単にできる』
 2013年8月に東京都は水不足対策として、人工降雨装置を稼働させ、降水量を5%増やそうとした。
 都によると、稼働させるのは小河内発煙所と犬切発煙所(山梨県甲州市)にある装置。ヨウ化銀とアセトンの混合液を燃焼させ、煙を噴射する。上空の雨雲の中で人工的に氷結晶の核をつくり、雨を降らせる仕組み。(日経新聞)
 「雨を人工的に降らせることができるなんて信じられない」と思っている庶民が多いが、今の技術があれば簡単なんです。2013年に12年ぶりに稼働したということは、装置は遅くても、1990年代にはできていて、その技術はその前からあるということです。
 『上空の雨雲の中で人工的に氷結晶の核をつくり、雨を降らせる仕組み』とある。だから、夏なのにたまに雹が降ってしまうようです。今年の夏は水不足になりそうですが、渇水対策として人工降雨装置を稼働させばいい。すでにあるのだから簡単なことですが、水不足が深刻などと言って、また国民を困らせる気でしょうか。
 福岡県や大分県、島根県には豪雨が降ったが、その間にある山口県には豪雨は降らない。雲は通常、西から東に移動する。あれれ、どうして安倍一族の実家がある山口県には豪雨が降らないのでしょうか。
 私は何度も最近の災害は人工ですと言っているが、支配者側は目的を持って計画的に実行しているのが分かる。今回の豪雨も農地を狙っているのは明らかで、福岡県や大分県では、農産物が壊滅的な被害を受け、今年と来年は収穫ができないだろうと予測されている。
 こうなると外国産の輸入量が増え、庶民は遺伝子組み換え食品しか選ぶことができなくなってしまい、輸出国は儲かる。
 最近、支配者側のやりたいことがすぐに分かってしまうが、それを阻止できない無力感を感じている。ツイッターでは私に多くの質問が来るようになっていて、理解者が増えているのを感じている。
 安倍辞めろデモが起きているが、「HAARP、ケムトレイル止めろデモ」はいつになったら起きるだろうか?

2017.07.09『福島県では虫や鳥が減っている』
 放射能は目に見えないので、実態がよく分からないし、テレビで被害の報道は少ない。福島県で虫や鳥が激減しているのを知っているだろうか。
 『イギリスのインディペンデント紙は、チェルノブイリ原発事故と比べて、福島のほうが野鳥の生息数への影響が大きく、寿命が短くなり、オスの生殖能力が低下していることが確認された。チェルノブイリでは、多くの動物種のDNA欠落の割合が急上昇して奇形や絶滅が生じ、加えて、昆虫が激しく減少したという。野鳥に関しては福島のほうが深刻だという今回の調査結果には、背筋が寒くなる思いだ。』
 虫や鳥が減るということは大問題である。生態系と言う言葉は知っていると思う。虫がいるお蔭で、花は受粉が行われ、土は再生する。その虫を鳥が食べたりして、適正な数が保たれる。
 アメリカの国立公園で、シカを増やそうとしてオオカミを殺したら、シカが増えすぎてしまい、その公園の草木はシカに食べつくされてしまった。
 つまり、虫や鳥が減るということは、その土地の生態系が崩れ、今後、食べ物などが生産できないということになってしまうのです。そんな福島県に今も住んでいる人は沢山いる。政府は、鳥や虫が住めない土地に安全宣言を出している。あり得ません。
 また、子供たちの喉頭がんが急増し、福島県では女の子ばかりが産まれているし、生まれながらにして心疾患などを持っている子も多い。さらに、視力低下も問題になっている。
 放射能とは恐ろしく、何年もかけて人間のDNAを破壊してしまう。それが視力低下にもつながっているのでしょう。目が悪くなるということは、脳細胞も破壊されているはずです。さらに無知な日本人が増え、政府の言いなりになってしまう。そんなのは御免です。
[福島「野鳥の異常減少」はコチラ_⇒]

2017.07.08『体を温めよう(エアコンは禁止)』
 昨日は珍しく雲が少なく太陽が出ていたので、私はチャンスと思って昼休みに日焼けをした。日焼けはトレーニングだと思っている。たまにやれば、赤くなって終わるだけだが、何年も続けれいれば赤くならず小麦色に変わってくる。
 テレビの影響で皮膚ガンになると思っている人が多いが、皮膚ガンになる可能性があるのは白人だけで、その白人はよく日光浴をしている。また、紫外線は体に良くないと思っているのも日本人だけで、海外に行けば日傘をしている人は誰もいない。
 「冷えは万病の元」という。体温が低い人ほどガンになりやすい。しかし、テレビでは、「エアコンを使って水分補給しましょう」などと言う。では、ここで問題です。
A.紫外線によく当たっているビーチバレー選手やライフセーバー
B.ギンギンエアコンの効いている職場にいるコンビニ定員、銀行マン
 どちらが健康だろうか。まあ、言わなくても分かると思う。しかし、どこに行ってもエアコンが効いているし、小池百合子が「クールビズ」などと言っていたが、東京電力から圧力がかかり、クールビズとは言わなくなった。
 残念ですが、日本人はただの奴隷です。お金を使って早めに死んでほしい。だから、エアコンで体を冷やし病気にさせ、病院でお金を使って死んでもらう。
 でも、街中を見ていると日焼けをしている人なんていないし、窓を開けて車に乗っている人も少ない。昨日見たのは車の中でエアコンを効かせて、スタバのアイスコーヒーを飲んでいる人までいる。私には信じられない。
 ただでされ、地球は寒冷化に向かい、毎日ケムトレイルを撒かれ、気温は下がっている。綾瀬市Bさんに、「エアコンなんて入れていたら調子悪くなるよ」と10年前から言い続けていたら、今年は本当に調子が悪くなり、エアコンを使わなくなった。
 結局は個人の自由です。
A.目先の利益を取るか? →エアコンを入れて、アイスコーヒー
B.将来の健康を取るか? →暑くてもが我慢して、温かいお茶
 すべては自分のためです。
[ビタミンDを得る方法はコチラ_⇒]

2017.07.07『佐藤の一日Good day』
 朝6時に起床。すぐにクイックルワイパーで家の掃除をする。その後、パソコンでメールやニュースをチェックして、ツイッターでウソを指摘し、毎日のブログを更新。
 愛車エッセのクラッチ交換修理が終わったので、8時半に自動車整備屋に取りに行く。クラッチのつながり方も安定し、ギアの入りも良くなった。
 9時に出勤。必ず近くの農家に寄って、無農薬野菜を購入してから、誰もいない会社に歩いて通勤。また掃除をして仕事の準備が終了したら、朝トレーニングをする。たった10分間のトレーニングだが、軽く体操と夏はストレッチ中心で、冬はランニングを行う。
 10時から午前の業務。ゴルフYさんファミリーが3名来店。楽しくお話をしながら、施術終了。
 13時は昼休みで、100%のそば、0.7人前を食べ、ちょっと読書後、20分仮眠。
 14時から午後の業務。肩こりの3名だったが、スポーツマッサージで良くなった。あとは、どうしたら運動をしてくれるのか、と悩む。
 17時、19時からナイターテニスがあるので、その前に筋トレを行い、筋肉をパンプアップしておく。左肩の痛みが完全に消え、久しぶりのフル筋トレをすることができた。
 18時、帰宅しメールチェックだけして、すぐにテニスコートに愛車エッセで向かう。調子が良くなったギヤやクラッチを確かめながら、すぐにテニスコートに到着。7月は日が長いので30分だけ壁打ちをすることができた。左手のみで15分ボールを打ち。その後の15分は右手でフォームの確認を行なった。
 19時、上級テニスレッスンで2名の参加者と楽しくシングルスを行う。「今日はNさんには負けないよ」などと言いながら、勝率にこだわっている私は1敗だってしたくはない。結果、4-1、4-0、4-0、4-0の完勝だった。
 21時、シャワーはクラブハウスで済ませ、帰宅。すぐに洗濯と夕食の準備。玄米を圧力鍋で炊き、その間に野菜を切り炒める。最近は、フライドポテトとナス、卵焼き、野菜炒めが多い。
 22時、自宅のマッサージ機で手足をほぐし、広瀬隆の本を読み、23時に就寝。
 昨日はこんな日だった。エッセは直ったし、テニスは全勝、仕事は満員。こんな充実した日を毎日過ごしたいと思っている。

2017.07.06『日本の農地が狙われている』
 まさか台風が過ぎ去った次の日に大雨が降るとは思わなかった。翌日は台風一過の晴天のはずですが、これは気象兵器HAARPで操作していると思って間違いないでしょう。では、なぜ大分県が狙われたのか。私が以前指摘した大分県豊後大野市の地割れは農地を狙われた。そして、今回も大分県は大雨です。
 支配者側は今、何の目的でこんなことをしているのか。その背景を知っておく必要がある。
 まず、4月に種子法が廃止された。日本の農産物を守る気があるなら、種子法は廃止しないはずです。
 次に日本の食品自給率は40%ですが、アメリカ127%、フランス129%、ドイツ92%、イギリス72%となっており、我が国の食料自給率(カロリーベース)は先進国の中で最低の水準となっています。
 昨日のニュースで、日本とEU間での貿易でチーズなどの関税が撤廃された。そして、アメリカとの間でもTPPが導入され、関税はなくなっていくでしょう。
 これらの事実から、日本には農業をさせず、外国から食品を買えと言われていることは明らかです。自国で食品を作ってしまったら、買ってくれませんから、農地を狙い、食品を生産させないようにしているのです。
 すでに外国産の食品を多く食べていますが、安全であるはずがありません。農家から買えば、朝採った野菜をその日のうちに食べることができますが、アメリカで取れた食品が私たちの口に入るまで何日かかるでしょうか。最短で1週間?、いや2週間くらいでしょうか。ということは、消毒液や保存料はバンバン入れられています。
 そのうち、国産の食品はなくなりますから、これを食べるしかないのです。すでに小麦やトウモロコシ、大豆などは、ほぼ外国産です。マクドナルドほどは酷くはないだろうが、自分は食べないで日本人に食べさせる食品を手間暇かけて作っているはずがありません。
 大量生産し、日本人に売りつけ、さらに儲ける。目的はお金儲けで、また日本人はカモにされるのです。その政策が今進行中。

2017.07.05『人工台風は今年もやってくる』
 昨日の夜は台風の影響で大雨が降っていたので、今日は台風一過の晴れだと思っていたら、雨が降っている。
 さて、普通に考えてみよう。
1.梅雨に台風が来るか。普通は8月か9月でしょう。台風は通常、偏西風の影響を受け、弧を描いた進路を取るが、今回は日本に上陸し、まっすぐ進んでいる。
2.台風が来たら、梅雨前線が影響を受けるはずだが、そのままである。
3.雨雲を見たら、日本上空だけ直線的にある。
 昨年の台風10号は、西に進路を取り、沖縄を狙っているのかと思っていたら、戻ってきて天皇がいる関東は避けて、北海道に向かった。台風が来ることがない北海道は大被害を受けたが、この報道はあまりなかった。
 今年になって1日中晴れだった日は何日あるだろうか。少しでも晴れるとケムトレイルを撒き、曇りにしてしまう。(※最近のケムトレイルは新型に変わり、撒いてもすぐに消えてしまうので、よく見ていないと分からない。)
 天気で人間の体調は左右されてしまう。湿度が高く気温が高ければ、気力もなくなってくる。また、太陽に当たることでビタミンDが形成され、骨や免疫力が高まる。そう思い、私は意識的に太陽に当たろうと思っているが、晴れる日がない。
 放射能がダダ漏れで太陽光を遮られれば、日本人の体調は下がるばかりである。高校野球、甲子園のベスト8は西日本ばかりの高校になってきた。これはたまたまなのだろうか?

2017.07.04『放射能の恐怖』
 放射能は目に見えないので、その実態を知っている人は少ないだろう。神奈川県でも放射能の影響は多く、川崎市の園児は2名死んでしまったし、将棋の森内名人は横浜市在住ですが、急に成績が悪くなり引退してしまった。
 では、その原因は何なのか。その前に基礎知識として、広島原爆の被害ですが、震源地2キロ以内にいた人は、その年の12月までに死んでしまった。5キロ以内の人は10年以内になくなり、その人数は10万人です。また、99年に東海村で原発事故が起こったが、そこで作業をしていた職員は至近距離で放射能を浴びてしまい、84日後に亡くなっている。●[被ばくした篠原さんはコチラ_⇒]
 被ばくをしてしまうとDNAが破壊され、その数が多くなると修復できなくなり、細胞は死滅しガンになる。そして、今も福島原発の放射能はダダ漏れで、日本国民の人口は毎年30万人ずつ減り続けている。
 怖いのは、これが何代にもわたって継続されてしまうということです。被ばくした母親から生まれた子供は被ばくしていて、心臓などに異常が見つかっています。チェルノブイリで生まれた子供の70%に何かしらの異常が見つかっていました。
 テレビでは全く報道しませんが、日本人はただのモルモットで放射能をダダ漏れにしておくと何年でどうなったか、などの記録を米国では詳細に残しています。広島原爆でも、詳細な記録がアメリカに残っています。日本国内でも持っている人はいますが、それは公開されません。
 ツイッターを見ていたら、千葉県から奈良県に引越した人がいた。私も本気で考えているが、まだ実行できていない。東日本の誰もが被ばくしていると思うが、私が急に痩せてしまったのは、被ばくの影響もあるかもしれない。中級の毒舌Mさんは平気で、「佐藤コーチ、ガンじゃない」と言う。
 悲しい現実だが、人はいつかは死ぬ。また、ボーっとしていてやる気のない人が増えている。これは、「原爆ぶらぶら病」で原爆後遺症の一つです。現在、福島県では同じような人が増えている。つまり、放射能で肉体も精神もやられてしまうのです。
 しかし、政府は何の対策もしてくれない。それは、政府=朝鮮人ですから、目的は日本人抹殺なのです。
 私はもう覚悟を決めました。最後の1日まで悔いのないように生きる。できることは、そのくらいしかない。
 (長いのですが、初めの10分だけでも見てみてください。東大にも素晴らしい先生がいました↓)

2017.07.03『夏の飲み会は楽しかった』
飲み会1707  いつもの居酒屋「ちゃぶまる」でやろうと思って予約したが、「6月末で閉店なりました」と電話があったので、今回は、「勝手家しんどばっど」に変更した。そこの店長が肩こりで当店に通ってもらっているので、変えようと思っていたので、ちょうど良かった。
 今年は4回飲み会を企画していて、その3回目だがちょっと集まりが悪かった。まあ、何人でも楽しいので、それは特に問題ではない。
 中級レッスンにいつも参加してくれる3人で、テニスの話などで盛り上がった。マシンガントークのMさんや剣道Yさんが不参加だったので、いつも聞き役だったKさんが、楽しそうに話していた。
 4人だと1つにまとまり話しやすかったが、みんな話したりないようで、最後は同時に2人が話し、2人が聞いているというくらいだった。
 また、飲み放題コースにしたが、皆よく飲んでいた。セルフ飲み放題の発泡酒ではなく、アルコールは種類が多く制限は何もなく何でも頼めた。ビールだけでも4種類もあり、前の店よりこっち方が良いと感じた。頼むとすぐに届けてくれるし、「料理は少ないかも」と言われていたが、50代、60代の3人だったので、量が足りないこともなく、飲んでいる方が多かった。
 私もよく話せたのと、「佐藤コーチが怒っているのを見たことがない」と言われた。テニスレッスン中、感情的になっている人なんていないと思うが、ベテランの3人はスクール歴も長く、色々なコーチを見てきている。「佐藤コーチは、感情も技術も安定している」とも言われた。また、こんなレッスンが良いとの要望ももらった。
 飲み会をすることで普段は聞けない話を聞けたり、話せなかったことを話せたりする。また10月に予定していますが、今後は、「勝手家しんどばっど」にします。

2017.07.02『情報によって庶民はコントロールされている』
 座間市Kさん(60代女性)は毎週1時間かけてスポーツ整体に通っている。Kさんは体力もあり物事をしっかりと考えられる人で、北朝鮮からミサイルが飛んできていないことも、テロなんて起きていないことも知っている。
 同世代のオバちゃんは、「共謀罪、成立して良かったわね。これでテロが起きても安心だわ」などと言っていたので、Kさんは、説明をしたが理解をしてもらえなかった。「佐藤先生、私が何を言ってもダメなんです。洗脳されてしまっているみたいで、最後は逆切れされてしまうのです。でも、先生はコツコツと続けてください」と言われてしまった。
 日本人に良い人が多いが、愚民化政策で考えられない人が多くなってしまった。考えることは体力を必要とする。厚い本を読むには体力が必要だし、めんどくさいから読まない。また、家にいれば何となくテレビをつけている人も多いので、テレビの情報をそのまま信じてしまい、テロや北朝鮮のミサイルを見たこともないのに、信じてしまう。
 日本人は世界一、テレビを真実だと信じている洗脳されやすい民族です。小林麻央が乳がんで亡くなったにもかかわらず、乳がん検診に行く人は多い。抗がん剤=増がん剤ですよ、と何度も言ってもいるが、それでも病院に行ってしまう。
 簡単に考えてみる。私が1+1=2だよと言い続けても、学校やテレビ、新聞で、1+1=1と教わり報道していたら、国民の99%は1+1=1が常識になってしまう。これが情報によって庶民はコントロールされている、基本的な原理です。
 また、こんなに曇った日ばかりで私は寒く感じているが、テレビでは、「熱中症に注意しましょう」と何度も言う。関東地方も放射能の影響で白血病や喉頭がん、突然死などが増えているが、そんなことは報道しない。
 放射能物質セシウムなどを吸い込んでしまった場合、運動などをして汗をかくと体外に少しは排出される。運動をして大汗をかいている人は少ないので、この夏にエアコンなどには当たって体を冷やすことなく、汗をかけばいいのです。しかし、クールビズはなくなってしまったようで、電車もコンビニも寒いくらい冷房をかけている。体を冷やせば、ガン細胞は増えてしまいます。
 言いたいことは、自分で考え、正しい情報を知ってほしいということです。そして、勇気をもって少しでも行動を起こす。(ツイッターや誰かに話すだけでもいい)その少しの行動が日本を変えていく。また、それを支配者側は1番恐れているのです。
 まあ、こんなことばかり書いていますが、今日は楽しく飲み会に行ってきま~す。

2017.07.01『本当の日本人は東に逃げた』
 歴史の教科書には、京都や奈良、東京が中心で、一切東北地方が出てこない。東北に人がいなかったのかと言えば、そうではないはずだ。
 青森県に三内丸山(さんないまるやま)遺跡という日本最大級の縄文集落跡がある。そこを見れば分かるように、日本人は古来から平和で文化的な生活をしていた。
 それが本来の日本人の気質であるのではないかと私は思っている。日本人は素晴らしい文化を持っている。世界で無人販売が成立している国は日本だけでしょう。日本人は平和が大好きなので、争いことを好まない。原爆を落とされても、原発を爆破され、放射能がダダ漏れでも文句は言わない。
 世界の歴史を見てみると、欧米人はインディアン、アボリジニ、アイヌ人などの原住民を殺し続けてきた。日本人には理解できないが、優生学の論理で優秀な遺伝子のみを後世に残したい、そうでない遺伝子は抹殺する。こんな考え方ですので、原爆を落とすことなんて平気なのです。
 西洋の豪族たちは、日本を支配しようとやってきたが、日本は思ったより強かったので一度諦めた。その後、日本人に反感を持っていた部落出身の朝鮮人(坂本龍馬など)に武器を渡し、西側から日本を攻めた。それが戊辰戦争である。残念ながら悪知恵は相手が上で、日本人は東に逃げるしかなくなった。福島県の白虎隊は最後まで抵抗したが、最後は無残に抹殺されている。
 そこで私は思った。3.11をなぜ東日本大震災というのか。また、福島が狙われた理由が分かった。
 福島県や青森県は原発が多い。そして、人口は極端に減ってきている。これはたまたまだろうか。山口県には原発はないし、なぜか総理大臣が何人も誕生している。しかも田布施町出身者ばかりである。
 本当の日本人はアイヌ人ではないかと思うが、私は日本人のつもりでいる。おそらく混血でロクなDNAは継いでいないが、問題意識だけはある。昨日、ゴルフYさんが言っていた。「白血病の人が増えているんだって」
[山口県田布施町の怪はコチラ_⇒]

2017年7月~

●過去のブログはリンク集に、まとめてあります。[リンク集はコチラ⇒]

Copyright(c)2003-2017 Sato Sports Seitai. All right reserved.[かんたんWeb予約はコチラ⇒]

inserted by FC2 system