テニス2 tennis2 佐藤スポーツ整体/海老名店S3

Tweet

1.テニスのポイント Point of Tennis

(1) サーブ(トップスライスサーブ)Serve

フェデラー

a. トスを上げる時に左足に荷重し、ジャンプをするように下半身からの力をラケットに伝える。
b. セカンドサーブは、打点を少し後ろに変え、1stサーブよりも速く振るイメージで打つ。

c. 1stサーブは必ず打つ。2ndサーブは1stサーブがフォルトした時だけ。よって、1stサーブをしっかり練習する。
d. 体を反って腹筋を使うスピンサーブはもう古く、左臀筋を使うトップスライスの方が効率が良いし、肩の負担も少ない。

(2) フォアハンド Forehand

a. 肩越しにボールを見て、正しい姿勢で大きくスイングする。スイングの回転半径が大きいほどミスは減る。
b. 来るボールに対して横向きを作り、打点とラケット面の使い方でコースを変える。ボールの後ろを見て、顔を打点に残す。

c. コースによって打ち方は全然違ってくる。よって2対1のラリーや球出しからの練習が有効になる。
d. フォアハンドが弱かったら勝負にならない。コートの70%はフォアで打つつもりで……。

(3) バックハンド(両手打ち) Backhand

ナダル

a. 左手でフラットドライブを打つイメージ。無理にスピンをかけようとしないこと。
b. ストレートに打つ時は、フォロースルーを止めた方が打ちやすい。

c. スイングは大きくせず、コンパクトに振り切る。
d. スライスは極力使わない。消極的なプレーになってしまうし、オムニコートで強風の日は使えない。

(4) ボレー・スマッシュ Volley smash

a. 足を使ってスライス回転をかけて厚い当たりを心がける。
b. 正面のボールはバックボレーで打つ。また、チャンスボールはグリップを厚めに変えて押し込む。

c. スマッシュは、手首を使ってボールに回転をかけ、横向きを保ったまま打つ。手打ちになると余計にミスをするから自信を持って思い切って……。
d.順クロスへのスマッシュは、打点を少しだけ前にして体を回転させる。(サーブと同じ考え方)

(5) 戦術 Tactics

A.基本的な攻め方

錦織圭

a. 1stサーブを70%の確率で入れ、かつ1ゲームに2ポイントはサービスだけでポイントを取らないと安定したサービスキープは難しい。2ndサーブはプロでもミスるので、ビビらない。
b. 左右の深いエリアに強打するのが基本の攻め方。攻撃は最大の防御なり。しっかり攻めろ。守っていては勝てない。

c.迷ったらボールを強く打ってみる。弱く打つとスイングスピードが遅くなり、余計にミスが出る。また、自分の動きも悪くなってしまう。
d. ミスは気にしない。相手より2ポイント多く取ればいいと考える。

B.まず相手のプレースタイルを判断する。その基準の一つとしてグリップを見る。

a.グリップが厚い…ストローカーでボレーは苦手ことが多い。よって、左右に低いボールでアプローチしたり、ドロップを打ったりして、ストロークをさせない。
b.グリップが薄い…ボレーヤーでストロークが苦手なことが多い。よって、トップスピンで軌道の高いボールを打ち、ストロークをさせる。

C.次に体力はありそうか、を見る。

a.体力はある…サーブandボレーなどで短期決戦を狙う。
b.体力はない…ストロークで持久戦に持っていく。

D.負けていたら、何かを変える。

1セットマッチでは、初めの3ゲームが重要。もし0-3になってしまったら、負けの確率は高い。
サーブ&ボレー、ドロップ、ムーンボール、リターンダッシュなど何でも良いのでやってみる。その試合で負けても次の試合が変わってくる。

(6) その他 Other

ジョコビッチ

a. テニスは、サーブとフォアハンドで90%決まってしまう。そのサーブとフォアハンドは体力に比例する。
b. 筋トレ、柔軟、ランニングなどの基礎トレーニングを忘れない。テニスだけしていても上手くならないし、ケガする。

c. ラケットは、面が大きくウェイトは重い方が安定したボールを打つことができる。しかし、使える範囲で……。
d. コースを狙うのではなく、「どんな軌道のボールをどこに落とすか」を考えて打った方がイメージしやすい。回転をかけた方がボールが安定するし、コースも狙える。

e. 理想のテニスと自分ができるテニスは違う。自分の体型、体力、年齢を考え、誰のテニスをマネした方が良いかを考える。
f.集中力には限界がある。よって、前半でリードを狙うのか、後半勝負に行くのかを考える。

2.テニスラケット、ガット張り Tennis racket gut tension

(1) こだわりのガット張り

テニスラケット

私のガット張り歴は長く、もう30年になる。バドミントンやスカッシュ、テニスとほとんどのラケットを張り替えてきた。ガットのテンションがプレーに大きく影響するのは、テニスが一番のように思う。

ガット張り機は、大きく①分銅式 ②スプリングアクション式 ③コンピューター制御式 3種類あるが、私は分銅式を使っている。中には「分銅式が一番正確にテンションが出る」という人もいた。

ガットは張る人によって変わってくる。これを判断するのは難しいが、ショップに頼んで新人のアルバイトに張られたらと思ったら、とても頼めない。よって自分でずっと張っている。新人よりはガット張り自信あります。(こだわりの1本張り)

(2) 料金、注意点

A. 料金

1,500円(工賃)+1,000円(ガット代)2,500円(税込み)

B. ストリング

ゴーセンバボラ海島

a. ゴーセン OG-SHEEP micro 1.29mm …モノフィラメント(オールラウンド)
b. バボラ syntronic BRIO 1.25mm…マルチフィラメント(タッチプレイヤー)+300円
c. ゴーセン AK PRO 1.31mm…海島型モノフィラメント(ハードヒッター)+500円

C. 注意点

1.お預かり期間は、2日~5日です。また、即張りはご相談で。+1,000円
2.ガット持込みOKです。工賃2,000円 ※天然ガットとポリは、2,500円
3. ご連絡後、ラケットをお持ちください。(前金になります)

3.テニス個人レッスン Tennis private lesson

sato

120分間のプライベートレッスンです。細かい点までご指導致します。

【料金】1名5,000円 2名3,000円 3名以上2,000円(+コート代)
【場所】海老名市近郊のテニスコート
【日時】ご相談

[テニスのページに戻る⇒]|[かんたんWeb予約はコチラ⇒]

Copyright(c)2003-2017 Sato Sports Seitai. All right reserved.

inserted by FC2 system