ブログ blog 佐藤スポーツ整体/海老名店S3

Tweet
ひまわり Gメール←コメントお待ちしています

●本日もアクセスありがとうございます。毎日ツイートしています。[twitter_⇒]

最新ブログ new blog

2018.02.18『フェデラー、世界1位復帰へ』
 フィギュアスケート男子で日本人が金銀を独占した。ちょっと昔なら考えられないようなことだが、日本のフィギュアスケートジュニア教育の成果でしょう。そんなことよりも、36歳のフェデラーが約5年半ぶりに世界ランキング1位に返り咲いた。いや~、素晴らしいというか、こんなことはありえないと思っていた。
 世界ランキングは過去1年間の成績で決まる。多くの大会に出てポイントを取れば取るほどランキングは上がる。だから、選手たちは多くの試合に出場している。しかし、フェデラーは参加する大会の数を減らしている。それは疲労を考慮して、大きな大会のみに参加して結果を出していこうとの判断だった。だから、出場する大会が少ないから、高いポイントを取っても、トータルでは少なくなってしまって世界ランキング1位はないと思っていた。
 世界ランキングを確認してみたら、今はナダルが9760ポイントで1位になっている。正直少ない。かつてフェデラーは20,000ポイントを持っていたし、ジョコビッチも15,000ポイントを持っていた。つまり、今は特別強い選手がいないということになる。その隙をついてフェデラーが世界ランキング1位に返り咲いたと言えなくもない。
 考えてみれば、テニスは相対的なスポーツです。陸上やフィギュアのように数字は出てこない。故障者が多くなっている世界のテニス界でフェデラーだけは、36歳になっても好調を維持している。
 好調と言えば、錦織圭も好調で、今日9:30から第1シードのケヴィン・アンダーソンと準決勝が行われる。毎日、圭君の試合を見ているが、完全に復活してきているように思う。痛みが再発しなければ、かつての強さが戻ってくるように思えてならない。今日の試合は注目です。

2018.02.17『3S政策に引っかかるな』
 気づいたら、平昌オリンピックが始まっていた。スポーツは嫌いではないが、テレビ自体を見ないのでオリンピックを見ていない。3S政策というのを知っているだろうか。一般大衆にスポーツ、セックス、スクリーン(映画やテレビ)に関心を向けさせておいて、政治に関心を向けさせないための政策である。
 私は改めて、ロスチャイルドの世界改革行動計画(シオン長者の議定書)を読んでいるが、そこにはこんなことが書いてある。『酒類、ドラック、廃墟的道徳などの悪徳を代理人を通じて組織的に利用することで、若者の道徳心を低下させなければならない。賄賂もペテンも裏切り行為も、それが我々の目的達成に役立つのであれば、続けなければならない』とある。
 考えてみれば、テレビでは、殺人事件、不倫、スポーツ、災害、クイズ番組、グルメ情報などしかやらない。すべて庶民の道徳心を低下させるものばかりです。私は、『特命リサーチ200X』が好きだったが、急に中止になり、最近は、『スカッとジャパン』のような低レベルな番組しかやらない。なぜこんなことばかりをテレビでは伝えたがるのか、を考えてほしい。庶民のレベルを下げれば下げるほど、支配する側は簡単になる。
 沖縄県で反政府活動をしていた山城博治は不当に逮捕され5カ月間も長期勾留された。庶民を支配するには、無知にして抗議させないように脅す。まあ、これだけで支配は可能になる。そして、庶民に、「このままの世界でいいや」と思わせる。
 これで世界は支配ができると1776年5月1日にロスチャルドの財政支援を受け、アダム・ヴァイスハウプトは、イルミナティを結成した。それから、約250年間も世界はユダヤ金融家に支配されている。そして、一般大衆は裏でこんなことが起きているとは思いもしない。あぁ~、こんなことで良いのか?
 まあ、99%の人は興味がない話だと思うが、全国には興味がある人もいる。質問があった時にだけ、答えていきたいと思う。
[イルミナティはコチラ_⇒]

2018.02.16『楽しい一人旅だった4』
 新幹線は5分遅れて発車し、予定通り小田原に着き、小田急線で海老名まで向かった。車内ではいつもの現実があった。多くの人はスマホを見ている。隣にいたお婆さんまでスマホでゲームをやり、前に立っていたオジサンたちは、「今年は寒いね~。インフルエンザワクチン受けてきたよ」と言っていた。あぁ~、これが現実か?
 海老名駅に着いたら、高山市の寒さで体は慣れたはずなのに、風が強く寒く感じた。山梨県で会った女性からは、「どうして山梨県より東京の方が寒いの?」と不思議がっていた。そして、7時には自宅に着き、短い旅は終わった。
 ネットを使わない2日間を過ごしたが、特に問題はなかった。ネットを見てしまえば、すぐに答えが出るので、人は考えようとしない。久しぶりにパソコンを開いたが、特に大きな変化はなかった。テレビでは毎日殺人事件が起きたなどとやっているが、ほとんどウソで現実の世界はいい人ばかりだと改めて感じることができた。
 ツイッターなどのSNSを利用して人と会う。テレビではこれを危険なことだと洗脳したい。なぜなら、庶民同志が団結してしまっては困るからです。例えば、庶民が団結して、「税金を払わない」「肉を買わない」「贅沢をやめる」「病院に行かない」「スマホを使わない」「テレビを見ない」「ビットコインを使う」などの行動を起こされたら困る。だから、脱税事件で逮捕、肉を食べて健康、夢のマイホーム、夢のマイカー、病院のドラマ、スマホは便利、テレビを見よう、ビットコインは危険などと報道をするのです。
 私の小さな活動は始まったばかりです。少しでも興味がありそうな人に正しい知識を伝えていくことで、日本が少しでもいい方向に変わっていくと信じている。とりあえず、このブログを読んでいる人たちだけでも、テレビを見ない、ツイッターで正しい情報を集めることを行ってほしい。また、小旅行に行ける日を探している。

2018.02.15『楽しい一人旅だった3』
 急いで観光をした後、10時半に高山駅前の有名なそば屋でMさんと待ち合わせをした。昨日とは違うヘルパーさんが、私とMさんの会話の手伝いをしてくれた。また、Mさんは書面でケムトレイル、モルジェロンズ病、砂糖、小麦、食品添加物などについても質問があった。私はゆっくりと例を出しながら、説明をした。一緒にいたヘルパーさんも初めて聞く話ばかりだったようだが、「そういう仕組みなのですね」と納得をしていた。
 そして、「この社会を変える解決策はないのですか?」と聞かれた。実はあるのです。この社会はユダヤ金融家:イルミナティ:ロスチャイルドに金融支配されている。お金をいくらでも刷れる通貨発行権を持っているからできることで、庶民が政府発行の通貨を使わないで、政府に発行権がないビットコインを使い始めれば、この社会は変わると説明をした。同席していたヘルパーさんは、「そうなんですか。ならビットコイン買っておいた方がいいのね」と言っていた。
 その後、勉強会に出席予定だった男性のMさんも、そのそば屋に来て少しだけ話ができた。すぐに12時半になってしまい、「また会いましょう。今度はもう少しゆっくり来ます」と約束をして私は名古屋行きの特急に乗った。雪は降り続き、電車は予定より遅れていた。3時には名古屋について3時20分の新幹線に乗る予定になっていたが、車内のアナウンスで、「申し訳ありません。到着時間は3時半になりそうです」とあり、私は、「またか?」と思ったが、途中からスピードが上がって予定通り名古屋に到着しそうな時に私の電話が鳴った。
Tさん「佐藤さんですか? 私、名古屋駅にいます。ちょっと会えませんか?」
私「えっ、時間ないですが、どこかで待ち合わせしましょう」
 この旅はまだ終わっていなかった。高山市の勉強会に出席予定だったTさん(女性)からだった。その日は別の用事で名古屋に来ていた。私は一応名古屋駅には20分乗り換えでいます。「会えたらいいな~」と電話番号はツイッターで伝えていた。しかし、名古屋駅は広すぎて、新幹線の改札口も何カ所かあるようで会うことができない。お互い諦めたが、その後、まだ電話があり、「ホームまで行きます」と……。結局、2分だけ会うことができた。
 新幹線の発車ベルが鳴り、私は電車に乗った。この場面どこかで見たことがあるような気もしていた。Tさんは、霊主心従体属で神の力を信じている。私も神というと変に聞こえるかもしれないが、見えない力はあると思っている。引き寄せの法則であなたの考えが現実に現われる。つまり、考え方次第で全ては変わるということです。(続く……)

2018.02.14『楽しい一人旅だった2』
 4時になりバス停に向かった。今度は間違えないように飛騨高山行きのバスだが上り車線で待っていた。しかし、5分過ぎてもバスが来ない。不安になって電話をしようと思ったら、7分遅れでバスは到着し、無事に乗ることができた。そのバスは春節休暇中の中国人ばかりだった。
 私は始め、車で行こうかと思ったが、バスにして正解だった。長野県松本市で高速を降り、一般道で高山市まで向かう。その道は雪ばかりでスリップして止まっている車もあった。当初の予定では1時に高山市到着予定だったが、7時間遅れて8時に到着した。その間、会う予定のMさんには何度もメールをして到着時間を伝えた。待ってくれていたのは、Mさんではなく、Mさんのヘルパーさんだった。
 Mさんは身体障害者とは聞いていたが、重度の身体障害者だとは思っていなかった。車イスで生活していて、歩くことも普通に話すこともできない。移動は介護用のタクシーに乗り、おすすめのお好み焼き屋に向かった。Mさんは話すことができないが、聞き取ることはできる。私はMさんから書面でもらった質問にゆっくりと話しながら答えた。隣にいてくれていたヘルパーさんの助けを借りながら、ケムトレイル、安倍政権、イルミナティ、トランプ、ロスチャイルド、フリーメイソンなのについて答えて、すぐに2時間がたった。
 その後、ホテルまで送ってもらい、明日また昼食を一緒する約束をした。私が泊まったホテルは、外国人が90%のゲストハウスタイプで、2階の部屋は1つの部屋に2段ベッドが3つも置いてあり、「その中で空いているベッドで寝てください」と言われた。もう11時を過ぎていたので寝ている人が多く電気もつけられない。私は入り口を少し開けておいて、手探りで布団を敷き、共同のシャワールームでシャワーを浴び、すぐに寝た。
 暖房がずっとついていたので、変に暖かくてよく寝れない。5時に起きてしまったが、外を見れば昨日も今日も降り続く雪。パソコンを借りてメールチェックをしようと思ったが、なんとウィンドウズXPで壊れていて使えなかった。ベッドに戻りライトがあることに気がついた。その明りで持ってきたイルミナティの本を8時まで読んだ。
 昨日は観光ができなかったので、8時半から10時半まで急いで観光をした。高山市内の古い街並みを歩きながら、朝市、高山陣屋、飛騨民族考古館、山下清原画展を見て回った。良かったのは、山下清原画展で山下清の生き方に共感する。16歳の時に学校が嫌になり、風呂敷一つで16年間放浪の旅に出た。線路を歩きながら夏は北に向かい、冬は南に向かって暑さ寒さをしのぎながら生きてきた。  一人で旅に出ることほど自由なことはないし、誰からも拘束されない。私は久しぶりの一人旅だったが、トラブルがありながらも地域の人たちに助けてもらいながら、多くの出会いがあった。私はたった2日だが、それでも多くの出会いがあった。それが山下清は16年間で好きな絵を描き続けていた。これほど幸せな人生はないのかとも思う。(続く……)

2018.02.13『楽しい一人旅だった1』
 ツイッターで知り合ったMさん(50代女性)に会うために岐阜県高山市まで行ってきた。行きは本厚木駅から高速バスに乗り、お昼には高山市到着、ゆっくり市内観光をして夜からMさんと会い会食と勉強会。翌日は隣の飛騨の里まで行って観光し、その後、またMさんと昼食を一緒し、帰りは特急と新幹線で帰ってくる予定でいた。
 朝、7時に家を出て本厚木駅で高速バスに乗った。8時半に山梨県で高速バスを乗り換える予定になっていたが、時間を過ぎてもバスが来ない。「どうしてバスが来ないんだ」と焦り、電話をしたが電話がつながらない。やっとつながった時にはもう9時になっていた。
私「すっとここにいたんですけど、バスが来ないんです。どうなっているんでしょう?」
バス会社「バス停は間違っていませんか?」
私「1つしかありませんよね~」
バス会社「そこに時刻表はありますか?」
私「ありません」
バス会社「上り、下りのどちらにいますか?」
私「下りです」
バス会社「そこは上りになるんです」
 私のミスで、飛騨高山行きのバスが上りだとは思わなかった。そこのバス停から飛騨高山に向かうには、その区間だけ東京方面に数キロ進んでから岐阜県に向かう。つまり、そのバス停だけは、岐阜に向かっても東京に向かっても、上り車線にいなければいけないという特殊な場所だった。あぁ~、私の予定は狂った。すぐにMさんに事情を話し、次のバスは4時になるという。山梨県都留市の田舎町で7時間もどう過ごしたらいいのか、途方に暮れたがとりあえず歩いてみた。
 地図もないしスマホもない私はどこに何かあるのか分からない。近くに郷土資料館があるようなので、とりあえずそこに向かったが、迷路のような道が多く目的の場所につかない。庭に出ていたオジサンに聞いたら、親切に道を案内してくれた。「今日はどうしたんですか。ハイカラな人がこんなところで……」と言われ、私が「ハイカラ?」と不思議な気持ちになった。
 やっと郷土資料館に着いたが、そこは昭和初期までの小学校だった。今でもその教室は残っていて、小さな木のイスと机、黒板があり20人くらいの教室があった。そこのお爺さん(70代)と話をしていたら、近くにリニア見学センターがあるという。多くの税金を使って50年も経っているのに、まだできないリニア新幹線。時速500キロで大量の電磁波を受けて、急いで移動する必要があるのか。私はリニア建設には反対だが、暇なので行ってきた。子供が多く、その日はリニアの走行もない。無駄な入場料だった。
 さて、どうしようか? 歩いていたら誰も入っていなそうなそば屋を見つけた。外から見てもどんなメニューがあるのか値段も分からない。しかし、営業中の看板は出ている。とりあえず、入ってみた。お店の人からは不思議そうな顔をされ……。
店員「おそばしかないんですが、おそばでいいですか?」
私「はい、お願いします」
 すぐに食べ終わり、どうしようかと思っていたら、70代のお爺さんが話しかけてきた。私が事情を話したら、地元の人もそんなバスがあるのかと驚いていた。そのお爺さんは占いをやっているという。その日は相談がある日だから、そば屋にお客さんは来ない方が良かったらしい。それでも、「この辺で見るところ何もないから、ここにいて良いよ」と言ってくれた。そうしたら、80代のお爺さんが来て、「あのお爺さんと話でもしてて、これから相談者が来るから」と……。
 結局、私はそのそば屋に4時までいた。(続く……)

2018.02.10『日本も無人コンビニができるの?』
 中国やアメリカではすでに無人コンビニが開店していると聞いて驚いた。日本では24時間営業が当たり前で、夜なのに若い女性がレジにいたりする。また、人手不足が深刻でコンビニを開業したけど、アルバイトが集まらないので休みが取れないと言っていた経営者がいた。無人コンビニであれば、アルバイトを募集する必要はなくなり、人件費がかからない。経営者側からしたら、こんな良い話はない。
 さて、どうやってやっているのかですが、AI技術を活用してキャッシュレス決算を行っている。入店前に顔認証か、スマホ認証を行う。その後、買い物をしてスマホで決算を行わないと出店することができない。人件費がかからないわけですから、そこの商品は安くすることができる。庶民は10円でも安い店に行きたがるので、売上は上がり、こんな店が急に増えてくることは予想される。
 問題は、「誰が何をいつ、どこで、いくらで買ったか?」までデータ送信されるので分かってしまうことです。スマホを持っている人はどこにいて、誰とどんな会話、どんなメールをしているか、分かってしまうのですが、今後は何を買ったかまで分かってしまう。個人情報保護法なんてあったものではない。
 ここで気を付けてほしいのは、データを管理して庶民の行動を把握しようとする中央データ管理社会とビットコインとの技術は別だということです。政府はデータを集めて管理をしたいのですが、ビットコインの管理者はいないのです。沖縄ではまた不正選挙があったようですが、1つのムサシ不正選挙システムを使うから、不正選挙ができてしまうのですが、分散型管理であれば不正をすることができなくなる。
 ちょっと難しいと思いますが、P2Pという技術で特定の人が操作できないシステムなのです。ですから、このビットコインに使われている技術を使えば、不正選挙はできなくなります。しかし、不正選挙をできないと困るので、政府は絶対に導入はしない。
 まあ、いずれにしても現代社会は変革期を迎えている。徐々にではあるが、不正のない社会に変わっていくことでしょう。その実現のために私は反政府活動をやめない。
[米アマゾン レジなし無人コンビニ開店はコチラ_⇒]
※ブログ休止:2/11~12(旅行のため)

2018.02.09『キャッシュレスの時代になる』
 ペーパーレスの時代になり、紙の消費は減り続けている。クレジットカードの明細は送られてこないし、銀行の通帳すらない。この流れは、お金も同様です。日本の金はキレイで信頼が高いが、海外のお金はどうだろうか。海外ではグチャグチャで汚いお金を見るし、そのお金が米ドルとかではなく、自国の通貨であれば、その価値は急に変わってしまう。
 日本は世界的には例外的に安全安心な国で現金を持ち歩いても盗まれることはまずないし、ATMにカードを入れれば、いつでも引き出せる。しかし、海外では現金を持ち歩くことは危険なことだし、ATMにカードを入れてもお金を引き出せるか分からないし、そのカードが飲み込まれてしまうことだってある。日本にずっと住んでいるとこれが当たり前のことと思うだろうが、世界的には例外なことなのです。
 インターネットはグーグル、スマホはアップル、ショッピングはアマゾン、と日本は完全に海外勢に乗っ取られている。海外では自国の仮想通貨を発行し始めている国が多くなってきた。IMF(国際通貨基金)も仮想通貨を検討し始めたし、時代は変わってきていて後戻りすることができない。政府から、「スマホを使うな」「ネットを見るな」「クレジットカードを使うな」と言われても、無理でしょう。同じように、「ビットコインを使うな」と言われても無理な時代が来る。
 「え~、そんな時代にはならないよ~」と誰もが思っていると思うが、ウィンドウズ95や携帯電話が出始めた頃を覚えているだろうか。日本人は特に主体性がなく、誰かが持ち出すと自分も欲しくなる。ネットだって初めにやりだした人は、パソコンスクールやホームページ作成などの仕事が増えたでしょう。
 このチャンスを生かすか生かさないかはあなた次第です。別にクレジットコードを持っていなくたって、スマホを持っていなくても、困らない。しかし、あなたはチャンスを逃していないだろうか。時代に取り残されていないだろうか。
[キャッシュレス時代の波に飛び込めはコチラ_⇒]

2018.02.08『ドリンクバーを頼んではいけない』
 ファミレスに入ることも少なくなってきたが、行くとドリンクバーを頼んでしまっていた。1月にファミレスに行った時、コーヒーを飲んだが、いつもより不味く感じて、他の種類のコーヒーも飲んでみたが不味かった。その日は、コーヒーをやめ、紅茶を飲んでいた。たまたま、そこのファミレスのドリンクバーが不味いのかと思ったが、ファミレスのコーヒーは、食品添加物のリン酸塩が増量剤として混ぜられ、失われた風味はコーヒー香料で添加しごまかしているだと分かった。
 そもそもドリンクは喉が渇いた時に飲むものだが、何となく飲んでしまってはいないだろうか。私は普段ムダに水分を取らないようにしている。冬だから喉も乾かないし、ムダに水分を取れば体は冷えるし、食事中に水分を取れば、胃酸が薄まり消化が悪くなる。よって、食事中は飲まないし、食後60分くらいしてから少し水分を取るようにしている。
 また、コーヒーは南国のものです。南国の食品を取れば、体が冷える。(スイカ、みかん、バナナ、トマト、お茶、コーヒー)逆に北国で取れるものを食べれば体は温かくなる。(リンゴ、ネギ、黒ゴマ、味噌汁、紅茶)つまり、コーヒーは体を冷やす飲み物で、夏の食後に少し飲むのは良いと思うが、冬に朝からコンビニで100円コーヒーを買って飲んでいる人が多い。体は冷えてトレイに近くなるだけです。
 企業は庶民の健康よりも自社の利益を優先します。より安く作ってより高く売りたい。安くて良いものがあれば良いのですが、安いものはやはり悪い。しかし、庶民はファミレスに入ってしまいますが、そこで出てくる食品は、そこで作っているのではなく、ただの冷凍食品です。私は10年前にソーセージを頼んだが、中が冷たくて作り直しをお願いしたが、2度目も冷たかった。ファミレスに行くのもやめましょう。
[おかわり自由コーヒーが安いの?はコチラ_⇒]

2018.02.07『掃除で気分が変わる』
 私は男のくせに大の掃除好きです。昨日は空き時間に洗車をしたし、今日も朝から洗濯とトイレ掃除に拭き掃除までやっている。曜日によって掃除をする場所が決まっていて、「今日は月曜日だから掃除機、今日は火曜日だからクイックルワイパーの日だ」と決めて行っている。掃除をすれば気分が良くなり心が満たされるし、間違いなく場の運気が上がる。
 ちょっと前にパワースポットとが流行ったが、エネルギーがもらえるような場所とエネルギーを取られるような場所はある。空気のキレイな山は最高だが、電磁波だらけで汚い部屋は最低です。そのため、私はなるべく無駄な電気は消すようにしているし、電気製品だらけのスーパーには行かないようにしている。
 ビットコインに振り回され苦労をしていたが、昨日チャンスをつかむことができた。これは予想外のことで一所懸命勉強したのと掃除を頑張った成果かなとも思っている。そんなことは関係ないだろうと誰もが思うと思うが関係がある。自分がどんな気分で日常生活を送っているか、その精神状態が日々の結果になって現われる。
 常にポジティブでいることは簡単ではないが、私は常に明るい未来を考えるようにしている。実は悲観論者ではあったが、最近になって引き寄せの法則、量子力学を知り、それではいけないと思うようになった。気分を良くする簡単な方法は掃除をすることと運動をすることだと思っている。とりあえず、掃除機をかけ、30分歩いてくる。それだけであなたの気分は変わります。

2018.02.06『精神文明と物質文明』
 何が1番大切なことなのか、日々考えていたら、やはり心の安定だとの結論になった。これは何度も出てきた答えであるが、心の安定をキープすることは難しい。ブッダは、「心を拠り所にせよ。このために日々修行を怠るな」と言っていた。
 まあ、こんな事を書いてもピンと来ないだろう。なぜなら、現代は物質文明に変えさせられしまった。大きな家に住み、大きな車に乗り、高い年収がある。それが理想に変わってしまった。欲にはキリがないし、大きな家に住んでも、もっと大きな家はあるし、高級車を買っても、もっと高級車に乗っている人はいるし、高給をもらっても、もっと高給な人はいる。つまり、いつになっても満足は得られず、心は満たされない。
 誰もが経験があると思うが、お金を貯めて、または借金をして、家や車を買う。買った時が1番新しいしキレイであるが、その後はだんだん古くなり汚くなっていく。それならば、初めは古くて汚い車を買ってみる。その後、洗車や修理をしながらだんだんと調子が上がってくる。どちらが気分的に良いだろうか。
 つまり、すべては心の問題なのだと思うのです。昨日も4時間のテニスをして、中級、上級クラス共に定員になりキャンセル待ちまで出ていた。中級では練習メニューを変更してやってみたし、上級では全勝することができた。そして、参加者からは、「楽しかった」との報告を受けた。上手くいかない日もあるが、上手くいく日もある。最近、私のテニス勝率は高いが、どんな相手でも全勝できた日は心が満たされている。この心の充実のために日々トレーニングをしている。
 テレビやニュースを見ていれば、殺人事件だの高級料理だの豪邸拝見だの、私から見ればどうでもいいことしかやっていない。しかし、自分の精神にしっかりとした柱がないとテレビを見て、「あ~、あんな生活がいいな」と思ってしまう。いや、そう思わせるためにテレビでは、そんな番組ばかりを放映しているのです。だって、庶民にお金を使う生活をしてもらわなければ、お金のために働いてくれない。それでは困るから、お金を使わせてお金のために働かされているのです。これが金融支配の構造です。
 だから、もうお金のために働くのはやめましょう。お金がなかったら使わなければいい。最低限のお金は必要だが、それもなかったら、生活保護を申請すればいいし、お金があっても心は満たされない。日本人は高い精神文明を持っていたが、明治維新以来、西洋からの物質文明に変えさせられてしまった。しかし、その時代はもう終わり、今後はまた精神文明が戻ってくるでしょう。少なくとも私はそうします。

2018.02.05『ビットコインの登録だけでもしておこう』
 最近はテニスのためのトレーニングとビットコインのチャート分析に忙しい日々を送っている。トレーニングをしなければ体力は落ちてくるし維持すらできない。頭も同じで毎日思考していないと考える能力が落ちてくる。全然違うように思うだろうテニスとビットコインは私の中では共に重要な要素なのです。ビットコインについて理解していない人は多いと思う。また、テレビでは、「破産した」「暴落した」とばかり聞かされているので、99%の人はビットコインを買っていない。
 クレジットカードは誰もが当たり前のように持っているが、カードが出始めた頃を思い出してみてほしい。私はすぐにカードを使い始めたが、テレビでは、「カード破産の恐怖」「カード支払いは危険」などと報道をしていた。
 また、1995年のウィンドウズ95が発売された時を思い出してほしい。あの頃は秋葉原のオタクがやるものだと思っていた。携帯電話が出始めた頃もビジネスマンだけのものだと思っていた。初めてスマホが発売された時も初めは、「必要ないでしょ」と思っていたが……。
 そうなんです。時代はあっという間に変わってしまうのです。人は年を取ると保守的になっていく。ネットを毎日利用する人は、20代30代は90%を超えているが、70代で50%、80代は20%と年齢が上がるにつれて減ってくる。つまり、「そんなの利用しなくても、特に困らないから……」と考える人が多くなる。分かると思うがネットを利用しなくても、特に困ることはないが、大きなチャンスを逃していることになる。
 私はネットもカードも使うし、銀行はネット銀行です。銀行の前を歩くと多くの人が並んでいるが、私にはその時間がもったいなく思えてしまう。振り込みはパソコンでできるし、支払いはカードだから銀行には用事がない。
 私は自営業なので毎日の売上をコンビニで入金するくらいで引き出すことはない。通帳記入をしないと振り込まれたか、分からない人がいるが、ネット銀行なら振り込まれた瞬間にメールが届くし、残高が気になればパソコンで確認すればいい。つまり、時代の変化についていかないということは、多くの損失を受けていることになる。まあ、本人が気がついていないければ損失だとは思わないと思うが……。
 そして、本題のビットコインですが、誰かに送金をするときは、300円や600円くらい手数料を取られる。それがビットコインなら無料だし、海外へ送金だって世界共通通貨ですから為替の変動も関係ないし、銀行に手数料も取られない。つまり、ビットコインを庶民が使い始めると銀行は潰れるのです。だから、一所懸命「ビットコインは危険だ」と報道をしているのです。
 私はビットコインを買えとは言わない。ただ急に欲しくなっても急に買うことはできない。まずは取引所への登録が必要です。携帯電話を皆使い始めた時のように急に増えていきますから、登録には時間がかかる。今でも1週間や2週間は待たされることが普通です。急増すれば、1カ月2カ月なんてことも考えられる。だから、ビットコインの登録だけでもしておきましょう。
[ビットコイン取引手数料-0.01%のザイフ_⇒]…おすすめ仮想通貨取引所(3年後には仮想通貨の時代になりますから、登録だけでもしておきましょう)

2018.02.04『2月になったら落ち着いてきた』
 激動だった1月が終わり、2月に入ったら落ち着いてきた。これは気分的なものなのかもしれないが、気分が1番大切なこととも思う。ケムトレイルで日差しが遮られ寒い日が続くが、私が訴えたところでやめてはもらえないので、いい意味で諦めることにした。「まだ、やってますな~」くらいに思って、寒いなら寒さに強くなろうと思うことにした。今年の桜は4月に咲くだろうし、夏はまた冷夏でしょう。
 湿度は1年中高く、この冬は乾燥していない。カラッとした天気に期待をしたいが、今後はないでしょう。それならば、湿度と寒さに強い体を作ればいい。仕方がないので、そうします。
 また、少しづつ円安になってきて株価は下がってきています。夏頃にはさらに酷い不景気になるでしょう。私は灯油を使わないが、昔は800円くらいだったと思っていたが、今は1,600円くらいです。つまり、庶民をどんどん経済的に苦しめたいのです。草津や蔵王の噴火にしても、狙ったかのようにスキーシーズン真っ只中でキャンセルが相次いだと報道をしている。昨年、夏は冷夏で海の家は全然儲からなかったでしょう。
 給料は全然上がっていないのに増税ですから、経済は悪くなるに決まっています。そんなことになるだろうと思って、ビットコインを始めたし、どうせ円安になるだろうと思って2年前の100円の時に米ドルを買っておいた。120円くらいにはなると思う。佐藤の予想は意外と当たりますので、チェックしてみてください。
 自分の力では、どうにもできないことは多い。ただすぐに諦めるのではなく、まずはやってみてダメなら、次を考える。私はそんなスタンスでやっています。今後はデフレになっていくでしょう。政府は物価を上げたいようだが、高い店は売れないので売る側は安くするしかない。ガソリンや灯油は政府が価格を決めて上げてくるだろうが、ガソリンが高くなれば庶民は車に乗らなくなる。実際、交通量は減っているし、渋滞も最近は起きない。
 つまり、どんな酷い政策を安倍がやってきても、庶民が生き延びる方法はあるということです。テレビなんかに騙されないで、ツイッターやブログからいい情報を集めて実行していきましょう。私はまた楽しくなってきました。テニスの調子もいいので、ケガをしない範囲でガンガンやって優勝回数を増やします。

2018.02.03『寒い日は走ればいい』
 いや~、あり得ない日々が続いている。ビットコインは昨日78万円まで落ちたし、この寒さは異常です。ビットコインは自己責任で覚悟を決めてやっているので問題ないのですが、この寒さはケムトレイルを散布し、意図的に起こされていることは明らかなことです。私は昨年の夏にこの冬は異常に寒くなるだろう、とブログで予言しておいたが、その通りの結果になった。
 そんなことは分かっていたので、夏に体を温めておこうと雲が途切れた時間を見つけて日光浴をしていた。誰もが、「あのオジサン頭が悪い。あんなところで日焼けしているよ」と思っていたことだろう。信じられないと思うが今暖房はつけていない。マンションなので暖かいのとこんなに細身の私ですが、寒さには強くなっている。
 この冬に亡くなっている人は多く、火葬場は1週間から10日待ちだそうです。政府は人口削減を勧めているので喜んでいることでしょう。人を病気にさせるのは簡単です。夏に運動をさせないで体を冷やしておけば、冬になれば体が冷え病気になる。だから、夏には、「熱中症に気を付けましょう。エアコンをつけて水分を取りましょう」と国民に勧めていたのです。
 私はそんな幼稚な作戦には引っかかりません。2年前からマラソンを始めて走るのが楽になってきた。最近はあまりにも寒いので走って出社し、走って帰宅している。その結果、体は温かくなるし足は強くなり、移動時間が短縮され時間が増える。良いことばかりです。
 テレビを見ていると洗脳されてしまうし、毎日殺人事件が起きたと聞かされていればネガティブになってくる。でも私のメンタルはまた1ランク上がった気がします。昨日のビットコイン暴落でも慌てず、どうせまた上がるだろうと落ち着いていた。実際、その後は急浮上をしている。
 常にポジティブに考えることは簡単ではありませんが、体が弱ってくれば考え方もネガティブになってしまう。こんなに寒いと走っても汗は出ません。出社後、シャワーを浴びる必要がない。今日も走って出社します。

2018.02.02『ATPツアー第2戦』
テニス1802  ATPツアー第2戦、仮想:ダラス大会に行ってきた。今回は8名の参加があり、経歴を見ると特別強い人はいない。私はいつものように準備は万端だったが……。
【1回戦】60代でフォアハンドの強打と積極的に前に出てきて決めれるボレーを持っている。1月のシングルス大会でも準優勝し、昨年の寒川市の大会でも準優勝している実力者です。いつも接戦になってしまうが、前回は8-1で完勝したので、今回も勝てるだろうと思っていた。
 私が3-1とリードしたが雨で1時間の中断、その後、少し弱まったので再開したが、雨は強くなり私のテンションはガタ落ちになった。それでも何とか勝とうとしたが、雨になるとボールが湿ってしまい、私の得意なスピンサーブとスピンフォアが全然弾まなくなり、なんと5ゲームを連取され、3-6で負けてしまった。
 雨が少しでも降っていればテニスは中止にしたいが、アマチュアの大会では雨が降っていても試合をさせられる。何度か経験があるが、雨の日に勝った記憶がない。今後、大きな大会に挑戦していくつもりなので、雨の日対策をしないといけないと思った。
【2回戦】まだ雨は降っていたが、動きの良い30代が相手だった。私のテンションは上がらないが、2連敗は避けたい。ボールは湿ったままで弾まないし、重くなったボールを打って腕を痛めたくはない、という気持ちもあった。よって、無難に勝てればと思っていたが、そう上手くはいかない。また、接戦になってしまったが、6-5で何とか勝つことができた。
 雨はかなり強くなり、私はもうテニスをやめた。他の人はこんな雨にもかかわらず、時間までテニスを楽しんでいた。私はテニスに情熱を注いでいるが、雨の日までテニスをしたいとは思わない。雨が降っていても壁打ちをしている人もいた。まあ、そんな熱い人たちが、「打倒佐藤」で参加してきている。
 以前は強風が苦手で結果を出せなかったが、対策をして強風に対する苦手意識はなくなった。今後は雨対策をしないといけない。これは雨になっても落ちないメンタルが必要になってくる。大切な試合で雨が降らないとも限らないので克服したい。
 冷静に考えてみると自分のプレーは悪くはなかった。ずっと悩んでいたサーブとバックハンドの調子が上がってきた。ダブルフォルトもリターンミスもほぼしていない。今後は毎月2回は大会を開催しようと思っている。この悔しさを必ずバネに変えます。
★2018年通算成績:10勝1敗(勝率90.9%)
[佐藤スポーツ整体Tennis Teamの佐藤はコチラ_⇒]

2018.02.01『激動の1月だった』
 今年も1カ月が終了した。私は何事も前半が勝負だと思っているので、早め早めに行動をするようにしている。早めに動きすぎて失敗してしまったということもあるが、行動を起こしたことで成功したことの方がもっと多いと思っている。占いが好きで1月は良くないと分かっていたが、予想通り激動の1月になった。
 1番の要因は変化の激しいビットコインで、完全に振り回されてしまった。こんなに価格の変化が激しいものをやらなければいいと誰もが思うだろうが、私はビットコインのお蔭で毎日ドキドキしながら生活をしている。こんな刺激的な日々はそうそうない。
 2月にツイッターで知り合った人と岐阜県高山市で会ってくる。そのため、ホテルや電車、バスの予約もした。一人で遠くに出かけるなんて、何年ぶりだろうか、思い出せないくらい久しぶりのことで、新幹線やバスの予約に苦労した。また、物を大切にしようと思い、5,000円の財布を6,000円かけて直したり、1,000円のバッグを1,000円かけて直したりもした。
 テニスは月曜日だけの週1回で雪の日もあり、あまりできなかったが、こんなに寒い日が続くので、ケガをしていないだけ良かったと思う。この冬はジムではなく自社でトレーニングをしている。その成果もあり、1月は9勝0敗だった。なんと勝率100%です。今日はこれからシングルス大会があるので、自分のプレーをして良い結果を出したいと思っている。
 何だか激動の1月だったが、ちょっと寝れないくらい精神的にも追い込みすぎた。2月は落ち着いて過ごせたらと思う。 

2018年2月~

2018.01.31『引き寄せの法則』
 量子力学なんて知らないと思うが、2重スリットの実験は知っておいてほしいと思う。2重スリットの実験とは、原子(光)を2つのスリットを通すとその先には干渉模様が現われる。しかし、原子がどちらのスリットを通ったかを確認しようとすると、その干渉模様な消え、ただの2本線に変わる。まあ、信じられないと思うが、これは何度やっても変わらない実験結果なのです。
 すべての物は原子からできている。人間も物も植物も車も同じです。過去に何度か言っているが、すべての物は生きている。2重スリットの実験から分かるように、見られているか見られていないかが分かるのです。人間も見られている時と見られていない時は行動が違うでしょう。人間以外も原子からできていますから、見られている時と見られていない時は行動が違うのです。
 これを逆に考えてみる。見ようとすると見えるが、見ようとしないと見えない。毎日ケムトレイルが散布されているが、これに気がつく意識がある人には見えるが、何も考えていない人には見えない。チャンスは一瞬だが、それをチャンスだと認識しない人にはチャンスであることに気がつかない。
 ちょっと難しい話になるが、興味がある人だけ、読み続けてほしい。コップに水が半分入っている。これを、「まだ半分もある」と思うか「あと半分しかない」と思うかはあなた次第です。銀行に貯金が200万円ある。これを、「まだ200万円もある」と思うか「あと200万円しかない」と思うかはあなた次第です。つまり、あなたの意識が結果を作り出しているとも言える。
 つまり、どんな結果になるかは、あなたの意識次第なのです。悪い結果を予想すれば悪い結果になり、良い結果を予想すれば良い結果になる。「でも……」と思う人は多いと思う。「良い結果になると思っているが、もしかしたらダメかも?」と思った瞬間にダメになります。だから、難しいのですが、普段から強い心を持っていないとこれは可能ではない。強い心を持つには強い体が必要です。強い体を作るには強い意志を持って実行しないといけない。
 まあ、あまり難しく考ええず、ポジティブに運動をしましょう。それだけですべての結果は変わってくるはずです。

2018.01.30『新洗濯方法』
 シャンプーやリンスなどが体に良くないと知ってからもう使っていない。100%の石けんを使いすぎないようにして洗っている。ゴシゴシ洗ってしまっては必要な油分まで取れてしまうからです。
 洗濯は洗濯機で普通に洗っていたが、誰もが使う洗剤は体に良くないことを知ってから、洗剤ではなく重曹で洗うように変えた。しかし、汚れの落ちが良くない気がするのと洗った香りがあまり良くない。そこで最近は、バケツにお湯を張り一晩つけておき、翌日に軽くゆすぐ、これだけでキレイになる。
 小さなものはこれで良いと思うが、大きなものは洗濯機を使うしかないと思っていたが、大きなバケツの代わりに風呂を使えばいいと分かった。これは巨大なバケツです。早速、昨日やってみた。
 洗濯はお湯の方がキレイになるが、お風呂ですから残り湯がお湯です。そこにクエン酸を少し入れて洗濯物を入れて何度か手で回した。朝見てみたらお湯がちょっと黒くなっていて汚れが落ちている。一度お湯を捨て、またお湯を入れて、すすぎをしてから、洗濯機で脱水だけした。意外だったのが、キレイになっていたし、臭いもいい。お湯で洗っているからキレイに汚れが落ちたからだと思う。今後はこれでやっていきます。
 あと、食器洗いも同じようにお湯につけておくだけでキレイになるようです。
[危険すぎる洗濯洗剤!はコチラ_⇒]

2018.01.29『全豪オープンはフェデラーが2年連続優勝』
 さすがに今回はないだろうと私は思っていたが、またフェデラーが優勝してしまった。今回の決勝はストローク戦中心ではなく、ネットプレーを混ぜながらのハイレベルだった戦いだったように思う。ただ打っているだけ繋いでいるだけは勝てないテニスになってきている。チリッチもフェデラーも1発で決めるストロークを持っているし、もちろんサーブもボレーも上手い。テニス界もまた新たな時代に入ったなと感じた。
 フェデラーはもう36歳だし、今回はズべレフ、デミトロフ、ゴファンあたりが優勝して、「4強時代は終わりかな?」と思っていたが違った。でも、元気なのはフェデラーだけで、他は……。
1.ジョコビッチは韓国のチョン・ヒョンに0-3であっさり負けた
2.ナダルはチリッチ戦で足を痛めて途中棄権
3.マレーは臀部のケガが治らず、出場していない
4.錦織は手首が治らず、不出場
5.ワウリンカは2回戦で米国のサンドグレンに0-3であっさり負けた
 強かった選手がその後も強いとは限らないし、1年も経ってしまえば、韓国のヒョンのように若くて勢いのある選手は多数出てくる。いくらテクニックがあっても、若くて動きのいい20代前半の選手には勝てないのが普通です。
 フェデラーが20代前半の頃は無敵だった。ウィンブルドン5連覇、全米5連覇ですから、あり得ないことです。ウィンブルドン初優勝は2003年ですから、もう15年も前で、現実に起きていますが、15年前も世界のトップで今も世界のトップです。どう考えてもおかしい。これをどう説明していいのか、私の理解を超えている。
 私は、自称:海老名市のロジャー・フェデラーなどと許可もなく名乗っているが、特に本人からのクレームは入っていない。先週は雪でテニスができなかったが、今日はできそうですので、頑張って練習してきます。イメージだけはフェデラーになったつもりで……。

2018.01.28『プレッシャーをかけると人は強くなる』
 プレッシャーを感じてドキドキすることがたまにある。最近、このドキドキ感を感じた時は成長のチャンスではないかと思っている。テニス大会でも勝てるか分からない試合に限ってドキドキする。つまり、その壁を乗り越えられそうな時にプレッシャーがかかる。もちろん、何かに挑戦していなければ、プレッシャーを感じることはない。
 あまりにも無理なことに挑戦してはいけないが、「こんなことをしたら、どうなるのだろう」「こんなことをする人はいないと思うが、やってみよう」と思うことは多々ある。しかし、何度もやっていると度胸がついてくるというか、やってみると意外とできたということは多い。人から見れば、無謀とも思えることに挑戦しているが、そんなプレッシャーをかけることで人は強くなるのだと思う。
 誰だって危ない橋は渡りたくはないが、その先には大きな宝が眠っているかもしれない。誰も通らない道だからこそチャンスはある。誰もが通れる道ではチャンスはない。誰もが臆病で危険なことはしたくはない。しかし、プレッシャーをかけリスクテイクしていかないと後で大きなリスクを抱えてしまうことになる。
 タルムードには、こんなことが書かれている。
1.金をなくしても、何も失わない。誇りをなくせば、多くを失う。 勇気をなくせば、すべてを失う。
2.何も打つ手がないときにも、ひとつだけ必ず打つ手がある。それは、勇気を持つことである。
3.失敗を恐れる方が、失敗を犯すよりも悪い。
 つまり、多くの知識があっても、勇気を持って実践してみなければ、実践で使える智慧には変えることはできない。私は毎日知識を増やそうとしているが、実践してみて失敗をするから、勉強が足りないと思って本を読む。自分に耐えられないようなプレッシャーをかける必要はないが、毎日少しずつちょっと上のことに挑戦する。そのプレッシャーが大きければ大きいほど、人は強くなれるのではないかと思っている。

2018.01.27『電磁波に気をつけたい』
 最近、コンビニやイオンで本を探しているとなぜか疲れを感じる。47歳にもなり弱ってきたのかなとも思うが、電気製品が多い中にいるとプラスイオンが多く、それが体を疲労させるのではないかと思っている。私は極力、蛍光灯やLEDの下にいないようにしている。普段はなるべく電気を消し、暗い時は白熱灯をつけている。パソコンにもアースを取って、電磁波を逃がしています。
 多くの職場ではLED電気で全員がパソコンを持ち、Wifiで電波を飛ばし密集している。こんな状況では電磁波を浴びっぱなしです。電磁波は放射能と同じで、目に見えないし臭いもなく、被害はすぐには出ない。しかし、放射能と同じで数年後に健康被害が現われる。子供がスマホをいじっていれば、脳の委縮が始まるとのデータがある。まあ、そんなことは知らないと思うし、そんな情報を出したら、電化製品が売れなくなってしまうからでしょう。
 私は山に行ったら1番良いのではないかと思っている。山登りをすれば疲れるが、何かいつもと違うスッキリした疲れだったと感じたことはないだろうか。毎日職場にいる時とは違った疲れだと思う人は多いと思う。疲れた時は逆に運動をする人もいる。私も同じですが、動いた方が血行が良くなり、疲れが早く取れる。
 行きたいとは思っていても山登りに行くほどの時間も体力もないという人は、どこか近くの大きな公園で歩くのが1番良いと思います。私はなるべく車の通らない木が多いところを歩くようにしています。目に見えない電磁波や放射能が最近に気になって仕方がない。
[プラスイオンに注意はコチラ_⇒]

2018.01.26『ビットコイン攻略法』
 人に聞かれれば、「やらない方がいいよ」ということを私はよくやる。「脱サラして独立開業なんて必ず失敗するからやめた方がいいよ」「株なんて絶対に手を出さない方がいいよ」「ビットコインは話題になっているけど、大損するからやめた方がいいよ」と私は答える。
 私は2年前から気になっていた。ビットコインを11月から買い始めた。スタートが早かったので、12月の高騰で利益を手に入れることができた。今になってみれば、ビギナーズラックだったのだろうと思う。1月も前半は良かったのだが、後半になり暴落が何度かあり、利益はどんどん減っていった。
 ちょっと天狗になっていたかもと反省し、もう勉強を始めた。株の本などを読んでみても、テニス同様やってみないと分からないし、実際、本に書いてある通りやると負ける。普通は上がっている時に買いたいと思うし、下がってきたら売りたいと思う。
 しかし、下がってきている時は安いから買いだし、上がっているといは高いから売りなわけです。チャートを見ていると、上がっている時に売る人や下がっている時に買う人の意味が分からなかったが、株の上級者かプロレベルということが分かった。
 やってみれば分かるが、かなりの高等レベルです。やめた方が身のためです。しかし、私はチャレンジャーで、どんなことにも挑戦する。1度しかない人生ですから、失敗したっていいじゃないか、失敗しないと成功はしないと思っている。この1週間は悩みに悩んだが、何かが見えてきた。苦しんだ分だけ、喜びも大きい。しゃがんだ分だけ、大きくジャンプができる。
 まあ、皆様にはお勧めはしないが、銀行を信用してはならない。銀行は口座を持っているだけで、口座維持手数料を取ろうとしているし、通帳は有料などとまで言っている。また、政府がハイパーインフレを起こしてしまえば財産が激減する可能性だってあるし、突然、貯金封鎖されて、さらに貯金に対して10%の税金を取ります、なんてこともあり得なくはない。リスクを取っていくと実は最大のリスク回避になっていたりする。

2018.01.25『上手くいかない日だってある』
 初めてテニスをした日に思ったより、難しくて驚いた。プロは当たり前のようにボレーを決めているが、実際にやってみたら逆を突かれれば届かないし、打てたとしても真ん中には当たらなかった。それが大学1年の時に初めてテニスをした時の感想だった。頭では分かっていても実際にやるとなると難しい。羽生善治が言っていたが、「実践は何事にも勝る勉強になる」と……。
 まずはやってみて難しさを知ってから、また勉強をして、また試してみる。この繰り返しなのだと思う。やってみないと難しさは分からないし、難しいからこそ上手くできるようになりたいと思う。私は1度しかない人生だし、色々なことにチャレンジしてきた。毎年新たなことに挑戦している気がする。
 このホームページも自分で作り、こんなブログを毎日更新している。毎日考えることが多く、ネタには特に困らない。読んでいる人は、「佐藤は今こんなことを考えているのか」と思うだろう。まあ日記のようなものなので、好きなことを書いている。
 何でもチャレンジして初めは上手くいかないもの方がやりがいがあったりする。羽生善治は将棋を何度やっても絶対に勝つ方法はないからこそ、ずっと続けることができた、と言っていた。難しいからこそ挑戦をする。そんな刺激的な日々を毎日送りたい。 

2018.01.24『血圧は必要で上がっている』
 血圧が高いからと言われて、降圧剤を飲んでいる人は多いが、その薬が必要なのかは疑問を持った方がいい。私は血圧を15年前に測ったが、その後は1度も測っていない。血圧は毎日変わるし時間でも変わる。「血圧高いかな?」と思うだけで上がってしまうこともある。
 高血圧の目安は「年齢プラス100」くらいで良いと思うが、これでは降圧剤が売れないので、厚生労働省は、基準値を180⇒160⇒140⇒129と変えてきた。50歳以上で血圧が129以下の人はいるのでしょうか。
 高齢になってくれば、体も血管も硬くなってきて血流が悪くなる。血流が悪くなるから、体は血圧を上げて末端まで血液が流れるように、血圧を上げているのです。それなのに、降圧剤で血圧を下げてしまえば、血液は末端まで送れなくなり、余計に手先、足先が寒く感じ、病気になりやすくなる。
 厚生労働省は病院や製薬会社と裏で繋がっていますので、薬を売りたいわけですから、基準値を下げて庶民を病気だと洗脳したいのです。そもそも体には自然治癒力があり、健康になりたいなら、その自然治癒力を高めることが大切です。
 血圧だけではなく、咳や熱が出ると薬などで止めようとする人が多い。なぜ咳や熱が出ているのでしょうか。咳は体に入ってしまった菌を出そうとしているわけですし、熱は体に入ってしまった菌を熱で殺そうとしているのです。すべて自然治癒力であり、その力を止めてはいけないのです。
 私は20年くらい病院には行っていません。医者の薬に頼りますか? 自然治癒力を高めますか?

2018.01.23『人間は感情に左右される』
 正しい判断をすることは難しいと感じている。世の中には情報が氾濫し、どんなことにも賛否両論でどちらを選んでいいのか、分からない。
 簡単な例から言えば、お腹な空いている時は、「3食、食べた方が体に良い」「多少の糖分も必要である」などの情報を信じようとする。しかし、ダイエットをしようと思っている時は、「毎日3食も食べていたら食べ過ぎである」「栄養なちょっと足りないくらいの方がいい」などの情報を信じようとする。つまり、その時の感情で情報を判断し、人間は信じたい情報しか信じようとしない。
 これが困ったもので、感情があるから冷静な判断ができなくなる。感情をなくすることはできないが、その感情がどのようなものなのか、そこが問題である。最近、AIなどの人工知能が話題になっているが、場合によってはコンピューターをうまく使えないかと考えている。コンピューターには感情がないから正しい判断ができる部分はある。将棋やチェスなどでは、コンピューターが勝っていたりする。
 コンピューターはただの機械、道具ですから、その道具に使われることなく、うまく使いたいと考えたいが、これもまた難しい。私もパソコンを見ている時間が長い。その時間分だけ有意義に使えたかと言われれば、そうは思えない。色々を調べていれば、いい情報も入ってくるが、ムダな情報も入ってきて、判断に迷うことにもなってしまう。
 結局、大切なことは、様々なことに挑戦し経験を積んでいくことなのかと思っている。何度も何度も小さな失敗を繰り返し、成長していくのではないか。挑戦をしていれば小さな失敗に気がつくが、挑戦をしなければ小さな失敗に気がつかず、あとで大きな失敗が待っていたりする。今日も小さな失敗をしていきたいと思う。

2018.01.22『仮想通貨がロスチャイルドの金融支配を終わりにする』
 毎日ツイッターで発信をしているが、「いいね」「リツイート」の数を見ると、どんなことに興味があって理解しているのかが分かる。分かりやすいツイートをしようと意識してはいるが、「理解されないだろうな?」と思いながらも難しいツイートをすることもある。
 最近はビットコインについて発信していることが多いが、仮想通貨について理解していない人が多いようである。仮想通貨がロスチャイルドの金融支配を終わりにするくらいの可能性を持った大革命なのですが、多くの人がそんなことはないだろうと思っている。
 1995年にウインドウズ95が発売され、秋葉原に集まったネットオタクたちが、「これからはネットの時代になる」と言っていたが、その頃は誰もがそんな時代になるとは思っていなかった。また、携帯電話を持っている人だって少なかったし、スマホはまだ発売すらされていない。しかし、時代は急激に変わってしまう。
 現在は政府がお金を管理して景気の操作をしている。貯金封鎖をされることだってあるし、ハイパーインフレを起こし、あなたの資産が1/10になってしまうことだってあり得る。私はビットコインで楽しくマネーゲームを楽しんでいるが、暴落し破産する可能性もあるので、お勧めはしない。
 ただ、銀行に預けていて政府にコントロールされるのと、ビットコインに変えておいて政府にコントロールをされないのとでは、どちらが良いだろうか。政府は今後も庶民をお金でコントロールしていきたいから、「ビットコインは危険だ」「ビットコインが暴落しました」と何度も報道をするのです。
 でも、時代は変わってきています。まだ、多くの庶民は、テレビや新聞を見て信じていると思いますが、気がついている人はネットから正しい情報を入手しています。政府は、「ネットを見るな」と規制できないように、「ビットコインを使うな」とは規制ができないのです。ですから、今後は2つのタイプに分かれていくと思います。
A.新聞やテレビを信じて、今後も紙のお金を使う人
B.ネットから情報を集めて、今後はデジタルのお金を使う人
 どちらを選ぶかは、あなた次第です。今後も手紙を書きますか? メールで済ませますか?
[仮想通貨がロスチャイルドの金融支配を終わりにするはコチラ_⇒]

2018.01.21『笑顔・笑いがあなたを変える』
 私は毎日楽しく過ごそうと思っている。いつも来ている綾瀬市BさんとバレリーナTさんから、こんなことを言われた。「ここの来るとなんだか楽しいわね。普段大きいな声で笑ったりすることないし……」「佐藤さんは、いつも楽しそうで、いつも笑顔」と……。
 嫌なこともあるが基本的には毎日楽しい。だって、この世の中、頑張れば頑張った分だけ必ず返ってくる。どんなに不況になっても必ずチャンスはある。また、笑うことで病気は治るとの研究結果も出ている。
 また、これを逆に考えてみる。国民に早く病気になって死んでもらうためには、「ネガティブな情報を与え続け、笑顔をなくす」。こんな方法も考えられなくはない。ビットコインがまた上がってきて、私はワクワクしているが、テレビでは、「ビットコインが暴落した」としか報道をしない。高騰したから暴落があるわけなのに、暴落としか報道をしない。また、毎日殺人事件を報道しているが、誰かがこんな良いことをして人を助けたとか、恵まない人たちに援助の輪が広がっていますとかがトップニュースになっても良いと思うが、それはない。
 ですから、テレビなんて見ないことです。その99%はウソであるわけですし、目的はあなたをネガティブにすることでもあるでしょう。私は今、ポジティブな話題しか見ないようにしているし、楽しければ笑うようにしている。人間とは単純な生き物で、楽しいから笑うのではなく、笑っていると楽しくなるのです。
 私たちが思っているほど脳は複雑ではなく、単純にできている。テレビで「1日3食、食べましょう」とか「北朝鮮がミサイルを発射しました」などと聞くと自分で確認しようともせず、鵜呑みにしてしまい、「1日3食は普通でしょ」「北朝鮮は毎月ミサイルを発射しているのか」と言ってしまう。
 最近、人間はパソコンと同じなのかもと思っている。ソフトを入れなければ、ただの機械で、ソフトを入れればソフト通りに動いてくれる。であるならば、もっといいソフトを入れましょう。テレビから流されるネガティブな情報を入れるよりも、もっとハッピーな情報に接して笑顔でいましょう。その笑顔があなたをさらに健康にしてくれるはず……。

2018.01.20『物を大切にする』
 私は物を大切にして愛着を持つようにしている。昨日は、年末に修理依頼をした財布が戻ってきた。8年前に5,000円で買った無メーカーの黒い革の長財布だが、チャックが硬くなり使いづらかったので、修理をお願いしたら、6,000円かかると言われた。それなら新しい財布を買えばと誰もが思うだろうが、私はその財布が気に入っているので修理をした。
 物は生きていると私は思っている。また、昨日は愛車ミラのバンパーがずれていたのが気になっていたので、修理依頼し「修理終わりました」と連絡があり、たまたまだが、昨日は車と財布の2つが返ってきた日になった。
 腕時計も20年使っていて、バンドや電池を何度も変えたが、今も使っている。買い物大好きな綾瀬市Iさん(40代男性)は、「20年も使っている物なんて何もない」と言っていた。スニーカーが大好きで20足以上持っているらしいが、集めるのが好きな人は多いようです。私は逆で物をいかに少なくするかを考えている。
 物が多ければ、1つ1つの物に愛着を注ぐことは難しくなる。理解されないと思うが、すべての物は、極小の微生物からできていて生きている。車やバイクが好きな人は、車やバイクは生きているという。犬猫は当然生きていると感じるだろう。山や海、草木は生きていると思うか、家や服も生きていると思うか、それは個人の判断であり、自分との関係でもある。
 つまり、物を大切にすることは、自分を大切にすることにつながる。できることなら、その体も買い替えて、新しい体に変えたいと思うが、そんなことはできない。体と物は近い部分もあり、脂肪や物が多くなると動きづらく精神的にも下がってくる。「この感覚、分かるだろうか?」私は、そんなことまで感じている。

2018.01.19『ネットをどう使うかで人生は変わる』
 昨日は駅まで新幹線のきっぷを買いに行ってきた。その途中、街中では歩きスマホをしている人を多く見かけた。どんなサイトを見ているか、それは分からないが、勉強しているようには見えない。勉強をしているなら、ノートとペンは必要なはずです。私はパソコンで何かを調べる時は、必ずノートとペンを横に置き、常に思ったことを書いている。書かなければ、すぐに忘れてしまうからだ。
 世界中の誰もがスマホを持っている。アフリカの人たちもスマホを持っているのが当たり前のようです。
 情報によって人の価値観は左右される。ネガティブな情報ばかりを見ていれば、ネガティブな人間になり、その人のレベルは下がっていく。だから、テレビでは毎日殺人事件が起きたと報道をしているのです。逆にポジティブな情報を見ていれば、ポジティブな人間になり、その人のレベルは上がっていく。
 私は最近、ニュースも見ないようにしている。テレビもラジオもつけないで無音の状態でいるようにしている。そうすると心が落ち着いてきて、なぜかハッピーな気分になってくる。先日、ビットコインが大暴落し、私は一瞬冷静さを失ったが、すぐに回復した。
 ネットがあるお蔭で、色々なことを知ることができる。それは世界のどこにいても同じことです。今後はアフリカから優秀な企業家が出てくる可能性だって、ゼロではない。大学に行くお金がなくたって、ネットで大学の講義を無料で聞くことができる。しかし、そんなことをしている人は、1%もいない。
 私も同じだが、めんどくさいのです。考えるってエネルギーを使うから、人は考えなくていいなら考えたくはない生き物のようです。走れば足は強くなるし体力はつくと分かっているが、やりたくはない、と99.9%の人は思って走ったりはしない。
 でも、逆に考えれば、これは大チャンスです。みんながやらないなら、自分がやれば、すぐに逆転することができる。私は現在のネット社会に感謝をしています。これがなかったら、私の人生はもっと寂しい物になっていたことでしょう。今後もネット社会に感謝し、発信を続けます。

2018.01.18『錦織圭がいないとテニスが盛り上がらない』
 今が夏のオーストラリアで全豪オープンが開催されているが、錦織圭が出場していないと全然話題になっていない。
 圭君が出ていないので、現在、日本のエースは杉田です。その杉田は、第8シードのソックに3-1で勝ち、2回戦に進んだが、211センチの長身カルロビッチに4時間33分も戦い、6-7 (3-7), 7-6 (7-3), 5-7, 6-4, 10-12のフルセットで負けた。
 他では西岡がケガから復帰し、第27シードのコールシュライバー(ドイツ)を6-3, 2-6, 6-0, 1-6, 6-2のフルセットで下し、2年連続の初戦突破を果たしたが、2回戦でセッピ(イタリア)に0-3で負けた。
 まず、全豪オープンに出場できることが素晴らしいことで、しかも1回戦を勝った。これは大変なことです。テニス人口は世界に1億人いると言われているが、そのうち4大大会に出場できるのは、たった128人だけで、1回戦を勝ったということは、世界の64人に入ったということです。選手はもっと上を目指していると思いますが、夢の舞台で1回戦を勝ち上がった2人は素晴らしい。
 一方、フェデラーは19年連続で1回戦を勝ち上がり、ナダルは12度目の3回戦進出を果たした。テニス選手のピークなんて2~3年、長くても5年だと思いますが、この2人はどうなっているのでしょうか? 逆に考えれば、テニスは体力だけではないとも言える。
 どうでもいい私の話だが、47歳になって過去最高の勝率を上げた。世界最低レベルのテニスだが、それでも以前は勝てなかった。世界のテニスは常に進化し続けて、毎年、有望な若手選手が現われるが、まだフェデラーやナダルは活躍をしている。フェデラーがウインブルドンを初制覇したのは、2003年ですから、もう15年前のことで、ナダルが全仏を初制覇したのは、2005年で13年前です。どうなっているんだ、この2人。
 こうなったら、この2人のマネをしてやろう。自称:海老名市のロジャー・フェデラーは今日もトレーニングを続ける。↓伝説の試合です。

2018.01.17『判断しない判断もある』
 私は今、ビットコインとテニスに夢中になっているが、どちらも難しいし判断できない時がある。そんな時は判断をしないでチャンスを待つという選択をしている。相手がずっと調子が良いということもないし、自分がずっと調子が悪いということもない。場の空気が乱れている時がある。そんな時は自分の精神状態も乱れているので、冷静な判断はできない。
 ピンチはチャンスだとも言う。ピンチの時は逆に考えれば、自分が成長できるチャンスでもある。人間、崖っぷちに立てば誰だって本気で考え、最高の結論を出そうと必死になる。そうなんです。分かると思うが、人間は楽をしたいし考えるのが面倒臭いと思ってしまう動物なのです。
 しかし、私はリスクを背負って挑戦している。崖の近くに行くから崖っぷちに立つことになることは分かっている。しかし、自分を逆境に追い込むことで、自分では分かっていなかった新たな能力を発見することができる。失敗があるから成功があるというが、その前に挑戦をしなかったら、失敗も成功もない。
 また、最近は自分の考え方次第で全てが変わってくるのだと改めて思っている。ブッダではないが、すべてのものや起きることは空(波動)である。その空をどう感じて生きていくか。その空をポジティブに考えられるように日々修行していくことが大切ではないか、と今日思っている。

2018.01.16『高い波動をキープすれば病気にもならない』
 病は気から、というが気って何だろうか? 宇宙の法則から言えば、すべては波動によって動いている。(今日の話は難しいので興味がある人だけで……)
 目には見えないが、周波数は存在している。事実、ラジオは周波数を合わせれば好きな局を聞くことができる。電話だって周波数を合わせているから、会話やメールができる。
 病気には病気の波動(周波数)があると思っていいだろう。忙しくしていれば病気にはならないが、休みなどで気が抜けた途端、カゼをひいたという経験はないだろうか。つまり、病気とは低い波動であり、その低い波動に自分が合ってしまった、とも言える。
 類は友を呼ぶというが、高いレベルの人には高いレベルの情報が集まってくる。高いレベルの人同志でやり取りをしているのでしょう。しかし、一般庶民には、戦争だとか殺人事件だとか政治の腐敗などをテレビや新聞で一方的に流してくる。その情報を脳は選別することもなく、無意識に記憶してしまう。その結果、あなたの波動は下がる。
 一般庶民は無能であった方が支配しやすい。だから、テレビでは毎日お笑いタレントが出ている。学校でも本当の経済などは一切教えず、考えさせないで暗記させようとする。昨日もテニス中、ケムトレイルを大量に散布させたが、私はマスクをして対策をしている。お蔭さまでケムトレイルに対する免疫もできてきたようです。
 想念が現実化する。つまり、自分が考えたことが起こるということです。私は病気にならないと思えば、病気にもならない。病気かもと思うと病気になる。つまり、毎日高い波動をキープしていれば、楽しい人生しかない。
[ケムトレイル対策はコチラ_⇒]

2018.01.15『テレビや新聞は見ない方がいい』
 実家に帰って父に、「被害者の貴乃花が降格っておかしいと思わない?」と聞いてみたら、「記者の質問に答えない貴乃花が悪い」と言っていた。つまり、テレビで言っていたことをそのまま自分の意見として話してしまう。もう一つ聞いてみた。「この寒さ異常だと思わない」「地球がおかしくなっているんだ。異常気象の影響だ」とまたテレビで言っていた通りの返答があった。
 日本人は洗脳されやすい民族だが、自分は洗脳されていないと誰もが思っている。北朝鮮がミサイルを発射したとの報道を何回も聞いていると、ミサイルを見たこともないのに、その報道だけで信じてしまっている。
 日本人は1日2食だったのだが、消費を上げるために、「1日3食、食べましょう」とテレビで何度も繰り返せば、「1日3食」が常識に変わる。2月14日はバレンタインデイだから、チョコレートを渡しましょうとチョコレート業界が団結し、宣伝した結果、「バレンタイン=チョコレート」との洗脳が定着した。
 人は考えているようで考えていない。みんながスマホを持てば、自分も持ちたくなる。みんなが右に行けば、自分も右に行く。また、律儀な日本人は車が1台も通っていないのに赤信号で待っている。
 私はテレビを一切見ていないが、ニュースも最近はニュースも見ないようにしている。ロクなニュースはないし、ほとんどがウソだからである。
[集中力を途切れさせるワナを回避するだけで他人を追い抜くはコチラ_⇒]

2018.01.14『ブロックチェーン技術で世界は変わる』
 ビットコインが話題になっているが、多くの人がまだその可能性を知らない。私は2年前から注目していて、最近ビットコインで世界は変わると確信した。注目したいのは、ブロックチェーン技術です。
 まあ、これが難しいのですが、お金などは現在、中央銀行が管理をしていて、市場に出回るお金の量を調整しています。市場に出回るお金の量を増やせば、インフレになり、少なくすればデフレになる。政府はお金の量を増やしていると言っているが、実際は増やしていないのでしょう。つまり、経済は中央銀行によってコントロールできる。
 ビットコインに中央銀行はない。つまり、誰も管理していないということになる。これは、どういうことかと言えば、インターネットと同じように誰でも見ることができるようにして不正をできないようにしているのです。
 昔は情報源が新聞やテレビ、雑誌くらいしかなかった。しかし、今はネットがあるので、政府に都合が悪い情報も入手することができる。ネットを見ていない人は、病気になれば病院でワクチンなどを平気で接種してしまうが、ネットで正しい情報を持っている人は、ワクチンは毒だと知っているので病院には行かない。
 お金も今は紙のお金をやり取りしているが、手紙がなくなってメールになったように、今後はお金もデジタルに変わっていく。今まではお金を送金する時は、銀行を通していたが、今後は庶民通しでやり取りができる。ビットコインは世界共通の通貨ですから、海外への送金もすぐにでき、換金で手数料を取られたりはしない。
 一部の人たちはもう分かっているが、これにより銀行はいらなくなる。つまり、お金による世界支配は終焉を迎えることになる。ただ、テレビや新聞などのメディアは、まだユダヤ金融家(ロスチャイルド)に支配されていますので、急に変わっていくことはないでしょう。しかし、5~10年後には世界は変わっていることだろう。

2018.01.13『低温対策をしないと健康を保てない』
ケムトレイル1709  私が予想した通り、寒い冬が続いている。「この冬は寒くなるのが早いから、温かくなるのも早いかしら?」などと安易なことを言っている人が多いが、間違いなく4月まで寒いだろう。そして、桜は3月には咲かず、4月に咲く。
 私が、「何でこんなに寒いと思う?」と聞いても誰も答えられない。答えは簡単なことです。ケムトレイルを1年中散布していますので、日差しは遮られて寒くなっているだけです。昨日も酷いケムトレイルだった。まだ、知らない人も多いと思うが、空を見れば分かることです。
 この寒さに影響で亡くなっている人も多い。老人はこの急激な寒さに耐えられないのでしょう。また、咳をしている人も多い。空を見れば分かることですが、青空ではなく水色に濁っています。2年前から大気汚染が酷くなってきています。こんな空気をマスクもせずに吸っていれば、喉はおかしくなるのは当然です。
 それでも、多少は外に行って太陽に当たらないと精神的におかしくなってきます。ケムトレイルで太陽が出ている時間が少ないですが、出ている時は少しでもマスクをして日に当たり、動くようにするしか健康を維持する方法はないでしょう。
 善良な日本人は人を疑ったりはしないでしょうが、政府はユダヤ金融家とグルで、日本人を殺そうとしているのです。「え~、そんなことないでしょ」と思っている人が多いと思いますが、それなら、どうして毎日ケムトレイルを散布しているんでしょうか?

2018.01.12『ATPツアー2018年開幕戦(優勝)』
 2018年度ATPツアー開幕戦、仮想:全豪オープンに行ってきた。今回は5名の参加で8ゲーム先取の総当たり戦を行った。(※ATP:あっちこっちでTennisをPlayする)
【1試合目】寒川市の一般で準優勝している実力者。いつも厳しい接戦になる。寒いから良いボールは打てないし、相手も同じだろうと考え、ミスを減らして前半にリードしようと考えた。予想した通り、相手は本調子ではなく、なんと8-1で勝った。
【2試合目】横浜市の50代で年齢別で3回戦進出の実力を持っている。サーブやボレーも上手く、苦手なショットはないようなので、私はいつも攻め方に困る。こんな時は積極的に打っていこうと考えた。付き合って打ち合っていたら、ハマってしまう可能性が高い。積極的にネットプレーをしてみたり仕掛けてみた結果、8-3で勝った。
【3試合目】60代の女性だが、全日本ランカーで全日本ベテランテニス大会にも4回出場している。普通の男性はほとんどの人が負けてしまう。攻撃的なボールを打ち、ネットプレーが上手い。初めのゲームは取られてしまったが、後半は体力差が出るだろうと左右にボールをコントロールした結果、8-3で勝った。
【4試合目】60代で茅ヶ崎市年齢別ベスト4の実力を持っている。ウルトラマラソンを完走してしまう体力があるので、持久戦では不利になるから、私は動きやボールのコントロールで勝負に行った。その結果、8-2で勝った。
 いや~、8-1、8-3、8-3、8-2の全勝です。全然スコア的には競った試合もなく、完全優勝をすることができました。お正月はテニスができなかったが、マッサージやストレッチは欠かさず行い、年明けには、ランニング、壁打ち、筋トレを続けていた結果が出たと思っている。
 結局、テニスは体力なんだと改めて思った。8ゲームを4試合も行えば、誰もが足の動きが悪くなっていた。私もさすがに疲労を感じたが、それほど動きは悪くならなかったと思っている。今度もケガに気をつけて、トレーニングするのみです。まだ、始まったばかりですが、今年の勝率は、100%です。
[海老名で佐藤コーチのシングルス大会はコチラ_⇒]

2018.01.11『預金封鎖に備えよ』
 多くの人が銀行にお金を預けていて必要になれば、いつでもお金を引き落とせると思っていることだろう。しかし、2013年3月にキプロスで預金封鎖が実施された。しかも、その口座にはいているお金に9.9%の税金までかけられてしまったという事実があります。
 自分の口座に300万円は入っていたが、引き下ろすことができなくなって、30万円の税金が勝手にひかれていた。そんなことが普通に起きていたのです。当然、この情報がバレテしまえば、庶民は銀行からお金を引き出しておくでしょうから、予告もなく突然やります。まあ、そんなことを言っても、日本じゃ起きないでしょう、と思っている人が多いと思いますが、1946年2月16日に日本でも起きていました。
 また、最近はお金の価値が変わっていないので、安心しきっていると思いますが、政府が意図的にインフレを起こせば、あなたが持っていた300万円は100万円に価値しかなくなることはあるのです。私の曽祖父は550円で大きな家を買ったし、私の親は200万円で家を買った。え~、そんなに安かったの良いな~と思ってはいけない。給与も当然安い。
 むしろ問題なのは今で、モノの値段は上がっているのに給与は上がらない。市場に出回るお金の量を多くすればインフレになり、少なくすればデフレになる。つまり、中央銀行の意図するように市場価格はコントロールできるのです。
 しかし、ビットコインなら中央銀行は操作できない。だから、私はビットコイン化を勧めているのです。明日にでも、あなたの口座は凍結されてしまう可能性はあるのです。
[仮想通貨と法定通貨は逆転するはコチラ_⇒]

2018.01.10『食べ物が小さくなっている』
 明治のチョコレートが小さくなっていたのは有名な話だが、それだけではなかった。ポテトチップ、うまい棒、サバ缶、ネッスルコーヒー、リンゴジャム、うどん、プロセスチーズなどあげればキリがない。価格は同じにして量を減らす。つまり、実質の値上げです。私は上記のものは全て食べないので関係はないが……。
 それだけではなかった。日本人のiphone比率は高いが、アメリカでは価格は変わっていないのに日本だけ価格を上げていた。私は2年前にネットで新古のガラケーを7,000円で買い、auに行ったら、「これ壊れているかもしれないですよ。3万円の同じ機種ですと2年間の保障がつきます」とウソをつかれたが、2年間問題なく使っている。
 もう分かると思うが、日本人はカモにされているのです。庶民がそんな商品を買わなければいい。そうすれば売る側も量を少し多くしたり価格を下げたりしてくるでしょう。株価と同じで買うから価格が上がってしまう。買わなければ価格は下がる。
 ポテトチップ、チョコレート、iphoneなどは私にとってはどれもいらない。電話はガラケーで十分だし、食品は近所の農家から買えばいい。今でも100円で消費税も取られないし、新鮮です。
 消費者が賢くなれば生産者も考えてくる。悪い商品でも高く売れれば、生産者の利益は増えるわけだから、そのままです。より良い商品を消費者が厳しい目で判断し評価していければ、市場にはより良い商品が低価格で並ぶでしょう。
 つまり、消費者が安易に高い商品を買っているから、こんな状況になっているとも言えるのです。また、ケムトレイルなどによる気象操作で、野菜の価格が上がっています。天気を悪くすれば野菜は育たない。そして、安い農薬入りの外国産を日本人に食わせて、さらに儲ける。今後は食品輸入が増えるでしょうから、円安になる。
 まあ、やっていることがバレバレです。そんなことをすることは数年前から分かっていました。だから、私は円をドルに変えておいたのです。
[食べ物小さくなってませんか日本?はコチラ_⇒]

2018.01.09『少しずつ伝えていく』
 昨日は埼玉県の実家に行ってきた。実家の前には大きな家の農家があったが、後継ぎもいないようで、農地も家も売りに出され、そこに新たな家が10件近くも建っていた。駅からは徒歩30分くらいあり、それほどいい条件ではないし、3400万円と書いてあり安いとも思えないが売れていた。
 実家ではテレビを見続け、動きもしないのにしっかり3食、食べている。まあ、どこの実家も同じでしょう。両親とも健在であり、元気でいてもらいたいと思うが、もうやる気をなくているので、何を言っても効果はない。
 中学生の時から仲のいい友達がいて、最近は1年に1回お正月に会っている。高校卒業後、一般企業に就職して辞めずに28年も勤めている。まあ普通の人です。というか、私が変わり者なのですが、妹からも、「巧ちゃんが普通じゃないだよ。こっちが普通だからね」と言われてしまった。
 まあ、確かにその通りです。普通の会社員であれば平日は毎日会社に行き、通勤時間はスマホをいじり、昼はコンビニ弁当で、夜はスーパーで買ったものを食べるか外食。土日は買い物か趣味で終わってしまう。まあ、そんな人が多いでしょう。
 私が、「今週何冊、本を読んだ?」と聞くと90%の人は1冊も読んでいない。そんなことは分かっているが、親友のN君だけは少しでも分かってもらおうと、ちょっと話す予定が、熱くなってしまいファミレスで3時間半も語ってしまった。普通のN君ですから、ケムトレイル、ロスチャイルド、ビットコインなど何も知らない。
 それでもここ数年、何回も話しているので、N君は少しは分かったようで、ツイッターにも登録していた。私は大きなことはできないが、こうやって一人ずつに真実を話すことで世の中が変わってくると信じている。ブッダが80歳まで説法を続けたように……。

2018.01.08『新年会は盛り上がりました』
飲み会1801  昨日は新年会があり楽しく飲むことができた。私は一人でいることが好きな方だが、一人で黙々とトレーニングや勉強を続けていると世間とのギャップを感じることが多い。私が勉強したことを一人でも多くの人に伝え、それがその人のために少しでもなれればと思っている。
 そのためには、しっかりと会話をして、どんなニーズがあるのか、どんなことを知っているのか、を知らないとうまく話ことができない。昨日は6人での飲み会で全員と話をすることができた。
 皆それぞれに良い面を持っている。その良い面を吸収して自分に生かす。また、私が話したことが、どの程度理解されているのか、興味がある話題なのか、そんなことも知るいい機会になった。
 まあ、こんなことまで考えて、飲み会に参加する人はいないと思うが、私は2018年から全国に勉強会で飛び回ろうと思っている。そのためには、知識は勿論だが、伝える話術も重要になってくる。話術についても、それなりに勉強をしているが、「習うより慣れろ」で場数を踏んでいく必要がある。また、その時のメンバーによっても反応は大きく変わってくる。
 テニスコーチをしていた時、同じことを言ってもクラスによって大きく反応は違った。そのメンバーのテンションや知識レベルにあった情報を提供しないといけない。私にとっては飲み会も大切な勉強の場でもある。
 次回は、4月1日に「春の飲み会&勉強会」を開催します。ご参加お待ちしています。

2018.01.07『楽しい新年会と勉強会に行ってきます』
 今日は2018年度、第1回新年会と勉強会があります。参加者は、テニス仲間のKさん(60代)Nさん(60代)Mさん(50代)Hさん(50代)と自転車と飲むことが趣味のTさん(60代)の5名です。ガンガンしゃべる人はいないので、私がガンガン話そうかと思っているが、誰かが「会話は聞くことが大切です」という言葉を今思い出した。
 この飲み会は、2011年から始めたので、もう8年目になる。テニスを一緒にやっていても話す機会は意外と少ない。ゴルフやマラソンをやっている人は、飲み会もセットという人も多いようだが、私はそんなことはやっていないし、参加したこともない。
 最近は近所に人たちと会話を交わすことも少ないし、ご近所同士で食事や旅行にも行かなくなってきた。これはテレビの影響が大きいと私は思っている。テレビで、「ご近所トラブルが起きて、殺人事件が起きた」などのウソ報道を何度も聞かされると信じてしまう。実際、近所で殺人事件がありましたか、と私は言いたい。どこかであったとしても、少なくともこの辺では50年は起きていない。
 埼玉県の実家にいた頃は、ご近所同士で旅行に行ったり食事に行ったりしていて楽しかったが、最近は近所付き合いがほぼなく、隣りに誰が住んでいるのかも分からない。私はそんな社会を作りたくないと思って、こんな飲み会をやっている面もある。
 また、2016年から勉強会を始めた。参加者はまだ多くはないが、勉強会を開催しているのに私の知識がなければ話にならない。だから、私は毎日勉強をしている。今持っている情報は1週間も経てば、もう古い情報で使えなくなってしまう。タルムードには「知識を増やそうとしないことは、実は知識を減らしていることになる」「1日勉強しなければ2日遅れ、2日勉強しなければ1週間遅れる」とあった。
 体力も同じでトレーニングをサボれば、すぐに落ちる。昨日は空き時間があったので、海老名運動公園に行き、ランニング2.4キロと壁打ち30分をやってきた。2.4キロは10分45秒で走れたので、1キロ4分29秒ペースですのでまあまあです。また、壁打ちをすると何かしらの発見がいつもある。
 早いもので今年ももう1週間です。52週しかない1年ですから、前半にやるべきことを進めていきます。
[飲み会と勉強会はコチラ_⇒]

2018.01.06『GACKTが仮想通貨を発売していた』
 普段はテレビなんて見ないが、お正月は妻の実家(長野市)に帰省し、夕食を取りながら、芸能人格付けを何年も見ている。いつも驚くのはGACKTは外さない。知識が豊富であるし、スタイルも変わらずキープをしている。私もガクトのようになりたいと思う。
 そのGACKTが仮想通貨を出していたとは知らなかった。ブログを少し読んでみたが、当然、頭が良い。CDは売れなくなると分かっていたから、ミュージシャン活動はほぼやっていない。自分がやりたい仕事があっても、時代のニーズがなければ変えなければならない。冬にかき氷屋は売れないのと同じです。
 仮想通貨についてこう言っています。『仮想通貨というものを、もはや受け入れるかどうかなどと議論をしているレベルではない。【仮想通貨】と【ブロックチェーン】の出現により世界は大きく変わり始めた。国境を超えて世界がものすごいスピードで変容している。ここから10年後、紙幣もなくなる世の中が必ず訪れる。銀行の建物もほとんどが街から姿を消すことになるだろう。そして、国単位の支配体制から、新たな経済の世界地図が作り変えられる。これは近い将来必ず起こることだ。仮想通貨の可能性は、国境とか国や政治を超えた【貨幣の民主化】とも言える。』
 私がビットコインに投資しているのは、ただお金儲けをしたいわけではなく、庶民が今のお金を使わないで、ビットコインでやり取りをするようになれば、ロスチャイルドの金融支配から逃れられるからです。
 まあロスチャイルドが世界を支配しているなんて思っている人は少ないでしょうが、説明は割愛する。世界の支配者層は今ビビッていることでしょう。6日8時の時点でビットコインはまた200万円を超えた。これはやっとビットコインの意味が分かってきた人が多いことを意味する。分からなくて、ただ儲かりそうだからという人も多いと思うが、今後はさらに増えていくでしょう。
 また、GACKTは、『【仕事】と【投資】を必ずパラレル(並列)で持たなきゃダメだ!』とも言い切っている。私も大卒後、仕事を始めてから何かしらの投資を続けてきた。定期貯金、財形貯蓄なども立派な投資です。失敗をするかもしれないが成功をするかもしれない。
 でも、そんなことを恐れていたら、何もできない。GACKTも言っていた。『しっかり勉強しろ』と……。
[【大城 ガクト】と【 仮想通貨 】はコチラ_⇒]

2018.01.05『ビットコインに投資してみよう』
 私は11月からビットコインに投資を始め、ちょっとだけ儲けさせてもらった。株には昔から興味があったが、よく分からなかったし、ハゲタカ投資家などが空売りなどを仕掛けてくるのは分かっていたので、やめていた。
 今後は仮想通貨が市場に出回り、今のお金は価値をなくしていくでしょう。だって、買い物をするときにクレジットカードやポイントカードが使えれば、1%でも安い方がいいと思って使うでしょ。それがビットコインだったら、もっと安く買い物ができるわけで、数年後には、どこの店も、「ビットコイン使えます」と表示が出されるでしょう。
 仮想通貨は値動きが激しく、買ったけど損をしてしまった人も多いと思う。損をする人がいるから、儲かる人もいるわけですが、価格がこんなに大きく動くのは今だけで、数年後は安定してくると思う。逆に考えれば、今だけが儲けるチャンスでもある。
 私は毎日チャートを見ているが、そのチャートがどう変化をするかを考えないといけない。簡単に言えば、底値で買って高値で売る。しかし、いつがその時なのかは分からない。私の読みはほぼ成功しているわけですが、考えて決断をする。これがとてもいい頭のトレーニングになります。
 テレビを見ている時間があったら、ビットコインに10万円でも1万円でも投資してみると面白い。その10万円が200万円になった人が何人もいるし、10万円が5万円になってしまった人もいる。投資ですからリスクは常にある。しかし、リスクを背負って行動をしていかないと人間は成長しない。
 私はこの2カ月間ずっと投資の勉強をしていた。そして、ついに昨日、「ビットコイン佐藤理論」を完成させた。これなら絶対に損はしないという方法を見つけたわけですが、これはちょっと言えない。結果は1カ月後にまた報告します。
[仮想通貨がロスチャイルドの金融支配を終わりにするはコチラ_⇒]

2018.01.04『今年の目標』
 2018年が始まった。昨年は大変いい年になったが、今年もそうしたいと思っている。お正月は、ちょっと太ろうと思ってゆっくり過ごしたが、急に太れるわけでもない。ビットコインが急成長して、今年は世界が変わる元年になりそうな気がするが、まずは個人的な目標から設定したい。
1.道楽テニスで勝率75%(85%)、5勝(10勝)達成
 昨年は通算230勝48敗(勝率82.7%)だった。これはタマタマだと思っているし、今年はより強い相手を探してチャレンジしていきたいと思っているので、75%にいったら最高です。(85%)は海老名のコートだけならという目標です。昨年は9勝したが、今年は最低5勝で、できたら10勝です。
2.勉強会を多く開催する
 昨年もよく勉強をした。今年も続けていくが、この知識を多くの人に広めたいと思っている。多くの人が病気になると病院に行ってしまい、抗がん剤や手術で亡くなっている。知識がない人は殺されてしまうのです。また、異様に寒いが気象操作されていることにも多くの人は気がついていない。
 2月には岐阜県高山市で勉強会を開催する。観光目的でもあるが、海老名市限定だった活動を少しずつ広げていきます。
3.健康を維持する
 これが1番難しいかもしれない。健康でなければスポーツも勉強も仕事もできない。昨年はよく走り、体は引き締まってきたが、今年は筋トレを多くして体重を増やしたいと思っている。
 まあ、こんなところでしょう。小さな目標は多くあり、今年も1試合ごとに記録を取り、結果にこだわりたいと思う。毎日のトレーニングや体重、テニスの結果などは毎年カレンダーに記入をしている。今年も記録を取り、結果が悪くても良くても、このブログで公表していく。

2018年1月~

●過去のブログはリンク集に、まとめてあります。[リンク集はコチラ⇒]

Copyright(c)2003-2018 Sato Sports Seitai. All right reserved.[かんたんWeb予約はコチラ⇒]

inserted by FC2 system