ブログ blog 佐藤スポーツ整体/海老名店S3

ひまわり Gメール←コメントお待ちしています

●本日もご訪問ありがとうございます。佐藤

最新ブログ new blog

2014-06-30『来年はボディビル大会に出場します』
ビルダーCさん(40代男性)…身長167センチ、体重88キロ、体脂肪率11%とムキムキのマッチョボディをしている。
 最近、外国人が何人も来店するが、まじめに通っているのはCさんだけ。Cさんは肩を痛めてしまったが、手術をしても治らないのは分かっているので、痛いがスポーツマッサージで治ってきた。
 90度しか上がらなかった左手が160度まで上がるようになった。
Cさん「ショルダープレスできるようになりました」
私「そうですか」(まだやらなくていいよ)
 また、Cさんはボディビルだけでなく、ムエタイ(タイ式キックボクシング)もやっている。やはり男は強い方がいいだろう。
Cさん「左ジャブが打てるようになりました」
私「そうですか」
 肩の痛みがなくなってきたことで、トレーニングを再開している。その結果、筋肉量が増えてきた。ただ、ボディビルもバランスが重要です。上半身、下半身、表、裏、左右などがジャッチされる。
Cさん「来年5月にボディビルの大会に出ます。そのために食事も高タンパク低カロリーです」
私「頑張って、オリンピアに出るの?」
Cさん「それは無理」

2014-06-29『ウィンブルドン前半戦』
 世界の第10シード錦織圭は勝っている。そもそもテニス人口1億人以上の中の第10シードって、凄すぎます。
 その圭は、1、2回戦は3-0で勝ち上がり、3回戦は、2-2でファイナルセット3-3になったところで日没順延になった。日曜日は休みなので、月曜日に再開になる。ちょっと不安だが勝ってくれるでしょう。その後、ラオニッチ、フェデラーと続く予定。
 しかし、圭は分からない。全仏ではサーブもまともに打てないくらい腰や膝が痛かったようだが、今回は回復している。今はどうかわからないが、頑張ってほしい。
 今年のウィンブルドンは面白くなりそうです。昨年は、ナダル1回戦、フェデラー2回戦で敗退してしまったが、今回は共にベスト16入りを決めている。
 フェレールは負けてしまったが、ジョコビッチもマレーもワウリンカも勝っている。さて誰が優勝するのか。大本命はジョコビッチだが、フェデラーの8回目の優勝も見てみたい。

2014-06-28『午後のコーヒーブレイク会』
 綾瀬市Bさん(70代女性)は隔週くらいでお菓子を買ってきては、「これ美味しそうよ」と言って半分私にくれる。ちょうど夕方でお腹が空いている時なので、最高に美味しく感じる。
 その後、中級ナイターテニスとウォーキングサークルに参加しているSさん(60代女性)が来店。「今度コーヒー買ってくるわ」と先週言っていたのを忘れてはなく、近くにできたセブンイレブンでコーヒーを買ってきてくれた。さらにデザートも付き、3人で午後のコーヒーブレイク会が始まった。
 私はなぜか、このコーヒーが楽しみだった。何度かセブンイレブンのコーヒーを買ったことはあるが、一人で買って飲むのと、買って来てもらって3人で話しながら飲むのでは、味が全然違った。「食事は話しながら楽しく」なのだと改めて感じた。
 今後もこの会は続きそうです。次回は私が即席のそばでも作りましょうか?

2014-06-27『2014年上半期10大ニュース』
 6月もあと3日で終わろうとしている。上半期も考えてみれば色々あったが、ランキング形式で10大ニュースを発表したい。
1位 美人バレリーナMちゃん 発表会で主役
 地道にトレーニングを続けた結果、主役に抜擢された。7月にはコンクールに出場する。
2位 中学生スケーターNちゃん 県大会3位
 3回転ジャンプが初めて認定され、3位入賞した。昨年秋は4位だったので、1つ順位を上げた。
3位 テニスSさん 草テニス大会ベスト4
 3月4月の大会でベスト4に進出した。あと2つ勝てれば優勝だが、まだ遠い。
4位 野球部S君大活躍
 兄貴は2号ホームランを打ち、弟は1年生ながら4番を打っている。このまま7月の県予選を戦ってほしいが……。
5位 ゴルフYさん8キロ痩せました
 2月に75キロあった体重が、6月には67キロになった。もうタルタル星人とは言わせない。
6位 バレリーナTさん体脂肪率21%
 産後、子育てで休止するどころか、トレーニングに集中し体脂肪率が21%になった。10年前は28%で体重は10キロも多かった。
7位 美人CA:Iさん結婚
 残念ながら結婚してしまい悲しんでいたら、アメフトKさんが「いや、まだ分かりませんよ」と……。
8位 筋トレ30分コース新設
 スプリンターB君が筋トレのみの30分コースを受け、肉体改造を始めた。
9位 ウォーキングサークル3年目スタート
 地味に続けているサークルが3年目に入り、参加者は安定して10名位いる。伊東浩司も良い姿勢と正しい歩き方が基本と言っている。
10位 他にもいろいろあった。
 4月に懇親会、のぼりと看板設置、腕時計の電池交換開始、大雪、トレイルランナーSさん転勤、錦織圭世界ランキング9位、佐藤シャラポワ初級テニスに復活。

2014-06-26『筋トレ30分コースで肉体改造』
 ワールドカップサッカーで日本代表はあっさり終わった。世界とはフィジカルの差が大きく、相手になっていなかった。やはり、体ができていないと世界とは戦えない。
 そこで、スプリンターB君(20代)は、筋トレ30分コースで肉体改造を狙っている。
 誰でもこのコースを受けられるわけではない。まず、体力がないとダメだし、筋トレをできる柔軟性も必要である。B君はこのコースを受けるまでに2年かかった。
 筋トレメニューは、1.ダンベルプレス 2.ワンハンドローイング 3.ショルダープレス 4.ストレッチアブ 5.バランススクワット 6.レッグランジ 7.サイドランジ 8.グッドモーニング で、B君は大汗をかいていた。
 これを続けられれば間違いなく体は変わるでしょう。すでにB君の肩幅は広くなり、足は細いが臀部は大きくなっている。また、できなかった筋トレも練習していたようで、できるようになっていた。
B君「他の人は、このコース受けないんですか」
私「5分でヘロヘロになっちゃうから無理」

2014-06-25『修学旅行はロンドンとパリ』
maya美人バレリーナMちゃん(高校生)…相変わらず調子はよく、5月の発表会では主役を務めた。7月には休止していたコンクールに満を期して出場する。状態もいいので、上位入賞を期待したいが、その前に10日間も修学旅行に行くらしい。
私「どこ行くの?」
Mちゃん「ロンドンとパリ」
 時代は変わっている。沖縄でも驚いていたが、イギリスとフランスに行く。アメリカのワシントン、ニューヨークコースもあったらしい。私は中国地方だったが大して記憶に残っていない。
 その後、野球部S君来店。
Mちゃん「もしかして、天才野球部S君?」
私「自称の天才だけど」
 MちゃんとS君は同じ年。6月にMちゃんは1年間付き合った彼氏と別れてしまったが、S君は彼女ができたらしい。
S君「今、モテキ来ているんです。俺の彼女の方がカワイイ」
私「本当か、写真ある?」
 見せてもらったが確かに可愛かった。高校生は何かと忙しい。恋愛、部活、勉強、体育祭。Mちゃんは生徒会の活動まである。しかも生徒会長。マラソン大会でも1位。学校では常に注目されているようです。
 そんなMちゃんを男子は狙い、2ヵ月に1度は告白される。その前に思い切って告ってみようか?

2014-06-24『リストストラップが売れている』
 リストストラップを知っているだろうか。と言ってもカメラ用ではなく、筋トレ用です。これは本格的なボディビルダーが使っている商品で一般認識率1%くらいだろう。
 30キロ以上のダンベルを持とうとすると握力が辛くなってくる。その結果、背中の筋肉を限界までトレーニングすることができない。しかし、これを使うと重いウェイトを楽に持つことができる。
 上半身の大きな筋肉は胸と背中です。ベンチプレスをやっている人は多いが、ローイング系をやっている人が少ない。筋トレもバランスが重要です。
 これをスプリンターB君やモーグルTさんに紹介したら、「これいい」と感動し、すぐに購入した。とりあえず、2個入荷しておいたが、柔道Aさんも買いたいと言ってきたので、3個再入荷しました。
 マッチョボディを目指したい人は、必需品です。

2014-06-23『特別先行予約が多くなってきた』
 ビルダーCさん(40代白人男性)が、「お友達連れてきました」と。パワーリフターJさん(30代黒人男性)が一緒に来た。体重113.5キロとデカく、腕が普通の人の足くらい太い。
 翌日、柔道Aさん(20代男性)が来店。体重106.5キロと相変わらずデカい。当店には最近デカい人が出入りをしているが、近所の人たちはどう思っているのだろうか?
 また、突然フィリピンの男性が「予約したいのですが」と、国際色も豊かになってきた。
 そんな感じで、予約が多い。当然予約も取りづらくなり、その結果、「特別先行予約」をする人が多くなってきた。これは毎月10日を過ぎると、翌月先行で何ヵ所でも予約ができるというものだが、毎週同じ時間を取りたい人は多い。(有料1,000円)
 これを利用しているのは、週2回通っているバレリーナTさんとゴルフYさんだけだったが、最近は野球部S君、アメフトKさん、野球Hさん、モーグルTさん、ウォーキングサークルSさんと多くなってきた。
 その結果、すべての19時台と火・金のお昼前後の予約は常に入っている。よって新規の予約は取れない。全国の整体院で予約が有料という店舗がどれだけあるだろうか?
 嬉しい悲鳴だが、そろそろ私の体も悲鳴を上げそうです。体重30キロの南ちゃんと体重113キロのJさんが同じ料金でいいのだろうか? 最近、疑問に感じている。 

2014-06-22『マラソンHさんは急成長』
スピードランナーHさん(20代男性)…昨年10月は、身長178センチ、体重70キロ、体脂肪率20.3%、柔軟性:背中で手が付かない。つま先が触れない。だったのが、昨日は、体重67キロ、体脂肪率16.9%、柔軟性:手は背中で届き、開脚してあごが床に付く。ようになった。こんなに急成長をした人は初めてです。
 Hさんは始めから熱心に聞いてきた。昨年11月の上尾ハーフマラソンでは、92分で完走した。それを聞いた時は本当かな、と思うほど体ができていなかった。と言うのは、体を見ればどのくらいのスピードで走れるかは予想はつく。まだ若いから勢いで走れてしまったのだろうと思った。
 しかし、Hさんは毎週スポーツ整体に通い、その日に行ったトレーニングをジムに行って復習もした。走るのはアドバイス通り週2回にし、お風呂上りにストレッチもした。
 その結果、体が変わり始めたが、5月に静岡県に転勤になってしまった。体が変わり始めて楽しくなってきたHさんは、フラットベンチとダンベルを購入し家でも教わったトレーニングを続けていた。
 当店には、転勤しても通ってくれるクライアントが多い。3年前に中国に転勤になってしまったボルダリングTさん(50代男性)も年に3回くらい来店してくれるし、先日は福島県に転勤になってしまったトレイルランナーSさん(30代男性)も来店した。
 3人とも共通しているのは、運動を続けているので、悪くはなっていない。ゴルフYさんやバレリーナTさんのように1週抜けるだけで調子が悪くなってしまう人は多い。
 Hさんは、7月に福島県のハーフマラソンに出場する。姿勢は良くなり、ハムストリングを使った走り方が少し分かってきた。ケガの心配もないので、サブ90分の好記録が期待できそうです。

2014-06-21『アメフトKさんはやる気満々』
アメフトKさん(50代)…5月から腰痛のためスポーツ整体に通い始めた。以前はすぐに良くなったが、50歳になったためか、治りが悪くなっている。腰椎のズレは少ないが、体のバランスが悪いので腰に負担が来ている、と私は指摘した。
 Kさんは珍しくスポーツ整体に通う前からスポーツ整体にハマっている。当店のHPを熟読し佐藤理論を理解したいとすぐに思った。すでに過去のブログも読んでいて、当店の主要メンバーはほぼ知っている。
 先日はトレイルランナーSさん(30代男性)が福島県から来店したが、「兄弟子と呼ばせてください」と言い、メール交換をしていた。
 元々スポーツが好きで、柔道、レスリング、アメフトと格闘技系のスポーツをやっていた。体も大きく身長180センチ、体重85キロで筋肉は多い。ジムにも通っていたが、上半身のトレーニングしかしていなかったため、下半身とのバランスが悪い。それが腰痛の原因にもなっている。
 私はすぐに、「その筋トレは止めた方がいい」とアドバイスし、筋肉はバランスが重要ですと言ったら、「必要のない筋肉はただの重りでしかないんですよね」と佐藤理論の言葉が返ってきた。その結果、徐々に体のバランスが良くなってきている。
 6月の1週目は3日も来店した。最近は予約が多いので、「週に1回ぐらいで……」と言っても予約を入れて帰る。「7月は先行予約で週2回にします」とやる気満々です。
Kさん「佐藤理論で肉体改造したいんですが、できますかね?」
私「できると思いますよ」
Kさん「じゃあ、国体目指しちゃおうかな?」
私「何で???」

2014-06-20『6月の効果測定ランキング発表』
 3ヵ月に1度の効果測定が6月にあり、クライアント全員のチェックが終わったので優秀者を発表したい。私の独自の判断なので気軽に見てほしい。また「次回は上位に入りたい」と思って頂ければ幸いである。
1.柔軟性部門…体が柔らかくなくては動けないしケガする。最重要の項目である。
【男性】1位 ゴルフYさん(40代)
    2位 柔道Aさん(20代)
    3位 野球Hさん(30代)
    4位 アメフトKさん(50代)
    5位 週末ランナーBさん(30代)
【女性】1位 バレリーナMちゃん(高校生)
    2位 新体操、南ちゃん(小学生)
    3位 バレリーナTさん(30代)
    4位 バレリーナSちゃん(中学生)
    5位 綾瀬市Bさん(70代)
2.体脂肪率部門…タルタル星人では困る。引き締まっていた方が良い。
【男性】1位 野球部S君(高校生)8.7%
    2位 ビルダーCさん(40代)11.6%
    3位 モーグルTさん(40代)13.4%
    4位 野球Hさん(30代)17.0%
    5位 エリートランナーFさん(40代)17.8%
【女性】1位 美人CA:Iさん(20代)15.5%
    2位 新体操、南ちゃん(小学生)19.4%
    3位 バレリーナTさん(30代)21.0%
    4位 バレリーナMちゃん(高校生)21.7%
    5位 スケートNちゃん(小学生)22.1%
3.筋肉量部門…男性は単純に体重とした。筋肉は重いので体重が多いということは筋肉が多いはず。
【男性】1位 柔道Aさん(20代)106.5キロ
    2位 ぽっこりジョコビッチIさん(30代)91.4キロ
    3位 ビルダーCさん(40代)88.0キロ
    4位 アメフトKさん(50代)84.8キロ
    5位 野球部Tさん(30代)81.2キロ
【女性】1位 バレリーナMちゃん(高校生)
    2位 美人CA:Iさん(20代)
    3位 バレリーナTさん(30代)
    4位 スケートNちゃん(中学生)
    5位 新体操、南ちゃん(小学生)
 このような結果となった。産後にもかかわらずバレリーナTさんが健闘している。CAが目標のようだが、もういいんじゃない?
 注目のテニスSさんの柔軟性1位は不動なので殿堂入りとなった。体重66キロ、体脂肪率19%は10位以内には入れるだろう。このフィジカルとスポーツの成績は間違いなく比例する。技術やメンタルは簡単に折れるが、体力は不動のものだ。
 次回は、9月にチェックします。

2014-06-19『スピンサーブはもう古い』
 昔、エドバーグもベッカーもラフターも腹筋を使ってスピンサーブを打っていた。しかし、サンプラスは左中臀筋を使っていた。そのことに今さら気付いた。気付いたからといって、すぐにできるとは限らない。
 上記の4名は全員片手打ちバックハンドです。しかし、今のトッププロの90%は両手バックハンドです。両手打ちの方がメリットが大きいと感じた結果でしょう。
 私の世代以上はみんな片手打ちだったが、両手打ちに変えてみた。違和感があり難しいかったが、少しはできるようになった。野球で言えば、左打ちのようなもので、なかなか打てるようにはならない。
 中級テニスに来る同じ40代のIさんもバックが上手く打てないので両手にしようか迷っていた。
Iさん「両手打ちに変えるの、どのくらいかかりました?」
私「3年くらいかな」
Iさん「そんなにかかるんだ。止めよう」
 普通はそうなる。今度はサーブを変えようと思っている。また3年くらいかかるかな?

2014-06-18『夏は何かとチャンスです』
 梅雨入り中だが、季節的には夏です。夏は草木の成長が早いが、人間も成長できる時のように感じている。
 暑いので疲れやすいが、回復も早い。事実、髪の毛や爪が伸びるのも早いようです。また、ウォーミングアップの時間が少なくても問題ないので、ストレッチをする時間を多く取れる。柔軟性を上げるのは難しいが、できるとすれば夏しかないでしょう。「体が硬くなると太りやすくなる」とぽっこりジョコビッチが言っていた。
 太陽に当たって体を温め、ストレッチをする。これがのんびりできるのは夏しかない。ただ、当たりすぎれば熱中症になる。
 熱中症になると、トマトを食べたくなった。私は普段トマトはあまり食べないが、大学生の頃、夏にトマトばかりを食べていた。
夏のおすすめ食品…トマト、カツオ、お茶、酢の物、漬物、ラッキョウ、生姜、アユ、枝豆、ナス、梅干し、ウナギ

2014-06-17『悔しい思いをした分だけ強くなれる』
 昨日は、上級テニスがあり、Sさん(60代)に3-6、5-6で負けてしまった。最近は接戦が多く、ノーアドバンテージで行っているのに、2時間で2セットが終わらない。
 これで3勝4敗になってしまい、負け越してしまった。Sさんは負けると無言になるが、勝つとよく話す。
Sさん「何度も負けて悔しい思いをしないと強くなれないね」
私「ですよね」
Sさん「それと試合だけ出ていてもダメ。日々のトレーニングを続けていないと」
私「ですよね」
 Sさんは、毎日ストレッチをして、食事も節制し、週に何度か上手い相手を探し、シングルスの練習をしている。来週は名古屋までJOPの大会に行くし、昨日も試合後、走っていた。
 テニスだけではなく、卓球やゴルフもする。ゴルフのハンディキャップはシングルで、Yさんよりも上手い。
 Sさんと話していると、自分の甘さを感じる。やはり、試合で他県まで行き、負けたら終わりのトーナメント大会に出る。4月は兵庫県まで行っていたが、半日かけて会場まで行き、負ければ終わり。その状況で戦っている人と、厚木市や綾瀬市のラウンドロビン(予選リーグ)の大会ではプレッシャーが違う。
 60代全日本選手のNさんに、私は0勝3敗になっているが、同じようなことを言っていた。「今まで悔しい思いを何度もしてきたから……」

2014-06-16『子供は考えないでプレーできる』
 昨日は、初級テニスがあり7名の参加があった。娘も参加し、楽しそうにボールを打っていた。そのボールが意外と速く、参加した他のメンバーは、「スゴイ、なんでも打っちゃう」と驚いていた。
 まだ力がないので、フォアハンドもバックハンドも両手で打つ。これは私が教えたわけではなく、本人が勝手にそうした。野球のバットスイングと同じように、右打ちと左打ちではグリップが違う。驚くのは、ノーバウンドで打つゲーム中のボレーでも難なく打ち返す。
私「グリップちゃんと変えて打っているの?」
娘「うん」
 大人だと考えてしまって、どのくらいグリップを変えるか迷ってしまう。特に私はグリップチェンジが少しずれただけでもボールを上手く打てない。しかも考えてしまうので反応が遅れる。
 よくシングルスの試合をしているSさんからも、「考えないでプレーできるようにならないと……」と言われてしまったし、超上級者のTさんは簡単にライジングでショートクロスに打てるので、「どうやって打つの?」と聞くと、「勝手に体が反応する」と言っていた。
 どうも考えすぎてしまう私は勝手に体が反応しない。考えてプレーすることは大切なのだが、考えない方がいい時もある。
 私は一時、ウォーキングはどのような筋肉の使い方をしているのか、と考えたら動けなくなってしまった。考えすぎてはいけない。

2014-06-15『体幹トレーニングって、どうなの?』
 最近、体幹トレーニングって書いてある本をよく見る。その本には、腹筋や腹斜筋をトレーニングして、体幹を強くしましょう、と書いてある。
 今回は、ランニングを例にとり考えてみることにする。腹筋をトレーニングして、足が速くなるのか?
 まず、走った後、どこが筋肉痛になっているか、が問題である。足が筋肉痛になっていたら、足を使って走っていたということになる。腹筋が筋肉痛になっていたら、腹筋を使っていたということになる。よく使う部位をトレーニングすればいい。しかし、走って腹筋を使える人がどれだけいるのか。
 次に、体幹トレーニングをしたら、体幹が使えるようになるのか。本に書いてあるのは、いわゆる筋肉を縮めるトレーニングで終動不可である。そのトレーニングをすれば、筋肉が強くなるというより、筋肉が硬くなる。よって、余計に体幹を使えなくなる可能性が高い。
 最後に体幹を使って走るって、どうしたらいいのか? 私には分からないので、スプリンターB君に聞いてみる。

2014-06-14『ぽっこりジョコビッチには負けない』
maya美ジョガーOさん(30代女性)…10月の海老名マラソンに向けて、少しだけ練習をしている。というか、少しは頑張らないと若年性糖尿病になりそうである。
 本当は、バレリーナMちゃん(←)や美人CA:Iさんのようになりたいのだが、どうやら無理そうなので諦めた。産後は気が緩んでしまい、体も緩んで大トロ状態になってしまったが、今は中トロくらいにはなった。
私「当店はアスリート専門店なんだからね」
Oさん「ぽっこりジョコビッチ:Iさんが来ているなら、私も大丈夫」
 と、何が大丈夫なのか、分からないが安心をしている。Iさんが一時94キロから90キロに落とした時は、「このままIさんが痩せて、太っているのは、私だけになったらどうしよう?」と心配した。
Oさん「Iさん、今月体重は何キロでしたか?」
私「92キロに戻っていた」
Oさん「やっぱりIさんだわ。安心、安心」
 なぜか、OさんはIさんをライバル視している。私は、「CAを見習って」と言っているが、完全に無理なので目標にならない。ということは、Iさんが痩せればOさんが焦りだす。
 そのIさんは、ダイエット知識だけは豊富に持っている。サバ缶をよく食べる県は痩せている人が多かったり、朝日に当たると痩せるとか、知ってはいるのだが、実行が伴わず、仕事帰りに赤提灯のお店にふらっと入ってしまう。
 今後も当店の裏ツートップに変わりはないようだが、現在の状況をお知らせしておく。
 体重:Oさん<Iさん、体脂肪率:Oさん>Iさん、筋肉量:Oさん<Iさん、柔軟性:Oさん=Iさん

2014-06-13『どうしたら本番に強くなれるか』
 2014 FIFA ワールドカップが始まった。注目はブラジルの10番ネイマールになるだろう。日本代表は15日にコートジボワールと対戦するが、世界ランキングと体力は相手の方が上のようだが、勝てるのか。
 普段負けていても、この日だけ勝てればいい。ナダルのように全仏だけは負けない。私もそうなりたいと思っている。
 サッカーは状況の変化が大きいように思う。ブラジルの天気、気温、湿度と様々な環境の中で戦わなければならない。その条件は相手も同じである。ただそれに普段どちらが慣れているか、は大きい。
 私は最近よくテニスをしているが、ケガもせず調子は良い。だからといって勝てるとは限らない。昨日は雨で中止かと思ったら、雨は止んだ。それは良かったが、コートは濡れたままでボールは弾まない。ボールはダンロップではなく、BSだった。相手は初めてだったので、様子を見ながら戦ったが負けてしまった。
 大会に行けば、相手は初めてな人ばかりだし、コートもボールも気温も常に違う。その中で安定して勝っていくことは難しいし、1度でも負けたら優勝はない。
 しかし、確かなことが2つある。
1.試合に出なければ勝てない。
2.試合に出ることで経験を積める。
 これしかないでしょう。勝てなくても試合に出続ける。そして、勝つまで止めない。いつかは勝てるでしょう。

2014-06-12『世界21億人が過体重か肥満』
 世界の成人約3分の1、子ども約4分の1が過体重であるとする報告があった。報告書によると1980年以降、肥満増加の流れを止めることができた国は一国もないという。
 肥満人口が最も多い国は米国で7800万人。2位は中国、3位はインドで、それぞれ4600万人、3000万人だった。肥満の人は心臓血管の疾患やがん、糖尿病、変形性関節症、腎臓疾患などにかかりやすい。
 BMI(ボディマス指数)は、体重/身長×身長で簡単に計算できる。この数値が、25以上で過体重、18.5以下で低体重に分類される。細さが求められるバレリーナ達は、18くらい。標準は22くらいになる。
 ただ加体重なだけで肥満とは言えない。ビルダーCさん(40代男性)の体重は88キロでBMIは31だったが、体脂肪率は11%なので、肥満ではない。驚くことに筋肉が80キロあるということになる。その後、ぽっこりジョコビッチ:Iさん(30代男性)が来店し、体重はCさん以上の91キロあったが、体脂肪率は全然違った。
 私はCさんのように筋肉を80キロくらい付けたいと思っているが、柔軟性を高くしておかなければ意味はない。Cさんの柔軟性は低く、両手は背中で70センチも離れている。
 筋肉量が多く、柔軟性が高いことが理想だが、そう上手くはいかない。筋肉が多いと、どうしても柔軟性が下がってしまう。
 佐藤理論では、筋力=筋肉量×柔軟性です。5段階で考えれば分かりやすい。筋肉4でも柔軟性2なら、4×2=8。筋肉3で柔軟3なら、3×3=9。5×5が最大になるが、それは難しいので、4×4くらいを目指したい。

2014-06-11『ゴルフ人生充実しています』
ゴルフYさん(40代男性)…2月に75キロあった体重が、6月は67キロになった。毎月2キロずつ落ちてきている。もうすぐ50歳にもなるので、食欲が以前ほど旺盛ではなくなってきた。体脂肪率は17.8%にまで下がり、柔軟性は不動の1位でそろそろ床に胸が付きそうである。
 毎年恒例になってきた6月の北海道ゴルフ旅行があり、42+42=84の好スコアで廻り、ご機嫌である。5月は箱根、8月は軽井沢とゴルフの予定ばかりが入っている。奥様には、「仕事の付き合いで……」と言っているが、98%趣味のためです。
私「ゴルフ調子いいですね」
Yさん「いや、まだまだ。80歳まではメンテ続けないと……」
私「ってことは、私あと30年続けるってことですか?」
Yさん「できるでしょ。僕は5分もできないけど」
 自分は5分間のマッサージもできないのに、私にはあと30年続けろ、と言う。しかも、「また90分コースお願いしようかな?」と言い出し。
Yさん「90分コースの回数券作ってよ」
私「その予定はありません」

2014-06-10『筋トレのみコース新設します』
スプリンターBさん(20代男性)…3月に大学を卒業し、4月からはスポーツトレーナー養成の学校に通っている。陸上の練習は週2回で行い、体はスリムな感じになってきた。
 体重は62キロから60キロに変わったが、この2キロが大きい。足は細くなり体幹は太くなってきている。ただ最近はスポーツ整体に行けず、筋トレができていなかった。
Bさん「筋トレのみのコースってないんですか?」
私「考えてはいるんだけど、ニーズがなくて」
Bさん「筋トレが足りないんで、やりたいんですけど……」
私「分かった。新設する」
 筋トレコースは15分間筋トレをする。アスリートコースは30分筋トレ時間を設定しているが、こんな時間は必要なく、5分間のプチ筋トレで「ハァーハァー」言っている人が多い。ちなみにアスリートコースを受けたのは、大学生だった柔道Aさんが2回受けただけで、他は誰もいない。
 ゴルフYさんは、プチ筋トレ後、更衣室でよたっているし、美ジョガーOさんは体がだるくなり微熱が出てしまった。
 私も最近はフル筋トレをしていないが、以前は週2回で30分から60分は筋トレをしていた。筋トレの時間は長ければいいというものでもない。あまり長いと集中力がなくなってしまう。また、筋トレには、やる順番があるし、インターバルの時間もある。
 そのため、ジムでやろうとすると誰かが使っていたりするので、自分がやりたい順番やウェイトがなくて思うようにできない。その点は、Bさんも同じようで、やるならフォームを見てもらいたいし、緊張感もほしいので、筋トレはスポーツ整体でやると決めた。
 Bさんはいつも60分コースで10分間筋トレをしているが、足りないので30分の筋トレだけのコースも受けることにした。これで毎週筋トレをすることになる。私はこういう気合の入ったクライアントを求めているが、求めすぎか。
●筋トレ30分コース:2,500円 ●筋トレ30分コース(指導なし):1,000円

2014-06-09『ナダル、ジョコビッチ破り5連覇 全仏テニス』
 テニスの全仏オープンは、男子シングルス決勝で第1シードのラファエル・ナダル(スペイン)が、第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)を3―6、7―5、6―2、6―4で破り、5年連続9度目の優勝を果たした。ナダルは4大大会通算14勝目。
 これでサンプラスに並んだ。しかも5連覇だが、その前に4連覇もしている。史上最強選手はナダルで決まりか。ナダルは、オリンピックでもデビスカップでも優勝し、またマスターズシリーズでも最多勝である。
 しかし、今回はジョコビッチが勝つと思っていた。事実ナダルはジョコビッチに4連敗中であったし、前哨戦でも勝てていなかった。全豪では、背中を痛め棄権に近いような負けだったし、錦織にはストローク戦で負けていた。それでも、タイトルは守った。しかも、まだ28歳。ピークは過ぎていると思うが、まだ活躍はできるだろう。
 この全仏には、19歳から出場し今年で10回目なのに9回優勝。伝説のボルグだって6回です。
 ナダルのストロークは強い。それを支えているのは、あのあり得ないような筋肉。身長185センチ、体重85キロの筋肉ボディ。この体を19歳の時から持っているので、間違いなくドーピングはしているでしょう。しかし、その後、ケガをして筋肉を落として復活した。そこがナダルの凄さです。
 ドーピングをすれば、パワーは確実に上がるがバランスが悪くなり、ゆくゆくはケガにつながる。それに気付いて筋肉を落としても、急には打ち方を変えられないし、ボールのスピードは落ちるので勝てなくなり、またケガを繰り返す。
 当然ナダルもケガを繰り返しているが、絶妙なバランスで勝ちを拾っている。またジョコビッチに勝てなくなっても、諦めず大事な試合では勝ってくる。そこが信じられない。

2014-06-08『シャラポワ 2年ぶり全仏V』
 女子シングルス決勝で第7シードのマリア・シャラポワ(27=ロシア)が2年ぶりの全仏優勝を飾った。4大大会初の決勝に進んだ第4シードのシモナ・ハレプ(22=ルーマニア)に6―4、6―7、6―4のフルセットで勝利。3年連続で進んだ決勝の舞台で、3時間2分の激闘を制し、今大会2勝目、4大大会通算5勝目を挙げた。
 2004年のウィンブルドンで17歳にして初のグランドスラム優勝をしてから、今年でもう10年になる。女子で人気があり、選手寿命も長く、4大大会全てで優勝している選手は8名しかいない。
 身長188センチは女子最高身長である。背が高いとサーブでは有利で、フットワークは悪くなるが、シャラポワはサーブが得意とは思えないし、フットワークが重要な全仏で2度目の優勝をした。
 私はシャラポワに注目しているが、それはルックスだけでテニスを見ることはない。正直、参考になる部分はあまりなく、むしろ、よくあのテニスで勝てるなと不思議に思う。
 サーブは入らないし、ストロークは強打一辺倒で、戦略も戦術も感じられないが、勝っている。
 調子が悪くなってきたりすれば、確率を上げようとするのが普通だと思うが、シャラポワはセカンドサーブでも入れようとしないし、バックハンドで強打できないボールをスライスでつないだりはしない。
 私は最近テニスの難しさを改めて感じているが、考えすぎるのは止めようとシャラポワを見ていると思う。

2014-06-07『パパは社長』
佐藤Aちゃん(小学生)…身長130センチ、体重24キロ、体脂肪率11%で年に数回テニスをしている。もう5年生でクラブ活動が始まり、運動系のクラブにでも入るのかと期待したが……。
Aちゃん「料理クラブに入った」
私「どうして?」
Aちゃん「美味しいもの食べられるから」
 「やっぱりか」と思った。残ったものは持って帰ってくるらしいので、「少しちょうだい」とお願いしたが、「量が少ないから」と断れた。
 そのAちゃんのパパは社長らしい。先日、家のカギを忘れてパパの会社まで取りにきた。その時、2人の友達も一緒だった。
Aちゃん「パパの会社までカギ取りに行く」
Bちゃん「会社って、電車やバスで行くんじゃないの?」
Aちゃん「歩き」
Bちゃん「へぇ~」
Aちゃん「ここ、佐藤スポーツ整体」
Bちゃん「佐藤ってことは、パパ社長なの?」
Aちゃん「そうかも」(会社っていっても、一人しかいないし)
Bちゃん「スゴイ。私のパパは部長」
Cちゃん「スゴイ。私のパパは課長」
 部長や課長になる方が、よほど難しい。社長は誰でもなれる。労働者の7人に1人は社長です。しかし、それを10年続けられる人は20人に1人もいない。私はいつまで社長かな?

2014-06-06『全仏オープンテニス優勝はグルビス?』
 全仏オープンテニスは大詰めを迎えている。女子はシャラポワが3年連続決勝進出を逆転で決めた。男子はベスト4が決まり、ナダルvsマレー、ジョコビッチvsグルビスになった。
 期待した錦織圭は腰が完治していなかったし、全豪優勝のワウリンカも初戦敗退だったが、残った4名は順当と言うべきか。この中で意外なのはマレーで、全仏で勝てるイメージはなかった。
 クレーコートは、やはりストローク戦で重いボールを打ち込める選手が勝つ。その意味では、グルビスは順当と言えなくもない。フェデラー、ベイディフにも勝ってきた。
 ナダルは相変わらず強く、準々決勝のフェレール戦で苦戦するかも思っていたが、最後は引き離した。マレーに負けるとも思えないので、決勝進出は確実か。
 注目はボトムハーフの準決勝で、経験からいえば完全にジョコビッチなのだが、私はグルビスが何かやってくれそうな気がしている。あのフォアハンドは強力でハマったら、ジョコビッチも手こずるのではないかと期待している。
 またナダルが優勝しても面白くない。9回も優勝したら、独占禁止法に引っかかるでしょ。

2014-06-05『野球部S君は弟には負けない』
徹 野球部S君(高校生)…この体を見れば分かるように、体脂肪率には絶対の自信を持っているが、バッティングの打率が上がってこない。高校生になってから2本のホームランを打っているが、レギュラーポジションは取れていないので、今は2軍のBチームにいる。
 そういえば、1年前に弟に向かって言っていた。
S君「高校野球のレベルは中学とは全然違うんだ。お前のバッティングなんか通用しないから、素振りしておいた方がいいぞ」
弟「……」
 その時、まだ中学生だった弟はただ聞くしかなかった。しかし、その弟はただ者ではない。超高校級のスラッガーで高校に入ったら、すぐに1軍Aチームの4番になった。
 あれ、兄貴の立場がない。私は強気の兄貴はどうするのか、と思っていたら、弟は足を痛めてしまい、レギュラー降格で故障者扱いになり、3軍のCチームになってしまった。
S君「所詮、お前はCレベルなんだよ。そろそろ俺の時代が来るな」
弟「ケガは仕方ないでしょ」
 これによって、レギャラーポジションが一つ空いた。そこをS君は狙っている。7月からは夏の甲子園に向けての神奈川県予選が始まるが、S君はバッターボックスに立てるのか。
 以前S君は、「俺のバットで名門A高校を甲子園に連れて行ってやる」と言っていたが、チャンスはあと1年間になった。

2014-06-04『また熱中症になってしまった』
 総務省消防庁は3日、5月26日から6月1日までの1週間で、熱中症により救急搬送されたのは全国で1637人だったと発表した。うち死者は4人。日本列島が高気圧に覆われて気温が上がった影響で、搬送者数は前週(352人)の5倍近く、昨年同時期(230人)の約7倍にもなった。
 この人数の中に私は含まれていないが、また熱中症なってしまった。これで何回目か? もちろん対策はしていたが、急な気温上昇で体がついていかなかったようだ。
 この日は、9時からSさんと2時間シングルスで、その後2時間中級テニスレッスンの4時間予定。そもそも直射日光ギンギンの真夏日に激しい運動はやめましょう。
 しかし、Sさんとの試合は簡単にはいかない。先週は負けてしまったので、今週は負けるわけにはいかない。暑い日は塩分と水分は必需品だが、水は500mlしか持っていかなかった。なくなったら、買えばいいと思っていた。
 試合が始まったら余裕はなく、1セット目2-6で取られた。私は4速しかないギアを最高の4速に入れ、真夏日も忘れての極限の集中力で、2セット目は6-2で取った。その時に持ってきた水はなくなっていたが、買いに行く余力はなく、3セット目は失速した。
 その後、すぐに11時から中級テニスでラリーをしていたら、視界が消えた。これは初めての経験でビックリ、周りがモザイクがかかったように見えた。そのためボールは見えず、初めて人前で倒れるかと思ったが、倒れはしなかった。
 朦朧としながらも、なんとか終了。その後、日陰のベンチで2時間休んでいたら、やっと歩けるようになった。
 私はこの数年、無駄に水分を取らないようにして体を絞り込んでいるが、今回は必要な水分が足りなかったようだ。無理な運動は止めましょう。

2014-06-03『美人CA初公開』
CA  謎の美女と噂があり、本当はいないのではないか? と思っていた人も多いだろう。これが私一押しのCA:Iさん(20代)です。
 残念ながら結婚をしてしまったが、その時の写真がやっと届いた。この写真を見れば、スタイルの良さが分かるだろう。ただ細いだけではなく、筋肉が凄い。
 聞いたら、小学生の頃はバレエ教室に通い、中学では陸上部だったらしい。その時の筋肉がまだ残っているのか。
 身長160センチ、体重45キロ、体脂肪率15%をもう5年も保っている。スタイルのいい中学生や高校生もいるが、CAには適わない。
CA  バレリーナTさんは、「目指せCA」と言っているが、まだ時間がかかりそうだ。また、いま引き締まっているのは、スケートNちゃん(中学生)で、このままいければ、CAクラスになれそうだが、姿勢を良くしておかないと、こうはなれない。
 2枚目の写真は、結婚式でピアノを演奏し、ミスチルの365日を披露した時です。この背中の筋肉と引き締まり具合が最高です。
 綾瀬市の松下奈緒と呼ぼうか。私のイメージはそんな感じです。だが、私がCAばかりを褒めていると女性から反感を買うので、今日はここまでにしておく。

2014-06-02『四十肩の正しい治し方』
 今年の春は大雪の影響からか、腰痛で来店する人が多かった。昨日来店したTさん(40代男性)は、「ジイさんみたいな姿勢だったけど良くなったねと言われます」と言っていた。
 他の腰痛クライアントも良くなり一安心していたら、今度は四十肩の人が多くなってきた。これが難題なのである。
 腰痛は足の筋肉をマッサージし腰椎のズレを矯正すれば治る。しかし、肩関節は複雑でそう簡単には治せず、最短でも半年はかかる。
 実は私もテニスの時、また速いサーブやスマッシュを復活させたいと思って練習していたら肩が痛くなった。以前にも痛めたことはあったが、40代になったからなのか、何か感覚が違う。この1ヵ月間、肩ばかりメンテナンスしていたら、やっと良くなった。
 なぜ四十肩になるのか。それは手を上げないからです。日常生活で手を肩より上げることが少ない。そのため、脇の筋肉が硬くなり、手が上げづらくなる。
 よって、夜に手を上げて寝る。または、鉄棒でぶら下がる。これが有効です。
 子供は手を上げて寝ているが、大人は少ない。また、寝た状態で手を上げて肘が床に付くだろうか? 付かなければ、五十肩に悩まされる可能性ありです。

2014-06-01『効果的な食事の時間』
 車はガソリンを入れないと動かないが、動物は満腹だと動かない。人間は動物です。
 私はトレーニング時間を以前は夜と決めていた。勤務終了後、誰もいなくなったジムで夜中の12時に体を追い込む。
 集中力は増すし、補助してくれる人もいないので、一度下ろしたウェイトは上げるしかない。ある時、べンチプレスで限界に挑戦したが上がらなくなり、バーベルが喉に落ちてきて本気で死にそうになった。
 なぜ夜中にトレーニングするかというと、成長ホルモンが出る時間は……
1.深夜1時頃
2.トレーニング1~2時間後
3.睡眠後1~2時間
 なので、私はこの3つを一致させた。
 トレーニングで体を追い込んでも、食事をしなければ体は大きくはならない。その時間はトレーニング直後が良い。そのため、私は帰宅後、大量に食事をし、プロテインを飲んですぐに寝る。そんな生活を5年続け、それなりに筋肉を付けることができた。
 人間は空腹だからハングリー精神がでる。満腹になったら寝ればいい。 

2014年06月~

2014-05-31『ベビーシッターもやります』
あやめ ベイビーAちゃん(0歳)…スポーツ整体に世田谷から通い9ヵ月になる。体重6キロ、体脂肪率40%以上で筋肉はほぼない。そのため、肩こりや腰痛はまるでなく、まだ歩けないので膝も痛くならない。
 最近はハイハイができるようになったが、自分から動くことは好まないが、抱っこのアピールだけは人一倍である。4月くらいからお座りができるようになり、少しは一人で遊べるようになったが、それまでは大変だった。
 抱っこしてもらえないと機嫌が悪く、ママが施術中の45分間大音量で泣き続ける。4月からは保育園に預けると聞いていたので、私は「3月末まで」と思い、耐え続けた。
あやめ  それが最近は機嫌がよく、4月以降も保育園から「熱っぽいのでお返しします」と言われ、海老名まで毎週来る。私はAちゃんを生後10日から知り、ほぼ毎週会っている。そのためか、私に会うと笑顔になり、抱っこを求めてくる。また、泣いていても私が抱っこしていると泣かなくなる。Aちゃんからは気に入られているようだが、私としてはそれほど……。
 今後もこれが続くのか……。
[ベイビーコーナーはコチラ⇒]

2014-05-30『産後、引き締まってきました』
バレリーナTさん(30代女性)…バレエ界のアカデミー賞と言われるブノワ賞の受賞者がモスクワで発表され、スウェーデン王立バレエ団所属の木田真理子さん(30)が女性ダンサー部門で受賞した。
 同じ30代としてTさんも負けてはいない。来年のブノワ賞に向けて調整を行っているのか。足は耳まで上がるようになり、肩の柔軟はバットを短く持って回すことができる。体重と体脂肪率は落ち、BMI20、21%になった。
 昨年8月に待望の女の子を出産したが、スポーツ整体を休むつもりはなく、今も週2回で通い、650回になった。この回数が無駄ではないことが分かる。30代といっても、すでにアラフォーである。それでいて、体は引き締まり、柔軟性は抜群に高い。
 でも、コンクールや発表会の予定は一切ない。あるのは、10月の仕事復帰。私とは長い付き合いになっているが、いまだに目的は分からない。
 私はTさんが頑張っていると負けないぞ、という気持ちになる。柔軟性は男女の違いもあり負けてしまっているが、体作りは負けていないつもりだ。
私「もう教えることないから、いいんじゃない」
Tさん「いや、まだまだ」
 と、こんな感じで止める気はまるでない。私は当然トレーニングを続ける。コツコツTさんには負けない。

2014-05-29『占いもやっています』
 最近、占いの申込みが多く、5月は4件もあった。私は占いが好きで20代の頃から、何かに迷ったら占いを参考にしている。
 占いといっても、怪しいものではなく、古代中国の統計学です。これは生年月日を基準にして、120分の1の確率で出てくる。
 当然、自分の人生はどうなるのか、と思って調べてみた。そうすると、自分に合った職業、スポーツ、女性など何でも分かる。また、過去や未来も分かる。
 私は交通事故に2回会ってしまったが、2回とも1月7日だった。それが怖くてその翌年は家から出なかった。保険証を見たら3年連続で11月にカゼをひいていた。
 私の場合、1月は精神的に、11月は体力面が良くない月だと分かった。それを知っているだけで、意識できるので効果は大きい。
 また、スポーツにも応用した。自分が向いているスポーツは何か、どんな作戦が合うか、何月に大会に出た方が良いか、迷った時は参考にした。
 転職もこれによって決めた。すべてにおいて、タイミングというものがあるし、頑張る時と流していい時もある。それを意識している。
 その中でも、私が1番驚いたのは、10年後、20年後の考え方、価値観の変化さえも分かってしまう。これは衝撃だった。30代なのに遊びたい時期になっていたり、40代なのに一人でこもりたい時期になっていたり、人によって違う。
 もちろん、占いなので100%当たるとは限らない。ただ、天気予報みたいなもので、明日の天気を知っていても知らなくても結果は変わらない。でも、知っていた方が何かといい。
[本当に当たる占いはコチラ⇒]

2014-05-28『錦織 初の初戦敗退』
 優勝候補の一人にもなっていた錦織圭が初戦で負けてしまった。昨年はベスト16に入っているので、ポイントは減り、ランキングは10位以内からまた落ちてしまうだろう。
 腰痛から股関節の痛みになり、それをかばって左ふくらはぎが痛く、欠場を考えたほどだった。
 1回戦を余裕で、ナダルやジョコビッチは勝ち上がるが、それは簡単なことではない。全豪優勝のワウリンカや李娜は初戦敗退してしまった。
 でも、これがテニスです。野球や柔道では優勝候補が初戦で負けることはまずない。そもそも初戦はシードでなかったりする。しかし、テニスはシード選手でも1回戦からあり、相手は世界100位以内です。
 仮に勝ったとしても、その2日後には、もっと強い相手との5セットマッチの戦いが待っている。それを7連勝したら優勝になる。野球のピッチャーは疲労回復のために、中4日か5日は空ける。サッカーも3日は空ける。テニスは4大大会だけは1日の空きがあるが、通常の大会は毎日試合になるので、ケガをしない方が不思議である。
 そう思うと、ケガをしないで5セットマッチを7連勝できるナダルの体力はどうなっているのか。しかも、5連覇と9度目の優勝を狙っている。
 あぁ、テニスって難しい。どうやったら、勝てるのか? その答えは、いまだに分からない。

2014-05-27『いいテニスライバルができた』
 今年の2月からベテランテニス全日本を目指しているSさん(60代男性)から誘いを受け、テニスの練習をしている。私は草テニス大会に出るとSさんもいたりしたので、以前から知っていた。
 私の調子が良ければ勝てるが、悪ければ負ける。それは今も変わらない。今年は私が勝つことが多かったが、昨日は、1-6 2-6で完敗だった。初めの頃は、私のトップスピンストロークが苦手なようだったが、最近はそのボールをランジングでコーナーに打つ込んでくる。
 こんな60代はまずいない。京王トーナメントでは準優勝するほどで、体脂肪率は10%以下。腹筋は割れている細マッチョボディーで体力には自信があるという。また、百戦練磨なので勝ち方を知っている。いつも風向きを意識し、ボールにもこだわる。
 そして、練習はゲームのみを行う。いつも練習はなく、2時間ずっとゲームをしている。テニス命なので、職場をテニスコートが近い会社に転職し、勤務後は毎日練習している。
 私は練習相手がいなかったので、草テニス大会に出ていた部分もあったが、Sさんから、「またやろう」と言われるので、対戦に向けて緊張感を保てている。
 Sさんは私とやりたがるが、「佐藤さんみたいにトップスピンのボール打つ人あまりいませんよ」とよく言う。Sさんは、あらゆるタイプの人と練習をし、全日本出場を狙っているからだ。
 私もレッスンばかりをしていては試合では勝てない。肩の調子が戻ってきたので、本格的に練習を再開する。来週月曜日は9時から2時間真剣勝負。連敗は許されない。

2014-05-26『全仏オープンテニスが始まった』
 25日フランス・ローランギャロスで、全仏オープンテニスが始まった。
 2度目の優勝を目指すフェデラーは1回戦を余裕の3-0で快勝した。2009年に優勝していて、その年双子の女の子が生まれている。そして、今年双子の男の子が生まれたので、パパは頑張る。
 注目の錦織圭は、腰の状態は100%ではないそうだが、プロの世界で100%の選手は皆無だろう。
 注目していたドローだが、順調にいけば、3回戦で第20シードのA・ドルゴポロフと対戦、4回戦でM・ラオニッチと対戦、準々決勝で第2シードのN・ジョコビッチと対戦、準決勝で第4シードのR・フェデラーと対戦、決勝で第1シードのR・ナダルと対戦の可能性がある。
 1・2回戦は確実に勝ってもらうとして(これが簡単ではないのだが)、3回戦と4回戦の相手はフォアハンドで打つ込んでくるタイプの相手ではなく、サーブからゲームを組み立ててくるタイプなので、クレーコートでは圭の方が有利に思える。
 問題は準々決勝のジョコビッチ戦、ここが最大の難関のように思う。ただ手首を痛めているという情報もある。ジョコビッチは27歳。圭は24歳。3歳差だが、体力戦に持ち込むしかないだろう。
 準決勝はフェデラーか、もう32歳なので疲れていると予想する。決勝はナダルで、前回マドリードの再現でリベンジを果たす。ということで、日本人、錦織圭が4大大会、初制覇。???

2014-05-25『アインシュタインのように頭が良くなりたい』
 最近、体力の限界をすぐに感じ悲しくなるが、頭はまだ良くなるのではないかと思い、自分で期待している。むしろ、それしか期待できない。
 小学生の頃から、なぜか物理が好きで、分かりもしないのにアインシュタインの本を借りて読んでいた。
 私は理数系が得意で、大学は理工学部物理学科だったが、授業では計算ばかりが多く、興味は持てなかった。唯一面白いと思えたのは高校の物理で、これは何かに使えると直感的に思った。テストでは100点を取り、周りから「こいつオカシイ」と思われていた。
 私がオカシイと思うのは、アインシュタインだ。分からないことばかりだが、光の速度だけが唯一絶対で、それ以外は全て相対的だと。時間は伸び縮みして、空間は重力によって曲がる。
 そもそも、光は1秒間に地球を7周半して、時速10億8000万キロ。これをどうやって測定するのか? あとから聞けば、こんな方法があるのかと思うが、それを初めに考えて人は凄い。
 私は小学生の卒業文集で科学者になり、何か一つでも発見したい。なんて書いたら、校長先生から頑張ってほしい、と言われたが、何も発見はしていない。
 アインシュタインは科学者でありながら、大きな実験を1度もやっていない。すべて頭の中で考えて、これらの理論を発表した。しかし、当時は実験で確かめられないので、ノーベル賞は貰えていない。アインシュタインの頭の良さに世界中の誰もついていけていなかった、ということだ。

2014-05-24『水泳は健康的な運動か?』
 水泳は健康的な運動というイメージがあるが、本当にそうなのか? 少なくとも私はオススメしない。
 水泳を健康のために始めましょう、と言っていた木原光知子さんは59歳で水泳指導中に亡くなった。スイマーの骨密度や骨硬度を測ってみると運動をしていない人より低い。プールで歩いているオバちゃんはみんな太っている。
 なぜか、まず、プールの中にいれば体が冷える。汗をかくほど泳げればいいが、そうでなければ体が冷え、基礎代謝が悪くなる。
 次に、水泳後お腹が減るが、これをカロリーを消費したからだと勘違いし余計に食べてしまう。そうではなく、プールの水が体に入ってきてしまう。そのため、体の塩分濃度は薄まり、食欲が出る。
 最後に「プールで歩くと膝の負担も少なく歩ける」と聞くが、60キロの人が水中で歩けば10キロの負荷に感じる。当然、膝には負担がかからないが、負担がかからないということは運動にもならない。歩けない人が水中で歩くのはいいが、歩ける人は……。
 私は水泳が嫌いなわけでも苦手なわけでもない。4泳法できるし、以前はよくトレーニング後に行っていた。ただあくまでもクールダウンのためであり、水泳でのトレーニング効果は期待していない。ましてや水泳でダイエット? それは不可能である。

2014-05-23『私はブッディスト』
 日本人は宗教を意識することはあまりないと思う。クリスマスも楽しめば、お正月には神社に行き、結婚式は教会だったりする。しかし、世界は違う。イスラム教の妊婦がキリスト教に改宗したら死刑になった。
 私は30代から宗教に興味を持ち、色々と調べてみた。そして、ブッダにハマり、今でも仏教関係の本を読み続けている。中級テニスに参加しているSさん(60代女性)は、ブッダの大きな本をプレゼントしてくれた。それは仏教美術の本でした。
 いまキリスト教のアメリカで、ナイトスタンド・ブッディストが増えている。NBAのバスケットボールのフィルジャクソン監督もその一人である。彼が仏教の感覚と思想を導入しながら、優勝九回というめざましい成果をあげたことは有名であるが、彼は決して、自分を「仏教徒」であることは断言しないのである。
 ブッダの教えとして、諸行無常や諸法無我がある。諸行無常はなんとなく分かると思うが、諸法無我は難しい。フランスのデカルトは、「われ思う、ゆえに我あり」と言ったが、ブッダは自分という存在を否定する。
 でも、「こうして自分は生きている」と誰もが思うが、その自分って何歳の自分? 1歳の時の自分と今と80歳の時の自分は同じだろうか?

2014-05-22『新婚旅行はクロアチア』
美人CA:Iさん(20代女性)…4月に結婚式があり天気が心配されたが、雨が降ることもなく無事終了した。新婚旅行は考え中なんて言っていたが、イタリアとクロアチアに行ってきたそうです。
 イタリアは分かるが、クロアチアとは、Iさんらしい。クロアチアと言えば、サッカーが強く、ワールドカップで日本と対戦したこともあるし、三浦知良も一時所属していた。そのくらいしか知らなかったが、「ドゥブロヴニク」という世界遺産に登録された旧市街は「アドリア海の真珠」とも謳われる美しい町並みを誇り、クロアチア人口の9割がそこに住んでいるらしい。
私「一時、痩せすぎていましたが、ちょうど良くなりましたね」
Iさん「いや、旅行で食べ過ぎてしまって……」
 Iさんが食べ過ぎてしまう、そんなこともあるのか。それにしても、引き締まっているので……。
私「女性クライアントの目標になっていますので、写真撮らせてもらえませんでしょか?」
 と、思い切って聞いてみたが……。
Iさん「私なんて全然……」
 簡単にかわされた。結婚式の写真見せてください、と言っていたのを覚えてくれていたようで、ミニアルバムとクロアチアのお土産でチョコレートを持ってきてくれた。
 その写真を見せてもらったら、ジャニーズにも入れそうな新郎とウェディングドレスが似合っているIさんが写っていた。また、2次会の写真もあり、なんと100人も集まっていたり、ぽっこりジョコビッチが予想したように、同僚CAの祝福スピーチがあったそうだ。
私「この写真ください」
Iさん「分かりました。今度送ります」
 いまパソコンの前で首を長くして待っているが、まだ送られてこないが、そのうち来るだろう。近日公開予定。

2014-05-21『全仏オープンテニスが始まる』
 錦織圭の活躍でテニス界が最高の盛り上がりを見せているが、25日から全仏オープンテニスが始まる。というか予選はもう始まっていて、予選第5シードで3年連続で本選出場していた添田豪は負けてしまった。
 この全仏オープンはナダルの庭状態で4連覇を2回やっている。その間にフェデラーが1度勝っただけ。なんと9回目の優勝を狙い、第1シードで登場する。
 しかし、今年は何かが起こりそうな予感がある。ビック4のFさん、Nさん、Jさん、Mさんの最強時代は終わり、全豪はワウリンカが優勝したように、誰が優勝するのか、分からなくなってきている。
 当然、その優勝候補に日本の錦織圭が入ってくる。ナダルが調子悪かったとはいえ、ストローク戦でナダルに勝てるのは圭以外にいるのか、世界は注目をしている。
 私の影響か、テニスに注目しているクライアントも多い。剣道Kさんは、錦織圭に国民栄誉賞あげてたらと、ゴルフYさんは、今年の楽天オープンで錦織圭を見に行くと言っていた。
 私はジョコビッチが1番優勝に近いと思うが、錦織圭にはベスト8までは確実に行ってもらい、その後、誰と対戦なるのか、そのドローは23日に発表になる。

2014-05-20『トレーニングの基本は歩くこと』
 痛かった背中がやっと治り、トレーニングを再開し、昨日は2時間のテニスと1時間のウォーキングをした。もう体力が落ちているのか、この3時間で結構疲れる。
 一緒にテニスをしたSさん(70代男性)は、車ではなく、自転車でテニスコートまで来る。聞けば、足が弱くなるから車はあまり使わないようにしていると言う。山登りにも行き、先日は2万歩も歩いてきたそうです。
 モーグルTさん(40代男性)も、歩かないとダメだ、と言っていた。人間は700万年くらい前にアフリカで生まれ、歩いて先祖は日本まで来た。車を乗るようになったのは、最近で100年前くらいか、私の両親は運転免許を持っていない。そのくらい最近の話です。
 地方に行けば、車は一人1台になりつつある。先日、徳島県の人が2度だけ来店したが、東京に来ると疲れると言っていた。普段は車で移動しているので、電車での移動は歩くことが多いと……。
 現代人は歩かない。地方に行くほど歩かなかったりする。実際、神奈川県の平均寿命は上位である。交通機関が発達しているので、綾瀬市Bさんのように、免許を取ったのに、車は乗らないという人は多い。
 週に2回は1時間以上歩きたいと思っているが、その時間が意外とないが、週に1回は確実にやっていきたい。

2014-05-19『初級テニスのレギュラーメンバー決定』
 もう7年も毎月行っている初級テニスレッスンですが、やっとメンバーが固定されてきた。
 初心者は体力がないので、慣れないテニスはすぐに疲れてしまう。よって、参加人数が少ないとレッスンを進めるのが難しくなる。また、日曜日のコートを取るのも大変なのだが、取ったのに参加者が少ないことは何度もあった。
 それが変わってきて、毎回参加してくれる人が多くなってきた。昨日は、テニス部長:ぽっこりジョコビッチ(30代男性)、スケートNちゃん(中学生)とパパ(40代)、スナックKのKさん(30代女性)、ネットから平塚市Tさん(40代)、いつかはシャラポワ:娘(小学生)の6名の参加があった。
 ぽっこりジョコビッチは、XLのユニクロウェアーがすでにキツクなっているが、チャックは何とか上がった。テニス歴はもう3年以上なので、フォアハンドやサーブは中級に行けそうだが、バックハンドとフットワークに不安が残る。
 スケートNちゃんは、テニスが好きになったようで、中学校ではテニス部に入ろうとしたが、スケートの練習で休む日も多いと相談したら入部を断られた。そこで、初級テニスで楽しんでいる。
 なぜか、パパもやる気で、昨日は転びながらも必死にボールを追っていた。転んでしまったのは、テニスシューズでないからだと考えたようで、最新シューズと最新ラケットを購入しようかと迷っているが、ママに却下されるだろう。
 娘はやっていないのに、そこそこできる。129センチ24キロの小さい体で、意外と速いボールを打ち込む。忘れていたが、ゲームの時にNちゃんが打ったボールが娘のコートのライン上に落ちたら、「アウト」と言い出した。ちなみに娘の視力はよく1.5だが、顔色ひとつ変えずに「アウト」と言い切る。
 意外と負けず嫌いなのか、その点は分からないが、帰りの車の中では……。
娘「ジョコビッチに勝つ方法、分かった」
私「どうやるの?」
娘「始めに右のギリギリに打って、次に左に打つ」

2014-05-18『勝手にダイエット宣言3』
 当店の重量級2トップが痩せてこない。和製ボブサップ:柔道Aさん(20代男性)は、106キロ。ぽっこりジョコビッチ:Iさん(30代男性)は、92キロ。
 Aさんは、もう10年もスポーツ整体に通っているが、始めて来たときは、まだ高校生で80キロだった。その頃、私も80キロくらい体重があり、力もあった。
私「力ねえな~、こんなのもできないの?」
Aさん「はい、頑張ります」
 なんて言っていたが、今では40キロも体重の差があり、筋力ではとても敵わない。今年の9月には赤ちゃんが生まれる予定だが、奥様が実家に帰ってしまったときに、また自由が訪れ、好き勝手食べてしまわないか、心配である。
 一方、Iさんは4年も通っているが、体重は右肩上がりだ。始めて来たときは、84キロだったが、今は92キロ。月に1回体重を測っているが、1週目だけ意識しているようで、3・4週目は体重が多い気がする。「今週も測ってみますか?」と聞くと「いや」と拒否される。
 先日は健康診断があり、コレステロール値、血糖値の数字が高めになってしまい、奥様から、「いい加減、痩せて」と言われてしまった。
 私はもう数年言っているが、痩せないので「勝手にダイエット宣言」させてもらう。しかし、これで3回目。この夏に頑張ってもらいたいが、子供が小さい時はパパも太りやすい。そうなってほしくはないが……。

2014-05-17『5キロも痩せてしまった』
 週に2回は体重を測り、カレンダーに記入している。気付いたら、1年前は72キロあったのに、今は67キロしかなく、5キロも減っている。また、8年前は80キロあり、「柔道やってたんですか」「ラグビーやってたんですか」と言われていたくらいだったが……。
 この春は少し痩せようと思い、意識的に食べる量を減らしていたが、ここまで減らす気はなかった。「5キロも痩せたなんて、羨ましい」と思われるかもしれないが、嬉しくもない。
 私は体重を減らすことは簡単だと思っている。食べなきゃ痩せる。5キロ脂肪だけ減るということはあり得ない。逆に5キロ筋肉だけ増えるということもあり得ない。つまり、筋肉が落ちている。
 7月で44歳になってしまうので仕方ないが、以前のように重いウェイトが上がらないし、上げようとすると筋肉を傷めて、余計に筋トレができなくなってしまう。毎週木曜日は筋トレ日と決めていたが、筋肉を傷めていることが多く、思うようにできない。その結果、痩せてしまった。
 仕事の方は相変わらず忙しく、マッチョボディCさんの体をマッサージするのは大変だ。先週はその後、超合金ボディ:モーグルTさんが来店。その翌日から、背中が痛い。で、今日で1週間になる。
 そんなこともあり、予約は制限を行っている。今週も来週も予約はいっぱいです。希望者はお早めに……。体力には限界があるので……。

2014-05-16『剣道より健康が大切』
剣道Kさん(60代女性)…スポーツ整体に通い、もう6年目になった。来た頃は、週に3回剣道をしていたが、肩や足が痛かった。友達はまだ昇段試験に向けて練習をしているが、Kさんは、もう剣道を止めた。
 それは、スポーツは趣味で楽しみながらするものなのに、偉そうな師範との剣道は楽しくないからだ。最近は、ウォーキングや陶芸を楽しみ、2年に1度の海外旅行のために、健康維持に励んでいる。
 考えてみると、スポーツが上手くなるのは、若い時だけで50歳を過ぎてから上達することはまずない。しかし、剣道は50歳を過ぎてからも、昇段できる。まあ、それはいいとしても、そのために高い会費、登録料、試験料を払って、お爺さん師範が偉そうにしている。
 そのことに気付いたKさんは、道場には行っていない。私もテニスが上手くなりたいと頑張っているが、あくまでも趣味の範囲で、本気でテニスをやるのは、月に1・2回です。
 子供たちがスポーツでケガをしているのを見ると、「そんなにやらなくても」と思ってしまう。プロになれるのは、1000人に1人もいないし、なったとしても長い人生からしたら、一時です。

2014-05-15『腕時計の電池交換をやってみた』
 20年前に買ったALBAのダイバーズウォッチを今でも持っている。フェデラーはロレックス、錦織圭はタグホイヤー、ナダルはリシャール・ミルの5000万円の腕時計をしているが、私にはSEIKOではなく、ALBAくらいがちょうど良いだろう。
 他にもGショックなど何個か腕時計を買ったが、壊れたり無くしたりしてしまい、このALBAだけが残った。これも何かの縁だと思い、大切に使っている。バンドも電池も4回ずつ変えたが、また電池が切れた。
 前回変えた時から、あまり年数が経っていない気がしたので、ついに壊れたかと思った。壊れているのに、電池を変えても意味はない。ならば、壊れてもいいやと思い、自分で電池交換をしてみた。
 専門の工具がないと、できないのでアマゾンで買いトライした。時計の中も汚れがあるので、プチオーバーホールも実施。無事復活し、普通に動いている。
 しかし、何でも自分でやってみることは面白い。このホームページも、来月の車検も、ラケットのガット張りも自分でやっている。次は何にトライしようか?

2014-05-14『クライアント報告』
1.スケートNちゃん(中学生)…神奈川県ローカルフィギュアスケート大会が4月にあり、Nちゃんは決まらなかった3回転ジャンプを2度行い、2度とも認定された。(本人が3回転ジャンプを跳んだつもりでも、認定されなければ2回転扱いになってしまう。)その結果、3位になった。この調子で今年も全国大会まで行きたい。
 Aちゃんは、6位でした。これも凄い。
2.バレリーナMちゃん(高校生)…5月の発表会で主役に抜擢され、直前に足首を捻挫してしまったが、痛み止めを飲んで無難に踊ることができた。
 最近は忙しく、バレエ、吹奏楽部(クラリネット担当)、生徒会活動(生徒会長)、彼氏とのデートと時間がない。パパは、「勉強をしてくれない」と嘆いていた。
3.野球部S君弟(高校生)…この4月に高校生になったばかりだが、練習試合では4番を打ち、打率は3割を超えている。私はその可能性は十分にあると予想していたが、本当にそうなった。3月に80キロあった体重は75キロになり、腹筋は軽く割れ、体脂肪率は16%。こんな高校1年生は、そうはいない。
 私は高校の練習は厳しいので、ケガをしてしまうのではないかと心配していたが、今のところ大丈夫なようです。野球部には26人が入部し、そのうち20人はケガをしてしまっている。ケガさえなければ、今後の活躍は確実でしょう。
 あっ、そうだ。兄貴の体脂肪率は10%以下だが、バッティングは不調中。名選手にスランプは付き物?

2014-05-13『シロクマは「肥満」でも健康ですが』
 北極に住むシロクマは、脂身の多いアザラシを主食とし、体脂肪率は50%だという。人間だったら、心臓病にかかってしまうところだが、北極だとちょうどいいらしい。寒い所に住んでいれば、脂肪は多い方が良い。
 人間も同じでアフリカに住んでいる人は細いが、アラスカに住んでいる人は太い。細い人は暑さに強いが寒さに弱い。太い人は寒さに強いが暑さに弱い。その土地にあった体型があるのだろう。
 逆に寒いところに行けば太りやすく、暑いところに行けば痩せやすい、とも言える。そこで、私は数年前から寒いところに行かないようにしている。
 すでに様々な店ではエアコンが入り始めている。私的にはまだ早いと思うが、そうではないらしい。よって、これから9月末までは、極力店に入らない。また、夏は薄着になるせいで体が意外と冷えやすい。そこで、朝晩は長袖を着ている。
 そうすると、体は冷えない。冬はダウンを着続けた。これから、暑い夏が来るが、体の冷えに気を付けたい。シロクマ体型には、なりたくないので……。

2014-05-12『錦織圭は惜しかった』
 テニスのマドリード・オープンは、男子シングルス決勝で世界ランキング12位の錦織圭と1位のラファエル・ナダルが対戦した。
 私は、錦織圭が勝つと思っていた。この対戦はいつも接戦で、1月の全豪オープンでも紙一重の戦いだった。今の勢いでは完全に圭の方が上である。
 事実、第1セットを6-2で取り、第2セットも4-2と優勢だった。あと2ゲーム取れば勝てるという場面で、「まさかの腰痛」が発生。残念でならない。
 これは今に始まったことではないが、世界レベルの戦いでは、体の負担は想像以上です。テニスをしたことがある人なら分かると思うが、3セットマッチを全力で戦えば、普通、次の日は起きれない。
 錦織は、先週も日曜日まで試合で、今週も接戦を戦ってきた。そして、あと2ゲームというところで力尽きてしまった。しかし、世界にはこんな戦いを簡単にやってのける人が数人いる。その数人に入らなければ、世界の頂点には立てない。
 もう圭は世界ランキング9位になった。当然もっと上を狙う。以前「世界ランキング1位になりたい」と言っていた。ここに立つには、もっと体の負担の少ないテニスで、世界の強豪に勝っていかないといけない。かなり難しいことだが、そうするしかないだろう。

2014-05-11『錦織圭、日本男子初の世界トップ10入り』
 テニスのマドリード・オープンは、男子シングルス準決勝で世界ランキング12位の錦織圭が5位のフェレールを7―6、5―7、6―3で破り、ツアー年間9大会のマスターズ大会で初の決勝進出を果たした。錦織は4月下旬のバルセロナ・オープンに続く2大会連続優勝をかけ、11日の決勝でラファエル・ナダル(スペイン)と対戦する。この結果、来週発表される世界ランキングでベスト10入りが確実となった。
 いや~、凄いことが起きている。アジアの選手が世界のテニスの中心にいる。マドリード・オープンとは、4大大会の次に大きい大会である。このタイトルも、フェデラー、ナダル、ジョコビッチが独占しているが、その決勝戦に圭がいる。考えれば考えるほど、こんな事が現実に起こるとは思ってもみなかった。
 近年、日本男子のトップは松岡修造だった。世界ランキングの最高位は46位で、これを超える人は何年も出てこなかった。ウィンブルドンでベスト8が1度あるが、それ以外は1回戦か2回戦で負けている。オリンピックにも3回出場したが、すべて1回戦負け。もちろん、私は応援をしていたが、世界では通用しないのだと思っていた。
 野球のメジャーリーグで野茂が活躍したように、今後も日本人選手がどんどん出てきてほしい。今、第3次テニスブームが起きているのか? 私のテニスレッスンもなぜか人気です。

2014-05-10『佐藤理論を教えてください』
アメフトKさん(40代男性)…柔道、アマチュアレスリング、アメリカンフットボールと格闘技系ばかりのスポーツをしていたが、社会人になってからはあまりスポーツはできていない。仕事はデスクワーク中心なので、足が弱くなってしまい、腰痛を繰り返してしまっている。
 まずは腰痛を治したいと思って、当店を訪れた。トレーニングは好きでよくやっているが、どんなトレーニングが有効なのか、は疑問を持っていた。そんな時に、当店のホームページを見つけた。
Kさん「昨日はホームページを2時間熟読してきました。佐藤理論を教えてください」
私「そうですか。分かりました」
 初めから、これだけハマっている人も珍しい。初回にすぐに回数券を購入し、週2回で予約をして帰っていった。お陰様で当店は予約が多く、キャパの問題もあるので、週2回はオススメしていない。また、トレーニングの話をしたら、納得したようで……。
Kさん「佐藤先生、本出しましょうよ。売れますよ。それと料金安くないですか? もっと儲けましょうよ」
私「いや、そんなに儲ける気ないので」
 Kさんは体が大きく、体重88キロ。一時は110キロになってしまったこともあった。筋肉量が多いので、「60分コースの方が良いですか?」と言われたが、45分コースにしてもらった。
 最近は、腰痛で体の硬い男性や四十肩のボディービルダーが多く、私の負担が大きい。Kさんも60分コースの方が良いかと思うが、その回数券が終わってからにしてほしい。また、前向きな方のようで……。
Kさん「今から初めて通用するスポーツって、何がありますか?」
私「(そんなのないと思うが)まずは正しいウォーキングからで」

2014-05-09『マラソンにはエコ走法』
 京都マラソンを3年連続で完走したSさん(50代女性)から、メールが届いた。
『京都では脚を引きずって走れなくなった人を多く見ました。私は早め早めに道端でストレッチをしたので、攣ることもなくお陰様で最後まで走れました。
 また前半は体力温存の為、抑えて走ったので越されるばかりでした。後半の坂も手伝ってランニングフォームを思い出し「胸を張ってお腹を伸ばして」走ったら驚くかな、どんどん人を越し出したんです。
 同じ感じで走っているのに(苦しくないのに)確実にペースが上がっているのを感じました。凄い!(S川、今頃か…っとお叱りを受けそうですが)これがエコ走法だ、佐藤先生の言ってる通りだっと思いました。しかしながらフォームも長続きすることなく記録は5時間35分と前回同様となりました。
 いい加減で落ちこぼれの生徒ではありますが、佐藤先生の仰る事は正しいと実感しております。』
 Sさんの練習量は少ないにもかかわらず完走することができた。そのポイントが練習量ではなく、フォームが重要だったことが分かる。おそらく、足が攣ってしまった人は、練習しすぎでしょう。
 今回、嬉しいのがフォームが重要ということをレース中に思いだし、実践してもらったことにある。そのポイントは、「胸を張ってお腹を伸ばして」のエコ走法。
 Sさんは京都マラソン完走に向けて、熱心に聞いてきたのでアドバイスをした。正直、この感覚が分かるとは思っていなかったが、分かってくれる人もいるものだ。

2014-05-08『3ヵ月で6キロ痩せました』
ゴルフYさん(40代男性)…スポーツ整体に週2回の60分コースで通い、3年以上になる。
 その成果もあり、柔軟性は男性部門1位で、背中で手は付くし、床にあごが付く。また、ゴルフも好調で最近は、89 89 93の好スコアを連続で出している。3年前は、107の時もざらにあったが、最近は、「最悪です。93も叩いちゃいました」と完全にワンランク上がったつもりでいる。
 しかし、体重だけは下がらなかった。ゴルフに行くたびに会食で、飲み会も週3回あったりしていたので、痩せるわけがない。そこで……。
私「痩せないので、2月から毎月体重チェックします」
Yさん「本当ですか、分かりました」
 記録を付けられると本気になったようで、飲み会も自分から誘わなければ少なくなり、ゴルフ後の会食がない日もあった。普段の食事は、朝はニンジンジュース、昼はそば、夜は湯豆腐、湯葉、もずくなどにした。その結果、大きかった胃袋が小さくなり、少ない量でも満腹感を得るようになった。
 Yさんは、やり始めれば徹底して続く人のようです。ここ3年は、75キロを夏でも冬でもキープしていた。筋肉ならいいが、タルタルボディであった。それが、2月75キロ、3月73キロ、4月71キロ、5月69キロと見事に減った。
 体重チェックを嫌がっていたのに、5月は、「今日、測る日ですよね」と自分から体重計に乗り、「見て、僕やればできるんです」

2014-05-07『今年のGWテニスは2勝1敗』
 毎年GWは石川県輪島市までお墓参りに行っている。しかし、今年は大渋滞に遭遇し、13台の玉突き事故を横に見ながら、お墓参りは諦め、金沢市のホテルに着いた。金沢市には、親戚の叔父さんがいて、日本三名園の兼六園のとなりに住んでいる。
 毎年会い、高級ディナーをご馳走してもらい、翌朝6時から2時間テニスをするのが、恒例になっている。叔父さんのテニスは、自称:金沢市ダブルス大会優勝で新聞にも顔写真付きで載ったらしい。私には、どんなレベルの大会なのかは想像もつかない。
 2年前は、3戦全敗。昨年は、1勝2敗。今年は、2勝はしたいと思っていた。朝の6時からテニスと思ったが、10面のテニスコートがすべて埋まり、諦めて帰る人もいた。
叔父さん「巧、バシッと決めろよ」
私「はい」
 と、いつも言われるが、本人は「ガシャ」と1ゲームに2回はミスる。よって、私が1度でもミスるとゲームは取れない。もう何年もやっているので、叔父さんがミスるのは想定内なので、自分がミスらずに決めてしまえばいい。私はポーチに出まくり、ポイントを取り、2勝1敗で終わることができた。まあ、相手は50代60代なので……。
叔父さん「巧、サーブもバシッと打たないと」
私「はい」
 朝の6時からファーストサーブは打てないし、打たない方が体には良いと思うが、来年は3勝を狙う。

2014-05-06『渡辺淳一の作品は最高だった』
 「失楽園」「愛の流刑地」などのベストセラーで知られる作家の渡辺淳一が、前立腺がんのため東京都内の自宅で80歳の生涯を閉じた。
 私はあまり小説は読まないが、渡辺淳一だけは好きで主な作品はすべて2回以上読んでいる。それは、面白いのと文章がうまいと思うからだ。
 1番有名なのは「失楽園」だと思うが、映画化され、ドラマにもなり、流行語にもなった。私も自称ノンフィクションライターとして、いつかは本でも出してみたい。処女作は「Oさん日記」を予定している。映画化されれば、主演は柳原可奈子になりそうです。
 それはいいとして、文章の書き方には、様々なパターンがある。それは好みの問題なので、どれが良いとは言い切れないが、私は渡辺淳一が好きだ。
 毎日ブログを更新して、もう6年になるが、文章を書くは難しい。体力と同じで良くなったかなと思うとすぐに落ちる。自分で最近文章を書くのが、下手だなと思うと、渡辺淳一の作品を読む。不思議とうまい人の作品を読んでいると書く方も上手くなる。当然その逆もある。
 渡辺淳一は亡くなってしまったが、作品は永遠に残るので、今後も読むと思う。また、死因は前立腺がんだったが、使いすぎだったのか?

2014-05-02『Oさん vs 食欲』
 美ジョガーOさん(30代女性)は、産後スポーツ整体を再開し、1ヵ月が経過し、体重0.5キロ、体脂肪率0.5%下がり、少しは締まってきた。
 しかし、スポーツ整体を休会するのが、今回で7度目でその度に大きくなっていく。今回も出産したにも、かかわらず臨月と同じ体重になってしまい、とても美ジョガーとは言えない。というか、そもそも走っていない。
 本人もその点は分かっているようだが、美ジョガーの形容詞は気に入っているようです。
私「ぽっこりマシュマロOさんに変える?」
Oさん「それは、嫌です。でも、分かったんです。食べ過ぎだって」
私「今さら、でも嫌いなものとかないの?」
Oさん「パセリだけ」
私「じゃあ、好きなものは?」
Oさん「カツ丼と親子丼とラーメンと寿司と焼肉とデザートとお菓子と……」
私「でも、限界があるでしょ? 先日バイキングに行ったら食べ過ぎちゃったけど」
Oさん「ここ数年、満腹感を感じないんです。バイキングに行くとキリがなくて。本当はギャル曽根みたいに7キロくらい食べたい。それで太らないなんて理想です」
 バレリーナTさんと同じだ。女性の究極の理想像は、「ギャル曽根」なのか。Tさんも、もっと痩せたいようだが、デザートの誘惑には勝てないらしい。
私「甘いもの止めれば?」
Tさん「でも、食べると精神的に落ち着くんです」
私「そんなデータあるの? 実験ノートは?」
●ブログ休止:3日~5日

2014-05-01『腰痛が腰痛を呼ぶ』
 完全にネットの時代になっているが、口コミの効果がやっぱり大きいと最近感じている。
 実際はホームページを見てという問合せの方が多い。人に聞くより自分で調べてしまった方が早いからだろう。
 私もネットで情報を調べることは多いが、信憑性に不安が残る。だから、ネットやテレビの情報は鵜呑みにしないようにしている。テレビの90%は嘘だと言われているので、私はテレビをほぼ見ない。
 それよりも、自分の足で情報を集めた方が確実である。人と会ったり、図書館に行く、時間はかかるが無駄はない。
 腰痛が酷く立っているだけで足が痺れていたTさん(40代男性)は、5回で良くなってきた。Tさんは携帯電話はあるが、それ以外は何も持っていない。当店は携帯サイトで知った。
Tさん「腰痛よくなってきました。同僚からも姿勢良くなったねって言われます」
私「そうですか。そうなるようにやっていますので……」
Tさん「もう一人、腰痛の酷いのがいるんですけど、今度連れてきていいですか?」
私「えっ、まあ」

2014年05月~

2014-04-30『忙しいと太る』
 面白そうな本を見つけた。『AKB48とブラック企業』では、AKB48自体が日本の雇用システムの再現であるとして、AKB48楽曲の歌詞と日本の雇用を比較検証し、AKB48とブラック企業をリンクさせていく。
 AKBはブラック企業だと、言われてみれば確かにそう思う。大量雇用、長時間労働、社内で競わせダメなら地方に飛ばされる。また、商品価値がなくなれば卒業させられ、AKBの枠が外れれば、芸能界でやっていけるような実力はない。
 最近、仕事が忙しいという人が多い。1度考えてみてもらいたいが、会社に使われているだけである。それで実力がつくならいいが、AKBのようになりはしないか。
 私は会社は利用するものだと思ってきた。どんな企業、業界も30年くらいしか持たない。よって、いま儲かっている企業はすでに下降が始まっている。だから、私はスポーツクラブに入社した。バブルの頃であるが、どうしてと周りからは思われていたが、伸びるだろうと予測した。
 実際、伸びている頃でいい時代だった。週休2日あったし、給料は高め、社内旅行はグアム、お盆、GWはしっかり休みで、冬休みが2週間もある時があった。しかし、そんな時代は長くは続かない。会社の業績が悪くなれば、雇用環境はさらに悪くなる。
 会社は健康の心配まではしてくれない。病気になれば、それまでである。

2014-04-29『Chromebookを買ってみた』
 家の奥様が学習塾で講師をすることになり、「パソコン持っていくことが多くなるから……」と言われ、前から気になっていたChromebookを買ってみた。
 これはウィンドウズでもマックでもないグーグルが米国で発売しているノートパソコンです。日本ではまだ売っていないので、アマゾンから個人輸入で購入した。
 価格は、43,000円と安く、無駄な機能がついていないので動作が軽く、また私はグーグルばかりを使っているので、購入を決めた。
 ネットで頼んでも翌日には届く時代だが、アメリカからなので、3週間待った。使ってみて特には問題がないのだが、一つだけ見つかってしまった。
 メモ帳がないので、ホームページの更新ができない。今も古い方のパソコンから打っている。そのうち機能が追加になるようなので、待つことにするか。

2014-04-28『捻挫、今日治してください』
 美人バレリーナMちゃん(高校生)は、5月5日に発表会があり、主役に抜擢されているが、その練習中に足首を捻挫してしまった。日曜日の朝にメールが来た。
Mちゃん「日曜日やっている整形外科知っていませんか?」
私「知らないけど、行ってもレントゲン取って湿布もらうだけだから意味ないと思うよ」
 その後、予定通り来店。足首が腫れ、包帯で固定してある。
Mちゃん「すぐ治る方法とかテーピングの仕方知りませんか?」
私「痛い時は休むしかないと思うけど」
 バレエの発表会が近いので、休めないらしい。テーピングで固定したとしても、バレエは足首を使うので動きにくくなるだけである。
 そこで私は、包帯を取ってもらい、足を足湯で温め、痛めた筋肉の拮抗筋をマッサージし、足首の矯正を行った。通常、捻挫をするとアイシングし足首を固定するが、それでは血行が悪くなり、回復が遅くなる。柔道Aさん、S君はケガが多く、何度も当店で骨折や捻挫を治している。
 Mちゃんは半信半疑のようだったが、帰りに靴を履いたら……。
Mちゃん「あれ、足首が痛くない。先生スゴイ。でも不思議、どうして?」
私「魔法かけておいた」 

2014-04-27『錦織、復帰戦で決勝進出 テニスのバルセロナ・オープン』
 錦織は3月のソニー・オープン準決勝を股関節痛で棄権し、このバルセロナ・オープンが復帰戦になった。足の不安もあったと思うが、勝ち続け、今日はS・ヒラルド(コロンビア)と決勝である。そのヒラルドとは、デビスカップやツアーでも対戦があり、錦織が大きく勝ち越しているので、優勝の可能性が高い。
 しかし、錦織は選手として、今ピークを迎えていると思う。コーチがマイケル・チャンになってから、強くなった気がするが、ここまで変わることに驚く。
 問題はケガの心配だけだが、大会数を絞ることは難しいのだろうか。実力だけなら、世界を取れるレベルにあると思う。それをコンスタントに発揮できるか。
 6月には全仏、7月にはウィンブルドンを控えている。 

2014-04-26『シャラポワ育成計画はどうなった?』
 佐藤家のシャラポワ育成計画は、順調には進んでいないが、11年目を迎えた。
 3年前は5回、2年前は10回、昨年は2回テニスに行っただけで少なすぎる。この回数は1週間でも1ヵ月間でもない。1年間の練習回数である。
 昨年は6月に初級テニスと壁打ちに行っただけで、1年近くラケットに触ることも、話題に上がることもない。そこで、私はもう「シャラポワ育成計画」諦め、ラケットを売ってしまおうと思っていた。
 4月の初級テニスは、5名の参加予定だったが、急に4名がキャンセルになってしまった。1人の参加者は、いつもカットはナダル君にしてもらっているYさん(20代男性)だった。Yさんは全くの初心者で体力が持つかどうか、心配だったので……。
私「今日の初級テニス1人しかいないんだよ。来てくれない?」
A「仕方ないから、行ってあげる」
 と、上から目線だったが、ほぼ1年ぶりにテニスをした。それがまったくやっていないのにできる。Yさんは驚き、「Aちゃん上手いね」と感心していた。その後、2人で試合をしてみたら、いい勝負で、最後はYさんは足首を捻ってしまい、TKO負けになってしまった。
 しかし、よく分からない。テニスをやらないなら、私はそれで良かったが、やるならやってほしい。まあ今後もわからないので、ラケットはまだ売らないで取っておくことにする。

2014-04-25『Eメール対応について』
 当店に美人受付嬢はいないので、お問合せや予約の変更は、Eメールでお願いしています。ただし、当日や前日のご連絡は、電話でお願いします。
 Eメールは、1日に2回はチェックしていますので、必ず12時間以内には返信します。24時間経っても返信がなければ、届いていないかもしれませんので、もう1度メールをして頂くか、電話で……。
 また、私から営業的なメールを送信することもあります。不要であれば、すぐに削除してください。

2014-04-24『健康棒がないと不安になる』
 モーグルTさん(40代男性)は日々体をマッサージしている。私も同様だが、マッサージに健康棒を使ういい。
 その健康棒は小さいものなので、よくなくなる。私は5年愛用していた健康棒をなくした。Tさんも同様でなくなると不安になり、家中を探す。「そんな物なくなったって、いいじゃん」と思うかもしれないが、私とTさんにとっては、財布をなくした以上の落胆がある。先日も……。
Tさん「あの使いやすかった健康棒の入荷はまだですか?」
私「なかなかなくて」
 Tさんは当店で健康グッズを何個買ったか、分からないが10個以上は確実に買っている。先日は姉ちゃんにプレゼントすると言っていた。
 なぜ、そこまでこだわるのか、それは健康棒で体が変わるからです。私とTさんは、いつも健康棒で体に青痣を作っている。

2014-04-23『佐藤仙人クラブ誕生』
 最近、「佐藤先生みたいに『仙人』のような生活している人いませんよ」と言われる。仙人の定義については、よく分からないが、そう見えるらしい。
 私としては、普通のことをしているつもりなのだが、普通ではないらしい。また、最近、世間一般の普通が分からなくなってきているので、マーケティングも行っている。
 昨日は、ローソンの店内を回ってみた。コンビニはATMとコピーでよく利用するが、バレリーナTさんや美ジョガーOさんは、飲食が中心らしい。
 デザートのコーナーを見てみたら、商品の多さにビックリした。生クリームたっぷりのプリンなどがあった。これが多く置いてあるということは売れるのだろう。
 私はもう何年もデザートやラーメンを食べていない。それどころか、基本1日1食で無駄に水分も取らない。よって、コンビニで買うのは、昼におにぎりを1つくらい。
 ぽっこりジョコビッチに、「サンプラザ中野君は板の間で木の枕で寝ているそうです」と聞いてから、布団では寝ていない。木の枕は探したが近く店にはなかったので断念した。
 毎日9時には寝て、6時に起きる。休日も変わらない。トレーニングは毎日。ブログも毎日更新。
 こんな生活をしているので、誰もいないと思うかもしれないが、ゴルフYさんは、私に近い生活を始めている。昼はそば、夜は和食、10時には寝て、5時半起床。「佐藤仙人クラブ」会員募集中です。

2014-04-22『海老名マラソンに出場しよう』
 半年後の10月26日(日)に「海老名マラソン」が開催される。
 海老名マラソンといっても聞いたことがない人が多いと思うが、42キロではなく3キロか6キロのコースを選べる。子供は、1キロ2キロだってある。
 私は15年ぶりに出場することを決めた。15年前は、5キロの部があり、22分で完走した。今年は6キロと思ったが、ウォーキングサークルと重なるため、3キロにする。
 6キロは9:00スタートだが、3キロは9:45スタート。ウォーキングサークルは、9:00~9:30なので、終わってからでも間に合う。しかし、良いポジションは取れないが、そこまでは狙っていないので問題はない。
 最近は全然走っていない美ジョガーOさんを誘ったら、元気よく「出ま~す」と言っていたが本当か? また、走っていないのに美ジョガーの形容詞は、違うのではないかと思ってきた。
 ぽっちゃりジョコビッチの「ぽっちゃり」は可愛らしいので、「ぽっこり」に改名した。その結果、ポッチャリの形容詞が空いた。これをOさんにプレゼントしようかと……。
 3キロといっても、練習はしないと完走はできない。まだ、半年間はある。一緒に走りませんか?
●今年からウォーキングサークルに入会したNさんは、先日の5キロレースで26分45秒で完走し、自己記録更新です。

2014-04-21『腕が160度まで上がるようになりました』
 米軍ボディビルダーCさん(40代男性)は、ムキムキのマッチョボディをしているが、筋肉が硬く左腕が上がらなくなってしまった。
 それが大変で、左手で頭は触れず、前に90度までしか上がらない。それでは洗髪もできないと思うが、Cさんはブルース・ウィルス似のスキンヘッドなので、ゴシゴシ洗わないで済む。また、肘も曲がらず肩を触ることはできない。
 そんな感じで生活に支障が出てしまっていることもあり、真面目に毎週通っている。
 しかし、そのマッチョボディをマッサージするのは大変です。筋肉が硬く指が入っていかない。私の指の方が痛くなるが、頑張って押すとCさんは、「oh,yes.バイセップス痛い」と歯を食いしばって耐えている。
 施術後は、いつも鏡の前で左手の上がり具合を確認する。この日は、90度までしか上がらなかった左腕が160度まで上がるようになり、一緒に来た黒人彼女も喜んでいた。

2014-04-20『今日は美人CAの結婚式』
 残念ながら、美人CA:Iさん(20代)は本日結婚してしまう。どぶろっくではないが、「もしかしてだけど×2、CAは俺のこと気になっているのではないの~?」と思っていたが、ただの勘違いが確定した。
 私には招待状は来なかったが、行ってみたい。ぽっこりジョコビッチも、「CAばかり来るのかな~」と余計な心配をしていた。
 Iさんは群を抜いてスタイルが良い。体脂肪率は16%で脂肪はほぼない。女性は年齢と共に太りやすくなってくるのに、また甘いものが好きなはずなのに……。
私「マリッジブルーとかないんですか?」
Iさん「全然ないんです」
私「手紙とか読んだりするんですか?」
Iさん「誰にも秘密ですけど、読みます。あと、サプライズでピアノも弾きます」
私「えっ、ピアノも出来るんですか。何を?」
Iさん「旦那はミスチルが好きなので、『365日』を」
 世の中は不公平だ。美人でスタイルも良くてピアノも弾ける。松下奈緒と同じだ。Iさんの名前は「ナオ」で年齢も同じ。
 Iさんは基本的に無駄なおしゃべりはしないが、聞けば話してくれる。毎日世界を周っているからなのか、「日本人は特に……」という発言が多い。
 その感覚は、私にとっては新鮮で参考になる。結婚後も通ってくれるかな?

2014-04-19『腰痛治療はお金がかかる?』
 最近、腰痛で来店する人が多い。それが深刻で仕事もできない。職人さんが多く、Nさんに聞いたら、「8割は腰痛じゃないですか」と、そんなに多いことに驚く。
 Nさん(30代)の紹介で、Tさん(30代)が来店した。Tさんは座骨神経痛で座っていると痛い。そのため車の運転もできず、奥様に送ってもらった。
 初めに、問診票に記入してもらうが、座れないので書けない。そんな状況だったが、3回目で座れるようになり、一安心です。
 聞いたら、5年前に手術をした。銀座の病院で施術してもらった。治療費は80万円。「半年後も痛みがあるようでしたら、30万円はお返しします」と言われ、半年後も痛かったので、30万円は返してもらった。
 しかし、高すぎる。で、治らない。Nさんも手術経験があり、30万円かかったが治らなかった。5年後にまた病院に行ったら、再手術と言われたが、また治らないと思い、拒否した。その後、モーグルTさんに紹介してもらって、当店で3万円で治った。
 今年は2月にあった大雪の影響で腰痛の人が増えていると聞いた。そういえば、バレリーナTさん、ゴルフYさんも腰痛だったが、今は全然痛くない。
 腰痛は腰椎のズレが原因です。よって、注射しても、電気を当てても、MRIを撮っても治りません。ご注意を……。 

2014-04-18『草テニス大会4月大会 ベスト4進出』
 勝手に休日を作り、草テニス大会に行ってきた。雨だったら無駄な1日になる可能性もあったが、暑いくらいだった。
 初戦60代Tさん、昔のテニスでコースをついてくるが、体力はなさそうだったので、冷静につないで、6-2で勝った。
 2戦目、12月の大会で、私の全勝優勝を阻まれた相手だった。筋肉質でスピンのかかった強いボールを打ってくる。前回は5試合目で私の体力が限界に来ていたが、今回はまだ2戦目なので問題はない。ストローク戦の持久戦になり、5-5まで競ったが、最後は7-5で押し切った。
 3戦目、私より年上だったが、ベテランテニス全日本ベスト8、元ジャパンランカーでテニスアカデミーヘッドコーチ。いつものようにつないでミスを誘おうと思ったが、ボールが速く届かない。0-6で完敗。
 その結果、予選2位になり、上位トーナメントに進出。相手はBブロック1位のUさん(20代?)だ。主催者に聞いたら、「今日はレベル高い方です」と、私はその中でも1番上手いと思っていた相手だった。センス抜群で何でもできる感じだったので、テクニックでは適わないと思い、年齢も考えずパワー戦に持ち込むが、0-6で完敗した。
 結果的には、ベスト4だったので、満足です。
 今回新たな事実が判明した。そのテニスクラブのオーナーは、私と同じ大学のテニス部の後輩だった。私が4年の時の1年生なので会ったことはなかったが、名前は聞いたことがあるようだった。
 彼は千葉県に住んでいるが、厚木市でテニスクラブの経営をしている。経営について相談があったが、今後何か進展がありそうな予感。

2014-04-17『正しいガン治療』
 Aさん(30代女性)の母親Bさん(50代)は乳癌で亡くなった。日本女性の平均寿命は86.4歳なので、30年は早いことになる。
 そのBさんは、入院中に「もう病院を出たい」と言ったが、Aさんは、「先生の言うことを聞いて、入院してて」とお願いした。
 まあ、そういうのが普通でしょう。しかし、Bさんは直感で、このままではダメだと思った。私はそう思います。
 1年間入院した人が、その後半年以内に死亡する確率は90%です。入院していれば、筋肉は落ち、体力はなくなりますので、自然治癒力は低下します。
 まず癌ですが、誰でも年を取れば癌になり死亡します。ただ、その前に他の病気にかかってしまう方も多いです。
 その癌にどうしてなってしまうかですが、体温が低い部位になりやすいのです。よって、女性は乳癌、男性は前立腺癌。子供や心臓は癌にはなりにくい、体温が高いからです。
 ガン細胞は、体温が35.8度で増殖し、37度以上で死滅すると言われています。よって、入院して寝ていれば、体温は上がらず、癌は進行するのです。
 対策としては、高い体温を保っているしかない。よって、暖かく太陽が出ている時間に散歩や筋肉を硬くしないためにマッサージが有効でしょう。
 私はガン予防も兼ねて、草テニス大会に行ってきます。テニスは頭も使わないと勝てないので、ボケ防止にもなるな~。

2014-04-16『スポーツ整体に通ってますランキング』
 当店に常連会員は多い。私は、より少ない回数で卒業してもらいたいと思っているが、そうはならない。
1位 バレリーナTさん(30代女性)638回
2位 綾瀬市Bさん(70代女性)496回
3位 ゴルフYさん(40代男性)394回
4位 綾瀬市Bさん弟(60代男性)300回
5位 週末ランナーBさん(30代男性)286回
6位 剣道Kさん(60代女性)230回
7位 綾瀬市Bさん妹(60代女性)224回
8位 美ジョガーOさん(30代女性)183回
9位 柔道Aさん(20代男性)172回
10位 モーグルTさん(40代男性)149回
11位 アーチェリーMさん(40代男性)134回
12位 バスケットボールIさん(女子大学生)112回
13位 スケートAちゃん(中学生)101回
14位 剣道Yさん(40代女性)90回
15位 美人CA:Iさん(20代女性)85回
16位 ぽっこりジョコビッチ:Iさん(30代男性)83回
17位 スケートNちゃん(中学生)80回
18位 野球部S君弟(高校生)77回
19位 野球部S君(高校生)75回
20位 スプリンターBさん(20代男性)68回
 以上のような結果となった。
 VIP会員のバレリーナTさんとゴルフYさんは、週2回のペースは変わらない。バレリーナTさんは、妊娠中も出産後も週2回である。
 ゴルフYさんは、ゴルフがうまくなる方法は、スポーツ整体に通うことだと確信したらしい。先日も92でラウンドしご機嫌です。2年間有効期限がある48回券が、5ヵ月で終わってしまうハイペースで、バレリーナTさんを追い上げているが、Tさんもそのペースは落ちない。

2014-04-15『適したスポーツは何か』
 様々なスポーツがあるが、その中で自分が適したスポーツは何になるのか。1度考えてみる必要はありそうです。
 背が低いのに、バスケ部やバレー部に入っても、活躍は期待できない。逆に背が高いのに、体操をしていたら不利になる。
 筋肉が多く体が大きければ、野球や柔道は向くだろうが、マラソンには向かない。
 速筋が多いか、遅筋が多いかで、陸上の得意種目は違ってくる。ベン・ジョンソンに100Mは勝てなくても、10キロなら勝てるだろう。
 また、性格的に自分が目立ちたいタイプなのか、アシストに喜びを感じるタイプなのか。それによって、個人競技か、チーム競技か、考えてもいいだろう。
 なぜ、こんなことを言い出すのかというと、スポーツをしているなら、結果が良い方が楽しいからだ。
 私は小学生の時、陸上クラブだったが、その中では身体能力は低いと感じた。中学生の時は、野球部だったが体が小さかったので相手にしてもらえなかった。
 そこで考えた。身体能力が低くても、有利になるスポーツはないか。私は器用さはあったので、ラケット競技に転向した。そうしたら、勝てた。
 野球やサッカーはレベルが近いと、どちらが上手いのか判断が難しい。しかし、テニスやバドミントンは対戦すれば、すぐに結果が出る。負けなければ、市民大会から全国大会まで行くことだってできる。
 まあ、そこまで考えている子供は、変わり者の私だけか。基本は好きなスポーツをやればいいと思うが……。

2014-04-14『焼津みなとマラソンで、9分短縮できました』
 エリートランナーFさん(40代男性)は、焼津みなとマラソンのハーフマラソン部門に出場し、1時間44分でゴールした。昨年は1時間53分だったので、9分も短縮することができた。
 その日のために、Fさんは順調に練習をしてきた訳ではない。平日は夜10時まで仕事で、休日は何かと忙しい。練習できたのは、1週間前に10キロを走ったくらいで、不安であったが好記録を出すことができた。
 スポーツ整体に通い1年以上が経ち、「走った距離は裏切らない」という誰かの理論は違う、ということに気付いた。また、膝が痛くて走れないということもなくなった。
 まずはタイムアップよりも、出場できる状態にしておくことが重要です。そのためには、ランナーに多い膝のケガに注意しなければならない。
 しかし、なぜ膝が痛くなるのか? それは膝が曲がった状態で走っているからです。膝を伸ばした状態でフラット着地ができていれば膝は痛くならない。
 そのためには、柔軟性がないとそのフォームを保つことは難しい。Fさん、まずは柔軟性アップです。その後、フォーム改造しましょう。
[海老名ウォーキングサークルはコチラ⇒]

2014-04-13『綾瀬市Bさん、10年間病気ケガなし』
 綾瀬市Bさん(70代女性)は、スポーツ整体に10年も通い、もうすぐ500回になる。弟は300回、妹は240回、3人で1000回以上になり、当店は綾瀬市B家に支えられているといっても過言ではない。
 そのBさんは、10年間病気やケガがない。これには驚く。普通、この年齢であれば毎日整形外科通いだったり、薬を飲んでいたりする。また、昨日ラーメンの鬼、佐野実(63歳)はなくなってしまったが、健康でいることよりも、生きていることだって難しくなる年齢である。
 それがケガも病気もない。何度か転んで打撲はしていたが、そのくらいで腰や膝が痛かったりはしない。Bさんは、「スポーツ整体に通っている成果かな」と言ってくるが、元々丈夫な人なのだろう。
 最近はプチ筋トレをする人しかいないが、Bさんは60代前半までは、15分間の初級筋トレメニューをやっていた。ベンチプレスは5キロを10回、ショルダープレスは3キロを10回やれるくらい力があった。さすがに今では難しいが……。
 毎回、回数券を利用しているが、昨年から「年間パスポート」を買っている。48回券なので、1年後はどうなっているか、私が不安になるが……。
私「払い戻しはできませんが、本当にいいんですか?」
Bさん「大丈夫でしょう」
 特に問題はなく、ちょうど1年で消化した。そして、また「年間パスポート」を買った。
 Bさんは毎週金曜日に来店する。そして、1週間溜まっていた話したいことを間髪入れずに話し出す。それが楽しみのようだ。また、お菓子を買ってきて、「これ美味しそうよ」と言って、私に半分くれる。今後もこんな感じで続きそうです。

2014-04-12『カワイイSさん人気で中級テニスが定員です』
 大学生Sさんが春休みから、中級テニスに参加してくれるようになった。高島彩似のカワイイ子でテニスが好きなようです。
 春休みだけと思ったら、ナイターテニスにも参加してくれている。参加者は私が1番年下になるくらいで、平均年齢は高い。その中に19歳のSさんがいる。
 いつもニコニコで楽しそうにテニスをしている。それを見て、不愉快になる男性はいない。そのためか、最近男性の参加率が高い。また、60代Sさん(女性)も、「あの子カワイイ」と、女性が女性を褒めるのだから、間違いないでしょう。
 そんな話をゴルフYさんに話したら、「写真撮ってきて」「スポーツ整体には来ないの」「テニス始めちゃおうかな」と、私と2人でいつも盛り上がっている。Yさんは本気で、「夏になったら、海老名運動公園に散歩に行く」と言っていた。
 Sさんは今3年制大学の2年生で、卒業後は看護婦になるそうです。私は病気にならないように気をつけてはいるが、もし病気になってしまったら、Sさんに看病してもらいたい。

2014-04-11『アルツハイマー病予防にカフェインが効果』
 年齢と共に体は衰えるが、頭も衰える。誰でもいつかは認知症になってくると思うが、なるべく遅くしたい。
 怖いのが、ボケ始めていることに気付かないことだ。体同様、頭も使っているしかないようです。
 アルツハイマー病の予防にカフェイン摂取が効果があるとする説を補強する実験結果がでた。こんな結果がでると、またセブンイレブンのコーヒーが売れるのだろう。
 ちょうど決算の報告があった。売上6800億円、純利益1343億円。この利益率約20%は凄すぎる。1店舗当たりの売上は4164万円。1日11万円の売上があることになる。
 当店のすぐ近くにもセブンイレブンができるようだが、コーヒーの飲みすぎには気を付けたい。「少量」カフェインが記憶力の低下を鈍化させることも分かっている。

2014-04-10『体重計はいつも重めに出る?』
 当店では体重チェックを行っている。3ヵ月に1度、毎月、毎週と3パターンある。女性は特に体重が減っているときは測りたがるが、増えているときは測りたくないようだ。
 そして、体重計に対してクレームが多い。「ここの体重計、重めにでる」と何度も言われる。だが、「軽めにでる」とは言われたことがない。
 私は心配になり、体重計の上にダンベルを置いて確認してみた。合っている。故障はしていないようだ。
 剣道Yさんは1年目10キロの減量に成功したが、最近は戻ってきてしまっている。そのためか、「今日は体重チェックなしでお願いします」と言われてしまった。私も無理に乗れとは言わない。しかしである。
 この体重チェックがプレッシャーになっていることは間違いない。良い時はチェックしたいが、悪い時はチェックしたくないでは困る。まずは現状を把握しましょう。それが現実です。

2014-04-09『早起きをして朝日を浴びるだけで痩せる』
 スリムな体型になるには、早起きをして朝日を浴びるだけで良い可能性があるとした研究論文が発表された。
 研究を発表した米研究チームによると、ボランティア54人を対象に実験を行った結果、最も痩せていた被験者らは、必ずしも食生活が健康的だったり、運動量が他人より多かったりすることはなく、単純に早朝の日光をよく浴びていたことがわかった。
「メッセージは、午前8時から正午までの間に明るい光を浴びるべきということだ」
 研究によると、BMIに影響を及ぼすには、最低20~30分間光を浴びるだけで十分だという。
 こんな簡単な方法はない。しかし、考えてみると午前中に30分も朝日を浴びているだろうか? 意外とできている人は少ないと思う。
 そこでいい方法がある。「海老名ウォーキングサークル」は、日曜日の9:00~9:30に朝日を浴びながら、正しいフォームで歩く。これほど健康的なトレーニングはない。今週末の13日は今年3回目です。
[海老名ウォーキングサークルはコチラ⇒]

2014-04-08『トレイルランナーSさんへ』
 福島県に栄転おめでとうございます。しかし、私は寂しいのです。
 すごく楽しい話し相手をなくしてしまった。出会いがあれば別れもある。当然のことだが、仏教的に言えば、これも煩悩なので受け入れるしかない。
 Sさんは、1年前にスポーツ整体に来たが、私はすぐに頭に良さに気付いた。私はいつも言葉を選び、分かりやすく説明するように心がけているが、Sさんには、言葉を選ぶ必要ななかった。
 むしろ、専門用語を使い、論理的に説明した方が納得していた。頭の中が理系なのだろう。実は私も3流大学の理工学部物理学科だった。
 例えば、Sさんは肩こりだったので、「拮抗筋をマッサージして、伸展反射を使ってトレーニングをすると良くなります」と説明した。まあ、普通は分からない。
 他にも頭のいい人はいた。旭化成取締役Tさん、ゴルフYさん、スケートNちゃんママ。しかし、込み入った話をすることは少なく、佐藤理論にまでは興味を示さない。
 だが、Sさんは興味を示してくれた。難解な佐藤理論はできなくてもいいんです。できるのは、イチロー、フェデラー、マイケル・ジョーダンくらいなので……。
 私は、聞いてもらえるだけで、嬉しかった。やっと、スポーツトレーナーっぽい仕事ができているかな、との実感することができた。
 また、私が話すことは常に一般的ではなく、理解されないことが多い。よって、いつも聞かれなければ話さないことが多い。
 例えば、ニュースを分かりやすく説明する池上彰は人気だが、番組では何も自分の意見を示さない。私は好きではなかったが、Sさんも同様に感じていた。
 最後に福島県はまだ寒いでしょうが、今年2度目のお花見を楽しみください。あと、回数券が1回分残っていますので、期限内に消化をお願いします。

2014-04-07『第3回懇親会は面白かった』
飲み会  今回は5名だけなのに、1番大きい部屋を用意されていた。私はいつものように早めに行き、本でも読もうと思っていたら、すぐにMさんはビシッと決まったスーツ姿で現れた。
 で、大部屋に2人寂しげな雰囲気だったが、Mさんにとっては関係がなく、早速マシンガントークが始まった。
 そこに飲み会女王Yさんが加わり、2人のトーク合戦になってしまった。私も少しは聞きたいことや話したいことがあったが、2人はその隙を与えてくれない。
 私は予想はしていたが、NさんとSさんは完全に圧倒されていた。しかし、MさんとYさんは面白い。お金を取れるくらいのレベルである。
 たまたまなのだが、MさんとYさんは同い年で大学は隣同士だった。
 Yさんは美術教師で剣道部の顧問。学生時代は県大会優勝でインターハイ出場。体育もできるし、美術も得意。日体大と美大を受験し、美大に受かったから美術の教師になったらしい。体育と美術って全然違う分野な気がするが、両方が得意な人は初めてだ。
 Mさんは日体大に陸上推薦で入学したが、動悸は不純だった。インターハイ出場した時に、凄くカワイイ子に見つけた。大分県の子だったが、日体大に入学予定だと知り、即決した。その美女に入学後、即アプローチ。ハッピーな大学時代を過ごせた。
 若かったMさんは、卒業式の日に親父の前でその子に、「結婚してください」とプロポーズ。しかし、「ゴメンナサイ。大分県に帰ります」と親の前で振られた。
 本人は120%OKだと思っていたが違った。それ以来、女性不信に陥り、長い独身生活を続けることとなった。
 現在の奥様は中国人だが、M家では普通らしい。親戚にはイギリス人妻やオーストラリア人妻もいるそうで、親からは、「アジアの子、いいんじゃない」と反対はなし。
 夫婦ケンカもたまにはあるようだが、怒ると中国語になるので、分からなくてちょうど良いらしい。また、もっと面白い話もあったのだが、それはここには書けない。
 12月の忘年会には、夫婦で来てとお願いしておいた。 

2014-04-06『懇親会の参加メンバー紹介3』
 昨日の続き……
4.スポーツマンSさん(70代男性)…テニスラケットガット張りで当店に来店。テニスに誘ったら、すぐに参加し、中級テニスの常連さんになった。
 聞いたら、スポーツマンで何でもこなす。60歳までは草野球をやっていたが、その後テニスを始める。50歳からスキーを始め、今でも現役。
 登山やサイクリングもやるスポーツマンで、いつもニコニコで元気。
 やはり何歳になっても、新たなことに挑戦する。その精神を見習いたい。今回も……。
Sさん「僕なんて行ってもいいんですか?」
私「どうぞ、どうぞ」
 私の30歳上だが、私はSさんのような73歳になりたいと思っている。今後も時代は変わるだろう。それにできる限りついていきたい。Sさんは私にそう思わせる人だ。
5.テニスSさん(40代男性)…ただの健康オタクでテニスバカの43歳。趣味はブログ更新。
 ソニー生命Mさんと同じルネサンスでインストラクターをしていた。成績は全国トップクラスだったが、理屈っぽい性格から上司からは嫌われ、窓際へ。その後、なんちゃってスポーツ整体を海老名市で始め、もう10年半になる。
 テニスが下手くそなのに、レッスンまでしている身の程知らずで、草テニス大会では負けっぱなし。にもかかわらず、ベテランテニスで全日本制覇を夢見る海老名市のロジャー・フェデラー。(自称)
 今回は、この5名で飲んでくる。楽しくなりそうだ。

2014-04-05『懇親会の参加メンバー紹介2』
 昨日の続き……
2.剣道Yさん(40代女性)…綾瀬市中学校の美術教師で生活指導担当。福島県出身の健康ウーマン。健康すぎて体格が良く、「少しだけ華奢になりたい」と3年前に来店。
 初年度は頑張り、なんと10キロの減量に成功。その後も維持してほしかったが、仕事が忙しくなり、徐々に戻っているので、現在、食欲と格闘中。
 当店の飲み会への参加率は高く、またいつも盛り上げてくれる。いや、勝手に話したいだけかもしれないが、誰も止められない飲み会女王。
 ソニー生命Mさんとは、たまたまなのだが、同い年で大学は隣だった。私は楽しみにしている。この2人が同じ席に着いたら、どちらがより話すのか?
 また、Yさんは2人娘がいて、もう大学生と高校生。出産の時の話を聞いたら、全然楽勝だったと。つわりもなく、次の日も普通に歩いていたらしい。しかも水中出産。
私「水中出産って、楽なんですか?」
Yさん「分からない。2人とも水中出産だったから」
3.野球Hさん(30代男性)…酷いヘルニアになってしまい、1週間歩けないこともあったという。手術をしたが良くならず、モーグルTさんに紹介を受けて、来店した。
 私も完全にずれている腰椎を治した経験はないが、良くなった。それはHさんの体力があるからだろう。
 野球をやっていてピッチャーだった。130キロは投げられる剛速球投手。それもわかる気がする。筋肉が多く、柔軟性が高い。今年は草野球に復帰するようです。
 また、腰痛が治ったことで、気持ちが前向きになった。今は「常にポジティブに考えられる」そんな人です。

2014-04-04『懇親会の参加メンバー紹介1』
 4月6日に「大懇親会」を開催するが、「大」を付ける必要はなかった。12月の忘年会は集まりは良いが、毎年4月は集まりが悪い。皆さん、忙しいようです。
 しかし、私にとっては特に問題はない。たまには、居酒屋にも行きたいと思ってやっているだけなので……。
 でも、今回も楽しそう。申し込み順に参加メンバーを紹介する。
1.ソニー生命Mさん(40代男性)…本格派アスリートで中学・高校は陸上部に所属し、100Mや走り幅跳びで活躍し、県大会3位。陸上推薦で日本体育大学。
 その後、スポーツクラブ・ルネサンスに入社し、すぐにスカッシュにハマった。全日本選手権にも出場し、Mさんに勝てる人は数えるほどしかいない。
 私はMさんにスカッシュを教えてもらった。
 優秀なので、本社の教育部移動、スカッシュ部門のスーパーバイザーになり、コーチやシステムの研修をしていた。私もメンバーだったので、一緒になることも多かった。
 また、社内だけではなく、日本スカッシュ協会の審判長にもなっている。世間的には、ルネサンスの社長よりも知名度は高いかもしれないと社長が言うほどです。
 そんなこともあり、ソニー生命からヘッドハンティングされた。私はMさんがいないルネサンスには魅力を感じなくなり、勝手に辞めた。
 話し出すと止まらない人で、一人で勝手に話せる。自己紹介を聞いて驚いた。
「私の名前は、M田信行。漢字で書くと信じて行く。英語で言えば、Beleive Go……」
 と、こんな感じで、1時間は続く。
 ソニー生命では、営業成績は常にトップ。ライフプランナーとして、世界の会議に8年連続で参加をしている。
 毎年、年賀状が来るが、そこには本人の顔が大きく写り、背景は、ピラミッドだったり、グランドキャニオンだったりする。昨年は、アメリカ人バドガール2人と肩を組んでいた。
 キリがないので、今日はこのくらいまでにする。
[M田信行。英語で言えば、Beleive Goへゴー⇒]

2014-04-03『美人CAはブライダルコース』
 残念ながら、美人CA:Iさん(20代)は、4月中旬に結婚をしてしまう。結婚式では、よりキレイなスタイルを見せたいので、今はブライダルコースを受けている。
 2月3月は、忙しさから風邪をひいてしまい痩せてしまったが、最近は調子が良いようです。すでに川崎市に引っ越してしまっているが、スポーツ整体には通ってくれている。
 「私、腕が太いんです」と言っていたが、タルタルの二の腕ではなく筋肉なので問題なしです。体脂肪率は断トツの16%で、2倍ある人もいるでしょう。誰とは言いませんが……。
私「ブーケ・トスやるんですか?」
Iさん「やります」
私「私に招待状、届かなかったんですが?」
Iさん「送ろうと思ったんですけど……」
 と、「出すわけないじゃん」とは、Iさんは言わない。折角なので、そのウエディング姿を見てみたいが、今度、写真でも見せてもらえればと思う。
Iさん「今、男性はブロッコリー投げるんです」
私「そうなんですか」
 女性はブーケを投げ、男性はブロッコリーを投げる。そして、ブロッコリーをキャッチした男性には、マヨネーズがプレゼントされるらしい。
 そんな話を聞き、久しく結婚式に行っていないな、と寂しい気分にもなった。ちなみに私はジミ婚で簡単に済ませた。
 Iさんもそのうちママになるのか? もしなるなら、マタニティーコース、産後骨盤矯正コースをご用意しています。
 Iさんの唯一の弱点は骨盤が硬い。女性は出産後、骨盤が緩くなるようですので、その時に変えてしまえば、完璧になるな~。 

2014-04-02『体重チェックは効果あり』
 週2回の60分コースを欠かさないゴルフYさん(40代男性)は、今年もやる気である。
 柔軟性は高く男性部門1位になっているが、そのために家でもストレッチを続けている。また、3月からは当店に30分早く来て、コジマ電器の横の公園まで歩く。
 しかし、体重だけが落ちてこない。ここ2年は75キロをキープしている。筋肉の75キロなら良いが、脂肪が多めの75キロである。そこで、2月からは強制的に……。
私「毎月1回体重チェックしますので」
Yさん「はっ、はい」
 人はチェックがあると頑張るようです。2月:75キロ、3月:73キロ、4月:71キロと4キロも下がった。「4キロダウン」どっかで聞いた気がするが、ジョコビッチさんは戻っていないか心配である。
 朝は特製ニンジンジュース、昼は盛りそば、夜は和食と決めていたが、飲み会が週に4回もあっては意味がなかった。その飲み会は仕事と言いつつ大半は私用。それを止めたら一気に下がった。71キロが目標だったが、もう達成してしまったので、夏までに69キロを目標にした。
 しかし、5月はゴルフがすでに3回。6月は恒例の北海道ゴルフ旅行。「すすきの」での食事は大人しくしておきたい。

2014-04-01『当店は値上げしません』
 消費税が17年ぶりに、5%から8%に引き上げられた。私が分からないのが、駆け込み需要である。
 日曜日にコジマ電器の大きな駐車場が一杯になっていた。3%でも安い方が良いとは思うが、4月以降は売れなくなるので、売る側は当然下げる。よって、今日からは、10%以上下がっているだろう。そう思い、私は3月に何も買っていない。
 また、ウィンドウズXPサポート終了に伴い、パソコン需要もなくなり、パソコンの価格もさらに下がるだろう。私は5月くらいに買おうかと思っている。
 さらに昨日、時計の電池を変えにコープに行き、580円だと思っていたら700円に変わり、さらに消費税。なぜ商店は強気なのか? 分からない。時計はなくてもケータイがあるからいいや、と思ってしまった。
 前置きが長くなったが、当店の価格は変えません。誰からも、「料金は変わらないのですか?」聞かれないと思っていたら、2人だけ聞かれた。
エリートランナーFさん「増税でも回数券の価格は変わらないんですか?」
私「同じです」
エリートランナーFさん「ありがとうございます。助かります」

2014年04月~

●過去のブログはリンク集に、まとめてあります。[リンク集はコチラ⇒]

Copyright(c)2003-2014 Sato Sports Seitai. All right reserved.[かんたんWeb予約はコチラ⇒]

inserted by FC2 system